ACAツールド GF岐阜 東濃中山道  ’16.10.23 

2016年10月23日 日曜日   晴れときどき曇り


ACAツールドの最終戦はグランフォンド岐阜 東濃中山道。 もう最終戦なんだー(汗;)
ルートはこちら。 距離117km、獲得標高2200m

ACAツールドのグランフォンドのコースはいつも秀逸。
普通のライドだったら もう間違いなく走りたいコースだけれども、
ACAのグランフォンドになると話はちょっと違う。
私にとっては、いつもヘロヘロ修行ライド・・・かなりの覚悟をもって参戦する、毎回。
なぜ修行ライドかっていうと、
鉄人、このGFでは 基本、休憩&補給しないし(私は走りながら補給)、
人が多いと狩猟本能(すぐ追いかける)丸出しでダッシュ&ダッシュするし(私はダッシュひとつで一気に終わる)
そして最近わかったのだけど、グランフォンドは下りが多くて(上った分下るんだから当然か)疲れる・・・


とにかくエネルギー切れしない、落車しない、泣きをいれずに最後まで頑張る、が
毎度の目標。 さー頑張ろう。

当日朝。
今回は珍しく余裕をもってスタート1時間前の7時にスタート地点到着。
が、しかし、もうかなりの人、人、人〜
もちろん常連さんたちもいっぱいいるけど、新顔?初めてお見かけする人もかなり多い。
あちこちで常連さんたちと挨拶しながら、準備。

pomちゃんからいただいた自家製パウンドケーキ、しっかり事前補給。
IMG_7686.jpg おいしー♪ ごちそうさまです!

開会式、始まる〜
DSCN3337.jpg FOCUSの山田さん撮影 写真いただいてまーす。

開会式の傍、お久しぶり〜のKさん! 2年前600kmブルベでご一緒しました〜
JE4xYmw3JW8B4Mf1477391755_1477392025.png FOCUSの山田さん撮影
 覚えていてくださって嬉しい〜 来年はぜひまたブルベでお会いしたいです!

恒例の記念撮影〜 今日の参加者はGFでは珍しい100人超え?!とか。
DSCN3344.jpg FOCUSの山田さん撮影
スギドラッグさんに駐車場をお借りしました!帰りにお買い物しなきゃ〜

スタート時刻まであと数分。
けど、今回は顔見知りの方が多くて、スタート直前まで談笑タイム。
突然の「スタート5秒前ー」の声に慌てて
右足クリートをはめて、ガーミンのコース呼び出して〜(焦;)

真ん中あたりの位置でスタート。
後ろには もう ACAツールドはもう卒業したかと思っていたkorashoさんも久しぶりに一緒。
今日はスズカに向けて追い込むそうだ。
 img_3_m_20161025225507346.jpg そのkorashoさんが撮影。写真いただきましたよ〜
100人ものローディがスタートするので、車道に出る際はやや渋滞気味。

ちなみに、今回はスタート前からなぜか全然写真を撮っていなかった・・・・おしゃべりしすぎ?(笑)
走行しながらの撮影は落車が怖くてしないようにしてるので、それこそ写真ゼロ。
ここからゴールまで1枚も画像ありません。文章だけで長々なんで適当に流してくださいね。



最初の市街地7kmくらい走ったあたり、しっかりした上りが始まる。
すでに車が来ない走りやすい道。
ひと山越えて、平坦路であおこさんとKさんに吸収されて後ろについていく。
あおこさんのバイクは今日はNewバイクのクロモリ。
さすがオーダーメイドのフレームだけあってか、
今まであおこさんの走りを見た中で、今日のフォームが 一番かっこよく見える。
 ホリゾンタルフレームとフォームの相性?が抜群!と思った。

ふたつめの上りは 小さいアップダウンを繰り返しながらジワジワ20km弱?のちょっと長丁場。
でも景色と道は抜群に良し。車はほとんど来ない。
数人の集団で 、比較的のんびりペースで進んでいく。
この上りは、終始Kさんが先頭を牽いてくださったのだけど、
Kさんの 常に一定の、ムラのないペダリングを見て、その回転数を合わせていくと
なんだかすごく楽になってきた、というか心地よく上れる。
そして、久々のkorasho節が流れる(笑)
前へ行ったり後ろに下がったりして 皆さんと順次おしゃべりしながら上るkorashoさん。
これもなぜか意外にも心地よい(笑)

山間の車の来ない道、時々里山風景。
Kさんの絶妙な牽き。
korashoさんの切れ目ないおしゃべり。
つい 修行GFであることを忘れそうになる。
この上り区間が私にとって今日の一番のハイライト、だったかなーと思う。

道の駅「らっせいみさと」が見えてきた。
蕎麦で有名な道の駅。
これまで2度、新蕎麦練習会ライドで 天ざる蕎麦を食べにきたことがある
「はい!蕎麦 食べますからー」と言いながら そのまま道を直進してすっ飛んでいくkorashoさん。
 この言動は100パーセント想定内(笑)
ああやって 本気で逃げモードに入ったkorashoさんはむちゃくちゃ速い。
あっという間に後ろ姿が小さくなる。

あおこさんたちは休憩に入るようだ。
鉄人が一応は停車して「どうする?休みたい?」と聞いてはくれるが、
顔は明らかに「休まずに行きたい」という表情。
ここで休んだら、遅れた分を取り戻そうと 鉄人がその後爆走するのが目に見える。
さほど休みたい気持ちもなかったし、その爆走を追っかけなければならないのは勘弁したい。
ここはそのまま走行再開。

しばらく上り区間。
今まで 皆とペースを合わせておとなしく上っていた鉄人。
ペースメーカーがいなくなって、
タガが外れたかのように、どんどこどんどこ上って行ってしまう。
一応上りのピークで待っていてくれたけど、やっとこさ追いついた私に
「今日は調子悪いの?」と真顔で聞く。 
 「私が調子悪いんじゃなくて、アナタが調子いいんです!」と内心 切れる(怒)

少し平坦区間、この辺りは先週の東濃牧場ライドで走った道。
ちょっとホッとして 走りながらひと口大福を頬張っていると
なんだかムッとした顔で振り返っている鉄人(汗;)
「何?」
「ちゃんと付いて走った方が楽だよ」(遅い、たらたらひとりで走るな、の意味)
その後、終始 後ろにしっかり付かないと 振り返って 無言(「遅い、ちゃんと付け」)の圧力をかけられる

阿木川ダムに向けての下り区間。
たぶん、周囲の景色はすごくいいんだろうけど、
連続するトンネルと 路面の縦溝と車通りの多さに、もうヒヤヒヤ。
特にあの縦溝は何度もタイヤが横滑りする感じで、すぐ後ろには車が追走しているし
生きた心地がしない(泣) ここで落車したら 間違いなく車に轢かれるな・・・・
ちらりと見えた阿木川ダムは すごく大きくて雄大だったなー・・・・

なんとか無事に阿木川ダムを下って、ぱんたあにさんが牽くトレインにくっつく。
恵那市街地は信号の連続、その信号のたびに赤信号で停車の連続。
そして停車のたびに、トレインの台数が増えて行く(笑) 結局10台くらいのトレインになったかな?

やっと市街地を抜けたら、木曽川沿いの景観良い道。
車がこない道って、やっぱり最高。
阿木川ダムあたりから続いていた緊張感からやっと解放される。
それにしても川面の深い濃い緑がとても綺麗。
気分良く走行していたら、ぱんたあにさんお勧めの「たこ焼き屋さん」前へ到着。
 ここのたこ焼きは本当に美味しい。外がカリカリ中はトロトロ。
鉄人がここで「休んでいく?」と聞くだろうと思って
今度は絶対「休む〜たこ焼き、食べる〜」と言うつもりでいたのに、
鉄人、なぜか今回は振り返りもせずスルー ええええーーーーたこやきーー(涙)
ぱんたあにさんや、ほかのローディがたこ焼き屋さんへ立ち寄るのを横目に ガックシ。

仕方ない、今日は修行ライドだし。
気をとり直して、ひと口大福を頬張り、ラスボス峠へ向かう。
7kmほどの上り。
鉄人は早々に前方の視界から消え、後ろにいたローディ2〜3人も姿が見えなくなって。
進めど進めど、前も後ろも誰もいないし、車もこないし。ほんとにひとりきり。
「こんな時にクマでも出たら 私 イチコロだろうなー」とふと、思う。
ふと思ったら、
そーいえば、korashoさんがクマと遭遇したのって恵那のあたりの山じゃなかったっけ?
急に怖くなってペースを上げて上る。
ピーク近くなって、前方にローディの姿を見つけた時は心底ホッとする。

最初のピークで待っていた鉄人と合流。
「korashoさん、少し前に先行ったよ」と、鉄人。鉄人は一旦追いついたらしい。
あーもうちょっと頑張れば追いつけたかもー? 
でもkorashoさんの逃げ足の速さには絶対叶わないなー。
この後は、上りらしい上りはなくて、下りばっかになるので、
それこそもう追いつけないだろうなーと諦める。

この後、小さなピークをふたつ越えたら、
ゴールまで残り25kmはずーーーっと下り、最後に少し平坦。

長〜い下り、辛いなぁ。
けど、今回はとにかく車が来ない道なので、幾分か気分は楽。
でもー あの縦溝道路が何度となく現れて、その度にヒヤヒヤ。
鉄人に「なんで遅れるの?」と聞かれて
「縦溝でタイヤとられない?」 「全然(とられない)」 
 そーなんだ?何が違うんだろう?
 あおこさんは後でタイヤを変えたら縦溝で横滑りしなくなったって言ってたけど
 鉄人の場合、タイヤは関係ないようだし?


とにかく安全第一!で 下る。
と、後ろで リンリンりんりん♪とクマ鈴の音が〜 と思った途端
Kさん先頭、あおこさん、TOMOsジャージの3人が
きゃっほーーな感じの高速トレインで駆け下りていくー。 楽しそうーーいいなーー
すぐさま、鉄人は反応して付いていこうとするけど、はたっと思い直したらしく
「やっぱ、やめといた方がいいよね?」
「うん、無理無理。下りの高速トレイン、私は絶対無理」
「下りでは踏めんもんねー、お前」  わかっちゃいるけど、言われると軽くショック(泣)

それでもなんとか前方の視界に入る位置でついていけたので、
その後の平坦区間、3人のスピードが落ちたところで 頑張って追走! 
なんとか追いつけるかもーという距離まで来たのに、痛恨の赤信号、足止め。
そして、またすぐに二度目の赤信号。
もうこれで、前方の3人の姿は完全に見えなくなってしまった。

はーー残念〜 まー仕方ない。 ゴールまであと5〜6km?
最後までしっかり走って 13時過ぎ、無事ゴール。 お疲れ様ですー
IMG_7689_20161026200218b9a.jpg ここでやっとこさ、初めて写真を撮ったかもw

そして、ゴール後の談笑会は 早速 あおこさんのNew BIKE 拝見!
IMG_7690_20161026200220542.jpg 鉄人、隅からスミまでガン見。

そして、着替える前にスギドラッグさんでお買い物。 
 着替えたら、今日のお礼の買い物ってわかってもらえんだろ?と。確かに。
IMG_7691_20161026200220eb8.jpg ほかにも しっかりいろいろとお買い物しました。
 買ってきたアイスクリームを食べながら、またまた談笑タイム2ラウンド目。

着替えて、さて、帰るか、と思ったら、ゴールしたばかりのpomちゃん発見!
談笑タイム3ラウンド目。 キリがありません・・・・

やっと帰路に。
遅い昼ごはんは、ソールフード王将。
IMG_7696.jpg ガッツリ食べたー



この度の修行ライド、エネルギー切れせず、落車せず、一応「泣き」も入れることなく、
無事敢行できてよかった。
 ACAのGF、いつも辛いけど、この後の普通のライドはすごく楽になるんですよね
一緒に走った皆さんの走り方にもたくさん勉強させてもらったし刺激をもらったし。
Kさんの上りのペダリングとか、あおこさんの下ハンダンシングとか(超カッコイイ!)、
korashoさんの逃げ足の速さとか(笑) 
 でもまじめにkorashoさん、知り合った頃より数段走れる人にレベルアップしてる

私の課題も再確認。
ぴったり付き位置で走り続けられるようになること、これ 真剣に取り組もう。
 付き位置で走り続ける、その集中力というか精神力がどうも弱い私。克服できるかな?
 あとそのスピードがどーしても怖いというのもある。 これは慣れるようになるのだろうか?


ご一緒してくださった皆さん、声をかけてくださった皆さん、いつもお世話になっているACAスタッフさん、
本当にありがとうございました。 またよろしくお願いします!



今日の記録(カルマ) 
距離117.49m 
実走時間4時間56分 
Ave23.5km/h Max53.9km/h 
高度上昇値2253m 
平均気温17℃ 
消費カロリー3550C
スポンサーサイト

ACAツールド GF茶臼山一周(振り替え走) ’16.09.25

2016年9月25日 日曜日   晴れ時々くもり


先週の日曜日、雨で流れてしまったACAツールドのGF茶臼山一周。
ACAのGFは難度高いけれど、毎年 良い山岳ルートが新しく用意されているので、
やっぱり 今年も走っておきたい。

ということで、この日、振り替ライドを予定する。 
・・・が、天気予報は前夜までいまひとつ。 この週はずっと雨。 3連休も その後の旗日も乗れず(涙)
週末土日は天気好転するかと思いきや、土曜日は午後からしっかり雨降り。
翌日曜日の予報も
名古屋は夕方雨マーク、そして肝心の茶臼山周辺は午後1〜3時に雨マーク(涙)
朝になって この予報が変わっていなければ 明日は走りに行くのはやめようと思って就寝。

早朝5時、起床。
すぐ天気予報確認。
ヤフー、ウェザーニューズ、日本気象会、どの予報も雨マークが消えている!
やったーーー!!! 
いそいそ準備して、6時50分に トランポ地へ向けて自宅出発。 ちょっと遅くなったー・・・
8時30分、スタート地点へ到着。
先週の本番では、8時スタートの予定だったので、
8時前までに来たら、きっと誰か走りにきてるに違いない〜と、
本当は8時までに到着したかったのだけど、すでに30分遅れ(汗;)
もう駐車場には人影はなかったけど、見覚えのある自転車乗りの車は数台駐車してある??


今日のルート「心が折れないマップ」はこれ。 上りのピークは6つ?
IMG_7478.jpg 
GF茶臼山一周ロングコースのルートラボはこちら 距離127.5km 獲得標高2663m

さてーちゃちゃっと準備して〜    天気の心配も必要なさそう
IMG_7476.jpg IMG_7477_2016092723550332a.jpg

8時50分、スタート。 

スタートしてしょっぱなから、約10kmで600mアップの上り。
そーいえば、茶臼山高原道路へ通じる道(K80)の筈だけれど、
あまりこの道を使う話は聞いたことがないなー・・・

時々緩むところもあるけれど、ほとんど10%前後の勾配が10km続く。
だから皆があまり使わないわけかーー

道幅は狭いけど、車はこないし、木陰でいい道なのだけど、なにせキツイ。
DSCN2654.jpg FOCUSの山田さん 撮影 
スタートして30分でもう心が折れそうになる。
コースを全く予習せずに走りにきている鉄人は
「これって、いつまで上るの?(怒)」と 半分キレ気味。
上って上って、やっと頭上が明るくなってきて 上りピークだ〜!

と、上りピークに停車中の数人のローディの姿が!
なーーんと、ACAの顔、FOCUSの山田さんやぶるほんさん、I戸PAPAさんのお三方。
やっぱり、今日は何人か振り替ライドにきているようだ。
お三方は、この先のみどり湖をショートカットしたノーマルコース(といっても88km、1926up)を走るとか。ほかにも数人がロングコースへ向かったようだ。
やっぱり、こうやってACA常連さんたちと会えるのは嬉しい。ACAツールドに参加する楽しみのひとつ。
ひとしきり、立ち話しする。
IMG_7479_201609272351224f9.jpg

すると、そこへ もうひとり上ってきたーー Izalcoさん!
Izalcoさんも加わって、またしばし談笑に花が咲く。
DSC_0685.jpg FOCUSの山田さん 撮影


さーそろそろ行きますか、ということで、Izalcoさんが一足先にリスタート。
少し遅れて自分たちも。
ここからはみどり湖へ向けて しばらく下り。
昨日の雨のせいで、路面はかなりウェット、そして落ち葉と小さな石ころ、道幅狭く急カーブ。
かなり慎重に慎重に ながーい下りを下って。
里山におりた辺りで、ノーマルコースへ行くお三方とはお別れ。ゴールでまたお会いできるといいなー

ここからは下り基調で、みどり湖へ向かう。
川沿い、里山風景、車は全く来ない〜 ホントいい道!
どんどん気持ち良く走っていくと 川幅が徐々に広くなり 水の流れがなくなり、川面が緑色に〜
IMG_7481.jpg
お〜 やっぱり緑だから 「みどり湖」なんだー 
 茶臼山のダムカレーのグリーンカレーは「みどり湖」がモチーフとか。

この橋を渡ると左折、また上りが始まる。
IMG_7482.jpg
ここを左折せず、あと2〜3km直進すると新豊根ダムへ行けるらしい。
ダムカードが欲しいなーと思うけれど、日曜日にもらえるかな?もらえなかったらショックだし。
と思って 結局行かなかったけど、やっぱり行ってみたらよかったかなー?


左折して上り。ここから15kmくらい?上るはず。
最初は緩い勾配、上に行くにつれ勾配キツクなるけれど、ここも車はこない走り良い上り。
IMG_7484.jpg IMG_7483.jpg 
              あーなんだか高いところにきたなー トンボいっぱいとんでる。

しかし、この先、どこへ行くんだろう?
今回のルート、とりあえずみどり湖まで行って、あとなんだかよく知らないところを走って
あの手強いという評判の平谷峠を越えて平谷へ戻ってくる、くらいの認識。
しばらく「ここなんだかよく知らないところ」を走ることに。

そろそろ上りのピークかな〜?と思っていたら 突然トンネル。
トンネルを抜けたら 結構な急勾配の下り。一気に標高600ほど下がる〜
民家があるー?!?!というか、こんな山奥深い秘境に人が住んでいることに驚く。
ここってどこー? 愛知県内なのかなー? もうさっぱりわからない。
 帰宅して調べたら「富山」と書いて「とみやま」村という 元日本で一番人口が少なかった村だったらいしい。
 今は豊根村に合併されたそうです。


湖沿いの道を進む。
湖だと思っていたら いつの間にか流れがある大きな川に。
IMG_7488.jpg IMG_7486.jpg
「ここ何処ー?この川って、何て川〜?」 これも帰宅後に調べて あの天竜川だったことを知る
あまりにも雄大な景色に 思わず停車して写真を撮る。
その間に鉄人、おにぎり補給。
IMG_7489.jpg 私は走りながら ひとくち大福4個補給済み。

さらに、この大きな川沿いの、全く車がこない道を進む。
川の対岸、山斜面の高〜い所に こんな景色が。
IMG_7491.jpg 
あんな高くて 急斜面に集落? 
ズームイン。
IMG_7490.jpg おぉ、段々茶畑? 棚田ならぬ棚茶畑??
ここって、静岡県かー?? 
正確には天竜川が県境だったので、対岸は静岡県、自分たちが走っていた道は愛知県〜長野県だった
今こうやって 写真でみると ふーーーん、って感じだけど、実際の景色では なぜかプチ感動。

さて、先へ進むと、こんなでっかい看板が。
IMG_7494.jpg 
私たちって今どこにいるのー? 
へぇー南信州ってことは、長野県にいるのかーと ここで初めて地理的な位置が少し理解できる。

この看板の前が、実は三叉路。
直進すると飯田市へ行ってしまうので、ここを左折して愛知県方向へ戻る。
ここまで走行距離70kmちょっと。
ここから県越え、「心が折れないマップ」を見ると、ゴールまで山岳路が続く筈。
この先しばらく15kmほどの上り。渓谷沿いの気持ち良い道。
勾配はそんなにキツくなかったのかな? あっというまに15km上りきった気がする。

上った先が盆地? ひろびろーとした農村地帯。
そこに このルート唯一の補給場所、道の駅がある。 今回のルート沿い、コンビニはゼロ。
IMG_7499.jpg 道の駅「信州信濃千石平」
ボトル2本とも空っぽに近いので、補給も兼ねて立ち寄る。 
すると、駐車場奥にロードバイクが数台!
ロングコースを先行していた鉄のGIOSさんとタケヤさんにお会いできた〜
 このおふたりは先々週の清流長良川でもご一緒しました
そして ノーマルコースのFOCUS山田さん御一行もここで昼食中とか。
 こうやって途中途中で顔見知りローディとお会いできるとホッとする〜

ここからゴールまであと40kmほど、ロングコースもノーマルコースも同じルート。
ということで、先にお昼ごはんを済ませた面々は一足先にリスタートするので、
私たちはお見送り。
IMG_7497_2016092818421148b.jpg お気をつけて〜 補給したらおっかけまーす

さてー何を食べるか。
とにかく喉が渇いて仕方ないので、まずは500mlのペットボトルを購入、一気飲み。
走っていてそんなに暑くは感じてなかったけど、ボトルは2本とも空だし、ずいぶん汗はかいていたのかなー
食事処に入ってしっかりお昼ご飯をいただくことも考えるけれど、
できれば、早くゴールして温泉へ寄ってから帰りたいよね、ということになる。
 特に今日は18時半までに名古屋へ戻らなければならない時間制約付き。
 ここでゆっくりするか、温泉でゆっくりするか、やっぱり温泉でしょw


売店で豚活コロッケ?だったかな?と磯辺餅を購入して 簡単補給。
IMG_7498.jpg 意外と美味しかったー

13時50分ごろだったかな? 道の駅をリスタート。
ここからが 今回のルートのハイライト、大ボスの平谷峠も待っている(汗;)
道の駅をスタートしてすぐから、売木バイパスの上り。
いったん、売木村役場まで下って、また上る。
ここから平谷峠てっぺんまで約7km。
序盤こそは勾配が緩いのでなんてことなかったけれど、
案の定、徐々に勾配のキツイところが現れる。
なのに、片側通行の赤信号で泣く泣く停車。上りでクリート外したくないよーー
車を先にやり過ごして、道幅いっぱい横断して無事クリートキャッチ。

残り4kmほどは休みどころがない上り。
ガーミンの勾配表示は しょっちゅう15%越え。
 噂通りのキツイ峠、ここで押し歩きしたって人も 多く聞くけど わかる気がする。
と、突然目の前がひらけて、ガードレールの向こうは 連なる山々〜 絶景!
 写真撮りたかったけれど、とても停まる気になれず
その景色を後ろ手に大きく右へカーブすると、
停車中のFOCUSの山田さんとぶるほんさんの姿が〜 あーーてっぺんかーー
IMG_7500.jpg DSCN2690.jpgFOCUSの山田さん 撮影
       よく笑いながら上ってくる、と人に言われるけど、ほんとにめっちゃ笑ってるんだな・・・(汗;)

ここでまたしばし談笑タイム(笑) 
それにしても FOCUSの山田さんもぶるほんさんも本当にスゴイ。
自分よりひとまわり以上も年上のおふたりが、100km弱2000アップの山岳ライドをフツーにこなしているのが
もう当たり前に感じてしまうけど、本当はフツーじゃないよね?
特にぶるほんさんは片腕操作で 勾配15%越えも ちゃんと上って、長い下りを下って・・・
体幹機能がどんだけスゴイんだって思う。
人間って、やりたい、やろう、って気持ちがあれば、できないことなんてないんだ って
いつも力をもらっています。


汗が冷えてきたので、一足先に下り開始。
ここから平谷の交差点までの下りは、本当に気持ち良かったーーー

そして、平谷の交差点を左折してR153へ。少し上ったら そのあとは10km以上の下り。
R153の下り、これ 嫌だなーと 走る前から思っていた。
自転車では一度も走ったことはないけど、R153、絶対 車通り 多いよね?
それに カーブが少ないから スピードがでるし。


案の定、車通りは結構ある。それも かなりスピードを出している車ばかり。
道幅はそこそこ、路肩もそれなり、だけど 決してきれいな路面とは言えず、
路面状態を気にしつつ、後ろからくる車を気にしつつ、あーーこわい、こわいよーーー(泣)
『ここから7%、5kmの下り』の交通標識を見たときは ちょっと気が遠くなる。
「下り、はやく終わってーー」と心の中で叫びながら、下って、下って、下って、
やっと根羽村通過〜
根羽村を通過したら、なぜか車がぐんと少なくなってホッとする。

もうすぐ最後の上り5km。 
下りから解放されて嬉しいかも? 
鉄人に「下り、早く終わって!って 念じてた」って言ったら
「俺は 下り、いつまでも終わるなーって念じてた」と返される(汗;)


上り始めてすぐ、前方にタケヤさんと鉄のGIOSさんの姿が見える。
こっそり追いついて しばらく こっそり追走。 
 途中で気がついた鉄のGIOSさんのビックりぶりがちょっと笑えた
最後の上りは、鉄のGIOSさんに引っ張ってもらって 快調に上って てっぺんまで。

あーーまた下りーーー(涙)
3人に大きく離されてしまうけど、安全に下ってーー ゴールはもう間近。落車とかは絶対NG
最後の 駐車場までの上りは かっ飛ばして なんとか3人に追いついて 無事ゴール。15時52分。
無事に帰ってこれてよかったねー お疲れ様でしたーー。
IMG_7502_20160928223123914.jpg 朝と同じ配置で写真(笑)

しばらくすると、FOCUS山田さんとぶるほんさんも 無事帰着〜 お疲れさまですーー
だけど、すぐに 途中でリタイアしたI戸PAPAさんを車で回収にいくらしい。

ちょっと申し訳なかったけれど、
自分たちは早々に自転車を積み込んで 皆さんとお別れ、温泉へ。
IMG_7503.jpg  自転車の後の温泉は最高の贅沢、と思う

そして、今日の締めはやっぱり牛乳ソフト
IMG_7504.jpg ウマウマ♪

というわけで、GF振り替ライド、無事終了。
それにしても 今回はちょっと疲れた。
R153に入ってからの下り、 高速走行の空気抵抗にすっかりやられた感じ。
そして、 そうかーーと初めて気がつく。
この 下りや平坦を高速走行して疲れた感じって、
遊園地でジェットコースターに乗ったときの疲労感と同じかも(爆)

心配した天気も問題なく、 今週に入ってまた雨続き(泣)
気温もさほど暑くなく、 鉄人はすごく暑かった!と言うけど
R153までは景色よくて、車こない最高のルート。今回ほとんど川沿いの道なのも良かった
けど、前日の雨で 路面がウェット、少し荒れているところが多かったのは残念。 
実際 Izalcoさん、2回もパンク。無事帰られましたかー?
やっぱり山岳ライドは楽しいーー 下りは怖いけど
そして、ACAの皆さんとこうやってご一緒できるのも やっぱり楽しい。10月のGFは晴れてね!
DSCN7441.jpg ぶるほんさん撮影

ご一緒くださった皆さん、ありがとうございました!



今日の記録(カルマ) 
距離128.51m 
実走時間6時間01分 
行動時間8時50分〜15時52分
Ave20.7km/h Max56.6km/h 
高度上昇値2699m 
平均気温21℃(16〜27℃)
消費カロリー3723C

ACA探訪 清流長良川@4回め ’16.09.11

2016年9月11日 日曜日   曇りのち晴れ


今回で4回目参加のACA探訪「清流長良川」   
毎度、記事アップの度に書いているけれど、このコースは何度走っても楽しい。
景観よくて、車が少なくて、信号がなくて、
長めの距離と、集団走行と、勾配ゆるめのヒルクライム。
走ることを純粋に楽しめる、そんなライド。 基本グルメはなしw

今回のスタートは美濃市内。 ルートはこちら。 距離150km、獲得標高1335m
ずっと心配していたお天気も1日大丈夫の様子、いい感じに曇っていて涼しくてロング日和。
IMG_7384.jpg
今回の参加者はちょっと少なめ、幹事のGOさん含めて 10名。
もしかして全員リピーター?
ほぼ全員が顔見知りなので、挨拶しつつ談笑しつつ準備〜 してたら、

あれ!? 私と同じクォータ乗りだった筈の hbさんの自転車が変わってる?!?!
IMG_7383.jpg NEWバイク! コンボはデュラ
これは・・・あのお取り寄せ限定のフレーム?
いいなーーいいなーー 私も 自転車貯金、がんばろっと。

予定時刻通り、8時半には全員集合。 ミーティング後、滞りなくスタート。
幹事のGOさん、今日のバイクはMTB。そしてタイヤはセミファット?むちゃくちゃごっついタイヤ
IMG_7420.jpg
こんなバイクで、ロードバイクを28〜29km/hペースで牽く!
でも、これくらいのハンディでちょうど良いのです。GOさんがロードバイクだとペース落としてもらっても32〜33km/h(汗;)

ペースがいつもよりゆっくりめなのと、参加者数も少なめということもあってか、、
道中で大きく千切れる人もおらず、順調に走って約20km、最初の休憩はいつもコンビニ。
jJnzB9KLrYcnpnh1473769038_1473769127.png IMG_7385.jpg

ほどほどおしゃべりタイムを過ごして、リスタート。
その後こまかに休憩をはさんで〜長良川沿いを北進。
IMG_7392.jpg 長良川は鮎の友釣りの人がたくさん!

IMG_7391.jpg いつもの湧き水で補水

IMG_7390.jpg 
白のトレックさんのTIMEとカルマのフレームサイズを比べてみる・・・
   一番小さいXSサイズらしいけど、私にはやっぱり少し大きいなー


IMG_7393.jpg 柿も もうすぐシーズンだなー


長良川対岸沿いの小刻みなアップダウンを気持ちよく走って あっという間に白鳥。
そして、いつもの通り
白鳥の◯K前から ひるがのの分水嶺まで20km弱のヒルクライム、フリー走行。
hbさんを先頭に数人がスタート。自分は5番手で出る。
私の後ろは続かなかったので、
5人のトレインで序盤の2パーセントくらいの上り基調を進むけど、
速いなー・・・ サイコンの速度は32〜33km/h  どこまでついていけるかなぁ?
数キロ走ったところで、鉄人が先頭を交代、 あーやばい、ペースあがるな・・・・
徐々に勾配ある上りが出てくるけれど、ペースが落ちない。
5パーント勾配で、私ひとりだけ徐々に千切れる。 5%勾配で、速度25km/hで走ってるけどついていけない
どんどん先行する4人トレインを見送り、ひとり旅。
ひとりになると、やっぱり向かい風が〜(涙) けど、タレないように、まわしてまわして。

遠くに見えてた4人トレインのうち、二人が徐々に千切れはじめたのが見える。
鉄人とぱんたあにさんのふたりは、見えない先へ行ってしまった。
 ちなみに今日も ぱんたあにさんはピストバイク
千切れた二人が徐々に落ちてくる感じ、もしかして追いつけるかもーと 頑張る。

その後、信号で一度ひっかかり、そして痛恨のチェーン落ちがあったりして(涙)、
抜かれつ、抜きつ・・・・を繰り返し、なんとか3番手で分水嶺へ到着〜 結構 頑張った!
先にゴールした 鉄人とぱんたあにさんが地べたに座り込んで談笑中だけど、
「あれ? もうソフトクリーム、食べ終わっちゃったの?」
  ヒルクライムのご褒美は、いつもここ分水嶺でソフトクリームを食べること!

なのに、ガーーーーーン・・・・
IMG_7396.jpg まさかお休みとは?! 
ショック、大、大、ショック・・・・
日曜日にお休みって、そんなことってある? もう立てないくらいショック。
ゴール後のソフトクリームを楽しみに上ってきたのに〜〜

IMG_7397.jpg
一応、記念撮影なんぞしてみるけれど、このまま折り返すのはあまりにも悲しい。
確かこの先にコンビニがあったよね? 
せめて、コンビニのアイスクリームでも食べていこう、ということで。
少し先へ走りにいってみる。

すると〜 
IMG_7400.jpg あぁ!ソフトクリーム!!!(の模型?)を発見。

無事、ソフトクリームにありつけるw
IMG_7399.jpg うまーーい♪ 濃厚〜♪ IMG_7398.jpg

ソフトクリームを食べて一息、たらたら歩道で移動していたら
深い砂地で前輪をとられ?ブレーキがかかり、前につんのめる、おっとっとっと・・・と、プチ落車(涙)
右手、右膝、左脛を軽く打撲(涙) あーもうアホだーーー 
危なかったのは、つんのめった勢いで車道側に出てしまったこと。車が来てなくてホントよかった。
砂は気をつけなきゃー 


IMG_7402.jpg
13時半くらい?分水嶺を後にして折り返して下山。
昼食ポイントのの白鳥のコンビニまで移動。

サクッと昼食。
IMG_7404.jpg IMG_7405.jpg
やっぱりローソンの卵焼きサンドは美味しい〜
今回、初めて最近流行り?の野菜スムージーを飲んでみる。すごく美味しいんだ〜ハマりそう 

14時半頃だったかなー?
全員揃って帰路へ。あと50kmほど。
帰りは基本下り基調、往きと同様、MTBにふっといタイヤ、でもってやや不調なGOさんの牽きは
かなり大人しくて、比較的のんびり〜おだやか〜な走り。
往路よりも復路のほうが長良川の景観がよく見えて気分がいい。
IMG_7416.jpg なんだか天気が良くなってきたー

基本下り基調の復路もアップダウンはあるので、
上りになると、誰彼となく アタックがかかる?! 
皆、不調の幹事さんを追い抜いてしまって 上りバトル!(笑) 
 こーいう競争はオジさんになっても好きなんだなーw
決着ついたか〜??のところで、
伏兵にこさんが ものすごいダンシングで抜き去る展開には 皆びっくり、唖然(笑)
そのあと、「もーだめです、腰が痛いです・・・・」と泣き顔だったのには ちょっと笑えたけどw
こんな楽しいお遊びも、車が来ない心地よい道だからこそ。

復路でも湧き水ポイントで休憩。
IMG_7417.jpg この奥はどーなってるんだろう?潜ってみたい衝動にかられる
IMG_7418.jpg スローパンク修理中。さすが、手早いなぁ。

そして、次の休憩ポイントはまたもや往路と同じ、コンビニ。
IMG_7423.jpg 
豆乳とバナナのスムージー&ういろう
ここでも野菜生活シリーズのスムージーを買ってみた。これ、美味しい〜美味しすぎる、感動。

実は今日、久しぶりにC35を履いて走ってみた。
IMG_7422.jpg IMG_7388.jpg
先週の乗鞍で試乗したGOKISOホイールに近い走りをしてくれるのでは、と期待して。
でもやっぱり低速でのC35は重いなー、と思う。速度30km/hを超えると別人のようなホイールだけれどw
重いのを我慢して 丁寧に綺麗にペダリングすると やっぱり速く走れてる気もする。
でもーーー・・・・
この「重いのを我慢して」というのが、
どうしても性分に合わないというか、楽しくないというか(汗:)
すぐ軽くしてクルクルシャカシャカしたくなってしまうのです・・・・
今日の感触がよければ、来週末のGFに履いてみようかなーとも思っていたけれど、
うーーん、難しいなぁ。この「重いのを我慢して」2600アップも上れない気がする・・・・
ただ下りの安定性はC24と比べ物にならないくらい良いので、下りも多いGFでは使いたいかもー?
未だ絶賛お悩み中。

と、話は脱線しましたが、あと20km、帰ります。
IMG_7421.jpg 長良川も夕暮れ時の色。

ここからゴールまで20kmは、もうすっかり流しモード。
25km/h、気持ち良くのんびり〜と。

5時半、ゴール。 お疲れ様ですー
IMG_7424.jpg 夕日が沈む直前!

ゴール手前の信号で千切れた鉄人と、
脚が攣ったとかで途中でソロ休憩をしていた白のトレックさんも 無事ゴールして
全員揃って 解散〜 ありがとうございましたー!
IMG_7427.jpg


久々のロング、ロングって感じはほとんどなくて、あっという間、楽しいライドでした。
しばし諦めていたソフトクリームも無事お腹に入ったし。 
天気も良くて(曇りで)、景色もよくて。
幹事のGOさんがちょっと不調だったので、ペースもちょうどよかったし(爆)


今日ご一緒してくださった皆さん、幹事のGOさん、ありがとうございましたー!
また「清流長良川」でご一緒しましょう〜♪



今日の記録(カルマ) 
距離151.38m 
実走時間6時間08分 
Ave24.6km/h Max49.3km/h 
高度上昇値1312m 
平均気温27℃ 
消費カロリー3968C

ACAツールド HC乗鞍スカイライン ’16.09.04 

2016年9月4日 日曜日   晴れのち曇り、雨?


乗鞍遠征2日目。 
IMG_7345.jpg とりあえず早朝は晴れ!

5時半起床。
温かいコーヒーが飲みたくて、
ドリップコーヒーが紙コップで出てくる あの自販のコーヒーを買うも
出てきたのは、何これ????
IMG_7346.jpg ・・・白いコーヒー???
ミルクと砂糖のお湯溶き飲料・・・・(涙) コーヒー豆が切れちゃってたのかな?
缶コーヒーは温かいのはまだ販売されてなくて、冷たいのを買ってみたものの
やっぱり温かいのが飲みたくて なんだかなー?と思いつつ ミルクと砂糖のお湯溶き飲料を飲むw


・・・と、なんだか朝のスタートが いまひとつ良くない この日は、スカイラインを上る。
大丈夫かなー???
今年のスカイライン側のコースは、例年と違って、
初めて平湯温泉側からスタート。 
平湯温泉側の平湯峠を5kmほど上って スカイランへ。 初めて走るルート。
 この平湯峠、高山側も厳しいけど、平湯温泉側も厳しいらしい、平均勾配9%とか?

8時、平湯温泉スキー場前の集合場所へ移動。
IMG_7349.jpg 

スタートは10時予定、
なのに いつも遅刻常習犯の私たちが なぜこんなに早く??? その訳はこれ。
IMG_7347.jpg ドーピングされるジテンシャ??

じゃーーーん。
IMG_7351.jpg 猫に小判?

IMG_7364.jpgIMG_7363.jpg 今日の秘密兵器wはこれ。

今シーズンのACAツールド ヒルクライムの目玉、
「あのGOKISOホイールを試乗してレース参戦できる!」ってヤツ。
神坂峠、茶臼山に続き、この日「乗鞍スカイライン」が3回目の試乗日。
前日のエコーライン出走前に 「今回 まだ試乗できる枠が残っているから〜」と
近頃 ACAスタッフ業に奔走してくださってるtomoちゃんに こっそり勧められる。
そういうことなら、と 鉄人とふたり、急遽 試乗してみることに。 
今回、用意していただいたホイールは、
先週のマウンテンサイクリングin乗鞍で優勝した森本選手がはいていたホイールと同じスペックのものらしい。
お値段43万円くらい、だったかな?

いざ、こうやって分不相応のパーツが取り付けられた自分のバイクを見ると、
果たして その性能の良さがわかるのか?かなり不安。私の脚ではもったいなすぎる、やっぱり。

バイクを持ちあげた瞬間は、あれ?重い・・・ そっか、C24装着時より500gくらいは重くなってるはず。
とりあえず、広い平坦な駐車場で試走してみる。
確かに 前評判通り「漕ぎ出しが軽い」「一漕ぎで ぐーんと前へ進む」「よく転がる」感じ。
一応 私でもそれはわかった。
じゃあ、肝心の上り坂へ。 
平湯温泉スキー場の脇の坂道を上ってみる。

あれ・・・重い、かも? 
これは、ホイールが重いのか? 昨日の疲れで自分の脚が重いのか? よくわからない。
あまりキツくないと思った勾配の上りだけど、 鉄人は7〜8%の上りだったというけれど
期待するほど スピードに乗る感じはなく やっぱり重く感じる。
私の脚力では、勾配がキツくなると 乗りこなすのは無理かなーやっぱり。

うーーーん、どうなんだ?GOKISOホイール。
 平均勾配7%越えの今日のコースを このホイールで上れるのか? 不安だーーー
けど、同じく上りの試走していた鉄人は
「やっぱ このホイール、いいよ」
「(普段履きの)アルテグラのブレとりしてないブレブレのホイールとは全然違う」と
試走の段階から絶賛。 そりゃそーだ、あんなブレブレのホイールと比べたらw
 

そんなこんなで、なんだかんだしてたら、もう開会式の時間。
IMG_7358.jpg 今日の参加者も60人前後。
こんなに良い天気になっちゃったけど、でも天気予報は午後から雨予報。
なんとか降られずに下山できるといいけれど。

今年のスカイラインACA版コースは、平湯温泉スキー場前スタート〜畳平駐車場ゴール。
距離19.0km 獲得標高1400m 平均勾配7.4%

今日は10時ちょうど、スタート。
最初は 数百メートル 国道を上って左折、平湯峠へ入る筈。
中盤あたりでスタートするけど、緩め勾配の国道では さすがGOKISOホイール?
いつものような漕ぎ出しだと どんどん前へ進んでいくので前と詰まってしまう。
国道では車列に並んだまま大人しく上るつもりだったけど、
上りでブレーキかける、なんてことになるので、やっぱり車列から抜けて前へ出て行く。

国道から左折。平湯温泉側からの平湯峠。
初めて上る道、 いきなり12〜15%勾配の坂が続く。
GOKISOホイールでも やっぱり激坂はキツイには変わりない。
普段の上りとなんら変わりないなぁ やっぱり、と思う。
そして、どんどん後ろからパスされる・・・(泣)
走り出して3kmもいかないうちからタレそうになるけれど、
せっかくこんな良いホイールをはかせてもらってるのに、タレてちゃいかんよね???
・・・・ということは、
GOKISOホイールを借りたことで もしかして 今日は頑張らなきゃいけなくなったてこと?(汗;)


少し気をとり直して上る。
そして、上りながら 初めてお見かけする?ローディに
「秋さんですか?ブログ読んでます」と声をかけられ
嬉し恥ずかしいー こんな序盤からタレてちゃカッコ悪いなー と 再びやる気復活(笑) 

平湯峠の中盤、少し勾配が緩むあたりで、前へ行くローディ達が落ちてくるので次々パス。
この時はどーしてこんなところで落ちてくるんだろ?と思ったのだけど、
実はGOKISOホイール効果で 緩めの勾配は 自分が意外と上れてたのか?

前を走るローディは あおこさんとペパーミントグリーン色のシクロバイク乗りさんともうひとり、3人だけになって、私の後ろは少し離れてしまう。

しかし、この平湯温泉側の平湯峠、
確かに勾配はキツイけど、木陰の林道って感じで 雰囲気のよい道。
もちろん車は全く来ないし。レースじゃなければ気持ち良く走れる道なのになーと思っていたら、
激坂!!! 前言撤回! ガーミンがずっと勾配20%を表示。もーー勘弁して〜〜
そのあと、もう一つ12%の急坂を上ったら、頭上が明るくなる。

スカイラインゲートが見えてきて ホッとする。
 この時点で GOKISOホイールを履いていることをすっかり忘れている(汗;)
ゲート前で係員さんが 通過する参加者に 現在の順位をカウントしてくださる。
「19 20 21!番目ねー がんばってーー」 今思うと、参加者人数を確認していたのかも
 21番目なら 昨日とほぼ同じ位置で走ってるんだなー私。

スカイラインに入って、しばらく10%前後の坂が続くので、キツイ筈・・・・なのに、
あれ?あまりキツくないぞ?と思って「あ!そーいや今日はGOKISOだった」と思い出す(汗;)
そこで、やっとこさ GOKISOホイールと向かい合って上ってみることに。

そして気がつく。ペダリングの仕方で 上りの進む方が変わるよーな気がする?!
一定の力で きれいに回して上ると 上りでも「どんどん前へ進む」感じがする。気のせいかな?
ちょっと重いので 少しケイデンスを落として、でも丁寧に一定の力で回していくと
8%勾配直線の上りで ぐんぐん前へ進む感覚。ガーミンの勾配表示を何度も見直すけど、勾配表示は8%
「ふわーー?!?! なにーこれーー」と思わず口にしてしまう。
8%の上りでこんな感覚、初めて。

それからは丁寧に、きれいに、なるべく一定のパワーのつもりで、
ペダルを回して回して上る。
もちろんそんなに速く上れているわけでもないけど、 
 でも 前を行くあおこさん達から千切れることはない
いつもずっとキツイなーしんどいなーと思って上るスカイラインが なんだか楽かも?
いつのまにか息も上がってないし。
もう少しペース上げて上ってもよいかなーと思うけれど、
森林限界の手前のいつもタレる急坂までは 温存していくことにする。

14〜15km地点。
そろそろ一番の難所(森林限界の手前のいつもタレる急坂)の筈だけど? 
どこかよくわからない。
とか思っていたら、左カーブ。
目の前に ほぼ180°森林限界の絶景が広がる。 あぁここだー 私の好きなところ!
15kmを過ぎると この後は勾配が緩む筈。
ここまでの急坂も GOKISOホイールにずいぶん助けられてきたと思うけれど、
でも ここからがGOKISOホイールの本領発揮かも??!! ということで。

残り4km。 ペースをあげて上る! へっぽこだけど 一応 ラストスパート!
ホイールの性能のおかげか?ここまで余力残して上らせてもらったおかげか?
笑えるくらいに どんどん上れる。
スピードがのると、それこそどんどん前へ前へ、進む、進む。
ヘアピンカーブの上りは20km/hオーバーで楽々上がっていけるひゃーー気持ち良いーーー
その後の平坦は下ハンで。30km/hオーバー。
ひゃっほーーな気分で平坦を走って行ったら ゴール前の最後の上りで、
昨日に引き続き今日もピストバイクで上るぱんたあにさんに まさか追いついてしまった。
「もう脚が売り切れ」と ぱんたあにさん。 
ピストで、乗鞍を、それも2日連チャンで、フツーはやりません、というか できません。
チャーーーンス♪ ヒルクライムでぱんたあにさんより順位を上げられるチャンス??!!(爆)
GOKISO対シングルスピード でもやっぱり機材よりエンジン。
結局 最後の上りでぱんたあにさんとの距離はそれ以上縮められず。まー当然ですね
上りきってエコーラインとの合流点。あとはゴールまでの平坦を流し気味で走って〜
今日も無事ゴール! 
IMG_7361.jpg

タイム1時間50分。
昨年とコースプロフィールが違うので、昨年タイムと比較できないけれど、
そんなに速くもないし、でも昨年よりも悪くない気もするし。
リザルトの順位でいえば、昨日のエコーラインより 順位がふたつ上がったので
やっぱりそんなに悪くないのかな?
ただ言えることは、
これまで上ったスカイラインの中で一番疲れなかった、最後まで元気だった気がする。
やっぱりGOKISOホイールのおかげかなぁ?

やっぱりGOKISOホイール、良いです。 
私の経済力では 残念ながらとても買えないけど。
だけど、 8%勾配の上りで、前へ前へ進む不思議な感覚が忘れられない。
あの感覚、もう1回体験してみたいな・・・・
今回GOKISOホイールで上ったことで、 ムラのない一定のペダリングが いかに効率がよいかってこと、
少しわかったような気がします。 ヒルクライムは 軽いギアでクルクル、だけじゃないんだなぁって。
ホイールが違っても 上りのペダリング、ちゃんと意識して上りたいなーと思う。


IMG_7362.jpg 鉄人とは, ハブが色違いだった

さてさて、同じGOKISOホイールを試乗して上った鉄人の結果。
私より15分ほど早くゴールしていた。順位も一桁順位まであと少し。
タイムも、前日のエコーラインより2分遅いだけ。
両日上った上位の参加者ほとんどが、
エコーラインとスカイラインのタイム差が5〜10分あるのに 鉄人のたった2分差って、
やっぱりスカイラインはGOKISOホイールの恩恵が大きかったのではー?と思うのだけど、
本人は「ホイールは確かに良かったけど、今日のタイムは 自分の体調がよかったから」とキッパリ。
 昨日のエコーラインは腹痛と睡眠不足だった、らしい。
 普段から機材は当てにしない人だけど、40万強のホイールはいても この強気(笑)。ある意味うらやましい。



IMG_7360.jpg
登頂してすぐ、パラパラ〜と小雨が。 やっぱり天気予報通りかもー
雨のスカイラインをダウンヒルするのは勘弁したい。
きっと皆さんも同じ思い。どんどん下山していく。
自分も 休む間もなく さっさと下山準備して 畳平をあとに。 
スマホもバックパックにしまいこんだので 今日はスカイラインの写真はなし。

畳平でパラパラっときた雨は、とりあえずパラパラだけで済んでくれたようで。
乗鞍の雄大な景色を望みながら ドライな路面をダウンヒル。
 GOKISOのホイール、下りも安定感ありますね、やっぱり。
まだゴールを目指す参加者が続々と上ってくるし、畳平で待機するスタッフさん達のことを思うと
どーかこのまましばらく雨が降りませんようにーー。

森林限界の絶景ポイントで写真撮影中のM宮さんとすれ違うー
写真、勝手にいただきましたー ありがとうございます!
IMG_7371.jpg

なんとか雨にふられず無事下山。
名残惜しかったけど、GOKISOのホイールを返却。
貴重な経験、ありがとうございました!もし万が一また機会があったら・・・・ 宝くじ、当たらないかな?

昨日と同じ温泉に入ってから帰途に。
前回の帰り、東海北陸道でえらく渋滞にはまったので、今日はR41で帰る。
R41は本当に空いてる、貸切(爆)
IMG_7368.jpg

IMG_7369.jpg 秋の気配あるなー

順調に走って、小牧から高速に乗って、19時ごろ、無事帰宅。

今年も 天気に恵まれ 楽しく頑張れた2日間でした。乗鞍はやっぱりいいね。
なんとか昨年より退化することなく上れた自分にも ちょっぴり安堵。
そして、やっぱり今回はなんといってもGOKISOホイールの試乗。
これは本当に いろいろな意味で貴重な経験になりました。


ご一緒した皆さん、ACAのスタッフさん。
今回もお世話になりました、ありがとうござました。
  GOKISOホイール効果で、ついつい いつもよりさらに長々ブログ、読んでくださってありかとうございます。
GOKISOホイールの試乗を勧めてくれたtomoちゃんには、本当に感謝です。
またよろしくお願いします!



今日の記録(カルマ) 
*上りのみ なぜか最初の3kmほどログが取れていなかった〜(大泣)
なので、簡易記録のみ。
距離19.0m 
実走時間1時間50分 
高度上昇値1400m 

ACAツールド HC乗鞍エコーライン ’16.09.03 

2016年9月3日 土曜日    晴れ ちょっと曇り


ACAツールドの中で一番楽しみな 乗鞍遠征。
土曜日にエコーライン、翌日日曜日にスカイライン、ヒルクライムレース2連チャン。
今年も2連チャンでエントリー。
レースはやっぱり気が重くなるけど、乗鞍のレースだけは別物。 
レースの重さよりも、乗鞍を あの絶景の中を上りたい気持ちの方が上回る。

今年からレーススタート時刻が10時、昨年までより1時間遅くなった。
これはすごくありがたいーー 
平日の夜はすべてのことが後押しになるので、土曜日朝早いのは 実は厳しい。
この日の前夜も 結局就寝は深夜1時半過ぎ。起床4時半。


5時40分頃、自宅出発。
また開会式ギリギリ到着かも〜(汗;)と心配する。
でも開会式30分前の9時には 道路の前方に 乗鞍岳が見えてきた!
IMG_7288.jpg やったー好天の中のエコーラインだ〜!

9時ちょっと過ぎて 無事に乗鞍観光センターへ到着。
バタバタと準備して、顔見知りの方と挨拶したりして、そして開会式。
IMG_7289.jpg 今日の参加者はやや少なめ?60人ちょっと。

開会式の後の恒例の記念撮影。
DSCN2419.jpg FOCUSの山田さん撮影。いつも写真ありがとうございます!
この時、横に並んだtomoさんに、こっそり明日のスカイランレースでドーピング(笑)秘密兵器使用を勧められるw

スタート位置へ移動。
IMG_7290.jpg
10時ちょうどスタート予定だったけど、
同時刻に発車するバスを3台見送ってからのスタートとなる。

エコーラインACA版コースは、乗鞍観光センター前スタート〜畳平駐車場ゴール。
距離19.9km 獲得標高1260m 平均勾配6.3%
10時2分スタート。
DSCN2435_2016090603193115f.jpg FOCUSの山田さん撮影

毎度のことだけど、今回も全くアップなしのスタート。
高地でいきなり上りなので、最初っからゼハゼハ過呼吸。そんなに苦しくはないのだけど。
我ながら蒸気機関車みたいだなーと思いつつ、3kmくらい我慢すれば呼吸も落ち着いてくるはず、
あまり気にせず先へ進む。

スタートしてしばらくは後ろにいた鉄人が 「じゃあ」と行って前方へ。
去年までは 勝ち負けを競っていたけど、
今年はもう全く勝負にもならないので 淡々と見送るのみ。

今年のこれまでのヒルクライムレースは 前日に走り過ぎてしまうことばかりだったので
今回は前日はジテンシャに乗らず ジデツウせず全くのサラ脚。
やっぱり、脚の調子はいいなーと思う。 前日はやっぱり乗らない方がいいんだなーと実感。
呼吸が落ち着いてきたあたりで、参加者がバラけてくるけれど、
前方視界にひとり、ふたりは後ろ姿が見える。その後ろ姿を目標に淡々と進む。

あっという間に三本滝を過ぎて、10km過ぎて。ここからが いつもしんどい。
前半10kmに比べると、ちょっとタレ気味になるけれど、
それでも なんとなく目標にする後ろ姿に追いつき、パスして、を数人 繰り返して。

DSCN2540.jpg FOCUSの山田さん撮影
辛い区間が過ぎて、少し楽になったなーと思う頃、山荘が見えてくる。
いつかこの山荘でお茶タイムしたい・・・・と思いつつ、通過。
 でも貧乏性なので、きっと途中で足付きできないんだろうな・・・・

毎回そうだけど、この山荘のあとが やっぱりきつい。あとたった5km、されど5km。
いつも上を見上げて、ありえない高さのガードレールにガックリするので、
今回は上をあまり見上げないように、なるべく下界側を見るようにして進む(笑)

大雪渓の前で 追い上げてきたあおこさんに捕まる。
「やっぱり逃げ切れなかったな〜」 その言葉にあおこさん苦笑い。
10 kmくらい手前で 私があおこさんより先行した後、
確か3〜4人パスしてきたローディはいるのだけれど、
そのローディ達は誰一人追いついてこなかった中で、
あおこさんだけが追いついてくる その底力に感服。 やっぱり あおこさん、すごいよ。

いやーさすがだなーと、あおこさんを見送りモードに入っていたら
前へいくあおこさんから 「秋さーん、まだまだいけるよー!」とゲキが入る。
あ、そーだった、見送っちゃダメじゃん、最後までついていかないと、
我に返って ラストスパート、のつもりだけど、全然スパートにならず(笑)
ジリジリあおこさんとの間に距離がひらきながら 県境通過。 弱いなー自分(泣)
あとは下り〜平坦、畳平 ゴール。 タイム1時間40分。
IMG_7294.jpg

昨年タイムより3分短縮。目標「去年の自分に勝つ」は達成。 
まだ伸びしろ、あったんだなー 嬉しい。
大目標の40分切りまで あと少しだったんだなーと思うと、ちょっと残念。

さてさて、鉄人の結果はいかに?
本人曰く 不甲斐ないタレタレな展開だったようで。
 なんだかスタート直前に一気飲みしたアクエリアス500mlのせいか、途中から横っ腹が痛かったらしい。
それでも、昨年タイムより7分短縮。 去年は私と同タイムだったはず。

DSCN2567.jpg
ここゴールでは 恒例の お楽しみな お茶&お菓子で、ウダウダおしゃべりタイム〜♪ 
これが楽しい。 ひとしきり、おしゃべりした後に やっと下山開始。

下山前に1枚記念撮影。
IMG_7297.jpg 写真撮ってくださったS-WRKS乗りさん、ありがとうございました!

下山は景色の写真を撮りながら〜
IMG_7300.jpg

IMG_7302.jpg

IMG_7304.jpg

IMG_7305.jpg もうまもなくスキーシーズンだなー♪

無事、乗鞍観光センターまで戻って、かるーく?昼ごはん。
IMG_7306.jpg 山賊焼きバーガー 山賊焼き、美味しい、大好き。
鉄人は、また頂カレーw
IMG_7308.jpg ごはん、曲がってる(笑)

明日のスタート地点、岐阜県側の平湯温泉へ移動。
途中で、500円のソフトクリームを食べる。
IMG_7313.jpg 値段を知ってたら きっと食べなかったと思う・・・

平湯に到着、まずは温泉。
平湯温泉は大好きな温泉。ほんとにいいお湯だし、硫黄臭いのも好き。
山の景色を眺めながら ひろーい露天風呂にどっぷり浸かって。
損得もなくただただ頑張って、その後のこの時間、これ以上の贅沢ってないなーって 思う。
こんな思いと経験ができるって ほんとに幸せ。

温泉後は 夕ご飯! 
IMG_7320.jpg 飛騨牛〜♪焼肉定食と、朴葉味噌(飛騨牛のせ)定食

温泉と夕ご飯を済ませたら、今日の宿泊地へ移動。
IMG_7326.jpg 奥飛騨温泉郷の道の駅。今夜も車中泊。
 実はここ、ブルベで立ち寄ったことがあった〜 こんなとこまで名古屋から自転車で来たことあるのね(汗;)

外で夜風にふかれながら、アルコール(鉄人)&スィーツ(私)で、今日の反省会。
結構、真面目な反省会。
鉄人が 速い人たちと少し一緒に上っていけるようになって、
レース中のその走りを間近で見ることで、気がつくことや学ぶことが いっぱいあるらしい。
それを聞くのが けっこう面白い。

21時過ぎには就寝タイム。
IMG_7343.jpg 
撮り溜めしてある「探偵ナイトスクープ」を見ながら ハムスト、臀筋、腸腰筋をしっかりストレッチ(私だけ)
鉄人は早々に寝落ち


明日の天気が少し心配。なんとか下山まで 天気がもってくれるといいなー・・・
でも 明日は 1日限り&人生最初で最後の 秘密兵器を搭載して上ります! 
  楽しみと不安、半々だけど・・・



今日の記録(カルマ) 
*上りのみ 下山のログは 保存時にガーミンフリーズして保存できず(涙)
距離20.20m 
実走時間1時間40分 
Ave12.1km/h Max40.9km/h 
高度上昇値1188m 
平均気温21℃(16〜26℃) 
消費カロリー1007C
プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR