ACA スーパー恵那山2018  ’18.05.06

2018年5月6日 日曜日   晴れ

 やっとGWの最終記事・・・

2018年GWの締めは、ACAのスーパー恵那山へ。
121km3000up、上りか下りしかない山岳ルート
スーパー恵那山コースを走るのは2度目。
だけど、2年前に出走した時は、自転車ポーチ落としちゃった事件が勃発。
コース上で右往左往、ゴールまで大爆走。自転車どころじゃなかった・・・・


スタートは7時。
今回こそは余裕をもって来場したかったのに、自宅出発が5時ちょっと過ぎ。
スタート地点到着は6時半ちょっと前。 トランポにやっぱり1時間半はかかるなー
それでも2年前よりはちょっと余裕。 トイレは高速のSAで済ませてきたし。
準備して、補給して、ちゃんと記念撮影にも参加できた。
IMG_2857.jpg

そして、スタート前に 手作り「無事カエル」ちゃんをいただく!
IMG_2803_20180516234449696.jpg pomちゃん、ありがとう〜♪ 嬉しい!

ちゃんとサドルバッグにぶら下がってもらって、今日から一緒に走る〜 落ちないでね
IMG_2804_201805162344525fd.jpg

このGWはずっと山ロング練を重ねてきて
GWも最終日になると さすがにちょっと疲れが抜けないような?
加えて、一昨日のトレイルでの前転転倒のダメージが残る感じ。MTBでひどくコケると疲れが倍増する
今日は「頑張りすぎず、垂れず、でも休憩なしでゴールまで」がとりあえず目標。
鉄人に極端なペースの上げ下げしないようけん制するのも忘れずに。

7時ちょうどスタート。
IMG_2858_20180516234041307.jpg 気持ちいい〜ライド日和。
中盤あたりでのんびりスタート。

がーーとR19まで下って、R19を渡ったら しばし市街地走行。
早朝なので、ほとんど車の往来はなくて走りやすいけど、
信号のたびに赤信号で停車するのにはちょっと辟易。
市街地抜けて、ちょっとずつ上り。
少しスローペースかなーと思うけど、無理せずトレインの最後尾にぶら下がって淡々と進む。

最初は根の上高原。
今日のコースで2番目に嫌な上り。 勾配きつくて、ちょっと長い。
トレインもいつの間にか ばらけて、後ろからも数人に抜かれるけど、
わりとすぐてっぺん。 
 前回上った時は、昨年秋のブルベのとき。
 あの時は3000mくらい上った後の根の上高原で、もうゆっくりしか上れなくてすごく長く感じた。

先に上っていた鉄人がてっぺんで電話中。 仕事の電話らしい
休憩、足付き無しで行きたかったけど、ここでちょっと停車。
走行中、写真も撮れないと思っていたけど、待ち時間にここで1枚。 
結局 走行中の写真はこれ1枚だけ。
IMG_2806_201805162344529a4.jpg 根の上高原、とかいてある看板

電話がすんで、根の上か高原から岩村方面に向けて下る。
この下りの途中で見える景色が いかにも「里山」って景色で、すごく好き。
この後、少し上って、下って、岩村市街地。
また上って、トンネルを抜けて下ったら上矢作。

ここから平谷までのR418は、1週前にも通った大好きな道。ユルユル勾配、景色きれい。
この道中で、先に行っていたpomちゃんに追いつく。
しばらくこっそり後ろで追走。
っていうのは、鉄人がpomちゃんのバイクをえらく気に入っていて、
pomちゃんのバイクを間近で観察したかったからww
「pomちゃんのバイク、かっこいいよね」って、いつも見るたびに言ってる。
リアギアが28Tに変わってるのもちゃんと気づいたのにはちょっと驚いた(汗;)

そして、あの「ナッツ」(わんこ)ことなっちゃんの前を通過。
いつものように柵に前足をかけて立ち上がってこっちを見てたなっちゃん。 
「なっちゃーーん」と呼びながら通過したら、今日は全く吠えられず!初めて吠えられなかった!!
1週前の私たちをもしかして覚えてくれてたのかなー? 
それとも今日は自転車乗りがたくさん通過するから、少し慣れたのかな?


今日も水彩画のような山肌がキレイ。
でも1週前より緑が濃くなって、ピンク色が少なくなったなー。

平谷の交差点を、今日は左折して治部坂峠へ。
この辺りから気温上昇、私にとっては気持ちいい気温になってきたー。25度前後?
ということは、鉄人にとってはヤバイ気温。
くるくるノリノリな気分の自分に反し、鉄人のペースがどんどん落ちてるような?
やっぱり どうやら「暑い」らしい。

治部坂峠、寒原峠を越えたら、これでもかって長い下り。
そして短いけどトンネルがいくつも。 こんなにトンネルってあったっけ??
この下りで6〜7人パックになり、あの横川峠へ向けてぼちぼち上り始める。

右に曲がって 急にキュッと急勾配。
あーーーここだーーー ここからが 一番イヤな横川峠(泣)本番。
軽トラの地元のおいちゃんに
「ここ、上るんかい?すごい急だぞー」と見送られ、えっちらおっちら上り始める。
頑張っても頑張らなくても シンドイ峠。変な磁場?もありそうだし。
なるべく気持ちを落ち着けて、ゆっくり、でもなるべく踏まないようにペダルまわして。
一緒に上ってた参加者さんたちも、みんなキツそう。
キツイのは自分だけじゃないんだと思うだけでも、ちょっと気が楽になる。

2年前は後ろから誰かが引っ張ってんじゃないか?って、
何度も後ろを振り返って上った横川峠。
今回はキツイなりに でも、あれ?もうてっぺん?な感じ。
先にてっぺんに到着していた参加者さんが
「ここ、すごいねー。(ガーミンの?)勾配が瞬間的に35パーセントとかになるよ」って。
あーだから、後ろから誰かに引っ張られるような?変な磁場があるんじゃ?と思う瞬間があるのね・・・・

最難関の横川峠をクリアしたら、峠はあとふたつ。
ゴールまであと30kmもない。 ここまで、なんだかあっという間。
休憩しないつもりだったので、トップチューブにつけたバッグに一口大福を10個入れてきた。
ずっと食べながら走ってるおかげか?なんだか余裕だなー
あと踏んで疲れる平坦が全然ないってのも いいのかも?
 頑張らずクルクル上って長い下りで休憩〜の繰り返しって、もしかして楽なのか??

なんだか余力いっぱいな私に反して、鉄人、別人のように上れず。
黒ジャージに塩模様、やっぱり暑いようだ。
気をつけてないと、鉄人の後輪に接触しそうになるし、
「あおるなよ」って怒られるし。

「休む?補給する?」と聞いても .返事無し。絶対 前も走らせてもらえないww

鉄人の後ろにぴったり張り付いてしまわないよう、
辺りの景色を見ながら 淡々と走る。
いやーこの辺りって、すっごく山がキレイだった。
長野と岐阜の県境あたりの山って、
欧州のような?明るいイメージの長野県側の山と 厳しいイメージの岐阜県側の山、
両方が混在するのね。


これでもかっていうくらいの長い下りを下ったら、最後の峠、馬籠峠。
2年前の時は もうヨレヨレだったけど、今日はそうでもないなー。
速くは上れないけど、気持ち良く上って。
馬籠峠もやっぱりてっぺんまでが早かった。
あとはゴールまで下るだけ。

13時過ぎ、無事ゴール。 
XoATeNs6Riy6FSf1526465323_1526465453.png M宮さん撮影
いつものように、自分でタイム申告ww
ACAスタッフさん、今日もお世話になりました!

タイムは置いといても それでも予想よりずっと早く帰ってこれた
当面の目標通り、頑張らずタレず、
根の上高原のてっぺんで停車した以外はずっと走り切れたのでヨシ、かな。
IMG_2811_20180516234453bb1.jpg IMG_E2808.jpg


自転車やら片付けて、帰る準備したら、早速 温泉へ。
でも鉄人、湯あたりしそうと、早々に出てきていた。
やっぱり熱中症一歩手前状態のよう。
IMG_2813_20180516234454eeb.jpg
いつも飲む牛乳は気持ち悪くて飲めない、らしい。 私はいつも通り飲むww

帰路は、GW最終日の高速道路渋滞を心配して、R363で帰る。
車中で、スポドリとスナック菓子を食べた鉄人、やっと元気になる。
やっぱり体温上昇とナトリウム不足で調子悪くなるのね・・・・

市内まで戻って塩分補給
IMG_2815_20180517020050db2.jpg


GWあっという間に終わっちゃったなーー
でも当初の予定通りロング練をたくさん出来て良かった。
長距離山岳路をタレずに走りきる練習になったかは微妙だけど・・・・
GW中の走行回数4回 この距離と獲得標高を合算したら、
距離は597kmとまぁ普通だけど、獲得標高は1万、超えてた!!!(驚)

これが なんとか力になっているといいんだけど・・・


最後に。
この日、お世話になったACAスタッフの皆さん、ご一緒してくださった皆さん、
ありがとうございました!
今年はなるべくACAツールドにも出走したいですが・・・・
とりあえず次の琵琶湖はDNS。山の方で頑張ってきます!


今日の記録(カルマ) 
距離123.30km 
実走時間5時間44分 
Ave21.6km/h Max59.1km/h 
高度上昇値2939m 
平均気温20°
消費カロリー2046C
スポンサーサイト

ACAツールド GF岐阜 九頭竜振替走 ’17.11.03 

2017年11月3日 金曜日 文化の日   快晴!


週末に自転車乗ったのはいつだっけ?
10月の3連休が最後? 実に4週ぶり、やっと晴れた週末。やっと長距離乗れる!

この3連休、とりあえず天気は全部良さげ。
自転車に乗るつもりだけど、いつものごとく全く無計画状態の我が家。
まずは3連休初日の3日。
一応はそれなりに早起き、6時起床して 「今日、どーする?」 
 もーせめて前日に決めたいよ、ほんとは(。´・(ェ)・)

先々週、台風22号のおかげで中止になってしまったACAのGF岐阜の振替走に行くか、となる。
 岐阜の山の紅葉が見たい〜紅葉ライドがしたい〜 

というわけで、バタバタと準備して7時過ぎの自宅出発。ほんとにいつも行き当たりばったり
東海北陸道で奥美濃へ向かう。
予想通り、一宮JCTあたりで大渋滞。 ここを渋滞なしで通過するには7時前だなーやっぱり
一旦R22に降りて、木曽川ICから東海北陸道に乗り直して、あとは順調。
IMG_1074.jpg 今日は間違いなくいい天気!

9時半、デポ地着。
同じく振替走らしき人の車を数台発見!近くに駐車。 誰かなー?知ってる人かな?
IMG_1077.jpg

今日のコース予定はこちら 距離157km 獲得標高2200予定。
 ひるがのスタートで九頭竜へ。
 九頭竜湖畔沿い経由で福井県大野市まで。岐阜県側へ戻ってウィングヒルズの峠越え、ひるがのへ。

正規のスタート時刻は8時だったけど、ほぼ2時間遅れのスタート。
日暮れまでに戻るにはちょっと難しいだろうなー・・・と思いつつ、
我が家のこの季節のライドはいつものこと(汗;)ちゃんと前照灯はブルベ仕様で2灯用意。

9時50分、デポ地出発!
IMG_1078.jpg 快晴、久々ロング、久々の山、それも紅葉!嬉しいなー

スタートから10kmちょっと ずっと下り。
ルートはざっくり予習してきたけど、地理的なことはあまりわかっておらず(汗;)
途中でR156に合流、いつもの分水嶺へ向かう道を南下してることに気がつく。
あーそういうルートか、と思ったら、右折。突然、上り坂。 
あーここが油坂峠だー・・・ 
その昔、冬は油で滑るようにツルツル滑ることから命名された峠とかって聞いたことある

久しぶりの上り、きっつい・・・ やっぱり上ってないからかなー(T_T)
しばし上っていくと、私の好きなグネグネカーブの峠道。 
勾配がこまめに変わるのと 景色もカーブのたびに変わるのが好き
だんだん楽しくなってきた。 久々だなーこのテンションが上がってくる感じ、楽しー♪
カーブを曲がった先のこの光景、あーー紅葉だーーー!
IMG_1080.jpg
思わず「すっごい きれーーぃ」と独り言、 鉄人からは完全にちぎれている(汗;)
上りの途中で写真撮影のために足つき停車することは滅多にしないけど、
この時は足付いて止まった。絶対写真に撮りたいーーーって。 
でも この後もこれ以上の感動な紅葉に何度も出会うのだけれど

この先のカーブを曲がったら、あら、峠てっぺん?! だった。
 珍しく鉄人が写真撮影中
で、自分も撮影。
IMG_1082_20171107053733133.jpg やっぱり高いところはいいなーー

峠てっぺんのトンネルを過ぎたら、あとは九頭竜まで気持ちよい下り(美濃街道)
九頭竜湖が見え始めてすぐにドライブイン。鉄人がボトル補給。
IMG_1084.jpg IMG_1083.jpg 
             ボトル2本用意しておいたのに、うっかり1本しか積んでこなかったらしい

ドライブインから先、少し進むと
ロングコースとノーマルコースの分岐点、箱ヶ瀬橋到着!
IMG_1087.jpg 
IMG_1093_20171107193614ac5.jpg IMG_1094_20171107194651c0e.jpg
この辺りが九頭竜観光の目玉地点?
確かに景観は素晴らしくて、人や車が多い。でも紅葉はちょっとピークを過ぎたかなーの印象。

ロングコースは箱ヶ瀬橋を渡って、九頭竜湖も左岸の細い道へ。 
 ノーマルコースがそのまま美濃街道を直進。
この先、車通りは全然ないのはよいのだけど、かなり荒れている道。
アスファルトもガタガタ、枝や落ち葉、落石、そして山水が流れ出している箇所も多数(大きな水たまり)。
路面の状態から気が抜けないけれど、
それでも右側に見える九頭竜湖とその向こうの紅葉の山は とても綺麗。

途中の面谷橋
IMG_1098_20171107194652375.jpg IMG_1095.jpg 
九頭竜湖の奥へ進むほど、紅葉が綺麗になっていく感じ。
山全部が落葉樹、なので山全部が色付いている。
岐阜の田舎育ちの自分は、こーゆーのが「紅葉」だなーって思う。
愛知県ではなかなかこーゆー「紅葉」はみられず。


サクサクと快調に走って〜 の筈が、突然のバースト音。
前を行く鉄人の前輪から一瞬白い煙があがる。 
あーーぁ やっぱりやってしまったかーーーのパンク。 落石して砕けた鋭利な石を踏んだようだ
IMG_1101.jpg
ずっと路面が荒れてるので、ちょっと覚悟はしてたけど・・・
パンク箇所はすぐ発見。1センチくらいのサイドカット(泣) 
 ゴールまで残り90kmほどあるけれど大丈夫かなー・・・
タイヤブートでタイヤの亀裂を塞いで。空気圧少なめで。少しペースを落として走ることに。

パンク修理してた場所のちょうど対岸は 素晴らしい紅葉。
IMG_1100.jpg

気をとり直して先へ進む。
九頭竜湖を過ぎて、少し進んだら峠道(伊勢峠)
紅葉でない 薄暗いスギ林を2〜3km上って 峠てっぺん。
下りだしたら 景色一変。
木漏れ日が降り注ぐ紅葉のトンネル! すっごい綺麗!
道が狭くて路面も悪いので 頭上に気を取られてるのは危ないのだけれど、
頭上に広がる黄金色の美しさに感動しながら下る。
 「写真、撮りたいーー」って思うけど、鉄人がどんどん先へ下ってしまうので叶わず。
 でも、この伊勢峠の向こう側下りが この日一番の紅葉シーンだった

伊勢峠を下って、また川沿い。この辺りは紅葉ピーク。
IMG_1102.jpg 

川?湖?の水の色が不思議。
入浴剤いれたような色だーーと思っていたら ダム!(笹生川ダム)
ダムカード ゲット!
IMG_1105_2017110800260811d.jpg 

川沿いを走って、どれだけ走っても 一山まるごと紅葉が続く。
IMG_1106.jpg IMG_1110.jpg
 写真だといまひとつきれいに発色しないのが残念・・・

真名川ダムで2枚目のダムカード ゲット!
IMG_1111_201711080038245c3.jpg

ここ真名川ダムで トイレ休憩と自販補給。
IMG_1113.jpg
ここまで補給場所は全くない山の中。
走行距離80km弱。 時刻もすでに14時近い。 
なのに 鉄人、全く補給食持たずに来ていて かなりの腹ペコ状態。
 そーいえば朝もしっかりと食べてなかったらしい。
私はここまで走りながら、ひとくち大福3個とミニ大福1個補給。
ここまで上りがそんなに多くなかったので なんとか補給は足りてる。

あと20kmくらいで確か道の駅がある筈だから、と
私のミニ大福1個と炭酸飲料で飢えをしのいでもらう。
 でも正確にはあと20kmじゃなくて、あと30kmだった(汗;)

そしてパンクしたタイヤの状態も確認。
IMG_E1114.jpg
亀裂部分、ちょっと広がってるなー(汗;) あと70kmほど もってくれますように。


ひとくち大福 残りあと4個、という不安な状況でリスタート。
大野市街地が遠目に見えたあたりで右折、R158で九頭竜へ戻るルートへ。
このR158が大変。上り基調な上に、車の往来がすごく多いーー(涙) 
我慢して我慢して淡々と進む。
あと20kmと思っていた道の駅が、まだ10km先とわかって さらにへこみながら・・・・

車の多さに辟易しつつ やっとこさ113km地点の道の駅「九頭竜」に到着。
IMG_1120.jpg 恐竜がいた!

思っていたより狭い道の駅。紅葉シーズン、観光客は多い。
で、食べるものは軒並み まさかの売り切れ状態・・・・(。>(ェ)<。)エエェェェ

なんとか手に入れたのは、
IMG_1118.jpg 舞茸とかぼちゃの天ぷら1パック

と、ソフトクリーム。
IMG_1117.jpg

これだけであと40km、それも このルート内で、一番の上りが続くんですけど(汗;)
果たして燃料は足りるのか・・・・? たぶんこの先も山の中、補給できる見込みなし

16時過ぎ、道の駅「九頭竜」をリスタート。
ありがたいことに、すぐにR158から 山道へ離脱。 
やっと車の多さから解放されて 心底ホッとする・・・・

全然車が来ない平和な道〜 もうまもなく陽が沈むなぁ
IMG_1123.jpg

この辺りも紅葉がきれい。
ダムの名前はわからないけど、放水の様子とバックの紅葉がきれいだったダム。
IMG_1121.jpg

だんだん辺りが薄暗くなる中、「腹減ったなー」と思いつつ ひたすら上る。
「腹減った」「お腹すいた」は 互いに禁句。互いに暗黙の了解(笑)
ひとくち大福、食べたいけど、鉄人も腹減りだし。まだ先が長いのでもう少し我慢。

ウィングヒルズのビスラボが見えた辺りで峠のピーク(桧峠)。
眼下の絶景に少し感動しながら急勾配を下る。
R156へ合流。ゴールまであと15km。最後の上り。いつのまにか辺りは真っ暗。

あー自販がある!
鉄人、吸い寄せられるように寄っていく。 ここで2度目の自販補給。
IMG_1125.jpg

ダイドーのこれ! すっごい美味しい、補給向き。
IMG_1124.jpg 鉄人とシェアしてグビグビ飲むw

もう少しお腹の足しになるもの・・・・
コーンポタージュ! 写真撮るの忘れた。 

確かコーンポタージュって糖質高め、の筈。 
温かくて、超美味しいーーー。 


IMG_1126.jpg 月明かりとウロコ雲〜
ゴールまであと12kmの上り。
鉄人はコーンポタージュですっかり復活! がんがん上っていく。
私も最初こそは がんがん?!上ってはみるものの、
コーンポターシュパワーは5kmほどしか続かず(涙)
鉄人からすっかり千切れたのをいいことに、こっそり ひとりでひとくち大福3個投入。
これであと7km、なんとか上りきれた。

18時30分ちょうど、デポ地に無事帰着!
 なんとか燃料もタイヤも持ちこたえてくれて ホントよかったーーー

はーー疲れた。でも、紅葉満喫のライドは すっごい満足。

帰りは温泉と ひるがの牛乳ソフトクリーム。
IMG_1129.jpg めちゃめちゃ濃厚!美味しい〜

この日のウェア備忘録
 ファイントラックのメッシュタンクトップ、SKINS長袖、半袖夏ジャージ、アームカバー、ウィンドブレーカー
 夏用レーパン、短パン、夏用靴下、指あり春秋用グローブ
ウィンドブレーカーは結局最後まで一度も脱がずじまい。
そんなに暑くは思ってなかったけど、帰着して脱いだら 下の夏ジャージは自覚以上に汗だく。
ちょっとサウナスーツ状態だったかも? 体重2kg減、プチ脱水状態(汗;)
こんなに汗かいてたのに、あまり自覚なかったのはファイントラックのメッシュのおかげ?



4週ぶりのロングは やっぱり疲れたけど、
紅葉は本当に最高だったーー 
今シーズンは この先紅葉ライドはもうしなくてもいいなーってくらい、満喫。
今度は、紅葉はいいのでグルメライド、だな。



今日の記録(カルマ) 
距離157.30km 
実走時間7時間13分 
Ave21.8km/h Max49.3km/h 
高度上昇値2156m 
平均気温16℃(8〜21℃)
消費カロリー4153C

ACAツールド HC乗鞍スカイライン 2017.08.20

2017年8月20日 日曜日    曇りときどき晴れ


乗鞍遠征2日目。
IMG_0524.jpg
6時半起床。 今日も天気の心配はなさそう。
よく寝たような? でも何度も途中で目が覚めた。
 最近、長い時間寝続けることができないような?これってやっぱり歳かな?

体調は悪くない。起床して直ぐからいつものように事前補給開始。
 すぐガス欠になるので、強度強めのライドをする時は 起床後すぐから少しずつ食べていって
 走り出す直前までに1000kcal以上はお腹に入れるようにしている。

IMG_0525.jpg
いつものようにおはぎから。

・・・やっぱり 食べられない? 
昨日のエコーライン後からの固形物食べられない、が まだ解消されてない。
おはぎ1個が食べられず(涙)
ならば、大好物のトマト。
IMG_0526.jpg
ちょっと苦しいけど、おはぎよりはいける。 無理無理飲み込んで、あとは野菜スムージー。

今日は無理せず上ろう。
昨日は時間がなくて心拍計を作動できなかったけど、
今日はちゃんとモニタリングしながら上ろう。
鉄人からも「今日は170以上はあげるなよ」と言われる(汗;)

8時過ぎにスタート地点へ移動。8時半過ぎには到着。 朝、余裕があるっていいなーーー
IMG_0527.jpg
乗鞍遠征の2日目は、ここ平湯温泉から平湯峠を経由してスカイラインを上る。
19km1400up 平均勾配7.4%

9時半からの開会式までまだまだ時間があるので、
スタート地点平湯スキー場の横 300mくらい?の上りを上ったり下ったりして、
珍しくレース前のアップなんぞしてみる。
2本目で心拍スカッと160台まで。 調子は悪くない気がするー 昨日から食べれてないけど。
IMG_0530.jpg 平湯スキー場 私のスキーの原点

5本上ってアップ終了。
スタート地点に戻ったら、黒ラブがいる!.゚+.(・∀・)゚+.
 もしかして、この子、昨日のエコーラインの途中で 車の中から吠えられた子かしら?
IMG_0528.jpg
トレックロさんの愛犬。
ラブラドール、やっぱり可愛い。人見知りせずぐいぐい迫ってくるあの仕草や表情はたまらんーー
IMG_0529.jpg かわいいなーーかわいいなーー
久々にラブラドールを触れて すっごく嬉しい。この日の一番のハイライト

9時半。
昨日のエコーラインでは参加できなかった開会式。
IMG_0531.jpg
ちょっと少なめかなー? 後で聞いた話では、昨日とほぼ同人数だったとか。60人ちょっと。

スタート直前にできるだけ飲む、食べれる物を食べる。
けど、どーしてもおにぎりやパン類は食べられず、チーズケーキと野菜スムージーとクエン酸飲料を直前補給。
 こーゆー時に粉飴を飲み物に入れて摂るといいのかな?


10時。真ん中あたりの位置からスタート。 
平湯峠の入り口まで1kmくらい? 国道を上る。
数人前の集団からどんどん離れていく、できれば前方に出たいペース。
けど、右側から囲まれてしまって左端から動けず(涙) 
タイミングよく前方へ出られた鉄人はどんどん前へ。
平湯峠に入る前から もう姿が見えなくなる。
「今日は無理せず上るんだから、このペースでもいいか」と思いながらも
やっぱりゆっくりいけない自分がいる。

平湯峠への上り。
やっと包囲網から解放され、自分のペースで上り開始。
わかっていたけど、しょっぱなから急勾配、ガーミンは14%勾配を表示。キッツいなー

今日は昨日の反省を踏まえて
自分の感覚で「もうちょっと頑張れそう」の8割弱で上る。
ペダリングは踏まない、ちゃんと丁寧に回す。
心拍は160台後半。まーこんな感じかな、と。

平湯峠の途中で後ろから「秋さん」と声をかけられる。
昨年のスカイラインでも同じタイミングで「ブログ読んでます」と声をかけてくれた若者だった。
少しの間、話しながら上る。
まるっと1年ぶり、昨年の印象と違うのは いい意味で体がひとまわり大きくなった感じがする?
なんだか 強くなってそう、と思う。 
その直感は正解で、その後 あっという間に上っていってしまった。
久しぶりのACA、皆さん 強くなってるなー(汗;)

なぜか平湯峠は昨年よりも辛く感じずクリア。
平湯ゲートを通過。
この辺りでは前方に数人が上っていて、ついていこうとちょっとペースが速くなる時も。
その度心拍数を見ては、170を超えるので「いかん、いかん」と自制。
でも、これが嫌になってきた。 
心拍数見て、走るペースを落として、っていうのが、どうも慣れない。
というか、抑制されて、思うように上らせてもらえない、そんな感じ。
 そうそう、そういうのが嫌で実走では心拍計はずっと使わずにいた
もう途中で心拍みるのはやめて、自分の感覚で上っていくことに。

10kmくらいまでは まぁまぁいい感じで上っていたけれど
突然、きました
あーーお腹、空いたな・・・・」((((;´・ω・`)))

上りでこれを思ったら、実はもう手遅れ、というのは十分承知している。
あっという間に頑張れなくなる、上れなくなる。
やっぱりこうなってしまったかーー(涙) 普段に比べたら昨日から全然食べれてない
ちょうど勾配がキツくなるところとガス欠状態が一緒になり、ペースダウン。

クルクルがトボトボ・・・・
そこまではずっと前後にいた参加者さんたちから 置いてかれてしまった。
とにかくゴールはしなきゃ。ゴールできるかな? 昨日に続き 今日も不安になる。
完全なハンガーノックにはなりたくないので、無理する気はないけど、やっぱりタレるのは嫌。
その境ギリギリのペースで上る。

あーーお腹すいたーー・・・・ 
喉が乾いて、と言うより、お腹が空いてボトルの飲料を何度も飲む。
 いつもレース時には半分も飲まないボトルが ゴールまでにほぼ空になった。

15km過ぎて、そろそろ勾配が緩んで楽になるところ、の筈???
ちっとも楽にならない、脚に力が入らない。
昨年は羽がはえたかと思うくらい軽やかに上っていけたヘアピンカーブも
今年はえっちらおっちら(涙) 
 昨年の あの軽やかさは お借りした秘密兵器所以か? だとしたら、やっぱりすごいなー。
 絶対買えないけれど、また使ってみたいなぁ。


最後の上りでも 数人にパスされて でもあと少し。
全然力は出ないけど、気分は悪くならずゴールできそう。 
 本気でハンガーノックになると冷や汗、眠気がくる。

今日もなんとか上ってこれた、畳平。 無事ゴール。
IMG_0565.jpg tomoさん、写真ありがとうございます!

ゴール後、お腹が空いてオレンジジュースを.ガブ飲み。 紙コップで4杯。
IMG_0532.jpg
タイムは昨年より4分遅れ。
食べられなかったし、仕方ないな、と思う反面、体調管理も実力のうち。
それ以前に体調のことを置いといても、今シーズンはタイムが遅くなる理由に心当たりがいくつか。
当然の結果か、と。


今日の畳平はちょっと雲の中? でもあまり寒くない。
IMG_0533.jpg
そんな畳平で、この日も 顔見知りの人も お初の人も、
たくさんの人と たくさんお話できて楽しかったーー
そして多くの人に「旦那さん、速かったねーー」と声をかけられる。
 そうだったのー? 
 今年はダイエットもできてないし、ローラーもさぼり気味だし、雨沢にも昨年ほど通わなかったけど?
 確かに 体重とか、練習量とか、伸びしろは私よりいっぱいあったので
 今の状況は、まぁ当然といえば当然なんだけど、なんだか悔しい。


散々 喋り倒して 気がついたらずいぶん人が減っていて
じゃあ、そろそろ自分たちも下山しますか、と。
またここに上って来れますように。
IMG_0547.jpg
IMG_0545.jpg 66dtlZVPUcdr7hd1503845266_1503845397.png
IMG_0548.jpg IMG_0552.jpg


帰りは、いつもの平湯の温泉へ。サッパリすっきり。
そして、お決まりのソフトクリームならぬ今日はジェラート。
IMG_0555.jpg
下がカボチャ、上がアブラエ  
  アブラエって「えごま」のこと。飛騨地方ではアブラエって言う。このジェラート、五平餅の味がした!

道の駅で でっかいスイカを購入。
IMG_0557.jpg 直径31センチ、重さ13kgもあった


乗鞍遠征が終わると、夏が終わるなーという感じ。
走り自体は ちょっと不甲斐ない2日間、昨年の自分に勝てなかったけど、
久々のACAのツールドは楽しかったし、いい刺激になった。
そーいえば、自分ってこのツールドですいぶん成長させてもらったことも思い出した。
今シーズンはなかなか参加できなかったけど、また初心に戻って できるだけ参加したいな・・・・

そして実は近頃、自分の年齢に不安を感じることがしばしば。
今回のような不調があったりすると、つい年齢のせいにしたくなるけど、
そうじゃないよな、年齢じゃなくて そう思う気持ちに負けてしまうのかな、と。

最近、自転車熱がちょっと冷めてトレランばかり練習しているらしい多度山の仙人が
この日、後ろ1分差でゴールした鉄人に言った言葉
自転車、また頑張るよ」 
60代後半の仙人が言うこのセリフに、ちょっと泣けてしまった。
幾つになってもこういう気持ちが持てるって、すごい。

目標は高くなくていいけど、こういう気持ちはずっと持ちたいな、やっぱり。
努力は楽しい、そんな風に自転車もスキーも続けられますように。


ながーい、おそーい、今年の乗鞍遠征の記録、やっとおしまい(*゚ェ゚*)



今日の記録(カルマ) 
HC
距離18.94km 
実走時間1時間54分 
Ave10.0km/h Max31.2km/h 
高度上昇値1314m 
平均気温19℃
消費カロリー1074C
平均心拍164pbm 最大心拍180pbm

下山
距離19.70km 
実走時間46分 
Ave24.3km/h Max49.4km/h 
高度上昇値15m 
平均気温15℃
消費カロリー370C

ACAツールド HC乗鞍エコーライン 2017.08.19

2017年8月19日 土曜日   晴れときどき曇り


今シーズン、ずっと参加できずにいたACAのツールドあいち。
土日の2日間でエコーラインスカイラインでヒルクライムする乗鞍遠征だけは絶対参加したい。

土曜日早朝に自宅出発というのは、実はかなりハードスケジュール。
だいたい金曜日は仕事残務整理が多くて帰宅が遅くなる。
帰宅してワンコの散歩、通常の主婦業、ご飯食べてお風呂はいって、明日の荷物準備などなどしていたら
就寝は日にちが変わる1時過ぎ。睡眠時間3時間弱。大丈夫かなー?ちょっと不安。


1日目はエコーライン。
なので、長野県側乗鞍高原へ向けて自宅5時40分頃出発。
去年と同じ時刻。9時くらいには現地到着の予定だったのに。
例の中央道土砂崩れのニュースは自宅を出る間際に知る。
とりあえず中央道で。通行止め区間はR19へ。
案の定、下道渋滞(T_T)
IMG_0496.jpg 動かない・・・・

スタート時刻の10時に間に合わないかも、と半ば諦めつつ。
荷物背負って上らなきゃならないのは辛いなー・・・・
が、しかし。間に合うかも!?

スタート20分前に到着。
とりあえず荷上げしてもらうバックパックを抱えて受付へ走る!
開会式も集合写真撮影も終わっていたけど、まだバスが止まっていた。あー間に合った!よかったーーー
受付は顔パスで(笑) K野さんの奥様、いつもありがとうございます
そして、その足でトイレ直行。
車に戻ったら、もうスタートまで10分もない(焦)
タイヤに空気入れて、身支度して、急げ、急げーーー 自転車に乗ってスタート地点へ走る。

スタート前のカウントダウンの声が聞こえる。えーー?5秒前??
スタート地点到着と同時に、前列がスタートする。
結局、スタート地点で足付きせず、そのままヒルクライムスタート!助走つきスタートww
DSCN2226.jpg ぷるほんさん撮影 ありがとうございます!
この時はpomちゃんと並んですごい笑顔。 この後辛い展開になるとはつゆ知らず(涙)

急げ、急げのテンションのまま、スタート地点でも停車せずそのまま突っ切ってレース突入。
後で思えば これがいけなかった。
その勢いで 結構前の方へ上がってしまう。
少し前を行く 多度山のYさんと鉄人の姿がずっと視界にあることで
「Yさんのペースが遅い?それとも自分のペースが速すぎるのかな?」
やっと オーバーペースかも?と気づく。 心拍計つけていない

上るペースは心拍計使わず、いつも自分の感覚的な部分に頼っているけど、
このペース、冷静になってみると9割くらいのペースかも。(レース時はだいたい8割前後の感覚で上ってる)
それにちょっとペダルも踏んでるなー・・・・など、ちょっとマズイかな?というシグナルには気づいていた。


でも、なぜかペースダウンせずに進んでしまったのも、急げ急げスタート所以か?

スタート後24分で3本滝通過。 私にしてはちょっと速すぎ、と思ったけどそのまま。

確か10km地点前後。
自転車が揺れてる?前輪パンク?? 前輪を覗き込むけどよくわからない。
違うかな?でもなんだかブレてるよな?と思ったら、体が右に傾いたまま戻せない?
え?と思って前を見たら、前方からバス。
焦って左側へ寄る。 そうしたら今度は左へ傾いたまま戻せない。
体がまっすぐにできない、まっすぐ走れない。

えーーーどうなっちゃってるの?!?!私・・・・ 

と思いながら、左へ傾いたまま左の岩壁に倒れこむ。 えーーうそーーー?!
岩壁に上体を支えてもらって、左足ついて、落車だけは免れる。はーーよかったーー
少し後ろで走っていた人が驚いて「大丈夫?」と声をかけてくださる。 そりゃ驚くわな。

「すみません、大丈夫ですー」と先へ行ってもらって。
一応、前輪を触ってみる。やっぱりパンクはしていない。
揺れてたのは自転車じゃなくて自分らしい(汗;)

まず右足クリートをはめたいけど、はまらない。ぐるぐる足元がまわる。
目を閉じて深呼吸、3回。 顔を上げたら ぐるぐるしてない。
右足クリートはめて、乗りだす、左足もはまった。 まっすぐ走れる。よかった・・・・

走りながら壁にぶつかった左側の体の状態を確認。
左腕(長袖)がドロドロ。でも 破れてないようでホッとする。
左グローブもこんな。 ちょっと血がにじんでる箇所も。
IMG_0499_20170823012050c6c.jpg ゴール後に撮影(笑)


走っていてこんなことは初めてのこと。
何が起こったのか? 
けど、目眩は怖い。
心臓か脳か?重篤な病気の前駆症状であることも多いので 内心冷や汗。
大丈夫か、自分。 このままポックリ、なんてこと、ならないよね??
そんなに追い込んではないけど、オーバーペースはちょっと自覚していたし
何よりここ数日の睡眠不足。これがやっぱり響いているのかも。

そんなこんなを考えて、ペースを落とすけれど・・・・
でもレースだから、というのも捨てきれない自分。
迷いながら、まだ完全にレースを諦めきれず、ちょっと頑張ってしまう。

と、頭がぐわんぐわん、胃がムカムカシクシク・・・・ 
上りがキツイというより体調わるい。
あーやっぱり頑張っちゃダメだなー。

胃のムカムカシクシクが辛い。 
どんどん後ろからパスされるのも辛い。
勾配もキツくなってきて脚も辛い。 やっぱり踏んでたかな?

辛い、辛い、こんなに辛い乗鞍は初めて。
足つこうか。
ちょっと止まって休もうか。
畳平まで行けるかなー。

位ヶ原山荘が突然現れる。ちょっと嬉しい。
あと少し。
でも、あと5kmもないのに、ここからがいつも長くてキツイ。

森林限界の美しい光景、見えてるけど頭に入ってこない。
けど、大雪渓だけはコブの様子をしっかり確認。 この時期にあのコブラインがあるのはすごい

やっと県境。やっと下れる。
畳平到着。無事ゴール。 よかったーーポックリいかずにここまで来れて、とマジで思う。
IMG_0498.jpg
ゴールタイムは、昨年より3分遅れ。 残念だけど、まぁ仕方ないか。

ゴール後の談笑タイム。
ACAのイベントはこれが楽しい。 
皆さんに「久しぶりー」と声をかけていただく。 まだ覚えていてくださってありがとうございます
あーだこーだ楽しい時間を過ごすうちに、胃のムカムカはおさまってきた。

そろそろ下山するか、ということで。
あちこちで写真撮影しながら。
IMG_0501.jpg sNnGFhL0McswWfP1503434591_1503434670.png
今年も上ったぞー乗鞍、の1枚。

IMG_0505.jpg IMG_0509.jpg IMG_0512_20170823015708884.jpg
やっぱりいいなー 乗鞍。 辛かったけど上れてよかった。 
この景色を自転車の上から見られるだけで辛かった上りもチャラだなー

まもなく下山終了、というところまでくだってきたら
ここは平地か?と思うようなスピードで駆け上がってくるローディがひとり。

あ!また山の神!!! 

実は、今日お見かけするのは3度め。
レース中にバビューーーンとパスされ、
そして自分がまだ上っているところを下山してきた山の神。
そして今、なので、山の神、今日2本目の様子。
14日の御嶽山に引き続き、今日も一緒の山を上ってたことがちょっと嬉しい。
でも今日の山の神は、おんたけの上りとは別人。
御嶽山の時はかなりゆっくり上っていたのだと思う。
ほんとに神の上りだった。来週は頑張ってください!


下山後はお昼ごはん&反省会w
なんと、いつも食べる頂きカレーがメニューから消えていた(涙)
で、その代わりに頂きざるそばが登場。
IMG_0514.jpg IMG_0515.jpg
これは3倍盛サイズ。

あまり食欲がなくて、蕎麦なら食べられるかなーと思ったけれど、
ほとんど食べられず。 
3分の2ほどは大盛りカレーを完食した鉄人の胃袋へ。 スミマセン

でも反省会は今までにないメンバーで楽しかった!
qy6MlikprrgOSyO1503434779_1503434910.png このメンバーにtomoさんも。MTBのお話、嬉しかったなー

そしてその後、tomoさんのMTBを見て、乗車させていただく。
HkoGvlKmnSSfUgX1503434965_1503434988.png pomちゃん、写真撮影ありがとう〜♪
フルサスって、乗り心地がすっごく柔らかい!
それと、なんだかタイヤがよく転がる?抵抗感が少ない? 
なんでかなーー?と思っていたら、なんとホイールに秘密兵器が付いていた!! すっごい!羨ましいなーー


今日でもう帰る人、明日も走る人、いろいろだけど、お疲れ様〜と解散!
振り返ると、今日走ったエコーラインが見える。
IMG_0517.jpg
よくもまーあんな高いところまで自転車で上れるもんだ、と他人事のように感心するw

温泉へ。 そして、お決まりのソフトクリーム。
IMG_0519.jpg こけももミックス 美味しかった!
こーゆー固形物じゃないものはスルスル食べられる


明日のスカイラインスタート地点、岐阜県側へ移動。
今夜も道の駅で車中泊。
IMG_0522.jpg

夕ご飯は、近くのスーパーで食べられそうなものを買い込んで
外で風に吹かれながら のんびりいただく。
IMG_0523.jpg 果物やゼリーや野菜ジューストとか
明日は胃の調子が戻ってるといいんだけど・・・・

涼しくて、風が気持ち良い。
今日は、辛い上りだったけど明日はリベンジ。気持ちよく上れるといいなーー
睡眠不足解消、早く寝ようっと。
21時半、就寝。



今日の記録(カルマ) 
HC
距離19.86km 
実走時間1時間43分 
Ave11.8km/h Max36.0km/h 
高度上昇値1280m 
平均気温19℃
消費カロリー1058C

下山
距離19.84km 
実走時間45分 
Ave26.2km/h Max43.6km/h 
高度上昇値35m 
平均気温21℃
消費カロリー375C

ACAツールド GF岐阜 東濃中山道  ’16.10.23 

2016年10月23日 日曜日   晴れときどき曇り


ACAツールドの最終戦はグランフォンド岐阜 東濃中山道。 もう最終戦なんだー(汗;)
ルートはこちら。 距離117km、獲得標高2200m

ACAツールドのグランフォンドのコースはいつも秀逸。
普通のライドだったら もう間違いなく走りたいコースだけれども、
ACAのグランフォンドになると話はちょっと違う。
私にとっては、いつもヘロヘロ修行ライド・・・かなりの覚悟をもって参戦する、毎回。
なぜ修行ライドかっていうと、
鉄人、このGFでは 基本、休憩&補給しないし(私は走りながら補給)、
人が多いと狩猟本能(すぐ追いかける)丸出しでダッシュ&ダッシュするし(私はダッシュひとつで一気に終わる)
そして最近わかったのだけど、グランフォンドは下りが多くて(上った分下るんだから当然か)疲れる・・・


とにかくエネルギー切れしない、落車しない、泣きをいれずに最後まで頑張る、が
毎度の目標。 さー頑張ろう。

当日朝。
今回は珍しく余裕をもってスタート1時間前の7時にスタート地点到着。
が、しかし、もうかなりの人、人、人〜
もちろん常連さんたちもいっぱいいるけど、新顔?初めてお見かけする人もかなり多い。
あちこちで常連さんたちと挨拶しながら、準備。

pomちゃんからいただいた自家製パウンドケーキ、しっかり事前補給。
IMG_7686.jpg おいしー♪ ごちそうさまです!

開会式、始まる〜
DSCN3337.jpg FOCUSの山田さん撮影 写真いただいてまーす。

開会式の傍、お久しぶり〜のKさん! 2年前600kmブルベでご一緒しました〜
JE4xYmw3JW8B4Mf1477391755_1477392025.png FOCUSの山田さん撮影
 覚えていてくださって嬉しい〜 来年はぜひまたブルベでお会いしたいです!

恒例の記念撮影〜 今日の参加者はGFでは珍しい100人超え?!とか。
DSCN3344.jpg FOCUSの山田さん撮影
スギドラッグさんに駐車場をお借りしました!帰りにお買い物しなきゃ〜

スタート時刻まであと数分。
けど、今回は顔見知りの方が多くて、スタート直前まで談笑タイム。
突然の「スタート5秒前ー」の声に慌てて
右足クリートをはめて、ガーミンのコース呼び出して〜(焦;)

真ん中あたりの位置でスタート。
後ろには もう ACAツールドはもう卒業したかと思っていたkorashoさんも久しぶりに一緒。
今日はスズカに向けて追い込むそうだ。
 img_3_m_20161025225507346.jpg そのkorashoさんが撮影。写真いただきましたよ〜
100人ものローディがスタートするので、車道に出る際はやや渋滞気味。

ちなみに、今回はスタート前からなぜか全然写真を撮っていなかった・・・・おしゃべりしすぎ?(笑)
走行しながらの撮影は落車が怖くてしないようにしてるので、それこそ写真ゼロ。
ここからゴールまで1枚も画像ありません。文章だけで長々なんで適当に流してくださいね。



最初の市街地7kmくらい走ったあたり、しっかりした上りが始まる。
すでに車が来ない走りやすい道。
ひと山越えて、平坦路であおこさんとKさんに吸収されて後ろについていく。
あおこさんのバイクは今日はNewバイクのクロモリ。
さすがオーダーメイドのフレームだけあってか、
今まであおこさんの走りを見た中で、今日のフォームが 一番かっこよく見える。
 ホリゾンタルフレームとフォームの相性?が抜群!と思った。

ふたつめの上りは 小さいアップダウンを繰り返しながらジワジワ20km弱?のちょっと長丁場。
でも景色と道は抜群に良し。車はほとんど来ない。
数人の集団で 、比較的のんびりペースで進んでいく。
この上りは、終始Kさんが先頭を牽いてくださったのだけど、
Kさんの 常に一定の、ムラのないペダリングを見て、その回転数を合わせていくと
なんだかすごく楽になってきた、というか心地よく上れる。
そして、久々のkorasho節が流れる(笑)
前へ行ったり後ろに下がったりして 皆さんと順次おしゃべりしながら上るkorashoさん。
これもなぜか意外にも心地よい(笑)

山間の車の来ない道、時々里山風景。
Kさんの絶妙な牽き。
korashoさんの切れ目ないおしゃべり。
つい 修行GFであることを忘れそうになる。
この上り区間が私にとって今日の一番のハイライト、だったかなーと思う。

道の駅「らっせいみさと」が見えてきた。
蕎麦で有名な道の駅。
これまで2度、新蕎麦練習会ライドで 天ざる蕎麦を食べにきたことがある
「はい!蕎麦 食べますからー」と言いながら そのまま道を直進してすっ飛んでいくkorashoさん。
 この言動は100パーセント想定内(笑)
ああやって 本気で逃げモードに入ったkorashoさんはむちゃくちゃ速い。
あっという間に後ろ姿が小さくなる。

あおこさんたちは休憩に入るようだ。
鉄人が一応は停車して「どうする?休みたい?」と聞いてはくれるが、
顔は明らかに「休まずに行きたい」という表情。
ここで休んだら、遅れた分を取り戻そうと 鉄人がその後爆走するのが目に見える。
さほど休みたい気持ちもなかったし、その爆走を追っかけなければならないのは勘弁したい。
ここはそのまま走行再開。

しばらく上り区間。
今まで 皆とペースを合わせておとなしく上っていた鉄人。
ペースメーカーがいなくなって、
タガが外れたかのように、どんどこどんどこ上って行ってしまう。
一応上りのピークで待っていてくれたけど、やっとこさ追いついた私に
「今日は調子悪いの?」と真顔で聞く。 
 「私が調子悪いんじゃなくて、アナタが調子いいんです!」と内心 切れる(怒)

少し平坦区間、この辺りは先週の東濃牧場ライドで走った道。
ちょっとホッとして 走りながらひと口大福を頬張っていると
なんだかムッとした顔で振り返っている鉄人(汗;)
「何?」
「ちゃんと付いて走った方が楽だよ」(遅い、たらたらひとりで走るな、の意味)
その後、終始 後ろにしっかり付かないと 振り返って 無言(「遅い、ちゃんと付け」)の圧力をかけられる

阿木川ダムに向けての下り区間。
たぶん、周囲の景色はすごくいいんだろうけど、
連続するトンネルと 路面の縦溝と車通りの多さに、もうヒヤヒヤ。
特にあの縦溝は何度もタイヤが横滑りする感じで、すぐ後ろには車が追走しているし
生きた心地がしない(泣) ここで落車したら 間違いなく車に轢かれるな・・・・
ちらりと見えた阿木川ダムは すごく大きくて雄大だったなー・・・・

なんとか無事に阿木川ダムを下って、ぱんたあにさんが牽くトレインにくっつく。
恵那市街地は信号の連続、その信号のたびに赤信号で停車の連続。
そして停車のたびに、トレインの台数が増えて行く(笑) 結局10台くらいのトレインになったかな?

やっと市街地を抜けたら、木曽川沿いの景観良い道。
車がこない道って、やっぱり最高。
阿木川ダムあたりから続いていた緊張感からやっと解放される。
それにしても川面の深い濃い緑がとても綺麗。
気分良く走行していたら、ぱんたあにさんお勧めの「たこ焼き屋さん」前へ到着。
 ここのたこ焼きは本当に美味しい。外がカリカリ中はトロトロ。
鉄人がここで「休んでいく?」と聞くだろうと思って
今度は絶対「休む〜たこ焼き、食べる〜」と言うつもりでいたのに、
鉄人、なぜか今回は振り返りもせずスルー ええええーーーーたこやきーー(涙)
ぱんたあにさんや、ほかのローディがたこ焼き屋さんへ立ち寄るのを横目に ガックシ。

仕方ない、今日は修行ライドだし。
気をとり直して、ひと口大福を頬張り、ラスボス峠へ向かう。
7kmほどの上り。
鉄人は早々に前方の視界から消え、後ろにいたローディ2〜3人も姿が見えなくなって。
進めど進めど、前も後ろも誰もいないし、車もこないし。ほんとにひとりきり。
「こんな時にクマでも出たら 私 イチコロだろうなー」とふと、思う。
ふと思ったら、
そーいえば、korashoさんがクマと遭遇したのって恵那のあたりの山じゃなかったっけ?
急に怖くなってペースを上げて上る。
ピーク近くなって、前方にローディの姿を見つけた時は心底ホッとする。

最初のピークで待っていた鉄人と合流。
「korashoさん、少し前に先行ったよ」と、鉄人。鉄人は一旦追いついたらしい。
あーもうちょっと頑張れば追いつけたかもー? 
でもkorashoさんの逃げ足の速さには絶対叶わないなー。
この後は、上りらしい上りはなくて、下りばっかになるので、
それこそもう追いつけないだろうなーと諦める。

この後、小さなピークをふたつ越えたら、
ゴールまで残り25kmはずーーーっと下り、最後に少し平坦。

長〜い下り、辛いなぁ。
けど、今回はとにかく車が来ない道なので、幾分か気分は楽。
でもー あの縦溝道路が何度となく現れて、その度にヒヤヒヤ。
鉄人に「なんで遅れるの?」と聞かれて
「縦溝でタイヤとられない?」 「全然(とられない)」 
 そーなんだ?何が違うんだろう?
 あおこさんは後でタイヤを変えたら縦溝で横滑りしなくなったって言ってたけど
 鉄人の場合、タイヤは関係ないようだし?


とにかく安全第一!で 下る。
と、後ろで リンリンりんりん♪とクマ鈴の音が〜 と思った途端
Kさん先頭、あおこさん、TOMOsジャージの3人が
きゃっほーーな感じの高速トレインで駆け下りていくー。 楽しそうーーいいなーー
すぐさま、鉄人は反応して付いていこうとするけど、はたっと思い直したらしく
「やっぱ、やめといた方がいいよね?」
「うん、無理無理。下りの高速トレイン、私は絶対無理」
「下りでは踏めんもんねー、お前」  わかっちゃいるけど、言われると軽くショック(泣)

それでもなんとか前方の視界に入る位置でついていけたので、
その後の平坦区間、3人のスピードが落ちたところで 頑張って追走! 
なんとか追いつけるかもーという距離まで来たのに、痛恨の赤信号、足止め。
そして、またすぐに二度目の赤信号。
もうこれで、前方の3人の姿は完全に見えなくなってしまった。

はーー残念〜 まー仕方ない。 ゴールまであと5〜6km?
最後までしっかり走って 13時過ぎ、無事ゴール。 お疲れ様ですー
IMG_7689_20161026200218b9a.jpg ここでやっとこさ、初めて写真を撮ったかもw

そして、ゴール後の談笑会は 早速 あおこさんのNew BIKE 拝見!
IMG_7690_20161026200220542.jpg 鉄人、隅からスミまでガン見。

そして、着替える前にスギドラッグさんでお買い物。 
 着替えたら、今日のお礼の買い物ってわかってもらえんだろ?と。確かに。
IMG_7691_20161026200220eb8.jpg ほかにも しっかりいろいろとお買い物しました。
 買ってきたアイスクリームを食べながら、またまた談笑タイム2ラウンド目。

着替えて、さて、帰るか、と思ったら、ゴールしたばかりのpomちゃん発見!
談笑タイム3ラウンド目。 キリがありません・・・・

やっと帰路に。
遅い昼ごはんは、ソールフード王将。
IMG_7696.jpg ガッツリ食べたー



この度の修行ライド、エネルギー切れせず、落車せず、一応「泣き」も入れることなく、
無事敢行できてよかった。
 ACAのGF、いつも辛いけど、この後の普通のライドはすごく楽になるんですよね
一緒に走った皆さんの走り方にもたくさん勉強させてもらったし刺激をもらったし。
Kさんの上りのペダリングとか、あおこさんの下ハンダンシングとか(超カッコイイ!)、
korashoさんの逃げ足の速さとか(笑) 
 でもまじめにkorashoさん、知り合った頃より数段走れる人にレベルアップしてる

私の課題も再確認。
ぴったり付き位置で走り続けられるようになること、これ 真剣に取り組もう。
 付き位置で走り続ける、その集中力というか精神力がどうも弱い私。克服できるかな?
 あとそのスピードがどーしても怖いというのもある。 これは慣れるようになるのだろうか?


ご一緒してくださった皆さん、声をかけてくださった皆さん、いつもお世話になっているACAスタッフさん、
本当にありがとうございました。 またよろしくお願いします!



今日の記録(カルマ) 
距離117.49m 
実走時間4時間56分 
Ave23.5km/h Max53.9km/h 
高度上昇値2253m 
平均気温17℃ 
消費カロリー3550C
プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR