ACAツールド HC乗鞍スカイライン 2017.08.20

2017年8月20日 日曜日    曇りときどき晴れ


乗鞍遠征2日目。
IMG_0524.jpg
6時半起床。 今日も天気の心配はなさそう。
よく寝たような? でも何度も途中で目が覚めた。
 最近、長い時間寝続けることができないような?これってやっぱり歳かな?

体調は悪くない。起床して直ぐからいつものように事前補給開始。
 すぐガス欠になるので、強度強めのライドをする時は 起床後すぐから少しずつ食べていって
 走り出す直前までに1000kcal以上はお腹に入れるようにしている。

IMG_0525.jpg
いつものようにおはぎから。

・・・やっぱり 食べられない? 
昨日のエコーライン後からの固形物食べられない、が まだ解消されてない。
おはぎ1個が食べられず(涙)
ならば、大好物のトマト。
IMG_0526.jpg
ちょっと苦しいけど、おはぎよりはいける。 無理無理飲み込んで、あとは野菜スムージー。

今日は無理せず上ろう。
昨日は時間がなくて心拍計を作動できなかったけど、
今日はちゃんとモニタリングしながら上ろう。
鉄人からも「今日は170以上はあげるなよ」と言われる(汗;)

8時過ぎにスタート地点へ移動。8時半過ぎには到着。 朝、余裕があるっていいなーーー
IMG_0527.jpg
乗鞍遠征の2日目は、ここ平湯温泉から平湯峠を経由してスカイラインを上る。
19km1400up 平均勾配7.4%

9時半からの開会式までまだまだ時間があるので、
スタート地点平湯スキー場の横 300mくらい?の上りを上ったり下ったりして、
珍しくレース前のアップなんぞしてみる。
2本目で心拍スカッと160台まで。 調子は悪くない気がするー 昨日から食べれてないけど。
IMG_0530.jpg 平湯スキー場 私のスキーの原点

5本上ってアップ終了。
スタート地点に戻ったら、黒ラブがいる!.゚+.(・∀・)゚+.
 もしかして、この子、昨日のエコーラインの途中で 車の中から吠えられた子かしら?
IMG_0528.jpg
トレックロさんの愛犬。
ラブラドール、やっぱり可愛い。人見知りせずぐいぐい迫ってくるあの仕草や表情はたまらんーー
IMG_0529.jpg かわいいなーーかわいいなーー
久々にラブラドールを触れて すっごく嬉しい。この日の一番のハイライト

9時半。
昨日のエコーラインでは参加できなかった開会式。
IMG_0531.jpg
ちょっと少なめかなー? 後で聞いた話では、昨日とほぼ同人数だったとか。60人ちょっと。

スタート直前にできるだけ飲む、食べれる物を食べる。
けど、どーしてもおにぎりやパン類は食べられず、チーズケーキと野菜スムージーとクエン酸飲料を直前補給。
 こーゆー時に粉飴を飲み物に入れて摂るといいのかな?


10時。真ん中あたりの位置からスタート。 
平湯峠の入り口まで1kmくらい? 国道を上る。
数人前の集団からどんどん離れていく、できれば前方に出たいペース。
けど、右側から囲まれてしまって左端から動けず(涙) 
タイミングよく前方へ出られた鉄人はどんどん前へ。
平湯峠に入る前から もう姿が見えなくなる。
「今日は無理せず上るんだから、このペースでもいいか」と思いながらも
やっぱりゆっくりいけない自分がいる。

平湯峠への上り。
やっと包囲網から解放され、自分のペースで上り開始。
わかっていたけど、しょっぱなから急勾配、ガーミンは14%勾配を表示。キッツいなー

今日は昨日の反省を踏まえて
自分の感覚で「もうちょっと頑張れそう」の8割弱で上る。
ペダリングは踏まない、ちゃんと丁寧に回す。
心拍は160台後半。まーこんな感じかな、と。

平湯峠の途中で後ろから「秋さん」と声をかけられる。
昨年のスカイラインでも同じタイミングで「ブログ読んでます」と声をかけてくれた若者だった。
少しの間、話しながら上る。
まるっと1年ぶり、昨年の印象と違うのは いい意味で体がひとまわり大きくなった感じがする?
なんだか 強くなってそう、と思う。 
その直感は正解で、その後 あっという間に上っていってしまった。
久しぶりのACA、皆さん 強くなってるなー(汗;)

なぜか平湯峠は昨年よりも辛く感じずクリア。
平湯ゲートを通過。
この辺りでは前方に数人が上っていて、ついていこうとちょっとペースが速くなる時も。
その度心拍数を見ては、170を超えるので「いかん、いかん」と自制。
でも、これが嫌になってきた。 
心拍数見て、走るペースを落として、っていうのが、どうも慣れない。
というか、抑制されて、思うように上らせてもらえない、そんな感じ。
 そうそう、そういうのが嫌で実走では心拍計はずっと使わずにいた
もう途中で心拍みるのはやめて、自分の感覚で上っていくことに。

10kmくらいまでは まぁまぁいい感じで上っていたけれど
突然、きました
あーーお腹、空いたな・・・・」((((;´・ω・`)))

上りでこれを思ったら、実はもう手遅れ、というのは十分承知している。
あっという間に頑張れなくなる、上れなくなる。
やっぱりこうなってしまったかーー(涙) 普段に比べたら昨日から全然食べれてない
ちょうど勾配がキツくなるところとガス欠状態が一緒になり、ペースダウン。

クルクルがトボトボ・・・・
そこまではずっと前後にいた参加者さんたちから 置いてかれてしまった。
とにかくゴールはしなきゃ。ゴールできるかな? 昨日に続き 今日も不安になる。
完全なハンガーノックにはなりたくないので、無理する気はないけど、やっぱりタレるのは嫌。
その境ギリギリのペースで上る。

あーーお腹すいたーー・・・・ 
喉が乾いて、と言うより、お腹が空いてボトルの飲料を何度も飲む。
 いつもレース時には半分も飲まないボトルが ゴールまでにほぼ空になった。

15km過ぎて、そろそろ勾配が緩んで楽になるところ、の筈???
ちっとも楽にならない、脚に力が入らない。
昨年は羽がはえたかと思うくらい軽やかに上っていけたヘアピンカーブも
今年はえっちらおっちら(涙) 
 昨年の あの軽やかさは お借りした秘密兵器所以か? だとしたら、やっぱりすごいなー。
 絶対買えないけれど、また使ってみたいなぁ。


最後の上りでも 数人にパスされて でもあと少し。
全然力は出ないけど、気分は悪くならずゴールできそう。 
 本気でハンガーノックになると冷や汗、眠気がくる。

今日もなんとか上ってこれた、畳平。 無事ゴール。
IMG_0565.jpg tomoさん、写真ありがとうございます!

ゴール後、お腹が空いてオレンジジュースを.ガブ飲み。 紙コップで4杯。
IMG_0532.jpg
タイムは昨年より4分遅れ。
食べられなかったし、仕方ないな、と思う反面、体調管理も実力のうち。
それ以前に体調のことを置いといても、今シーズンはタイムが遅くなる理由に心当たりがいくつか。
当然の結果か、と。


今日の畳平はちょっと雲の中? でもあまり寒くない。
IMG_0533.jpg
そんな畳平で、この日も 顔見知りの人も お初の人も、
たくさんの人と たくさんお話できて楽しかったーー
そして多くの人に「旦那さん、速かったねーー」と声をかけられる。
 そうだったのー? 
 今年はダイエットもできてないし、ローラーもさぼり気味だし、雨沢にも昨年ほど通わなかったけど?
 確かに 体重とか、練習量とか、伸びしろは私よりいっぱいあったので
 今の状況は、まぁ当然といえば当然なんだけど、なんだか悔しい。


散々 喋り倒して 気がついたらずいぶん人が減っていて
じゃあ、そろそろ自分たちも下山しますか、と。
またここに上って来れますように。
IMG_0547.jpg
IMG_0545.jpg 66dtlZVPUcdr7hd1503845266_1503845397.png
IMG_0548.jpg IMG_0552.jpg


帰りは、いつもの平湯の温泉へ。サッパリすっきり。
そして、お決まりのソフトクリームならぬ今日はジェラート。
IMG_0555.jpg
下がカボチャ、上がアブラエ  
  アブラエって「えごま」のこと。飛騨地方ではアブラエって言う。このジェラート、五平餅の味がした!

道の駅で でっかいスイカを購入。
IMG_0557.jpg 直径31センチ、重さ13kgもあった


乗鞍遠征が終わると、夏が終わるなーという感じ。
走り自体は ちょっと不甲斐ない2日間、昨年の自分に勝てなかったけど、
久々のACAのツールドは楽しかったし、いい刺激になった。
そーいえば、自分ってこのツールドですいぶん成長させてもらったことも思い出した。
今シーズンはなかなか参加できなかったけど、また初心に戻って できるだけ参加したいな・・・・

そして実は近頃、自分の年齢に不安を感じることがしばしば。
今回のような不調があったりすると、つい年齢のせいにしたくなるけど、
そうじゃないよな、年齢じゃなくて そう思う気持ちに負けてしまうのかな、と。

最近、自転車熱がちょっと冷めてトレランばかり練習しているらしい多度山の仙人が
この日、後ろ1分差でゴールした鉄人に言った言葉
自転車、また頑張るよ」 
60代後半の仙人が言うこのセリフに、ちょっと泣けてしまった。
幾つになってもこういう気持ちが持てるって、すごい。

目標は高くなくていいけど、こういう気持ちはずっと持ちたいな、やっぱり。
努力は楽しい、そんな風に自転車もスキーも続けられますように。


ながーい、おそーい、今年の乗鞍遠征の記録、やっとおしまい(*゚ェ゚*)



今日の記録(カルマ) 
HC
距離18.94km 
実走時間1時間54分 
Ave10.0km/h Max31.2km/h 
高度上昇値1314m 
平均気温19℃
消費カロリー1074C
平均心拍164pbm 最大心拍180pbm

下山
距離19.70km 
実走時間46分 
Ave24.3km/h Max49.4km/h 
高度上昇値15m 
平均気温15℃
消費カロリー370C
スポンサーサイト

ACAツールド HC乗鞍エコーライン 2017.08.19

2017年8月19日 土曜日   晴れときどき曇り


今シーズン、ずっと参加できずにいたACAのツールドあいち。
土日の2日間でエコーラインスカイラインでヒルクライムする乗鞍遠征だけは絶対参加したい。

土曜日早朝に自宅出発というのは、実はかなりハードスケジュール。
だいたい金曜日は仕事残務整理が多くて帰宅が遅くなる。
帰宅してワンコの散歩、通常の主婦業、ご飯食べてお風呂はいって、明日の荷物準備などなどしていたら
就寝は日にちが変わる1時過ぎ。睡眠時間3時間弱。大丈夫かなー?ちょっと不安。


1日目はエコーライン。
なので、長野県側乗鞍高原へ向けて自宅5時40分頃出発。
去年と同じ時刻。9時くらいには現地到着の予定だったのに。
例の中央道土砂崩れのニュースは自宅を出る間際に知る。
とりあえず中央道で。通行止め区間はR19へ。
案の定、下道渋滞(T_T)
IMG_0496.jpg 動かない・・・・

スタート時刻の10時に間に合わないかも、と半ば諦めつつ。
荷物背負って上らなきゃならないのは辛いなー・・・・
が、しかし。間に合うかも!?

スタート20分前に到着。
とりあえず荷上げしてもらうバックパックを抱えて受付へ走る!
開会式も集合写真撮影も終わっていたけど、まだバスが止まっていた。あー間に合った!よかったーーー
受付は顔パスで(笑) K野さんの奥様、いつもありがとうございます
そして、その足でトイレ直行。
車に戻ったら、もうスタートまで10分もない(焦)
タイヤに空気入れて、身支度して、急げ、急げーーー 自転車に乗ってスタート地点へ走る。

スタート前のカウントダウンの声が聞こえる。えーー?5秒前??
スタート地点到着と同時に、前列がスタートする。
結局、スタート地点で足付きせず、そのままヒルクライムスタート!助走つきスタートww
DSCN2226.jpg ぷるほんさん撮影 ありがとうございます!
この時はpomちゃんと並んですごい笑顔。 この後辛い展開になるとはつゆ知らず(涙)

急げ、急げのテンションのまま、スタート地点でも停車せずそのまま突っ切ってレース突入。
後で思えば これがいけなかった。
その勢いで 結構前の方へ上がってしまう。
少し前を行く 多度山のYさんと鉄人の姿がずっと視界にあることで
「Yさんのペースが遅い?それとも自分のペースが速すぎるのかな?」
やっと オーバーペースかも?と気づく。 心拍計つけていない

上るペースは心拍計使わず、いつも自分の感覚的な部分に頼っているけど、
このペース、冷静になってみると9割くらいのペースかも。(レース時はだいたい8割前後の感覚で上ってる)
それにちょっとペダルも踏んでるなー・・・・など、ちょっとマズイかな?というシグナルには気づいていた。


でも、なぜかペースダウンせずに進んでしまったのも、急げ急げスタート所以か?

スタート後24分で3本滝通過。 私にしてはちょっと速すぎ、と思ったけどそのまま。

確か10km地点前後。
自転車が揺れてる?前輪パンク?? 前輪を覗き込むけどよくわからない。
違うかな?でもなんだかブレてるよな?と思ったら、体が右に傾いたまま戻せない?
え?と思って前を見たら、前方からバス。
焦って左側へ寄る。 そうしたら今度は左へ傾いたまま戻せない。
体がまっすぐにできない、まっすぐ走れない。

えーーーどうなっちゃってるの?!?!私・・・・ 

と思いながら、左へ傾いたまま左の岩壁に倒れこむ。 えーーうそーーー?!
岩壁に上体を支えてもらって、左足ついて、落車だけは免れる。はーーよかったーー
少し後ろで走っていた人が驚いて「大丈夫?」と声をかけてくださる。 そりゃ驚くわな。

「すみません、大丈夫ですー」と先へ行ってもらって。
一応、前輪を触ってみる。やっぱりパンクはしていない。
揺れてたのは自転車じゃなくて自分らしい(汗;)

まず右足クリートをはめたいけど、はまらない。ぐるぐる足元がまわる。
目を閉じて深呼吸、3回。 顔を上げたら ぐるぐるしてない。
右足クリートはめて、乗りだす、左足もはまった。 まっすぐ走れる。よかった・・・・

走りながら壁にぶつかった左側の体の状態を確認。
左腕(長袖)がドロドロ。でも 破れてないようでホッとする。
左グローブもこんな。 ちょっと血がにじんでる箇所も。
IMG_0499_20170823012050c6c.jpg ゴール後に撮影(笑)


走っていてこんなことは初めてのこと。
何が起こったのか? 
けど、目眩は怖い。
心臓か脳か?重篤な病気の前駆症状であることも多いので 内心冷や汗。
大丈夫か、自分。 このままポックリ、なんてこと、ならないよね??
そんなに追い込んではないけど、オーバーペースはちょっと自覚していたし
何よりここ数日の睡眠不足。これがやっぱり響いているのかも。

そんなこんなを考えて、ペースを落とすけれど・・・・
でもレースだから、というのも捨てきれない自分。
迷いながら、まだ完全にレースを諦めきれず、ちょっと頑張ってしまう。

と、頭がぐわんぐわん、胃がムカムカシクシク・・・・ 
上りがキツイというより体調わるい。
あーやっぱり頑張っちゃダメだなー。

胃のムカムカシクシクが辛い。 
どんどん後ろからパスされるのも辛い。
勾配もキツくなってきて脚も辛い。 やっぱり踏んでたかな?

辛い、辛い、こんなに辛い乗鞍は初めて。
足つこうか。
ちょっと止まって休もうか。
畳平まで行けるかなー。

位ヶ原山荘が突然現れる。ちょっと嬉しい。
あと少し。
でも、あと5kmもないのに、ここからがいつも長くてキツイ。

森林限界の美しい光景、見えてるけど頭に入ってこない。
けど、大雪渓だけはコブの様子をしっかり確認。 この時期にあのコブラインがあるのはすごい

やっと県境。やっと下れる。
畳平到着。無事ゴール。 よかったーーポックリいかずにここまで来れて、とマジで思う。
IMG_0498.jpg
ゴールタイムは、昨年より3分遅れ。 残念だけど、まぁ仕方ないか。

ゴール後の談笑タイム。
ACAのイベントはこれが楽しい。 
皆さんに「久しぶりー」と声をかけていただく。 まだ覚えていてくださってありがとうございます
あーだこーだ楽しい時間を過ごすうちに、胃のムカムカはおさまってきた。

そろそろ下山するか、ということで。
あちこちで写真撮影しながら。
IMG_0501.jpg sNnGFhL0McswWfP1503434591_1503434670.png
今年も上ったぞー乗鞍、の1枚。

IMG_0505.jpg IMG_0509.jpg IMG_0512_20170823015708884.jpg
やっぱりいいなー 乗鞍。 辛かったけど上れてよかった。 
この景色を自転車の上から見られるだけで辛かった上りもチャラだなー

まもなく下山終了、というところまでくだってきたら
ここは平地か?と思うようなスピードで駆け上がってくるローディがひとり。

あ!また山の神!!! 

実は、今日お見かけするのは3度め。
レース中にバビューーーンとパスされ、
そして自分がまだ上っているところを下山してきた山の神。
そして今、なので、山の神、今日2本目の様子。
14日の御嶽山に引き続き、今日も一緒の山を上ってたことがちょっと嬉しい。
でも今日の山の神は、おんたけの上りとは別人。
御嶽山の時はかなりゆっくり上っていたのだと思う。
ほんとに神の上りだった。来週は頑張ってください!


下山後はお昼ごはん&反省会w
なんと、いつも食べる頂きカレーがメニューから消えていた(涙)
で、その代わりに頂きざるそばが登場。
IMG_0514.jpg IMG_0515.jpg
これは3倍盛サイズ。

あまり食欲がなくて、蕎麦なら食べられるかなーと思ったけれど、
ほとんど食べられず。 
3分の2ほどは大盛りカレーを完食した鉄人の胃袋へ。 スミマセン

でも反省会は今までにないメンバーで楽しかった!
qy6MlikprrgOSyO1503434779_1503434910.png このメンバーにtomoさんも。MTBのお話、嬉しかったなー

そしてその後、tomoさんのMTBを見て、乗車させていただく。
HkoGvlKmnSSfUgX1503434965_1503434988.png pomちゃん、写真撮影ありがとう〜♪
フルサスって、乗り心地がすっごく柔らかい!
それと、なんだかタイヤがよく転がる?抵抗感が少ない? 
なんでかなーー?と思っていたら、なんとホイールに秘密兵器が付いていた!! すっごい!羨ましいなーー


今日でもう帰る人、明日も走る人、いろいろだけど、お疲れ様〜と解散!
振り返ると、今日走ったエコーラインが見える。
IMG_0517.jpg
よくもまーあんな高いところまで自転車で上れるもんだ、と他人事のように感心するw

温泉へ。 そして、お決まりのソフトクリーム。
IMG_0519.jpg こけももミックス 美味しかった!
こーゆー固形物じゃないものはスルスル食べられる


明日のスカイラインスタート地点、岐阜県側へ移動。
今夜も道の駅で車中泊。
IMG_0522.jpg

夕ご飯は、近くのスーパーで食べられそうなものを買い込んで
外で風に吹かれながら のんびりいただく。
IMG_0523.jpg 果物やゼリーや野菜ジューストとか
明日は胃の調子が戻ってるといいんだけど・・・・

涼しくて、風が気持ち良い。
今日は、辛い上りだったけど明日はリベンジ。気持ちよく上れるといいなーー
睡眠不足解消、早く寝ようっと。
21時半、就寝。



今日の記録(カルマ) 
HC
距離19.86km 
実走時間1時間43分 
Ave11.8km/h Max36.0km/h 
高度上昇値1280m 
平均気温19℃
消費カロリー1058C

下山
距離19.84km 
実走時間45分 
Ave26.2km/h Max43.6km/h 
高度上昇値35m 
平均気温21℃
消費カロリー375C

ACAツールド GF岐阜 東濃中山道  ’16.10.23 

2016年10月23日 日曜日   晴れときどき曇り


ACAツールドの最終戦はグランフォンド岐阜 東濃中山道。 もう最終戦なんだー(汗;)
ルートはこちら。 距離117km、獲得標高2200m

ACAツールドのグランフォンドのコースはいつも秀逸。
普通のライドだったら もう間違いなく走りたいコースだけれども、
ACAのグランフォンドになると話はちょっと違う。
私にとっては、いつもヘロヘロ修行ライド・・・かなりの覚悟をもって参戦する、毎回。
なぜ修行ライドかっていうと、
鉄人、このGFでは 基本、休憩&補給しないし(私は走りながら補給)、
人が多いと狩猟本能(すぐ追いかける)丸出しでダッシュ&ダッシュするし(私はダッシュひとつで一気に終わる)
そして最近わかったのだけど、グランフォンドは下りが多くて(上った分下るんだから当然か)疲れる・・・


とにかくエネルギー切れしない、落車しない、泣きをいれずに最後まで頑張る、が
毎度の目標。 さー頑張ろう。

当日朝。
今回は珍しく余裕をもってスタート1時間前の7時にスタート地点到着。
が、しかし、もうかなりの人、人、人〜
もちろん常連さんたちもいっぱいいるけど、新顔?初めてお見かけする人もかなり多い。
あちこちで常連さんたちと挨拶しながら、準備。

pomちゃんからいただいた自家製パウンドケーキ、しっかり事前補給。
IMG_7686.jpg おいしー♪ ごちそうさまです!

開会式、始まる〜
DSCN3337.jpg FOCUSの山田さん撮影 写真いただいてまーす。

開会式の傍、お久しぶり〜のKさん! 2年前600kmブルベでご一緒しました〜
JE4xYmw3JW8B4Mf1477391755_1477392025.png FOCUSの山田さん撮影
 覚えていてくださって嬉しい〜 来年はぜひまたブルベでお会いしたいです!

恒例の記念撮影〜 今日の参加者はGFでは珍しい100人超え?!とか。
DSCN3344.jpg FOCUSの山田さん撮影
スギドラッグさんに駐車場をお借りしました!帰りにお買い物しなきゃ〜

スタート時刻まであと数分。
けど、今回は顔見知りの方が多くて、スタート直前まで談笑タイム。
突然の「スタート5秒前ー」の声に慌てて
右足クリートをはめて、ガーミンのコース呼び出して〜(焦;)

真ん中あたりの位置でスタート。
後ろには もう ACAツールドはもう卒業したかと思っていたkorashoさんも久しぶりに一緒。
今日はスズカに向けて追い込むそうだ。
 img_3_m_20161025225507346.jpg そのkorashoさんが撮影。写真いただきましたよ〜
100人ものローディがスタートするので、車道に出る際はやや渋滞気味。

ちなみに、今回はスタート前からなぜか全然写真を撮っていなかった・・・・おしゃべりしすぎ?(笑)
走行しながらの撮影は落車が怖くてしないようにしてるので、それこそ写真ゼロ。
ここからゴールまで1枚も画像ありません。文章だけで長々なんで適当に流してくださいね。



最初の市街地7kmくらい走ったあたり、しっかりした上りが始まる。
すでに車が来ない走りやすい道。
ひと山越えて、平坦路であおこさんとKさんに吸収されて後ろについていく。
あおこさんのバイクは今日はNewバイクのクロモリ。
さすがオーダーメイドのフレームだけあってか、
今まであおこさんの走りを見た中で、今日のフォームが 一番かっこよく見える。
 ホリゾンタルフレームとフォームの相性?が抜群!と思った。

ふたつめの上りは 小さいアップダウンを繰り返しながらジワジワ20km弱?のちょっと長丁場。
でも景色と道は抜群に良し。車はほとんど来ない。
数人の集団で 、比較的のんびりペースで進んでいく。
この上りは、終始Kさんが先頭を牽いてくださったのだけど、
Kさんの 常に一定の、ムラのないペダリングを見て、その回転数を合わせていくと
なんだかすごく楽になってきた、というか心地よく上れる。
そして、久々のkorasho節が流れる(笑)
前へ行ったり後ろに下がったりして 皆さんと順次おしゃべりしながら上るkorashoさん。
これもなぜか意外にも心地よい(笑)

山間の車の来ない道、時々里山風景。
Kさんの絶妙な牽き。
korashoさんの切れ目ないおしゃべり。
つい 修行GFであることを忘れそうになる。
この上り区間が私にとって今日の一番のハイライト、だったかなーと思う。

道の駅「らっせいみさと」が見えてきた。
蕎麦で有名な道の駅。
これまで2度、新蕎麦練習会ライドで 天ざる蕎麦を食べにきたことがある
「はい!蕎麦 食べますからー」と言いながら そのまま道を直進してすっ飛んでいくkorashoさん。
 この言動は100パーセント想定内(笑)
ああやって 本気で逃げモードに入ったkorashoさんはむちゃくちゃ速い。
あっという間に後ろ姿が小さくなる。

あおこさんたちは休憩に入るようだ。
鉄人が一応は停車して「どうする?休みたい?」と聞いてはくれるが、
顔は明らかに「休まずに行きたい」という表情。
ここで休んだら、遅れた分を取り戻そうと 鉄人がその後爆走するのが目に見える。
さほど休みたい気持ちもなかったし、その爆走を追っかけなければならないのは勘弁したい。
ここはそのまま走行再開。

しばらく上り区間。
今まで 皆とペースを合わせておとなしく上っていた鉄人。
ペースメーカーがいなくなって、
タガが外れたかのように、どんどこどんどこ上って行ってしまう。
一応上りのピークで待っていてくれたけど、やっとこさ追いついた私に
「今日は調子悪いの?」と真顔で聞く。 
 「私が調子悪いんじゃなくて、アナタが調子いいんです!」と内心 切れる(怒)

少し平坦区間、この辺りは先週の東濃牧場ライドで走った道。
ちょっとホッとして 走りながらひと口大福を頬張っていると
なんだかムッとした顔で振り返っている鉄人(汗;)
「何?」
「ちゃんと付いて走った方が楽だよ」(遅い、たらたらひとりで走るな、の意味)
その後、終始 後ろにしっかり付かないと 振り返って 無言(「遅い、ちゃんと付け」)の圧力をかけられる

阿木川ダムに向けての下り区間。
たぶん、周囲の景色はすごくいいんだろうけど、
連続するトンネルと 路面の縦溝と車通りの多さに、もうヒヤヒヤ。
特にあの縦溝は何度もタイヤが横滑りする感じで、すぐ後ろには車が追走しているし
生きた心地がしない(泣) ここで落車したら 間違いなく車に轢かれるな・・・・
ちらりと見えた阿木川ダムは すごく大きくて雄大だったなー・・・・

なんとか無事に阿木川ダムを下って、ぱんたあにさんが牽くトレインにくっつく。
恵那市街地は信号の連続、その信号のたびに赤信号で停車の連続。
そして停車のたびに、トレインの台数が増えて行く(笑) 結局10台くらいのトレインになったかな?

やっと市街地を抜けたら、木曽川沿いの景観良い道。
車がこない道って、やっぱり最高。
阿木川ダムあたりから続いていた緊張感からやっと解放される。
それにしても川面の深い濃い緑がとても綺麗。
気分良く走行していたら、ぱんたあにさんお勧めの「たこ焼き屋さん」前へ到着。
 ここのたこ焼きは本当に美味しい。外がカリカリ中はトロトロ。
鉄人がここで「休んでいく?」と聞くだろうと思って
今度は絶対「休む〜たこ焼き、食べる〜」と言うつもりでいたのに、
鉄人、なぜか今回は振り返りもせずスルー ええええーーーーたこやきーー(涙)
ぱんたあにさんや、ほかのローディがたこ焼き屋さんへ立ち寄るのを横目に ガックシ。

仕方ない、今日は修行ライドだし。
気をとり直して、ひと口大福を頬張り、ラスボス峠へ向かう。
7kmほどの上り。
鉄人は早々に前方の視界から消え、後ろにいたローディ2〜3人も姿が見えなくなって。
進めど進めど、前も後ろも誰もいないし、車もこないし。ほんとにひとりきり。
「こんな時にクマでも出たら 私 イチコロだろうなー」とふと、思う。
ふと思ったら、
そーいえば、korashoさんがクマと遭遇したのって恵那のあたりの山じゃなかったっけ?
急に怖くなってペースを上げて上る。
ピーク近くなって、前方にローディの姿を見つけた時は心底ホッとする。

最初のピークで待っていた鉄人と合流。
「korashoさん、少し前に先行ったよ」と、鉄人。鉄人は一旦追いついたらしい。
あーもうちょっと頑張れば追いつけたかもー? 
でもkorashoさんの逃げ足の速さには絶対叶わないなー。
この後は、上りらしい上りはなくて、下りばっかになるので、
それこそもう追いつけないだろうなーと諦める。

この後、小さなピークをふたつ越えたら、
ゴールまで残り25kmはずーーーっと下り、最後に少し平坦。

長〜い下り、辛いなぁ。
けど、今回はとにかく車が来ない道なので、幾分か気分は楽。
でもー あの縦溝道路が何度となく現れて、その度にヒヤヒヤ。
鉄人に「なんで遅れるの?」と聞かれて
「縦溝でタイヤとられない?」 「全然(とられない)」 
 そーなんだ?何が違うんだろう?
 あおこさんは後でタイヤを変えたら縦溝で横滑りしなくなったって言ってたけど
 鉄人の場合、タイヤは関係ないようだし?


とにかく安全第一!で 下る。
と、後ろで リンリンりんりん♪とクマ鈴の音が〜 と思った途端
Kさん先頭、あおこさん、TOMOsジャージの3人が
きゃっほーーな感じの高速トレインで駆け下りていくー。 楽しそうーーいいなーー
すぐさま、鉄人は反応して付いていこうとするけど、はたっと思い直したらしく
「やっぱ、やめといた方がいいよね?」
「うん、無理無理。下りの高速トレイン、私は絶対無理」
「下りでは踏めんもんねー、お前」  わかっちゃいるけど、言われると軽くショック(泣)

それでもなんとか前方の視界に入る位置でついていけたので、
その後の平坦区間、3人のスピードが落ちたところで 頑張って追走! 
なんとか追いつけるかもーという距離まで来たのに、痛恨の赤信号、足止め。
そして、またすぐに二度目の赤信号。
もうこれで、前方の3人の姿は完全に見えなくなってしまった。

はーー残念〜 まー仕方ない。 ゴールまであと5〜6km?
最後までしっかり走って 13時過ぎ、無事ゴール。 お疲れ様ですー
IMG_7689_20161026200218b9a.jpg ここでやっとこさ、初めて写真を撮ったかもw

そして、ゴール後の談笑会は 早速 あおこさんのNew BIKE 拝見!
IMG_7690_20161026200220542.jpg 鉄人、隅からスミまでガン見。

そして、着替える前にスギドラッグさんでお買い物。 
 着替えたら、今日のお礼の買い物ってわかってもらえんだろ?と。確かに。
IMG_7691_20161026200220eb8.jpg ほかにも しっかりいろいろとお買い物しました。
 買ってきたアイスクリームを食べながら、またまた談笑タイム2ラウンド目。

着替えて、さて、帰るか、と思ったら、ゴールしたばかりのpomちゃん発見!
談笑タイム3ラウンド目。 キリがありません・・・・

やっと帰路に。
遅い昼ごはんは、ソールフード王将。
IMG_7696.jpg ガッツリ食べたー



この度の修行ライド、エネルギー切れせず、落車せず、一応「泣き」も入れることなく、
無事敢行できてよかった。
 ACAのGF、いつも辛いけど、この後の普通のライドはすごく楽になるんですよね
一緒に走った皆さんの走り方にもたくさん勉強させてもらったし刺激をもらったし。
Kさんの上りのペダリングとか、あおこさんの下ハンダンシングとか(超カッコイイ!)、
korashoさんの逃げ足の速さとか(笑) 
 でもまじめにkorashoさん、知り合った頃より数段走れる人にレベルアップしてる

私の課題も再確認。
ぴったり付き位置で走り続けられるようになること、これ 真剣に取り組もう。
 付き位置で走り続ける、その集中力というか精神力がどうも弱い私。克服できるかな?
 あとそのスピードがどーしても怖いというのもある。 これは慣れるようになるのだろうか?


ご一緒してくださった皆さん、声をかけてくださった皆さん、いつもお世話になっているACAスタッフさん、
本当にありがとうございました。 またよろしくお願いします!



今日の記録(カルマ) 
距離117.49m 
実走時間4時間56分 
Ave23.5km/h Max53.9km/h 
高度上昇値2253m 
平均気温17℃ 
消費カロリー3550C

ACAツールド GF茶臼山一周(振り替え走) ’16.09.25

2016年9月25日 日曜日   晴れ時々くもり


先週の日曜日、雨で流れてしまったACAツールドのGF茶臼山一周。
ACAのGFは難度高いけれど、毎年 良い山岳ルートが新しく用意されているので、
やっぱり 今年も走っておきたい。

ということで、この日、振り替ライドを予定する。 
・・・が、天気予報は前夜までいまひとつ。 この週はずっと雨。 3連休も その後の旗日も乗れず(涙)
週末土日は天気好転するかと思いきや、土曜日は午後からしっかり雨降り。
翌日曜日の予報も
名古屋は夕方雨マーク、そして肝心の茶臼山周辺は午後1〜3時に雨マーク(涙)
朝になって この予報が変わっていなければ 明日は走りに行くのはやめようと思って就寝。

早朝5時、起床。
すぐ天気予報確認。
ヤフー、ウェザーニューズ、日本気象会、どの予報も雨マークが消えている!
やったーーー!!! 
いそいそ準備して、6時50分に トランポ地へ向けて自宅出発。 ちょっと遅くなったー・・・
8時30分、スタート地点へ到着。
先週の本番では、8時スタートの予定だったので、
8時前までに来たら、きっと誰か走りにきてるに違いない〜と、
本当は8時までに到着したかったのだけど、すでに30分遅れ(汗;)
もう駐車場には人影はなかったけど、見覚えのある自転車乗りの車は数台駐車してある??


今日のルート「心が折れないマップ」はこれ。 上りのピークは6つ?
IMG_7478.jpg 
GF茶臼山一周ロングコースのルートラボはこちら 距離127.5km 獲得標高2663m

さてーちゃちゃっと準備して〜    天気の心配も必要なさそう
IMG_7476.jpg IMG_7477_2016092723550332a.jpg

8時50分、スタート。 

スタートしてしょっぱなから、約10kmで600mアップの上り。
そーいえば、茶臼山高原道路へ通じる道(K80)の筈だけれど、
あまりこの道を使う話は聞いたことがないなー・・・

時々緩むところもあるけれど、ほとんど10%前後の勾配が10km続く。
だから皆があまり使わないわけかーー

道幅は狭いけど、車はこないし、木陰でいい道なのだけど、なにせキツイ。
DSCN2654.jpg FOCUSの山田さん 撮影 
スタートして30分でもう心が折れそうになる。
コースを全く予習せずに走りにきている鉄人は
「これって、いつまで上るの?(怒)」と 半分キレ気味。
上って上って、やっと頭上が明るくなってきて 上りピークだ〜!

と、上りピークに停車中の数人のローディの姿が!
なーーんと、ACAの顔、FOCUSの山田さんやぶるほんさん、I戸PAPAさんのお三方。
やっぱり、今日は何人か振り替ライドにきているようだ。
お三方は、この先のみどり湖をショートカットしたノーマルコース(といっても88km、1926up)を走るとか。ほかにも数人がロングコースへ向かったようだ。
やっぱり、こうやってACA常連さんたちと会えるのは嬉しい。ACAツールドに参加する楽しみのひとつ。
ひとしきり、立ち話しする。
IMG_7479_201609272351224f9.jpg

すると、そこへ もうひとり上ってきたーー Izalcoさん!
Izalcoさんも加わって、またしばし談笑に花が咲く。
DSC_0685.jpg FOCUSの山田さん 撮影


さーそろそろ行きますか、ということで、Izalcoさんが一足先にリスタート。
少し遅れて自分たちも。
ここからはみどり湖へ向けて しばらく下り。
昨日の雨のせいで、路面はかなりウェット、そして落ち葉と小さな石ころ、道幅狭く急カーブ。
かなり慎重に慎重に ながーい下りを下って。
里山におりた辺りで、ノーマルコースへ行くお三方とはお別れ。ゴールでまたお会いできるといいなー

ここからは下り基調で、みどり湖へ向かう。
川沿い、里山風景、車は全く来ない〜 ホントいい道!
どんどん気持ち良く走っていくと 川幅が徐々に広くなり 水の流れがなくなり、川面が緑色に〜
IMG_7481.jpg
お〜 やっぱり緑だから 「みどり湖」なんだー 
 茶臼山のダムカレーのグリーンカレーは「みどり湖」がモチーフとか。

この橋を渡ると左折、また上りが始まる。
IMG_7482.jpg
ここを左折せず、あと2〜3km直進すると新豊根ダムへ行けるらしい。
ダムカードが欲しいなーと思うけれど、日曜日にもらえるかな?もらえなかったらショックだし。
と思って 結局行かなかったけど、やっぱり行ってみたらよかったかなー?


左折して上り。ここから15kmくらい?上るはず。
最初は緩い勾配、上に行くにつれ勾配キツクなるけれど、ここも車はこない走り良い上り。
IMG_7484.jpg IMG_7483.jpg 
              あーなんだか高いところにきたなー トンボいっぱいとんでる。

しかし、この先、どこへ行くんだろう?
今回のルート、とりあえずみどり湖まで行って、あとなんだかよく知らないところを走って
あの手強いという評判の平谷峠を越えて平谷へ戻ってくる、くらいの認識。
しばらく「ここなんだかよく知らないところ」を走ることに。

そろそろ上りのピークかな〜?と思っていたら 突然トンネル。
トンネルを抜けたら 結構な急勾配の下り。一気に標高600ほど下がる〜
民家があるー?!?!というか、こんな山奥深い秘境に人が住んでいることに驚く。
ここってどこー? 愛知県内なのかなー? もうさっぱりわからない。
 帰宅して調べたら「富山」と書いて「とみやま」村という 元日本で一番人口が少なかった村だったらいしい。
 今は豊根村に合併されたそうです。


湖沿いの道を進む。
湖だと思っていたら いつの間にか流れがある大きな川に。
IMG_7488.jpg IMG_7486.jpg
「ここ何処ー?この川って、何て川〜?」 これも帰宅後に調べて あの天竜川だったことを知る
あまりにも雄大な景色に 思わず停車して写真を撮る。
その間に鉄人、おにぎり補給。
IMG_7489.jpg 私は走りながら ひとくち大福4個補給済み。

さらに、この大きな川沿いの、全く車がこない道を進む。
川の対岸、山斜面の高〜い所に こんな景色が。
IMG_7491.jpg 
あんな高くて 急斜面に集落? 
ズームイン。
IMG_7490.jpg おぉ、段々茶畑? 棚田ならぬ棚茶畑??
ここって、静岡県かー?? 
正確には天竜川が県境だったので、対岸は静岡県、自分たちが走っていた道は愛知県〜長野県だった
今こうやって 写真でみると ふーーーん、って感じだけど、実際の景色では なぜかプチ感動。

さて、先へ進むと、こんなでっかい看板が。
IMG_7494.jpg 
私たちって今どこにいるのー? 
へぇー南信州ってことは、長野県にいるのかーと ここで初めて地理的な位置が少し理解できる。

この看板の前が、実は三叉路。
直進すると飯田市へ行ってしまうので、ここを左折して愛知県方向へ戻る。
ここまで走行距離70kmちょっと。
ここから県越え、「心が折れないマップ」を見ると、ゴールまで山岳路が続く筈。
この先しばらく15kmほどの上り。渓谷沿いの気持ち良い道。
勾配はそんなにキツくなかったのかな? あっというまに15km上りきった気がする。

上った先が盆地? ひろびろーとした農村地帯。
そこに このルート唯一の補給場所、道の駅がある。 今回のルート沿い、コンビニはゼロ。
IMG_7499.jpg 道の駅「信州信濃千石平」
ボトル2本とも空っぽに近いので、補給も兼ねて立ち寄る。 
すると、駐車場奥にロードバイクが数台!
ロングコースを先行していた鉄のGIOSさんとタケヤさんにお会いできた〜
 このおふたりは先々週の清流長良川でもご一緒しました
そして ノーマルコースのFOCUS山田さん御一行もここで昼食中とか。
 こうやって途中途中で顔見知りローディとお会いできるとホッとする〜

ここからゴールまであと40kmほど、ロングコースもノーマルコースも同じルート。
ということで、先にお昼ごはんを済ませた面々は一足先にリスタートするので、
私たちはお見送り。
IMG_7497_2016092818421148b.jpg お気をつけて〜 補給したらおっかけまーす

さてー何を食べるか。
とにかく喉が渇いて仕方ないので、まずは500mlのペットボトルを購入、一気飲み。
走っていてそんなに暑くは感じてなかったけど、ボトルは2本とも空だし、ずいぶん汗はかいていたのかなー
食事処に入ってしっかりお昼ご飯をいただくことも考えるけれど、
できれば、早くゴールして温泉へ寄ってから帰りたいよね、ということになる。
 特に今日は18時半までに名古屋へ戻らなければならない時間制約付き。
 ここでゆっくりするか、温泉でゆっくりするか、やっぱり温泉でしょw


売店で豚活コロッケ?だったかな?と磯辺餅を購入して 簡単補給。
IMG_7498.jpg 意外と美味しかったー

13時50分ごろだったかな? 道の駅をリスタート。
ここからが 今回のルートのハイライト、大ボスの平谷峠も待っている(汗;)
道の駅をスタートしてすぐから、売木バイパスの上り。
いったん、売木村役場まで下って、また上る。
ここから平谷峠てっぺんまで約7km。
序盤こそは勾配が緩いのでなんてことなかったけれど、
案の定、徐々に勾配のキツイところが現れる。
なのに、片側通行の赤信号で泣く泣く停車。上りでクリート外したくないよーー
車を先にやり過ごして、道幅いっぱい横断して無事クリートキャッチ。

残り4kmほどは休みどころがない上り。
ガーミンの勾配表示は しょっちゅう15%越え。
 噂通りのキツイ峠、ここで押し歩きしたって人も 多く聞くけど わかる気がする。
と、突然目の前がひらけて、ガードレールの向こうは 連なる山々〜 絶景!
 写真撮りたかったけれど、とても停まる気になれず
その景色を後ろ手に大きく右へカーブすると、
停車中のFOCUSの山田さんとぶるほんさんの姿が〜 あーーてっぺんかーー
IMG_7500.jpg DSCN2690.jpgFOCUSの山田さん 撮影
       よく笑いながら上ってくる、と人に言われるけど、ほんとにめっちゃ笑ってるんだな・・・(汗;)

ここでまたしばし談笑タイム(笑) 
それにしても FOCUSの山田さんもぶるほんさんも本当にスゴイ。
自分よりひとまわり以上も年上のおふたりが、100km弱2000アップの山岳ライドをフツーにこなしているのが
もう当たり前に感じてしまうけど、本当はフツーじゃないよね?
特にぶるほんさんは片腕操作で 勾配15%越えも ちゃんと上って、長い下りを下って・・・
体幹機能がどんだけスゴイんだって思う。
人間って、やりたい、やろう、って気持ちがあれば、できないことなんてないんだ って
いつも力をもらっています。


汗が冷えてきたので、一足先に下り開始。
ここから平谷の交差点までの下りは、本当に気持ち良かったーーー

そして、平谷の交差点を左折してR153へ。少し上ったら そのあとは10km以上の下り。
R153の下り、これ 嫌だなーと 走る前から思っていた。
自転車では一度も走ったことはないけど、R153、絶対 車通り 多いよね?
それに カーブが少ないから スピードがでるし。


案の定、車通りは結構ある。それも かなりスピードを出している車ばかり。
道幅はそこそこ、路肩もそれなり、だけど 決してきれいな路面とは言えず、
路面状態を気にしつつ、後ろからくる車を気にしつつ、あーーこわい、こわいよーーー(泣)
『ここから7%、5kmの下り』の交通標識を見たときは ちょっと気が遠くなる。
「下り、はやく終わってーー」と心の中で叫びながら、下って、下って、下って、
やっと根羽村通過〜
根羽村を通過したら、なぜか車がぐんと少なくなってホッとする。

もうすぐ最後の上り5km。 
下りから解放されて嬉しいかも? 
鉄人に「下り、早く終わって!って 念じてた」って言ったら
「俺は 下り、いつまでも終わるなーって念じてた」と返される(汗;)


上り始めてすぐ、前方にタケヤさんと鉄のGIOSさんの姿が見える。
こっそり追いついて しばらく こっそり追走。 
 途中で気がついた鉄のGIOSさんのビックりぶりがちょっと笑えた
最後の上りは、鉄のGIOSさんに引っ張ってもらって 快調に上って てっぺんまで。

あーーまた下りーーー(涙)
3人に大きく離されてしまうけど、安全に下ってーー ゴールはもう間近。落車とかは絶対NG
最後の 駐車場までの上りは かっ飛ばして なんとか3人に追いついて 無事ゴール。15時52分。
無事に帰ってこれてよかったねー お疲れ様でしたーー。
IMG_7502_20160928223123914.jpg 朝と同じ配置で写真(笑)

しばらくすると、FOCUS山田さんとぶるほんさんも 無事帰着〜 お疲れさまですーー
だけど、すぐに 途中でリタイアしたI戸PAPAさんを車で回収にいくらしい。

ちょっと申し訳なかったけれど、
自分たちは早々に自転車を積み込んで 皆さんとお別れ、温泉へ。
IMG_7503.jpg  自転車の後の温泉は最高の贅沢、と思う

そして、今日の締めはやっぱり牛乳ソフト
IMG_7504.jpg ウマウマ♪

というわけで、GF振り替ライド、無事終了。
それにしても 今回はちょっと疲れた。
R153に入ってからの下り、 高速走行の空気抵抗にすっかりやられた感じ。
そして、 そうかーーと初めて気がつく。
この 下りや平坦を高速走行して疲れた感じって、
遊園地でジェットコースターに乗ったときの疲労感と同じかも(爆)

心配した天気も問題なく、 今週に入ってまた雨続き(泣)
気温もさほど暑くなく、 鉄人はすごく暑かった!と言うけど
R153までは景色よくて、車こない最高のルート。今回ほとんど川沿いの道なのも良かった
けど、前日の雨で 路面がウェット、少し荒れているところが多かったのは残念。 
実際 Izalcoさん、2回もパンク。無事帰られましたかー?
やっぱり山岳ライドは楽しいーー 下りは怖いけど
そして、ACAの皆さんとこうやってご一緒できるのも やっぱり楽しい。10月のGFは晴れてね!
DSCN7441.jpg ぶるほんさん撮影

ご一緒くださった皆さん、ありがとうございました!



今日の記録(カルマ) 
距離128.51m 
実走時間6時間01分 
行動時間8時50分〜15時52分
Ave20.7km/h Max56.6km/h 
高度上昇値2699m 
平均気温21℃(16〜27℃)
消費カロリー3723C

ACA探訪 清流長良川@4回め ’16.09.11

2016年9月11日 日曜日   曇りのち晴れ


今回で4回目参加のACA探訪「清流長良川」   
毎度、記事アップの度に書いているけれど、このコースは何度走っても楽しい。
景観よくて、車が少なくて、信号がなくて、
長めの距離と、集団走行と、勾配ゆるめのヒルクライム。
走ることを純粋に楽しめる、そんなライド。 基本グルメはなしw

今回のスタートは美濃市内。 ルートはこちら。 距離150km、獲得標高1335m
ずっと心配していたお天気も1日大丈夫の様子、いい感じに曇っていて涼しくてロング日和。
IMG_7384.jpg
今回の参加者はちょっと少なめ、幹事のGOさん含めて 10名。
もしかして全員リピーター?
ほぼ全員が顔見知りなので、挨拶しつつ談笑しつつ準備〜 してたら、

あれ!? 私と同じクォータ乗りだった筈の hbさんの自転車が変わってる?!?!
IMG_7383.jpg NEWバイク! コンボはデュラ
これは・・・あのお取り寄せ限定のフレーム?
いいなーーいいなーー 私も 自転車貯金、がんばろっと。

予定時刻通り、8時半には全員集合。 ミーティング後、滞りなくスタート。
幹事のGOさん、今日のバイクはMTB。そしてタイヤはセミファット?むちゃくちゃごっついタイヤ
IMG_7420.jpg
こんなバイクで、ロードバイクを28〜29km/hペースで牽く!
でも、これくらいのハンディでちょうど良いのです。GOさんがロードバイクだとペース落としてもらっても32〜33km/h(汗;)

ペースがいつもよりゆっくりめなのと、参加者数も少なめということもあってか、、
道中で大きく千切れる人もおらず、順調に走って約20km、最初の休憩はいつもコンビニ。
jJnzB9KLrYcnpnh1473769038_1473769127.png IMG_7385.jpg

ほどほどおしゃべりタイムを過ごして、リスタート。
その後こまかに休憩をはさんで〜長良川沿いを北進。
IMG_7392.jpg 長良川は鮎の友釣りの人がたくさん!

IMG_7391.jpg いつもの湧き水で補水

IMG_7390.jpg 
白のトレックさんのTIMEとカルマのフレームサイズを比べてみる・・・
   一番小さいXSサイズらしいけど、私にはやっぱり少し大きいなー


IMG_7393.jpg 柿も もうすぐシーズンだなー


長良川対岸沿いの小刻みなアップダウンを気持ちよく走って あっという間に白鳥。
そして、いつもの通り
白鳥の◯K前から ひるがのの分水嶺まで20km弱のヒルクライム、フリー走行。
hbさんを先頭に数人がスタート。自分は5番手で出る。
私の後ろは続かなかったので、
5人のトレインで序盤の2パーセントくらいの上り基調を進むけど、
速いなー・・・ サイコンの速度は32〜33km/h  どこまでついていけるかなぁ?
数キロ走ったところで、鉄人が先頭を交代、 あーやばい、ペースあがるな・・・・
徐々に勾配ある上りが出てくるけれど、ペースが落ちない。
5パーント勾配で、私ひとりだけ徐々に千切れる。 5%勾配で、速度25km/hで走ってるけどついていけない
どんどん先行する4人トレインを見送り、ひとり旅。
ひとりになると、やっぱり向かい風が〜(涙) けど、タレないように、まわしてまわして。

遠くに見えてた4人トレインのうち、二人が徐々に千切れはじめたのが見える。
鉄人とぱんたあにさんのふたりは、見えない先へ行ってしまった。
 ちなみに今日も ぱんたあにさんはピストバイク
千切れた二人が徐々に落ちてくる感じ、もしかして追いつけるかもーと 頑張る。

その後、信号で一度ひっかかり、そして痛恨のチェーン落ちがあったりして(涙)、
抜かれつ、抜きつ・・・・を繰り返し、なんとか3番手で分水嶺へ到着〜 結構 頑張った!
先にゴールした 鉄人とぱんたあにさんが地べたに座り込んで談笑中だけど、
「あれ? もうソフトクリーム、食べ終わっちゃったの?」
  ヒルクライムのご褒美は、いつもここ分水嶺でソフトクリームを食べること!

なのに、ガーーーーーン・・・・
IMG_7396.jpg まさかお休みとは?! 
ショック、大、大、ショック・・・・
日曜日にお休みって、そんなことってある? もう立てないくらいショック。
ゴール後のソフトクリームを楽しみに上ってきたのに〜〜

IMG_7397.jpg
一応、記念撮影なんぞしてみるけれど、このまま折り返すのはあまりにも悲しい。
確かこの先にコンビニがあったよね? 
せめて、コンビニのアイスクリームでも食べていこう、ということで。
少し先へ走りにいってみる。

すると〜 
IMG_7400.jpg あぁ!ソフトクリーム!!!(の模型?)を発見。

無事、ソフトクリームにありつけるw
IMG_7399.jpg うまーーい♪ 濃厚〜♪ IMG_7398.jpg

ソフトクリームを食べて一息、たらたら歩道で移動していたら
深い砂地で前輪をとられ?ブレーキがかかり、前につんのめる、おっとっとっと・・・と、プチ落車(涙)
右手、右膝、左脛を軽く打撲(涙) あーもうアホだーーー 
危なかったのは、つんのめった勢いで車道側に出てしまったこと。車が来てなくてホントよかった。
砂は気をつけなきゃー 


IMG_7402.jpg
13時半くらい?分水嶺を後にして折り返して下山。
昼食ポイントのの白鳥のコンビニまで移動。

サクッと昼食。
IMG_7404.jpg IMG_7405.jpg
やっぱりローソンの卵焼きサンドは美味しい〜
今回、初めて最近流行り?の野菜スムージーを飲んでみる。すごく美味しいんだ〜ハマりそう 

14時半頃だったかなー?
全員揃って帰路へ。あと50kmほど。
帰りは基本下り基調、往きと同様、MTBにふっといタイヤ、でもってやや不調なGOさんの牽きは
かなり大人しくて、比較的のんびり〜おだやか〜な走り。
往路よりも復路のほうが長良川の景観がよく見えて気分がいい。
IMG_7416.jpg なんだか天気が良くなってきたー

基本下り基調の復路もアップダウンはあるので、
上りになると、誰彼となく アタックがかかる?! 
皆、不調の幹事さんを追い抜いてしまって 上りバトル!(笑) 
 こーいう競争はオジさんになっても好きなんだなーw
決着ついたか〜??のところで、
伏兵にこさんが ものすごいダンシングで抜き去る展開には 皆びっくり、唖然(笑)
そのあと、「もーだめです、腰が痛いです・・・・」と泣き顔だったのには ちょっと笑えたけどw
こんな楽しいお遊びも、車が来ない心地よい道だからこそ。

復路でも湧き水ポイントで休憩。
IMG_7417.jpg この奥はどーなってるんだろう?潜ってみたい衝動にかられる
IMG_7418.jpg スローパンク修理中。さすが、手早いなぁ。

そして、次の休憩ポイントはまたもや往路と同じ、コンビニ。
IMG_7423.jpg 
豆乳とバナナのスムージー&ういろう
ここでも野菜生活シリーズのスムージーを買ってみた。これ、美味しい〜美味しすぎる、感動。

実は今日、久しぶりにC35を履いて走ってみた。
IMG_7422.jpg IMG_7388.jpg
先週の乗鞍で試乗したGOKISOホイールに近い走りをしてくれるのでは、と期待して。
でもやっぱり低速でのC35は重いなー、と思う。速度30km/hを超えると別人のようなホイールだけれどw
重いのを我慢して 丁寧に綺麗にペダリングすると やっぱり速く走れてる気もする。
でもーーー・・・・
この「重いのを我慢して」というのが、
どうしても性分に合わないというか、楽しくないというか(汗:)
すぐ軽くしてクルクルシャカシャカしたくなってしまうのです・・・・
今日の感触がよければ、来週末のGFに履いてみようかなーとも思っていたけれど、
うーーん、難しいなぁ。この「重いのを我慢して」2600アップも上れない気がする・・・・
ただ下りの安定性はC24と比べ物にならないくらい良いので、下りも多いGFでは使いたいかもー?
未だ絶賛お悩み中。

と、話は脱線しましたが、あと20km、帰ります。
IMG_7421.jpg 長良川も夕暮れ時の色。

ここからゴールまで20kmは、もうすっかり流しモード。
25km/h、気持ち良くのんびり〜と。

5時半、ゴール。 お疲れ様ですー
IMG_7424.jpg 夕日が沈む直前!

ゴール手前の信号で千切れた鉄人と、
脚が攣ったとかで途中でソロ休憩をしていた白のトレックさんも 無事ゴールして
全員揃って 解散〜 ありがとうございましたー!
IMG_7427.jpg


久々のロング、ロングって感じはほとんどなくて、あっという間、楽しいライドでした。
しばし諦めていたソフトクリームも無事お腹に入ったし。 
天気も良くて(曇りで)、景色もよくて。
幹事のGOさんがちょっと不調だったので、ペースもちょうどよかったし(爆)


今日ご一緒してくださった皆さん、幹事のGOさん、ありがとうございましたー!
また「清流長良川」でご一緒しましょう〜♪



今日の記録(カルマ) 
距離151.38m 
実走時間6時間08分 
Ave24.6km/h Max49.3km/h 
高度上昇値1312m 
平均気温27℃ 
消費カロリー3968C
プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR