いよいよMy MTB?!?! 近所やま練  ’17.01.15

2017年1月15日 日曜日   雪のち晴れ


えーと、15日の記録の前に。

数日前のことですが・・・・

IMG_8367.jpg
またまた こんな大きなお荷物が届きました。

こんな大きな箱の中身と言えば えーーーと・・・・
IMG_8371.jpg

これは、娘の通学用バイク!  ・・・・ですよ?

娘 「そんなん、私、聞いてないし」 

母「しばらくは、おかーさんが通勤に使うけどさー」

まさか、本命MTBがやってくるまでの繋ぎバイクを買っちゃった、とか?
本命は4月納車予定なんだけど、4月まで待てなかった、とか ?

・・・・あくまでも、そのうち?いずれは?たぶん? 娘の通学バイク! ですよ〜・・・・(小声( /ω))




えーと、ここまでの事情は諸々あるのですが。
とにかく、今回かなりの格安で、マングースの街乗り〜トレイル入門バイクを入手!(汗;)

今季最大寒波到来だったこの週末。
絶好のスキー日和なのに、名古屋にいなくてはいけない事情があり(涙)

でも!MTBがあれば〜♪
スキーができなくても、天気悪くても、路面事情関係なく?

やったーースノーライドできるー!!?? と 身の程知らずな発想がホント恥ずかしいのですが。

この日午前中に たくさんの予定を済ませて、
14時過ぎから 新車初おろし。

New Face!
IMG_8379.jpg 

スノーライド満々な気分だったけど、この時刻、すでに道路には積雪なし!(涙)
もしかして、近所のお山には積雪あるかも?と期待するけれど・・・・


大晦日に行った近所のお山へ。
IMG_8380.jpg やっぱり雪とけてた(。´・(ェ)・)

濡れ落ち葉にビビりながら、ギアチェンジの感触を確かめながら、のそのそ走る。
慣れないうちは 何度も足つき。なかなか続けて乗れないなー。
でもやっぱり、自分の体のサイズに合っているバイクは扱いやすい。
少しずつ上れる箇所も増えてきた。

IMG_8381.jpg

1kmにも満たない練習用周回コースを設定。
そこを足つきなしに1周するのが当面の目標。

勾配にして10パーセントもあるかないか?だと思うのだけれど、
舗装路でロードだと何も考えず上っていける筈の上りが、なぜかトレイルでMTBだと上れない。
後輪が空転したり、かと思えば前輪が空転したり。
失速して左右のバランスが取れなくなったり。

難しいなー でもーー 何度も上ると少しずつわかってくる。
スピード、ギアの選択、ケイデンス、
トルクのかけ方やタイミング、前後重心の位置、失速時のバランス、
これぜーんぶが上手く行った時、
前輪後輪が路面に噛み合ってスルスル上れるんだなーという感じ。
でも まだまだ なかなか 体得するまでにはいかないけど(汗;)

下りも、ちょっと?ほんのすこーし慣れてきたかな?
両足荷重、視線をもっていく方向はスキーと同じ。
ブレーキのタイミングは まだよくわからず。後輪がズリズリ振られてヒャーーー(怖)な時も。
けど、フロントサスがよいのか? 
これまでにない?ガタガタ段差の路面を舐めていくような感じで下れる感触も?!
なんだか面白い。

1時間半くらい遊んで、こんな寒い日なのに 汗だく。

暗くなる前に自宅へ戻る。 
と、その前にコンビニでコーヒーブレイク。 
IMG_8383.jpg IMG_8384.jpg
近所で山遊びして、帰りにコンビニコーヒー 
すっごいチープな遊び方だけど、すっごい贅沢だなーと思ってしまう。

一丁前にトレイルしてきたっぽい汚れたバイク。
IMG_8386.jpg 
ロードだと「あーぁ」な汚れも、なぜかMTBだとカッコよく見える(笑)


買う時はすごく悩んだけど、やっぱり思い切ってよかったかな?
この冬、スキーの他にも楽しみと目標ができたのは嬉しい。
本命バイクが手元に来るまでに もう少し乗れるようになっておきたいなぁ。


ジデツウもしばらくMTBで!の予定。



今日の記録(MONGOOSE TYAX EXPERT) 
距離10.2km 
高度上昇値327m 
平均気温0℃(マイナス1℃〜3℃)
消費カロリー385C
スポンサーサイト

2016走り納めは やま練  ’16.12.31

2016年12月31日 土曜日  大晦日  晴れ


今更な年末年始休暇の記録、第2弾 いきまーす!

年内に少しでも自転車に乗りたいなー・・・・と
ギリギリ年の瀬に及んでまでも 往生際の悪い私。
大晦日、朝早くから起きて 年末の雑用をごそごそ、と。

お昼下がり、14時過ぎ。
なんとか一段落ついた! 日暮れまであと2時間、ちょっとだけでも自転車乗りたい!
大晦日なので、もうこの時間から「飲み」に入ろうとする鉄人を置いて
ひとりで乗りに行こうとしたら、鉄人も 渋々ついてきた(笑) 

2時間じゃロードに乗るには時間が足りないし、
街乗りも そんなに行きたい場所ないし、
天白川沿いをポタポタしてこようかなーと思っていたら

「うちの近くのやま練習できるところ、見に行ってみる?」と、鉄人。

うち(自宅)の近隣、確かに森?小山?は多い。
鉄人、若い頃、そこで自動二輪オフロードの練習をしてた、と言うのは聞いてたけど、
私は全くその場所の様子を知らないし、
鉄人も もうずっと行ってないので「最近どうなってるのかなー?」と言ってる。

MTBとミニベロ、トレッキングシューズ、ほぼ日常着の出で立ちで出発。
そして、自宅から5分もかからず・・・・

IMG_8224.jpg ぅおお?マジですか?まさか近所にこんなとこが?!

サドルを下げた鉄人のMTBを 「乗っていいよー」と貸してくれる。 わーーい!
鉄人は私のミニベロで さっさと上っていく。
IMG_8225.jpg

自分もでっかいMTBでヨタヨタ、カサカサ落ち葉を踏んで上る。
IMG_8226.jpg 
上りでも 重心の位置がちょっと変わるだけで、失速したり、後輪が空転したり。
急勾配になるほど、前輪と後輪の重心の絶妙なバランスが必要??? 
ロードでは考えもしないこと、難しいなぁ。

IMG_8229.jpg 
O本さんに連れてかれたコースよりずいぶん優しい。
あのコースって、もしかして難度高かったんでは??

上りきったところにこんな木の群生が〜
IMG_8230.jpg 何の木かわかるかな?

IMG_8231.jpg 市街地が見えるー

IMG_8233.jpg こんなところに三角点が!?

IMG_8232.jpg 写真も1枚撮ってみた

下り、勾配が急なところ、
今日はプロテクターつけてないので無理せず押し歩きして降りる。
鉄人とバイク交換。

鉄人MTBで、自分は自分のミニベロで。
IMG_8236.jpg

ミニベロIDIOMで ダート走れるのかなぁ?と思いながら。
意外や意外、MTBよりも楽にスルスル上れる??!!
IDIOMは もう体の一部のように乗り慣れてるからなぁ。
やっぱりバイクに慣れてるってことも大切な要素なんだろうな。
はやく自分のバイク、欲しくなった!練習したーい。

しかし、まぁ こんな近所に こんな練習場があったとは・・・・
短いコースだけど、アリの巣?のように脇道もいっぱいある。
時間があまり取れない時のちょこっと乗り、やま練習、すごく良さそう。


鉄人、「まだ あそこにもコースありそうなんだよなー」と、ちょっと移動。
IMG_8239.jpg この先にあるんかな? ありそうだな。
IMG_8240.jpg すっごーい ここも走れそうだ

走った先に直径20センチくらい?の倒木が。
それが乗り越えられない。
というわけで、前輪を浮かす練習。

お手本
IMG_8242.jpg 足で踏み込みながら 重心は後方へ移動とか?

IMG_1970_201701070011459cb.jpg ぜーんぜん浮かない(涙)

上り斜面では浮くんだけどなー 平坦だと上がらない・・・・
踏み込みながら重心後方へ移動って、難しい。(運動方向が反対)
重心移動も 単純に後方、ではなく 後下方?
何度も練習したけど、平坦では数回しかうまくできず。

IMG_8241.jpg こんなところも練習できるんだねー

気がついたら もう16時半をまわっている。
あれ?もしかして今年最後のサンセット見られるんじゃ???と
慌てて最初の山へ戻る〜
IMG_8244.jpg あー間に合わんかったな。

IMG_8246.jpg 今年最後のサンセット。

そして、今年最後のスィーツ。
IMG_8247.jpg プリン2倍?! うまーい♪


コンビニを出るともう真っ暗。
でも自宅までは自転車5分弱。
ささっと帰宅して さて すき焼きの準備するぞー

大晦日、まさか?思いがけない?走り納めとなった。
来年は、自転車の世界が少し変わるかなー? チャレンジの年?!


  

初めてのMTB 「やま体験」  ’16.12.25

2016年12月25日 日曜日  メリークリスマス!  晴れ


もうずっと クリスマスプレゼントとは無縁だったけれど
今年は 十数年ぶり?に サンタクロースがやってきた?!(笑)

SD修行ライドサイクリングで これまで何度かご一緒したことがあるO本さんが
このクリスマスの日に MTB で「やま体験」をプレゼントしてくださる、と言う。

最近、自転車オフロードの世界へ やっぱり足踏みいれたいかなー?と心揺れていた鉄人と
ロードでは走れないような林道をしゃんしゃんとサイクリングしてみたい〜と
密かに憧れていた私。 
クリスマスの朝、ありがたく このプレゼントを受け取りに いざ自宅出発!


O本さんの「お庭」であるらしい お山のふもとに集合。
IMG_8197.jpg 
今日ご一緒してくださる方、O本さんのほかに、SDのこるなごさんといまいんさん、
そして初めまして〜の、なべさん。
あとで知ったのですが、なべさん、実はすごいお人だったのですね。
こんな初心者に付き合わせるには申し訳ないメンバーばかり・・・・
クリスマスってことで、許してください(汗;)


鉄人はもちろん自身のMTBを持ち込んでの初めての「やま」入り。
 街乗りと犬の散歩しか出番がなかったMTB、タイヤとハンドルグリップだけ新品にする

私はO本さんからMTBをお借りする。その お借りするバイクがこれ!
IMG_8196.jpg ぅぉおー マングース! かっちょいいなぁ

自分、出発前からなぜかテンション上昇中? 不安な気持ちの裏返しか?! 
妙なテンションで 出発前に舗装路をぐるぐる試し乗り。
ギアレバーの方向を何度確認しても、どっちがローでどっちがトップか、頭に入らず(汗;)
この時点で すでに頭の中真っ白だったかも??(笑)


いざ出発ー まずは「ショート」 短いコースへ。 短いけど緩いコースではありませんでした

先日の雨で濡れ落ち葉満載の山道。 これは林道じゃないよね?
いきなり乗り出しができない私。
小さい子供が補助輪を外すときの練習のように、
O本さんにバイクの後ろを支えてもらって乗り出す練習。でも乗り出せない?!?!
ブレーキ 離して!」 と、O本さん。

えっ?! ブレーキ?! 握ってるの?私・・・・

乗り出すのも怖くて 無意識にしっかり両手ともブレーキを握りしめていたらしい(汗;)
そりゃ、バイク、前へ進まないわな。 ペダル踏めないわな。 そりゃ乗れんわな。ほんとアホ。
ブレーキから手を離して乗り出したら、ちゃんと乗り出せた。進めた。
あーよかった。 もうあの時点で 今日はジエンドかと思ったよー(涙) 
先が思いやられる・・・・と思ったに違いないO本さん。

とは、言うものの、乗り出せても、
後輪は空転するわ、
ぬかるみにとられて左右にバランスを崩すわ、
樹の根っこが乗り越えられないわ、
ギアチェンジを間違えまくって上れないわ、
担ぎポイントではバイクに引きずられて落ちそうになるわ、 

O本さんが付き添ってくれて、ひとつひとつレクチャーしてくださるけど、
もう散々な醜態。
気がつくとショートの折り返し地点まで到着はしたけど、たぶん3割も乗車してない気がする。
MTB、難しすぎる・・・・ロードバイク乗るのとは大違い、全く別の乗り物。

休憩ポイントで 散々皆さんを待たせまくって、そして次は これもまた問題の下り。
とにかくブレーキから手を離す。減速は急な下りの手前で済ませる。
そして後方重心。 というレクチャーを何度も何度もつぶやいて。

下り、怖いけど、思ったより怖くないというか、いけるような気がしてしまう。
「やま」という景観が スキー場の景観と共通するからか?

初めての急な下りポイントへ。
バイクから降りて、O本さんと一緒に下るラインを確認。
でも最後に「無理と思ったら、(バイクから)降りて下っていいから」と言われる。
確かに急だけど、スキーの斜面の感覚だと降りれない斜度じゃない。 これがそもそも大間違い。
何の躊躇もなく、
突き進んで、
そして、 バイクごと大前転ーーー(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
  後ろでこの様子を見ていた鉄人、「まさか ほんとに行くとは思わんかった」と
  このキョーレツな前転を思い出しては この日1日中 思い出し笑いしていた。嫌なヤツ。


この後も散々こけまくって、
先で待っててくださった皆さんに追いついたら 
「O本さんの後ろで笑ってる女性は初めて見た」と言われて

? ? ? 笑ってる? 
笑える余裕なんて全然ないくらい、ドタバタ劇場なんだけど?
でも あの大前転でアドレナリン全開したか? 
アドレナリンって その気がなくても笑っちゃうようだ、なぜか。
 笑ってるつもりはないんだけど、この先もずっと笑っていたらしい、私。


スタート地点まで降りてきて 次はロングコース。
実は、このロングコースの時の様子はほとんど記憶にない。
ただ覚えているのは、
足元の路面状態ばかりに気を取られて、目の前の太い樹の幹に気がつかず顔面直撃したこと。
そして、休憩ポイントで飲ませていただいた O本さん持参のコーヒーがめちゃめちゃ美味しかったこと。
IMG_8198.jpg IMG_8199.jpg
折り返し地点の鉄塔         木々の隙間から見えるのは名古屋の市街地らしい


たぶんロングコースの下りでも2回くらい前転したような気がする。
沢にも半分落ちかけて、片足を水に突っ込んだのもあったなー

当初聞いていた予定では、ショートコース行ってロングコースで終了、の筈だった。
けどロングから戻ってきてO本さん「じゃあ、もう1回ショート行きましょう」と
みんなに声をかける。

えっ? 私も? 行けってことなのかなー・・・???  頭の中まっしろ。(;゜0゜)

2度目のショートコースは、幾分か落ち着いてきた。
初回は全然乗れなかったゆるーい上りも しゃんしゃんと上れてる?かな?
細い樹の根っこもなんとかクリア。 
でもぬかるみでは変にハンドルをきってバランスくずして足つき。ぬかるみはまっすぐ進むこと

MTBで山を走るって、
ロードで舗装路を走るのとは全然違うんだって、つくづく痛感。
ロードは何も考えないで(感じないで)とにかくペダルをまわせば進むけど、
山ではそうはいかないんだなー
路面の状況で、重心位置やケイデンス、ギアの選択、トルクのかけ方を変えないと
乗れない、進まない。

感覚神経を研ぎ澄まして、
タイヤから伝わる路面状態を感じて、
ペダルから伝わる足裏感覚で自分の重心の位置を感じて、
先のコース状況を見て、走行ラインをどうしようか常に考えて、危険箇所も認識して。
ずっと考えながら走る感じ。あ、考えながら走ってちゃ遅いんだな、きっと。
感覚入力した情報が 反射的にバイクコントロールや自転車操作、体の動きにつながるようにならないとー

これって、スキーときっと同じ。
でもスキーでは慣れもあって、そんなに真剣に感じようとしていないかもなー


とかなんとか、考えながら。
でもちょっと勾配が急になると上りきれず。 まだまだ全然ダメダメ(涙)

最後の下り。
ちょっと気持ちが落ちついた分、「怖い」がヒシヒシと・・・・
急なポイントはどーしても降りられなかった。
 スキーと一緒。下を覗き込んじゃったら最後。怖くて絶対降りられない。

それでも緩めのところは、後ろからO本さんのアドバイス
「ブレーキかけないー!」「サドルに座らないー!」「お尻下げるー!」の声を
何度も いただきながら、ちょっと気持ちよく下れる箇所もあったり?!?!
ペダルをまわさず前後左右の重心移動だけで下っていく感覚が、
あ、これスキーと同じ!と思う時も。


気がついたら、ゴール地点を少し通り過ぎてしまって停車。
皆さん、長い時間 待たされていた筈。すみません・・・


はー 帰ってこれた。 大変だったー すごい安堵感。
けど もう1回行くか?と言われたら、 続けてまた行きたいかも。
次は今よりもう少し上手く乗れるかも、って思ってしまうからーーチャレンジしたくなる。
こーゆー感じも、スキーのコブとよく似てる。
下手くそだけど、次はできるかも、何かがつかめるかも、と何度もコブに入りたくなるあの感じ。

そんなことを鉄人に言ったら
「でも、もう体は限界になってると思うよ」と言われて、猛烈な疲労感を初めて実感。
鉄人曰く「お前が最後までやれるとは思わんかったよ」ってw 
 なにせ前日20センチの段差が降りられませんでしたから
肘、膝に付けていたプロテクターも傷傷。ほんとーによくコケたなぁ。
 けど、不思議とロードの落車とは別物?
 確かに体は痛いけど精神的ダメージがあまりないのはスキーで転んでるおかげ(笑)?

そーいえば、ほとんど鉄人とは一緒に走れなかったけど、どうだったのー?やま初体験。
「いやー大変だったーー 
 下り始めたら もうお前のこと気にかけてる場合じゃなくて自分のことで精一杯」だったとか。
えー? 鉄人でも そんな感じだったの?
「けど、最後の下りは気持ちよかったなー 
 1本目の時ビビった場所がわからないまま一気に降りちゃったよ」らしい。
そして「やっぱ、俺はロードよりオフの方が好きかもなー」  ・・・・やっぱり、そーきたか。


最後、しばらく皆さんとMTB談義後、解散ーー
走れる皆さん、散々お待たせしてしまってすみませんでした&ありがとうございました!
そして、貴重な「やま体験」 プレゼント & 終始付き添って指導アドバイスくださったO本さん、
本当にお世話になりました。ありがとうございました!
また、宜しくお願いします〜 
・・・・なんて言っちゃって大丈夫かな?? でもー またトライしてみたい、やま乗り。

ロードを買うための自転車貯金、MTBが先になっちゃうのかなー?やっぱり・・・・
って言うか、なぜか鉄人の方が、私のMTB購入にノリノリだったりする(汗;)


そして翌日からここ数年ぶりのすざましい筋肉痛(笑)
4日過ぎても まだ痛い・・・・(爆) あれだけコケたら当然かー
でも、あの山を走る感覚も まだ目の前に浮かんでくる・・・・ ヤバい、やばい(笑)
来年はまたまたチャレンジの年!かな?


初観戦☆東海CX &そんなこんな ’16.11.06

2016年11月6日 日曜日   晴れ

  記事アップ、溜まってきました・・・(泣)
  まずは1週間前の日曜日から。
  今頃?ですが、記録しておきたいのでお許しを。



この日は、ACAの秋葉山GFにエントリーしていたけれど、
朝に所用がはいり、敢えなくDNS。 
こういう機会でないとなかなか走れないルートだったので残念だったけど仕方ない。
 
所用は午前中10時半頃に終了。さて、どーするか。
天気は快晴。
雨沢くらい行ってもいいかなーと思うけれど、昨日とは違って強風・・・
あっさり止めとこう、と(笑)

そーいえば! と思い出したのが、東海CX
 一度観戦してみたいと思っていたのですよねー
レーススケジュールを調べてみると 午後からこるなごさんのレースだ〜!ということで、
 観に行くなら知ってる人が走るレースを見たいですよねー

で、やってきた。もちろん車で。
IMG_7852.jpg 
ワイルドネイチャープラザ。 ここ、砂丘なんだー(河畔型砂丘) だから砂地獄ねw

スタート地点。
IMG_7854_20161114234927a78.jpg いました、いました、はっけーーん!こるなごさん

こるなごさんに「がんばってくださーい」と声をかけて、
午前中にすでにレース終了したSDのI井さんファミリーと そのスタートを見守る。
 I井さんちのお嬢さん、やっぱり実物もカワイイー 

違うカテゴリー3つが時間差でスタートするらしい。
こるなごさんが走るCM1クラスのスタートを見送り、
その数分後、CL1(女子の一番速いクラス)のスタート。
IMG_7858.jpg
これが、皆さん、ホビーサイクリストとは もう全然体型が違う。
お尻まわりはもちろん、肩周りもガッチリ。そしてウェストが細い!うーーん、かっこいいなぁ。


ということで、シクロクロスレース初観戦。
IMG_7865.jpg IMG_7866.jpg
砂地獄を抜け出してきたこるなごさん、がんばれーー

ちょうど これまた午前中にレースを終えたSDのI藤さんにもバッタリお会いして、
レースのルール的なことをレクチャーしてもらいながら観戦する。
初めて見る自転車のオフロードレース。 これまた全然違う自転車の世界。
パワーと、持久力と、そしてバランス感覚と、バイクコントロール能力と、
状況に応じた冷静かつ瞬時的な判断と・・・
すごいなー このレースを制する人って、これぞ本当にバケモノ???

CM1のトップは ダントツで56さんがキープ。 そのままぶっちぎりで1位でした
IMG_7869.jpg

こるなごさんも上位で順当に周回を重ねる。
砂でもダートでも あの軽やかさと安定感はすごい。さすが。
IMG_7867.jpg 
でも 息があがってしんどそうなこるなごさんを初めて見た気がする。

40分のレース終了〜!
観てる方はあっという間な感じだったけど、走ってる人はやっぱり長いのかな?
レース終了後のこるなごさんとしばし談笑。 お疲れ様でしたー


そして、この日の最終レース、たぶんCXの花形レース? C1クラスがスタート。
これまたトップのスピード感が全然違う。砂地獄もどーしてあんなスピードで進むのか?
IMG_7880.jpg IMG_7882.jpg
鉄人が言うには 砂地はそれこそコース取りが命?らしい。
確かにトップの人ほど、前の人と同じコースライン(輪立ち)を走り抜けていくけれど、
順位が下がるほど、砂地にそのまま突っ込んできて 降車して自転車担いで走る人が多いような?
IMG_7885.jpg 皆さん、走ってますw

若い頃、自動二輪のオフロードをやっていた鉄人も
「(自動二輪も)オフロードをやると、
バイクコントロールが上手くなるからロード車に乗っても上手くなる」と
言われて、オフロードをやっていたとのこと。 
きっと自転車も同じなんだと思う。今日のレース見て、自転車の必要な能力総集編って感じだったw
そんな鉄人は、「シクロクロスやってみたーい」気もかなりあるようだったけれど、
「これ始めちゃったら、スキーできなくなるからな・・・」と。 シーズンが重なるので 
やはりスキー熱の方が上回るみたいだ。

しかし、自転車の世界って、幅広いなー・・・・
自分がシクロクロスやる素質としてありそうなのは、持久力くらいしかないなーと思ったけれど、
オフロードの世界も機会があれば体験してみたいなーと思ったこの日。


我が家の冬シーズンは、やっぱりこっちかな。
IMG_7890.jpg
この翌日、板をチューンナップへ。 今シーズンは、ちょっと新しい板が欲しいかも?

スキーシーズンインまであと少し。 それまで自転車、乗り溜めしておきたいなーー


そしてこの週の朝のジデツウで、嘘みたいな珍事件(珍事故?)発生!

なんと、突然上からタヌキが落ちてきて前輪でひいてしまった!!!
タヌキはそのまま走り去ったけれど、自分は落車寸前で停車。 
 びっくりしたーービックリしたーー もう、ほんとに びっくりした!!!
2メートル越え高さのフェンス沿いの歩道を走っている時で、
たぶんフェンスを飛び越えてきたタヌキだったのでは、と。 
一歩間違えば体当たり? 超恐怖(冷汗;)
走り去るタヌキの様子からは たぶん無事だったと思うけれど、お互い無事でよかった、ほんとに。

そんなこんなの、ここ1週間の記録。
この後の週末のライド記録は、この後で。 


映画「疑惑のチャンピオン」を観る ’16.07.25

2016年7月25日 月曜日   晴れ


そーいえば!と気がついたら、
もう今週いっぱい(7月29日まで)で公開が終わっちゃう?! ←愛知県内はね
なんとか時間調整して 少し遅刻したけど観に行ってきた。
疑惑のチャンピオン
1c49494ed63f9b1c.jpg

あの、ロードレース選手ランス・アームストロングの実話映画。
25歳で発症したガンを克服後、「ツール・ド・フランス」で7年連続総合優勝の偉業を達成し、
そして長年にわたるドーピングにより、自転車競技界から永久追放を受ける、
あまりにもドラマティックな半生、
一体 アームストロングはどんな人で 何があったんだろう?興味津々で観にいく。
 けど、パンターニの映画よりも話題になってないのは どーしてだろう??

観終わって一番に思ったことは
「アームストロングって、自転車自体は 純粋に好きじゃなかったのかなぁ?」
ということ。

映画に描写されていた全てが本当かどうかはわからないけれど、
すざましいドーピングの実態にちょっと気分が悪くなるほど。
なんだか 虚しさが残る映画だった。
まだ実在する人物の実話映画だからか、
その経過は詳細に表現されていたけど ランスの内面については ほとんど掘り下げていなくて
あのドーピングは、彼のモラルとか人間性だけの問題なのか?
アームストロングが どうしてあそこまでして自転車に乗ろうとしたのか?
勝とうとしたのか? 何を目指して 何を求めていたのか?
そのあたりはよくわからなかったなー・・・ そこが一番知りたかったんだけどなー
1ea581d98d8cc17f.jpg


それでもアームストロング役のベン・フォスターは素晴らしかった、と思う。 
そして自転車シーンは少なめの映画だったけれど、
やっぱりヨーロッパの山岳を走るシーンは鳥肌モノ!
640.jpg
  いつかヨーロッパの山を 走りたい、滑りたいなぁ・・・



プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR