MTBジデツウと1時間だけご近所山練 ’18.01.27

2018年1月27日 土曜日   曇り?だったかな? とにかく寒い寒い週末


今年の冬は例年になく寒い。
これまでの冬、名古屋でも積雪することはあっても道路がツルツルに凍結することは
あまり記憶にない。
雪が積もったら車の運転はしない、のが私のポリシー?なので、
1月下旬のあの積雪した日も、
もちろんミニベロでのジデツウも車通勤せず いつもなら地下鉄通勤するところを
今年はMTBでツーキンしてみた!
IMG_1842_20180218193541744.jpg
降雪のためMTBジデツウしたのは2日間。
車道はこけた時に危ないので(こけて車に轢かれるリスクがあるので)
広い歩道のある幹線道路沿いで、ずっと歩道を走る。
積雪だけだったら、MTBのタイヤでもしっかり雪を噛んで快適に走れるけど、
凍結はやっぱりヤバい、ロードと同じで滑る(汗;)前輪が滑ったら制御不能。

1日目は積雪というより凍結路。
なるべく日当たりの良い側の歩道を選んで気をつけて走る。
職場のすぐ近くまで来て、このまま真っ直ぐ歩道で進めばよかったものの
ちょっと狭目の歩道だったので、いつも通りに裏道へ入ることに。
これが間違いのもと。裏道車道はツルツル、スケートリンク様?!
その上を年配のおじさんがすり足小股でそろそろ歩いているのが見えて
心の中で「あーーおじさん、危ないよーーー」と言いながらおじさんの足元をガン見してたら
前輪滑って 自分が先にすってーーん!!!バイクごとひっくり返る(涙)
そのおじさんに「大丈夫かーー?怪我しんかったかーー?」と声かけられてしまった(汗;)

こけた時の速度は たぶん5km/hも出てなかったので
体の全くダメージはなかったけど、心のダメージはちょっと大きかったな・・・・
人のこと心配してる場合やなかった、凍結をなめたら やっぱりいかんね




と、前置き?が長文になってしまったけど、1月27日土曜日の記録。
この日は、午前中と夕方に所用ありで、遠出するのは難しかった日。

午前中の所用を済ませた後、ランチへ。
IMG_1849.jpg IMG_1850.jpg
かき揚げ丼&カツ丼        天丼&マグロ丼

さすがの鉄人もこのボリュームの揚げ物丼Wは、かなり堪えたようで。
 ちょっと味が濃いめってこともある
途中で箸が止まる様子は 久しぶりに見たなー(笑)


で、これだけ食べたなら 夕方所用までの隙間時間1時間だけでも
やっぱり少しだけ走りましょう、と 久しぶりに ご近所の山へ。
IMG_1851_201802181935450f2.jpg

下りで難しいポイントはないけれど、上りは結構練習になるコース。
押し歩きする斜度ではないけど、
気合を入れて上っていかないと上りきれない斜度で長めの登り箇所が数か所

昨シーズンは上りきれなかった箇所がなんとか上れるようになっていたので
まぁまぁ進歩はあるのかな? ちょっとホッとする。

1周1kmもない周回コース。5周回走って終了〜。
オフロードの感覚を忘れないための練習にはなったかなぁ、と思う。

さて、明日はスキー。
こっちも、もっと練習しなきゃ。



今日の記録(GIANT FATHOM1) 
 距離6.84km 
 高度上昇値178m 
 平均気温2℃(0〜9℃) 
 消費カロリー197C
スポンサーサイト

快晴!冬山がキレイだった日  滑走4日目 ’18.01.21  

2018年1月21日 日曜日   快晴

  もう当日の詳細はほとんど記憶にない・・・FBの覚え書きと写真だけが頼り( ̄^ ̄)ゞ


残ってる写真を見ると、冬山の写真をいっぱい撮っているので
この日は山がすごくキレイに見えた日だったのだと思う。

ゴンドラ内から見る中央アルプス
IMG_1801.jpg

ゲレンデトップから手が届きそう、御嶽山の頂
IMG_1802.jpg

スキーの醍醐味はいろいろあるけど、そのひとつは この景観を見られること。
IMG_1809_201802141930379a0.jpg
標高2000m越えのこの地に立って見渡す景観は非日常、ご褒美的な感覚。
冬山はほんとに神々しくて、心が洗われる。

たぶん そんなことを思いながらONTAKE BLUEの下でコブ練習した日。
毎週同じ箇所にコブラインはあるけど、雪質やコブの形やラインは毎回違う。
滑りやすい日もあれば 全然滑れない日も。毎回毎回、一喜一憂。
こーゆームラがなくなって 安定して滑れるようになりたいなぁ。

コブのライン取りを学びたくて
鉄人にゆっくり滑ってもらって そのすぐ後ろに付いて滑ってみる。
全然、自分とラインが違う。そしてターンの入り、コブてっぺんのかなり手前から入っている。
そーかー私のタイミングでは全然遅いんだ。

そして最近わかってきた体幹の左右差、動作時の私の癖。
左ターンの入り、ニュートラルの段階で右体幹を縮めて安定させようとする癖。 
右体幹を縮めている、つまり骨盤が右上に傾斜するので右足で踏めない(山足へ荷重できない)〜左ターンが遅れる
広背筋、腹斜筋意識、ニュートラルで右体幹を縮めないようにすると
嘘のようにクイックに左ターンへ入れる?!?! そーゆーことなのかな??
この癖を修正できるよう筋トレと体の使い方の学習、しなきゃ、だな・・・

IMG_1810.jpg
今日も1日お疲れ〜

まだまだ先はたくさん。課題たくさん。
来週も頑張ろう。



愛牧へ観戦とプチ試走 ’18.01.20

2018年1月20日 土曜日   晴れ

   やばい、ほぼ1ヶ月遅れの内容(滝汗;)


朝と午後遅い時間にちょっと所用あり。
昼間の隙間時間で愛知牧場で開催されてる東海CXの観戦に行くことに。
で、お昼時間の試走タイムに 愛牧のコースをちょっと走ってみようかと。
 東海CXの試走タイムはエントリー者以外の人も走ってもいい、という情報あり。ホントかな?
ということで、愛牧へはMTBで自走。
何回か愛牧までは自走で行ってるけど、いまひとつルートはうろ覚え。
いつも天白川沿いのどちらの岸を走るかで迷う。 
右岸が正解、左岸はダートになる、のを毎回忘れてしまう
で、この日も間違えて左岸に入ってしまって、あら?やっぱダートだ・・・(汗;)
あ!でも今日はMTBだから、ダートでもいいんじゃん! 
そんなこんなで、いつもミニベロでは迂回していたダートの脇道をがんがん進んで愛牧まで。

到着〜!
IMG_1784.jpg

ちょうどC3レース中。
IMG_1786.jpg
目の前をSDのI藤さんが激走〜 
 いつもクールなお顔で走ってるI藤さんがあんな苦しそうな顔してるのを初めて見た!(驚)

バイクを適当に置いて。
IMG_1785.jpg
実は鍵を忘れたんだけど、この会場内だったら まぁ大丈夫でしょ、高価なバイクがいっぱいあるからw

知り合いが来てるかな〜とキョロキョロしながら観戦。
ロードレースだとなんだか遠巻きで別世界を観る感じだけど、
CXは物理的にも心理的にも選手と近い感じで、やっぱり面白い!
というか、このコースやっぱり自分が走ってみたい。レースに出たいってことではなくて、ね。
観戦中にpomちゃんやtAkEdAさん夫妻にもお会いできて
お喋りにも花が咲いて楽しい〜
そして、プチ憧れの女性ローディさんとも初めてお話できたのも嬉しかった〜
いつかオフロードでもご一緒できたら嬉しいな。


そしてC3レース終了。
で、I藤さん表彰台&昇格! おめでとうございます〜\(^o^)/
8eCiUyxTtP4BhqL1518097369_1518097476.png


さて、さて、いよいよ試走タイム。
・・・が、しかし。
なんだかガチな人ばっかり、エントリーしてる人しか走っちゃいけないんじゃ?の雰囲気。
・・・どうしよう???

しばしコース脇で試走する様子を見守る。
なんだか気後れして半ば試走するのを諦めていたけれど、
時々エントリー者じゃないなって人が走ってたりするのを発見!
思い切ってコースへ出てみることに。

おぉおーこれがCXのコースかぁ、とプチ感動しつつ
邪魔にならないよう気をつけながらテコテコ走る!
結構上るとこが多くて、
これガチで走ったらやっぱりキツイよなーと思いつつも やっぱり楽しい。
やっとコース全体の半分くらいを走ったところで、残念ながらタイムアウト〜 
走り始めが遅かったので全周は走り切れず。残念(涙)
まぁでも少しでも走ってみることができて満足、満足。
 鉄人はかなりCXへのモチベーション⤴︎⤴︎⤴︎ になった、ようだ???


午後からは花形レースC1、CM1、CL1と このまま観戦してたい気持ち満載だったけど
この後どうしても外せない予定があったので、
後ろ髪ひかれながら帰ることに・・・(´;ω;`)
けど、愛牧のソフトクリームは忘れずに ちゃんと食べてから帰路へ。
IMG_1791.jpg あまおう〜♪ ウマウマ( ^ω^ )


レースはもういいや〜と思うけれど、
ここのコースはちゃんと走ってみたいなー。来シーズンはしっかり試走してみたい!





今日の記録(GIANT FATHOM1) 
 距離26.7km 
 高度上昇値257m 
 消費カロリー586C

SKI諦め、山練の週末2日目   ’18.01.14

2018年1月14日  日曜日   晴れ


 あぁ、2月になってしまった(;_;)

前記事の翌日、日曜日。
本当はSKI予定していたけれど、いろいろあって急遽DNS。
雪がたくさん降った後の週末だったので、かなり後ろ髪ひかれる思いだったけど、仕方ない。
午前中だけは時間が空いたので、今日も昨日と同じ山へコソ練へ。
と思ってたら、師匠O本さんも予定が変わったようで合流していただけることに。

先に現地に付いてO本さんを待つ間、基礎練、スタンディングの練習。
フレーム-24-01-2018-03-15-37 のコピー 
まだ前輪を縁石から離せません(涙) スタンディングへの道のりはまだまだ遠い

この日は前夜少し降った雪がうっすら積雪していたけど、
スノーライドってほどの量ではなく。
IMG_1762.jpg

O本さん到着して、まずはショート1本。
タイヤ空気圧について、今日のようなウエット路面では私の場合1.5barでも高すぎ、らしい。
1.2くらいで十分、と言われる。
そんなに低くていいんだーー確かに体に響くようなゴツゴツ感なく乗っていける。

ショート上りはいつもと一緒、けど下りはいつものコースではなくて、初めてのコースへ。
O本さん「(いつものより)こっちの方が易しいから」って、とっとと下っていってしまったけど
いきなりスタートから小岩&木根っこ階段状の下り(涙) どこが易しいんだーー?!
下りて行きたかったけど、いきなりは怖いなー、ちょっと無理か、やっぱり。
乗れそうなところまで押して下って乗車。
確かにその後は比較的易しいコース。
でもうっすら雪があるだけで
「滑りそう」→体かたくなる→滑った時にリカバリーできない→ほんとに滑る、の
悪循環パターン。
O本さん曰く「滑らないと思えば滑らない」んだそう。゚(゚^∀^゚)σ。゚
確かにそうかも。
IMG_1763.jpg 

ショートの後は、ロングへ。
JPEGイメージ-597D27086B84-1 JPEGイメージ-F9770E05B0C3-1
こっちのコースの方が少し雪が多い。

てっぺん近くは普通にハイクで登るのも大変な押し歩きポイントたくさん。
JPEGイメージ-58607A2AA2A8-1 ヨタヨタ。゚(゚´Д`゚)゚。

てっぺん。
IMG_1766.jpg
補給&休憩していたら、3人グループが上ってきた。
最後に少し遅れて上ってきたひとりは女性。
先に3人組の下りを見送る。
この女性、しょっぱなの急斜面をハンドルプッシュしながら下っていく!(*゚Q゚*)
すっごーい!かっこいいなーー 
10年くらい続けてたら、あれくらい乗れるかな?度胸ないからやっぱ無理かなー

さて、自分たちも下ります〜
のろのろカメの下りでO本さんや鉄人には申し訳ないのだけど、気持ち落ち着けて丁寧におりる。
最初っからわかっている難しいセクションは即おりるww
難しいポイントが2段階になっているところ、とりあえず1段目はえいやーっと降りて、
すぐに2段目、でも気持ちも体も準備できてなくて あわわわわ・・・((((;゚Д゚)))))))

後半はいつもコソ練のショートコース下りに合流。
やっぱりわかっているコースになると ちょっと気持ちが落ち着く。
ここからは転ばず、足つかず、いくぞーと気合、気合。
なんとか最後までおりきって 今日の山練も無事終了〜。
O本さん、お付合いくださってありがとうございました!


まだまだビビり全開、ダメダメだなーなんだけど、その日走り終えると
また次、練習したくなるのが不思議。
スキー優先したい時期だけれど、やっぱりトレイルも・・・
週に3日くらいたんまり自由できたらいいんだけどなーーなんて、アホなことを考える(*´~`*)
けど、来週は絶対スキー行きたいな。

帰宅して 娘と合流して所用の前に腹ごしらえ。
IMG_1769.jpg
CM見るたびに食べたくて仕方なかったカニ玉あんかけうどん。 美味しかった!




今日の記録(GIANT FATHOM1) 
 距離9.28km 
 高度上昇値556m 
 平均気温3℃(0〜7℃) 
 消費カロリー320C

SKI諦め、山練の週末1日目   ’18.01.13 

2018年1月13日 土曜日  晴れ


午前中所用あり。
お昼ちょっと前に自宅出発、トランポしていつものコソ練へ。

気温は低いけど、日差しは強い。
もう年末の日差しとは違う!季節は春に向かってる(驚)
IMG_1749_20180129113552984.jpg IMG_1747_20180129113544293.jpg
日向ぼっこしながら、車中常備食のカップラーメンで昼ごはん。日差しがあったかくて気持ちいいーー
食べ終わったら このまま昼寝しちゃいたい気分。

いかん、いかん。 と、スイッチ入れて 今日もショートコース周回でコソ練。
今日の午前中にこのコースでお掃除ライドしてたらしい師匠O本さん。
ちゃんとお掃除の痕跡、発見!
IMG_1751_2018012911354862b.jpg
上りトラック途中に斜めに横たわっていた丸太が避けてある(´∀`*)

10日ほど前にここへ来た時はそうでもなかったけど、
今日はずいぶん落ち葉が少なくなって土面が見えているし石ころゴロゴロ。
タイヤが跳ねて上りも前回より難しい気がする。
今回は上りルート間違えずに(間違えそうになったけど)ショートてっぺんまで。
下りは 「真ん中、真ん中」と念じながら(笑) 一度足つき、でも転けずにクリア。

2周目。
上りの途中で、鉄人 目先 路面の溝に気を取られ、上の大きな太い枝?幹?に頭を激突。
ヘルメットにヒビが入ったw(゚o゚)w
IMG_1753_201801291135548f7.jpg 現場の状況説明する鉄人w
そう〜路面ばっかりに集中していると こーゆーことがあるからほんと要注意。

IMG_1752_20180129113554f38.jpg
てっぺんで休憩後 2周目下り。
左クイックに曲がった後の急勾配、トラック幅はあるけど真ん中に縦の木の根っこ、
そしてその前に立ち木。私にとっては難しいセクションのひとつ。
縦の木の根っこのどっちへ入ろうかと一瞬迷う→滑る→制御不能ですっ転ぶ(T_T)
結構派手めなコケ方した・・・でも幸い打ち身もなし

すっ転ぶまでがあっという間で何がいけなかったのか自分ではよくわからず。
鉄人に「前ブレーキかけただろ」と言われて、記憶にはないけど、
あのリカバリー不能な感じはやっぱり前タイヤが滑ったんだなーとしか思えない。
急勾配入る前にしっかり減速も注意される。
確かに減速しないから前ブレーキかけることになるんだよなー
迷ったラインも、できれば縦の木の根っこの左側を通ったほうがいいんだろうけど
その前の左曲がりをクイックに曲がれないので、右側へ行っちゃう可能性高いなー自分。



まだ陽が高いので3周目へ。
IMG_1754_20180129120852557.jpg IMG_1755_20180129120854367.jpg

やっぱり上りの石ころで自転車が跳ねるので、タイヤの空気を少し抜く。
  スタート時は1.8bar 空気抜いて1.5〜1.6barくらい?
あまり抜くとパンクが心配だったけど、やっぱり上りやすくなる。

おまじないチョコ食べて下り。
「真ん中乗車」
「前ブレーキ握らない」
「急勾配前には止まるくらい減速」
「お尻しっかり下げる」

特に右手(前ブレーキ)意識して下る。
先のすっ転んだセクション、
先へ行く鉄人は木の根っこ左側に入ったけど、私にはやっぱり左側無理で右側から。
でも右端から木の根っこの段差少ない部分を越えてクリア。
やっぱり減速しておくことと、お尻をしっかり下げることで
安定して余裕もってバイクコントロールできる気がした。

あとふたつの苦手なセクションもなんとかクリアして
ほんとは怖くていつも止まってしまう最後のトレイル出口の部分も止まらず降りれた!
 これが実はすごく嬉しかった。

IMG_1757.jpg
今日のコソ練、終了〜
今日はちょっと落ち着いて乗れた気がする
・・・というか、単にコースに慣れてきただけかもしれんけどww


帰りは、初めて待ち列がなかった あのラーメン屋さんへ急遽立ち寄り。
IMG_1759.jpg
私的にはまぁまぁ美味しかったんだけどなー
大盛りではなくて替え玉で食べるラーメンはあまり好きでない鉄人的にはいまひとつだったようで。
美味しくても最初からボリュームがないと美味しいと感じないらしい・・・


まーでも 自走でもトランポでも毎回自転車の帰り道ではずっと気になってたラーメン屋さん
やっと寄れて ちょっと気持ち落ち着いたよね(笑)



今日の記録(GIANT FATHOM1) 
 距離8.98km 
 高度上昇値447m 
 平均気温2℃(0〜11℃) 
 消費カロリー328C
プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR