ACA ヒルクライムおんたけ2240  '14.07.27

2014年7月27日 日曜日  曇り時々晴れと雨


ACAのヒルクライム2戦目は、おんたけ2240スカイライン。
王滝村の松原スポーツ公園からおんたけ2240スキー場を上り抜け、
御岳山登山口の田の原がゴール。
ACA作成のルートラボでは距離22km獲得標高1304mのコース→こちら

おんたけ2240は冬のホームゲレンデ。
毎週、今日のコースを車で上り下りしていたので、コースは勝手知ったる道路。
昨年はACAで出走出来なかったので、プライベートで同コースを上った。
できれば昨年のタイムを上回りたいな〜・・・
昨年は1時間54分。なので、目標は1時間50分切り。
これまで何も考えずに上ることが多かったけど、今回はちょっと作戦を考えた。
「抜かした人に抜き返されない、前の人になるべくついていく」
 これは果たして作戦というのか?


今日は少し早めに会場入り。
だけど、もうかなりの人が集まっていて そしてローラーを回す人もたくさん。
ヒルクライム前にローラー、のこの風景は定着しそうだ。
確かにスタート前に一度心拍を上げておく方がいいのだろうなぁ・・・ということで、
私も松原スポーツ公園の外周をグルグル、5〜6kmくらい走る。一汗かいて、いい感じ。
鉄人は1周走って終わり。「余分な体力は使わない」だそうで。


P1050825.jpg FOCUSの山田さん撮影
今日の出走者は60人ちょっと。神坂峠の時より少ないかな。

IMG_2474.jpg
スタート前、待機中。
天気は・・・晴れてるのか?曇っているのか?よくわからない空模様。
天気予報は、11時頃 雨、らしい。降られるのかな?
上る時は小雨降るくらいが涼しくていいけど・・・下り、路面が濡れているのは嫌だな・・・


9時ジャスト、スタート。
P1050855.jpg FOCUSの山田さん撮影

最初は平坦な道、1〜2kmくらい?
ここで 前をいく鉄人との間に入った人を抜かせず、鉄人の後ろについていけない・・・
早々に離されてしまう。
上り区間に入った時点で、すでに20〜30m遅れてしまった。

さらにペースをあげていく鉄人。
前へ行く姿が見えたり見えなくなったり・・・それくらい離れてしまった。
  今回はやる気だなぁ
今回は負けちゃうかもなぁ、と思いながら 自分もいつもよりペースは速い。
事前のウォーミングアップのおかげ??
でも息がかなりあがっている・・・心拍は180近いかも、と思う。

前にふたりの走者、そのふたりとの間が離れていかないよう、ペースをつくって走る。
心拍も170きるくらいかな、ちょっと落ち着いてきた。
9km地点あたりで、ペースが落ちてきた鉄人に追いつきパス。

前方に、直進の主道路から 右手へ入る脇道がみえてきた。
ACAのルートラボのコースは、ここで右へ進むことになっている。
(数キロ先で ふたつの道は合流する)
が、ルートの流れ的には直進するのが普通。

私の前をいくふたりの走者、ひとりはそのまま直進、もうひとりは右手の道へ入った。

この右手へ入る道は直進するより距離が2kmほど短くなるが急勾配の連続。
そのまま直進すれば 勾配は緩いが距離は長くなる。

どっちの道に進もうか。どうしようか? 迷う。
昨年は右に入って激坂を上った。
タイムを昨年と比べるなら 同じルートの方がいいか・・・と思い、
右手の道へ。

あぁやっぱり。激坂(涙)立ち漕ぎしないと上がれない。
たぶん、ここが全ルートの中で一番キツイ上りだと思う・・・
ヨロヨロしながら なんとか合流地点まで。
合流後の勾配が緩くて平坦に感じるくらい。それくらい、あの上りはキツかった。

前にまたふたりの走者。離されないよう ついていく。
と、片側通行の信号!? 残念ながら赤信号・・・30秒ほど停車。

ひとり抜いて、もうひとりについていくつもりで後を追ったら
停止の手信号。
脚がつりそう・・・とのこと。
ここからひとり旅になってしまった。前も後ろも誰もいない。雨も降ってきた・・・
前の人についていく!というのが なくなったら なんだかタレてしまった感じ。

スキー場まであがってきて見通しのよいカーブの連続。
ふと下を見ると 先程抜かしたお二人さんと鉄人の姿が見えた。
こりゃいかん、抜かした人に抜き返されるのは避けたい、と ちょっと頑張る気になる。
が、向い風が〜〜(涙)頑張っても前に進まない感じ。立ち漕ぎもフラフラ。
一時止んだ雨もまた降ってきた。

ゴールまであと2kmくらいの筈なのに、ゴンドラ終点は まだまだずっと高い所。
あんなに高い位置のさらに上がゴールかと思うと 気が遠くなる。

ゴールまであと少し、というところで追込職人さんが道路脇に立って何か言っている。
「ゴールまで◯▼△×?※・・・」とかなんとか。
時計を見る。
えーーーもう10時48分?? 目標の1時間50分切り 危うし(涙)

前にふたりの走者が見えてきた。
少しでも追いつこうと頑張るけど・・・進まない。風、強い。勾配、キツい。脚も終わってる。
ゴール手前の緩い上りも 強烈な向い風。なんでこんなに前へ進まないの?というくらい遅い。
それでも前の走者との距離は縮めて 次いでゴール。
ガーミンのタイムは1時間52分12秒。1時間50分は切れず(涙)
昨年の1時間54分はチェーン落ち2回して直して含めてのタイム。ということは、
今年も ほぼ同タイムということか・・・ガックシ
  結構頑張ったつもりだったけどな〜 
  向い風がいかんかった? 
  激坂旧道を走ったのがいかんかった?
  もう伸びしろないのかなぁ?



雨がヒドくなってきた。
IMG_2476.jpg

雨に濡れない場所に自転車を置き、
ウィンドウブレーカーをサドルバックから引っ張り出していたら
鉄人がゴールした。私より2分遅れ。すぐ後ろにいたんだ・・・
昨年は20分遅れだったのに、ずいぶん詰められてしまった。
  でも、昨年の鉄人バイクはアルミフレームにノーマルギアだった


IMG_2475.jpg
当たり前だけど御岳山の勇姿は全く拝めず。
この雨じゃ、記念撮影も無理だなぁ・・・

雨雲レーダーでチェックすると、あと1時間もしたら完全に雨雲は抜ける筈。
だけど、鉄人が15時から またもや草野球があるというので、早々に下山しなければ。
雨が止むのを待っているわけにはいかないので、ザーザー降りの中、田の原を後に。
下ハンで慎重に下る。

下り始めてすぐ 顔見知りの方とたくさんすれ違う。
「ゴールまであと何キロですか?」と聞かれたり。

スキー場中腹まで下りて来たら、雨がやんだ。
停車してスキー場ゲレンデを見る。
IMG_2479.jpg IMG_0088.jpg IMG_0162.jpg
          第7クワッドリフト乗り場 この上の斜面が冬はコブコブになる 
今年の冬はホームゲレンデ復活、できるといいな。

さぁ急いで下らなければ・・・
けど、路面が濡れているので慎重に、慎重に。
下る程、天気回復。大滝村まできたら 路面も完全に乾き、太陽も出ている。
松原スポーツ公園帰着。

帰り支度をしていると、いつもFOCUSの山田さんのブログによく登場される
ACAのエース?こるなごさんがまた話しかけてくださった。
朝も 我が家の馬鹿でかいワンボックスカーに関心ありのご様子で声をかけてくださった。
しばし談笑・・・自転車乗りの実力者というだけでなく、とても紳士な方、でした。
            
鉄人、またここでユニフォームに着替えて・・・急いで名古屋へ。
IMG_2484.jpg

私だけを自宅前に降ろし、自転車積んだまま球場入り。なんとか間に合った模様。
お疲れさん、です。
    
  
次は乗鞍・・・か。
今度こそは 昨年よりタイム縮めたいなぁ。あと3週間でやれることはなんだろう?
やっぱりダイエット? 無理だな、絶対。
              



今日の記録(カルマ)
距離22.11km + 24.03km  
高度上昇値1293m + 30m
平均気温23.7℃ 消費カロリー1100C + 462c
スポンサーサイト

ブルベメダル2014年

IMG_2471.jpg
昨日、ブルベ400kmと600kmのメダルとブルベカードが届いた。
これで先々月に受け取った200kmと300kmのメダルと合わせて 4個のメダル。

IMG_2222.jpg 200kmと300kmのメダルとカード


3月に200kmを走った時は まさかこんなにメダルが揃うとは思ってはいなかったなー
まだ先月〜数ヶ月前のことなのに なぜかずいぶん前のことのような気がする・・・・

流されるままに? その先その先へと出走したブルベ。
実は、ほんとに走ったのかなぁ?みたいな感覚。
でも 走ったんだよな〜・・・とメダルを並べて見て あらためて思う。
獲得標高9000m以上は 今 また走れと言われたら 走れない気がする・・・(笑)

でも 自転車に出会わなければ
こんな非日常にチャレンジすることないフツーの日々だったかと思うと
このブルベ走破は 自分の人生のひとつの財産かな・・・ ちょっと大袈裟か(笑)


SRのメダル申請、忘れないようにしなきゃ。

四谷千枚田と田口廃線路へ  '14.07.21

2014年7月21日 月曜日 海の日     晴れときどき曇り


世の中、夏休みモード突入の3連休。
初日、先の読めない天気に 結局、自転車乗れず。
2日目、所用で自転車乗れず。

3日目、今日は絶対乗るぞ!!!

ということで、
先週、天候不良でキャンセルした奥三河山間部ライドコースを 走ってみることに。
ずっと行ってみたかった四谷の千枚田と
ACA探訪で企画があったけど所用で行けなかった田口廃線路、このふたつが組み込まれ、
ほどよい峠もあって、距離100km獲得標高1500m強のこのルート。
ルート作成者はkorashoさん。ルート使用料が発生するらしいけど ←嘘でーす
とりあえずタダ乗りしてみることに(笑)


この日の朝、ちょっと野暮用ありで、用事を済ませてからトランポ。
スタートのくらがり渓谷には10時過ぎ着。
IMG_2441.jpg
ちゃちゃっと準備して10時半前には出発!


スタートしていきなり上り。
三河ローディは皆さん 上っているらしい「田原坂」らしい。
そんなに勾配がキツくなくて、勾配の変化が多くて、こういう上りは好きだなぁ。
  緩くなったり急になったりグネグネ坂は好き、勾配が一定のさらに直線の上りはキライ・・・・


先へ行く鉄人が振り返って「なんでいきなり上りなの?いつまで上るの?」と。
  もちろんコース予習もせず、やっぱり私のコース説明も聞いていない。
そういえば、心折れないマップ(標高グラフに山頂の距離を記入したもの)を
先週のライド前には鉄人用に作製しておいたのに、今日は忘れてきちゃった・・・
「たぶん、6kmくらい上る筈」「えぇえーーーー・・・(怒)」

田原坂を上って少し下ると、見覚えがある道。
昨年9月に プライベートで走った ACAのGF奥三河のコースで走った道だ〜。
当時は田んぼの稲穂が黄金色だったけど、今日は青々している。
道の駅「つくで手作り村」の前を通過。
  帰りもここ通るから、寄ろうね!と鉄人に念押し

すぐ右折。
木陰多い山道へ。でも気もちいい下り基調。
道幅も狭く路面の悪い所もあるけど、車はまったく来ない。
高い杉の木、小川、とこどろころに里山。
この感じ、BRM614のコースによく似ている。
  あの600kmブルベは コースを小分けするとホントにいいルートばかりで
   2〜3日かけてサイクリングしたいコースだった。

こういう風景、道、すごく好き。気分よくサクサク走る。

それにしても どこまでもどこまでも下り基調・・・ちょっと下り過ぎでは?と不安になるくらい。
20kmは下っただろうか、やっと車通りの多い車道へ。そして緩い上りになる。
まもなく田口廃路線へ入る筈。

・・・あれれ? 鉄人、田口廃路線と思われる側道への入り口をスルーして直進。
ガーミンのコースガイドの反応が遅く確証がなくて、声かけずにいたら
鉄人停車。「間違えた〜 あっちの道だわ」
Uターンしながら、「もう昼だし、さっきのお店で食べてく?」と。

さっきのお店・・・田口廃路線入り口の付近にあったこの看板
IMG_2447.jpg
ぱっとしない店構えだったけど(すみません
店の前に車や二輪車が停まっていて、なんとなく気になったのだが、
鉄人も同じことを考えていたようだ。

IMG_2446.jpg
「あらかわ」というお店。
中に入ると 意外や広い店内、おばちゃんふたりが切盛りしていた。
ちょうどお昼時、お客さんが一度に入った直後だったようで、おばちゃん ややテンパリ気味。
「ちょっと待たせちゃうけどいい?」と言われるが、居心地のよい空間だったので しばし待つことに。

結局 そんなに待たずにオーダーのものが出て来た。
IMG_2443.jpg IMG_2445.jpg
ほんとは「五平餅2本の定食」「味噌ラーメン」をオーダーしたつもりだったけど、
私がしっかり「定食」と言わなかったせいで「五平餅2本」「味噌ラーメン」になってしまった。
でもまぁいいや。おばちゃんたち、待たせてることを終始気にかけて優しかったし。

そしてこれまた意外や意外、五平餅も美味しかったし、そして、味噌ラーメンがかなり美味しかった!
小さな鍋を駆使してラーメンやうどんを作っていて なんだか家庭の台所みたいだったけど。
うどんもオーダーしたらよかったな・・・と ちょっと後悔。
機会があれば また寄るだろうなぁ、当たり☆のお店、だった。


さて、今度こそ田口廃路線へ。
IMG_2448.jpg

その昔(50年くらい前?)廃線となった豊橋鉄道田口線跡、
線路だったところが今は舗装されているが、幅がせまくて背が高い線路サイズのトンネルが
次々と現れ、ここに鉄道が走っていた名残を感じさせる道。

少しだけ田口廃路線を走ったら ちょっと寄り道、念願の四谷の千枚田へ。
少し上ると・・・・
おぉ!写真と一緒!!!
IMG_2456.jpg
ひゃーーーーきれい!!!

鉄人停まらず、ドンドン先へ進む。
「どこ行くの〜!?」
「このルート、千枚田の上まで行くことになってるでしょ」
そうなんだ??
とりあえず、さらに上る。

千枚田の上まで来た!
IMG_2450.jpg
 なぜか 上から見ると あまり感動ないかも??

IMG_2451.jpg
とりあえずバイクと一緒に記念撮影するけど、千枚田ってわからない(爆)

下の撮影スポットまで下る〜途中で千枚田、横から撮影。
IMG_2452.jpg 緑がきれい〜〜〜

やっぱりここからの眺めが一番!
IMG_2453.jpg IMG_2454.jpg

念願の千枚田、あーー満足した!



下って 田口廃路線へ復帰。

IMG_2457.jpg IMG_2464.jpg
IMG_2458.jpg IMG_2459.jpg IMG_2462.jpg
トンネル、鉄橋、山間の線路・・・だった道。当時の在りし姿を想像しながら走る。
トンネルは真っ暗・・・ブルベ用の前照灯をそのまま付けていてよかった。

廃路線跡を外れて すぐ田口の街かと思いきや、結構な急な上り坂が続いて やっと田口の街へ。
当時は終点の駅から 街までバスが運行していたとかで、その道らしい。

田口の街に「奥三河郷土館」というところがあって、そこに当時の電車が展示してあるとか。
見学する気満々だったのに、あれれ?気がついたら街並を抜け、下ってる〜〜〜〜
奥三河郷土館は〜〜??!!
あっという間に田口廃路線へ進入したところまで下りて来てしまった。
 
奥三河郷土館へ入る道、どこで見落としたんだろう?と思うが、
もうここまで下ってしまったら仕方ない。あきらめて先へ進むことに。

この道・・・・もしかしてBRM614で走った道? 伊那街道??
足助方面へ右折。あぁ間違いない、同じ道だ〜〜〜

足助方面へ上りながら「なつかしいねぇ」と話すと
「この辺りから辛くなってたんだよな・・・」と 暗い顔で答える鉄人。
あのブルベ2日め、熱中症になりかけた鉄人、ちょっとトラウマなのかも(
あの時は500kmほど走った後のこの上り、全然スピードが出なかったが、
今日はアウターで上っていける、そんな勾配だったのに、と思う。

そのまま足助へは向かわず、左折。つくで方面へ。
左折したすぐに「鳴沢の滝」がある、らしい。
ルート作成者のkorashoさんは「鳴沢の滝」立ち寄りを推奨していた。
一応、停車、する。
滝は道路から随分下った先にありそうな気配。

鉄人「お前、(滝が)近いかどうか見てきて」
「私だけ?ひとりで??」

結局、鳴沢の滝はパス・・・・
  korashoさん、すみません

ここから今日一番の上り。
鉄人から「今日は抜かすなよ」と強く言われるが・・・
勾配きつめの上りで、人のペースに合わせてゆっくり上るって難しい・・・
直ぐ後ろで私がウロウロするのがうっとおしかったらしく、結局 先行ってもヨシの許可。

それじゃお先に・・・・ちょっと真剣に上る。
心肺が出来上がっているからか、田原坂の時よりもしんどくはない。
でも思いのほか、長い上りだった。6kmほど?
山頂がわかり難かったが、この先は間違いなく下り、のところで停車、鉄人を待つ。

IMG_2467_20140722220905d07.jpg
あがってきた、あがってきた・・・

冬場の上りは、鉄人には 全然歯が立たなかったのに。
今と全く逆の立場。
私の上りのスピードは 冬も夏もたぶん全然変わってない筈。
気温が上がるだけで、こんなに上りのスピードが遅くなるものなのか、いまだ不思議。

あとは平坦か下るだけだから、と
.ちょっと不機嫌な鉄人をなだめながら下る・・・
もうすぐあの道の駅「つくで手作り村」だ〜 ボトルは2本とも空。お腹も空いた。

道の駅「つくで手作り村」到着。
まずは補水。喉、カラカラだった・・・
ここでは美河フランクを食すのが、ルート作成者のkorashoさん推奨だったが・・・
IMG_2468.jpg
  多くの人が並んで、美河フランク買っていた

実は私は 美河フランクではなくて、絶対これを食べると決めていた。
IMG_2469.jpg
 トマト・ソフトクリーム! やっぱり美味しい〜〜〜


補水して、ソフトクリーム食べたら、なんだか寒くなってきた・・・・
道の駅前の気温表示は なんと「20℃」
ほんとに?? ここって標高、高いんだ・・・そっか、ここから田原坂、下るのか。

シャーと気持ちよく田原坂をくだり、16時半過ぎ、くらがり渓谷帰着!

楽しかったなぁ。2000円のルート使用料、払ってもいいかな、と思う。
 でも もうちょっと走りたかったな・・・100km、あっという間だった。



帰りは、横綱ラーメン。
IMG_2470.jpg
ネギたっぷりかけて・・・今日は 最後まで 美味しかった!


ほんとはkorashoさんをはじめとするサイヤ人の方々とご一緒できたら
もっと楽しかったかもしれませんが・・・それ以上に満足なルートでお腹いっぱい、
korashoさん、ありがとうございました!




今日の記録(カルマ)
距離94.64km(サイコン100.71km) 実走時間4時間31分 Ave21.5km Max53.3km 
高度上昇値1478m 
平均気温25.7℃ 消費カロリー2493C

結局降られてIDIOM洗車とカルマのサドル調整  '14. 7.13

2014年7月13日 日曜日   曇り時々雨


まさか雨になるとは露にも思っていなかったこの日。
前の晩、天気予報急変。午後から降水確率70%。

これまでもお会い出来る機会はいっぱいあったのに なかなかお会いできない
人気ブロガーのkorashoさんに この日、三河山間部ライドに誘っていただいていた。
ルートがまた良くて、ずっと行きたかった四谷の千枚田と田口路線跡を巡る山岳ライド、
もうふたつ返事で「行きます〜〜」と、楽しみにしていたのに・・・

朝5時過ぎに起床するも すでに名古屋は雨降り。一気に気持ちが落ちる。
その後、雨はやむけれど またいつ降り出してもおかしくない空模様。
午後から・・・よりも もっと早い時間から雨になりそう。
ライドは予定通り 決行するとのことだったが、今回は諦めることにした・・・残念。
  ・・・一体 いつになったらkorashoさんのおもしろトークが聞けるのだろう?

部活に行く娘をおくり出し、さてどうしようか?
このまま乗れないのも悔しい・・・でも空を見ると ロードバイクを持ち出す気にもなれず。
午前中は「曇り」の天気予報を信じて、IDIOMで買い物ポタへ。

まずはカトーサイクル。
鉄人がタイヤとツールボトルを買う。私はあれやこれやウロウロ見てまわる。
   次に買うならどのロードバイクにしよう?とか

何気なく外を見ると・・・
ダダ降り!!!
え〜〜午後からじゃなかったの? 雨・・・
IMG_2433.jpg
IDIOM、びしょ濡れ・・・まぁ自分が濡れなかっただけ いいか。

小雨になるのを待って 走り出す。
こんな天気・・・やはり帰るしかないか。
帰る道中に小雨もやみ、空が明るくなってきた・・・
自宅に着く頃には 道路もところどころ乾いている。

ずっとやりたかったIDIOMゼロの洗車、雨で濡れたのを機に久々にしっかりやる。
   雨に降られてよかったかも

ウェザーニュースの雨雲レーダーをみると
午後から愛知県にはまったく雨雲がかからない模様・・・
えーー・・・降らないの??
 キャンセルした山岳ライド、走ってるのかなぁ?
 ぶるほんさんのうなぎライド、午前中は降られたかもしれないけど、きっと最後まで走れてるね。



ぽっかり空いた日曜の午後、
自転車以外でもやらなきゃいけないことはいっぱいあるのに、
自転車のことしか やる気がおきない・・・ビョーキかな、やっぱり

ここ数ヶ月、ずっと気になっていたカルマのサドルを思い切って調整してみることに。

昨日のACA探訪でIDIOM乗車中の写真を FOCUSの山田さんに何枚か撮っていただいたが、
実は その乗車姿勢を見て、やっぱりカルマのサドルも調整しようと思い立った・・・
IDIOMゼロは、昨年秋にビンディングペダルに変えた時にサドル調整をこまめに重ねてみた。
結果、骨盤が前に倒れ過ぎず背筋優位にならず 腹筋で体幹を持ち上げるような?
安定したポジションが見つかった・・・と自分では思った
昨日の写真を見る限り、自分では納得いく乗車姿勢。

一方、カルマ。
カルマのサドル位置は ほぼカルマ購入時(昨年5月)のまま。
サドルは 確かちょうど1年前の7月に痛み対策でスペシャライスドの女性用に替えたが、
高さ、前後位置は 変えなかった、筈。
乗り始めた当初はサドルポジションに異和感なかったが、
この半年くらい、サドル高がちょっと低いのかなぁ?と思うことが度々。
IDIOM乗車時に比べ、どっかり骨盤後傾位で座る感覚。お尻の位置が低く感じる。
でも・・・ペダリングがしづらい訳でもなく、長距離を走っても痛みや不具合はない。
不具合がないと、調整するのに勇気がいる。調整して乗り難くなったら嫌だなぁと。
ただカルマ乗車中の写真を見ると、背中が伸びた?ポジション、いまひとつだなぁ、と思っていた。


IDIOMとカルマを並べて サドルの高さ、傾き、前後位置、ハンドルとの高低差や距離を比べてみた。
BBの位置が違うので単純に比較できないが、ざっと見(大雑把・・・汗;)サドルの高さとハンドルとの高低差は ほぼ同じか。
ハンドルとの距離がIDIOMより遠い。これが背筋優位のポジションになる原因?
サドルの傾き・・・IDIOMの方がほんの少し前下がり?
なるべく、IDIOMと同じセッティングになるようカルマのサドルを調整してみることに。

サドルを7mm高くして、前後位置も少し前へ。傾きも 前を少し下げる。
近所をぐるぐる試走。
サドルが高くなった感じはあまりしない、骨盤が後傾する感じは減ったかな。
ハンドルが少し近くなった感じ、ペダリングの感じはあまり変わりないかなぁ?
結構サドルを動かしてしまったかなぁと思ったけれど、あまり変化を感じないかも。
悪くはなさそう・・・けど、長距離を走ってみないとわかんないな。あと上りの時 どうか?ということも。


翌日も なんとなく気になって
IDIOMでジデツー帰ってきて そのままその脚でカルマに乗り換えて
少し走りに行ってみる。

おぉ?やっぱりいいかも??
ちょっと驚いたのが、サドル全体がピッタリフィットしてお尻を支えている感じがする。
今までにはなかった感覚・・・なんだか人の両手がお尻を支えているような?(笑)
  今までのサドル傾き、ちょっと違ってたのかなぁ?


よく考えたら
走行距離50kmで撃沈していた頃に調整したサドル位置、
今の自分の走りっぷりを考えたら 筋肉の使い方もペダリングも変わってきている筈。
臆せず調整しなきゃ、かも。

早く長距離と坂、走りにいきたーーーい!



今日の記録(IDIOMゼロとカルマ)
走行距離19.99km

 

ACA探訪 相撲部屋旗巡り '14. 7.12

2014年7月12日 土曜日   晴れ

台風の影響でこの日は乗れないだろうと予測していたのに
肩すかしの台風8号が早々と通り過ぎ、朝から晴れた。

朝7時「今日はどうする?」
鉄「行きたいとこ決めていいよ」
秋「私が決めていいの?」
鉄「・・・じゃあ 元気村?」
  鉄人、決して元気村を上りたいわけなく、走るならグリーンロード〜k355がいい、というだけ。
  元気村、というのは 山へ行きたがる私を納得させるためだと思う、たぶん


秋「え〜また同じルートじゃん、じゃあさ、元気村から足助の方へ下りて帰ろうよ」
鉄「あっちは 車が多いからイヤ」
秋「じゃあ k33でk355まで戻ろうよ」
鉄「アップダウン多いのイヤ」
秋「・・・・・(怒) じゃあ ずっと上り続けるのはいいってこと?」
鉄「それもイヤ」
  ホントは自転車、乗りたくないんでないの?

でも よく考えたら 明日はスーパーサイヤ人たちと山岳ライドの予定。
今日はまったり走っとく程度にした方がよいかも。

ふと今日のACA探訪のことを思い出す。
確か相撲部屋巡りだったな・・・・
相撲部屋、一度見に行ってみたかったし。朝稽古も見れるのかな?
集合場所も自走で30分くらいの所。ちょうどいいかも。

鉄人に提案すると、ふたつ返事でOK。
急いで準備して出発。
今日は、街ポタスタイル(IDIOMゼロ&バックパック)で行くことにする。
途中 近道しようとした住宅街を抜けられず迷いかけたが、
なんとか集合時間2分前に 集合場所到着。

思ったより人が集まっている・・・10人くらい?
でも・・・・思ったより年齢層が高い。来て大丈夫だったか?、と、ちょっと不安になる。
が、顔見知りのFOCUSの山田さんもいるし、きっと大丈夫。

P1050358.jpg FOCUSの山田さん撮影 いつもありがとうございます
朝の集合写真

出発。
最初の部屋は田子ノ浦部屋。集合場所から比較的近いところ。
IMG_2403.jpg

朝稽古をやっている!
IMG_2408.jpg IMG_2407.jpg
                           土俵近くまで行って見学

初めて目の前で 本物のお相撲さんが土俵上で組み合っているのを見た。
思っていた以上の迫力と厳しさ。 相撲もスポーツ、アスリートなんだなぁと思う。


次の部屋は 守山区を抜けた春日井方面、のよう。
高速道路脇の道を走り、小幡緑地へ到着、休憩。
ここまでの短い走行距離の間にも リタイア、迷子・・・と続き、ちょっと不安的中??
でも、ちゃんと無事解決し 相撲部屋旗巡り、続行。

P1050386.jpg P1050391.jpg
                               FOCUSの山田さん撮影
川沿いは少し気温が低いのか?それとも風のせいか? 涼しくて心地良い。
時速20km/h前後のスピードにもだいぶん慣れてきた(笑)

そういえば、3年前スポーツバイク(ブルーノのミニベロ)を乗り始めた頃、
ママチャリを抜かしてビューンと走るスピードが心地よくて
「気持ちいいな〜って思うときは、18〜19km/hくらいスピードが出ているんだよね〜」と
言ったら、鉄人が失笑したのを思い出す。
あの時は どうして「失笑」されたかが わからなかったっけ・・・


ふたつめ、春日野部屋
IMG_2411.jpg IMG_2412.jpg
もう朝稽古はやっていない。
朝稽古を見てまわるのなら、もっと早朝からまわらなきゃいけないか。


春日野部屋から直ぐ近く、3つめ、玉ノ井部屋
IMG_2414.jpg IMG_2417.jpg
ここも朝稽古の後の 土俵の片付けが終わったところだったか?

IMG_2416.jpg
塀に干してある 昆布みたいなもの・・・・
あ!これがマワシか〜〜 想像以上の幅広と長さ、生地も硬い。これを結ぶのは大変そう。


3つの部屋をまわったところで早めの昼ご飯。ラーメン屋さんへ。お店の名前、忘れた・・・
担々麺がメインのラーメン屋さん。
IMG_2420.jpg IMG_2421.jpg
左が冷たい担々麺、右が温かい担々麺。
冷たい担々麺は ゴマだれベースのスープであまり辛くなく、クリーミィで美味しい。
IMG_2422.jpg
麺を食べた後、セットで注文したライスを入れて雑炊風にできる。
これがまた美味しかった! 満腹。


午後の部、あと2部屋。
4つめの部屋へ移動中、追込職人さんがスローパンク。
パンクした人には申し訳ないけど、パンク修理の実演を間近で見られるチャンス。
かぶりついて見学。
P1050419.jpg FOCUSの山田さん撮影
 タイヤレバーの使い方・・・フムフム
 見てるだけなら 簡単にできそうに感じるのだけど、いざ自分がやると上手くいかないんだよなぁ・・・



4つめの部屋は、藤島部屋
IMG_2423.jpg IMG_2425.jpg
きっと親方が座るのであろう、木製の肘掛け椅子が大きくて立派。


そして5つめ、陸奥部屋。今日はこれで最後。
IMG_2428.jpg P1050438.jpg
                                FOCUSの山田さん撮影
IMG_2430.jpg                            ここではマワシが それこそ昆布のように地べたに干してあった・・・


今日の予定されていた相撲部屋はこれで終了。
コンビニ前で、朝の出発地点へ戻るグループとまだひとつふたつ部屋をまわるグループと
二手に分かれて 解散。
P1050440.jpg FOCUSの山田さん撮影
お疲れさまです〜〜〜

矢田川?河川敷のサイクリングロードで帰途へ。
IMG_2431.jpg
昼下がり、さすがに暑くなってきたが、車が来ない道はやはり快適。

香流川サイクリングロードに入った辺りで、私たちは離脱。
幹事さん、一緒に走って下さった皆さん、ありがとうございました!

平和公園を抜ける住宅街の激坂を上って・・・・14時過ぎ、無事帰宅。


明日の山岳ライドにむけて 洗濯して〜ゆっくり休んで〜〜
 なのに、まさかの天気予報、急変??!! 降水確率70%、嘘でしょ・・・・




今日の記録(IDIOMゼロ)
距離61.87km 実走時間3時間42分 Ave16.7km Max42.6km 
高度上昇値450m 
平均気温33.6℃ 消費カロリー1422C
  平均気温・・・33℃越えかぁ・・・

ACA ヒルクライム神坂峠  '14. 7. 6

2014年7月6日 日曜日    曇り ときどき雨


いよいよACAツールドもヒルクライムシーズン。
神坂峠を皮切りに、おんたけ、乗鞍エコーライン、スカイラインと続く。
昨年は 予定が合わず、ACAツールドで走ったのは エコーラインだけ。
おんたけとスカイラインは プライベートで走りに行った。
神坂峠も上りにいこうか、いつ行こうか、と言いながら 1年経ってしまった・・・

ということで、この日 ACAツールドで神坂峠、初ヒルクライムへ。

神坂峠のヒルクライムコースはこちら
去年より スタート位置が少し下がったそうで約2km距離が伸びたとのこと。
ルートラボでは14.2km、平均勾配8%のコース。
   平均勾配8%はキっツいだろうなぁ・・・

P1050094.jpg FOCUSの山田さん撮影 写真ありがとうございます! 
参加者集合写真。出走者は70人越えとか。
  思いのほか沢山の方がエントリーしてるんだなぁ・・・

そういえば・・・ブルベ600kmの時のKさんがいな〜い、
  いつものトップグループの面々がいらっしゃらないような???
フラットペダルのこと、聞けなかったな〜・・・と思いながら
スタート時刻を待つ。
IMG_2386.jpg
先の山が神坂山? 雲がすっかり被っている。雨が降らなければいいけど。

9時スタート。
中盤より少し後方位置かな?の辺りからスタート。
クアリゾート湯船沢の裏側を通り、車道へ。
FOCUSの山田さんが写真を撮りながら、車道に出る自転車の安全確認して下さってる。
P1050230.jpg FOCUSの山田さん撮影 
スタッフのお仕事と写真撮影、いつもありがとうございます!

ヒルクライムTTのペース配分・・・というのが、実はよくわからない。
何度か走って知っているコースでも
あと何キロだからとか、この後勾配がキツくなるから、とかの作戦は何もなく、
その時その時 走れる力でいつも上っている私。
気をつけていることは
ペースをあまり変えない、ケイデンスもなるべく一定、緩いところでは速く走る!くらい。

鉄人がひとりふたり・・・と抜いて上って行くので 一応それについていく。
昨年のスタート地点手前で ぱんたあにさんに抜かれる。
あっという間に姿が見えなくなる。

少し鉄人のペースが落ちてきたのか、鉄人の後輪と私の前輪が接触してしまったのを機に
先へ行くことにする・・・・

勾配がキツくて、すっかり呼吸アゲアゲ。
やっぱりいきなり上り坂を全開近いチカラで走るのは良くない気がする。
経験的に30分くらい気持ちいいペースで平坦を走った後の上りは
比較的楽にあがっていけることが多いので、やっぱりレース前のローラーで心拍準備は大切なのかも。

前には人がいないけれど、後ろには3〜4人続いている。
 これって イヤなパターン・・・
T鳥さんが追いついてきた・・・しばらく前後で走っていたけれど、
勾配が緩くなったところで一気にちぎられる。はやーーーーい・・・・


小雨?霧? サングラスも曇って 見づらい。
サイコンの距離も見えなくて、サングラスを少し上にずらして走行距離を確認する。
9kmくらいまではあっという間に上ってきた感じだったが ここからが長かった・・・

途中ペースが落ちたT鳥さんを再び追い抜いたけれど、私もペースが落ちる一方。
後ろからひとり、ふたり・・・・と、抜かれる。
  ゴールまでに10人くらい抜かれたかなぁ?
抜かれるばっかりで、追いついて抜くことはできない。

立ち漕ぎもこれまでになく長く何度もやった。
前輪が左右に蛇行する経験は初めてかも?
足ついて停まりたい気持ちも何度か。足付きしたい衝動も坂で初めてかも?
とにかく回してればいつかはゴール、そんなこと思いながらひたすら淡々と・・・
でもしんどーーーーい!!!

道の脇にガードレール。
ここがゴール手前の九十九折りの道かなぁと思うが、ガスっていて辺りの景色は全く見えず。
  見えなくてよかったのかも?
ゴールまで あと1.5kmくらいのところで再びT鳥さんに抜かれる。
ここで追いつかれ、追い抜かれるとはーーー・・・
T鳥さん、絶対 坂、練習してるなー・・・と思いながら ついていけない(泣)

サイコンの距離は14kmを超えた。
もうゴールの筈、と思うが、なにせガスがひどくて前方の様子はわからず。
100mが過ぎ、200mが過ぎ・・・まだか〜〜〜? 泣きそう


ACAのバンが見えた!
数人の参加者がゴール記帳の順番待ちをしている。
順番待ち最後尾の方の後ろで停まってやっとビンディングペダル外せる・・・・本気で嬉しい。
スタッフの方が「10時21分ね〜」と大きな声でタイムを読み上げて下さる。
 ゴールの距離ばっかり気にしていて すっかり時計を見ることを忘れてた
結局、サイコンの距離では、ゴール14.68kmだった。

ほんとにしんどかった。
ずっと息があがりっぱなしで 最後まで息が整うことがなかった。
後半たくさん抜かれたけど、抜き返すことはできなかったな〜
これが私の限界と思う反面、もうちょっと頑張れたような気もするし。
ちょっとモヤモヤ。

でも無事登頂、そういや、鉄人には勝ったか。まだ上ってきてない
IMG_2387.jpg
登頂記念写真。

写真を撮って鉄人が上がってくるまで休憩〜と 地べたに座り込んだところで
鉄人、上ってきた。思ったより速い。私より3〜4分遅れ?
IMG_2390.jpg
なぜガッツポーズでゴールよ??。
コース後半は、呼吸も整って いい感じで抜きつ抜かれつを楽しみながら上ってきたようで
私と違って 達成感アリアリの鉄人。


この後は山小屋へ移動。
恒例のカップラーメンを食べる〜〜〜
IMG_2395.jpg
むちゃくちゃ旨い!
そして皆さんと談笑。


雨が降りださないうちに ウィンドウブレーカー着て 下山。
路面は濡れているし勾配も急な下りなので、さすがに下ハンドルを持たないと
安定したブレーキングができない。
恐る恐る下ハンに持ちかえる〜 持ちかえられた!
  これまで 下りの途中、怖くてなかなか下ハンに持ちかえられなかった私

途中、例の いかにも飲んでいいよ〜の外観で、だけど 「飲まないでください」、と
書いてある水場へ立ち寄る。
IMG_2399.jpg

鉄人、ボトルに水をくむ・・・
え?飲むの??

IMG_2400.jpg
汗まみれになったバイクに水をかけて汗を流してた・・・

駐車場へ戻り、自転車を簡単に拭き掃除。
片付けてそろそろ帰ろうか〜という頃に、ポツポツ雨が降り出す。

IMG_2402.jpg
帰途についたら、本格的に降り出した〜 ギリギリセーフ
 今、下山している人は降られちゃっただろうなぁ・・・


次回はおんたけ、昨年より少しでもタイムが縮められるといいな・・・・
 


今日の記録(カルマ)
距離28.37km 実走時間2時間10分 
高度上昇値1157m 
平均気温15.4℃ 消費カロリー996C

2014年6月走行距離

2014年6月走行距離まとめ

カルマ 883.29km 
IDIOMゼロ 315.07km


累計 1198.36km


5度目1000km越え。
ブルベも終了、
7月からはヒルクライムシーズンだし、
暑さも本格的になるので長距離はちょっと難しくなるだろうし、
1000km越えは6月までかな?
あ・・・そういえばACAの伊勢三河湾一周、いつ走ろう??

大多賀峠  '14. 6.29

2014年6月29日 日曜日  晴れ


前日の土曜日は雨。
この日も明け方まで雨が残るが、日中は晴れの予報。

午後から所用があるので、午前中だけ走るつもりで 早朝出発の予定だったが
朝6時、自宅前の路面は濡れている・・・
路面が乾くのを待って 7時少し前に出発。

鉄人にルートを任せると またK355〜矢作ダムになりそうだったので
今日は 「100km、うち10km上り」のルートを提案。

鉄人「いいよ」
  ・・・って返事しながら ほとんど聞いてないこと(というか、内容を理解してないこと)多い
    ・・・で、後から 「なんだよ、このコース(怒)」って怒らないでよね

   

いつものモリコロ〜グリーンロードヘ。西広瀬PAは休憩せずスルー。
今日は力石ICで降りて飯田街道で足助へ。

香嵐渓着。
IMG_2371.jpg

今日は ここから初めての大多賀峠へ。
香嵐渓から山頂まで 約15km。途中から 残り11kmほどをTTするらしいコース。
TTスタートの場所がいまひとつわからないが、まぁとりあえず行きましょう、と。

緩い上り基調が続く。
確か 小学校があってTTスタート場所だとか。
あれ?今のが小学校??? 一瞬で通り過ぎてしまってよくわからず。
一応 腕時計の時刻だけは確認。

この辺りから確かに民家が少なくなる。
が、勾配は緩い。所々平坦になる。
後ろから鉄人が お姉声で「まって〜〜 ねぇ〜まってぇーー」と言う。
笑いそうになる、するとお腹に力が入らずペダルがまわせなくなるので
待たずに とっとと置いて行く(爆)
  ブルベで嫌という程 坂は上ったけど、追い込んで上っていないので今日はちょっと頑張って上りたい

道沿いに 川があって、紫陽花がまだ咲いていて、いいコース。
でも11kmは長いなぁ・・・けど、翌週の神坂山は14km、平均勾配はもっと急な筈。
    ヒルクライムレースはあまり好きではない・・・頑張らなきゃいけないし、下りがないから

残り4kmほどになって 勾配が急になってきた、というか
坂と坂の間にある わずかな「緩斜面」「平坦」が全然ない。
それがあるとそこで少し心拍を落とせるのに。
辛いな〜〜
スピードが一桁にならない様にと思っていたけど、もう無理。8〜9km/hペース。
ここで二桁スピードを維持できると もうちょっと速くなれるのだろうけど。

ゴール。
は〜キツかった。
腕時計でみるタイムは45分台くらい? 

IMG_2372.jpg
初登頂?記念写真を撮って・・・少し辺りをウロウロキョロキョロ。


鉄人をおいてきたのが、TTスタート位置からすぐのところだったので、
だいぶん待たなきゃいかんかな、と思っていたら
結構すぐに上ってきた。
IMG_2373.jpg

後ろからローディがふたり追いついて来て、
ひとりには抜かれて もうひとりにまで抜かれるわけにはいかん、と頑張ったらしい。
そして案の定 怒っている。
「上り、長過ぎ。なんでこんな峠 見つけてくるんだよ、もう絶対来ん(怒)」
  はいはい・・・でも上り10kmって 最初に言ったよね?で、「いいよ」って返事したよね?


では、下りましょか〜〜
汗が冷えてか寒い! 標高700mくらいだとさすがに気温低いらしい。GPSログでは18℃
でもすぐ寒くなくなる。気温があがってきた。

下からローディがパラパラと上がってくる。
結構、皆さん上りにくるんだなぁ。
杉の子を過ぎたところで 突然鉄人が停車。五平餅、食べるつもり??
と、鉄人が振り返って指さす方向にワンコが。

たぶん杉の子の飼い犬だと思うが、ガードレール下に短く繋がれていて
こちらにお尻を向けて伏せている。全然気がつかなかった〜〜 上りのときからいたのかな?
顔が見たくて 戻ってみると・・・

IMG_2377.jpg
笑ってる! かわいいーーー この笑顔でずっとこっちを見てる。
ほっこり気分になって じゃあまたねーーー


足助の街並まで戻って、
時間もあまりないし、でもちょっとお店の前だけは通ってみようと「加東家」さんへ。
案の定、ローディたちで大盛況。
今日は また機会にということで コンビニへ。

IMG_2378.jpg
やっぱりアイスクリームでしょ。新製品。

ボトルにドリンクを補充していたら、なんとガー民夫妻が コンビニにやってきた!
元気村に上って 足助へ降りてきたところのご様子。 
  やっぱりよく上ってらっしゃる
プライベートサイクリングは同じ方面を走っているんじゃないかと前々から思っていたけど、
遭遇したのは今回初めて。
しばし談笑して、じゃあ神坂山でね〜とお別れ。
IMG_2379.jpg
 奥はガー民夫妻のバイク


足助からの帰りはK33で帰る?と 一応言ってみるがあっさり却下。
朝 来た道と同じ道で帰る。予定通り13時過ぎには帰宅。


今日はファミマの新商品、カフェフラッペ(だったかな?そんな名前の筈)
IMG_2383.jpg
レジでミルク味のシャリシャリ氷がつまっているカップを受け取り、
アイスコーヒーをイン。よ〜くかき混ぜてフラッペに。
激うま♪ コーヒー好きにはたまらんです。



今日の記録(カルマ)
距離103.34km 実走時間5時間6分 Ave20.2km Max46.3km 
高度上昇値1582m 
平均気温26.4℃ 消費カロリー2834C

あじさいポタ '14. 6. 23

2014年6月23日 月曜日   晴れ

  もう2週間近くも前のことなのでスルーしようかと思ったけど
  あじさいの写真がキレイなので、やっぱり記事に残しておこう・・・


この週末、雨やら所用やらで 買い物くらいしか乗れなかった自転車。
3時間程 時間ができたので ちょっくら乗りにいく。

紫陽花が見に行きたいなーーー・・・

三河の方にあじさいの見どころがいろいろあるようだけど、
さすがに3時間では行って見て帰ってこれない。
近場で・・・・と、調べると 鶴舞公園に「あじさいの散歩道」があるらしい。

ポタポタとIDIOMで出発。

IMG_2355.jpg
お〜ここか〜 石にちゃんと「あじさいの散歩道」と書いてある。

IMG_2356.jpg
満開をちょっと過ぎた頃かな?でもまだ充分楽しめる。

IMG_2357.jpg IMG_2358.jpg

IMG_2359.jpg ありゃ? もう散歩道の終わりが見えてきた??

慌てて 記念に一枚。
IMG_2360.jpg
 ミニベロって、なぜか写真映えするなぁ。


鶴舞公園を抜けたら こんな住宅街の中に古墳が?!
IMG_2361.jpg
八幡山古墳というらしい・・・へぇぇぇ・・

この後、どうしようか・・・栄へ買い物? 買うもんないか。
結局 自宅方向へ戻る。

IMG_2363.jpg
東山を越える道。
  ここを何回も行ったり来たりすれば ヒルクライムの練習になるかも?
IMG_2365.jpg 東山タワー


東山を越えて モリコロパークまで。
上り基調、ポタよりも少し真剣モードで走る。

月曜日のモリコロパークパークは入場できるけど、施設は全て休み。
なので誰もいな〜〜い。
ドリンク補給。
IMG_2367.jpg
この「いろはす みかん」最近の補給ドリンクとして お気に入り。
成分表見たら ナトリウムが100mlあたり30mg、スポーツドリンク並み。
だから 飲んだ時 いい感じ、がするのかな?

帰ろ〜
IMG_2368.jpg
名駅のツインタワーが見えたーーー 


小さなアップダウンと自宅までの上りを頑張って走って、スッキリ!


今日の記録(IDIOMゼロ)
距離40.30km

2014年ブルベを振り返って

ブルベのことを、もう少し 振り返ってみる。

今回、訳わからぬまま走って 運良くSR 取得までいってしまったけれど、
全て天候に恵まれ(雨の心配なし)、パンクも含め機材のトラブルが一切なかったことも
ついていたなぁ、と思う。
 さすがに600km前は チェーンとタイヤを交換しました


この3月から毎月、200km、300km、400km、600kmと1個ずつ走り、

 ちなみに 200km、獲得標高 約3000m
      300km、獲得標高 約2500m
      400km、獲得標高 約4000m
      600km、獲得標高 約9000m

という 距離と獲得標高だったわけだけど、

一番「上りがしんどかった〜」は、実は200km
これは 走行時 まだ寒い3月なので、鉄人の上りのペースが早いのに加えて
OGPのメンズふたりも一緒だったので、さらに上りペースが早くなり、ヘロヘロだった。

一番「遠いな〜〜」と距離を感じたのは、300km
初めての深夜走行だったことと、
土地勘が全くない三重県方面だったので 今、どこらへんを走っているかの地図が頭に浮かばず
何度も何度も ゴールまであと何キロ?と 走行距離メーターばかり見て 走っていた。

なぜか400、600の方が、距離も 獲得標高も そんなに気にせず走っていたよう思う。
じゃあ 何が辛くて大変だったか・・・っていうと
400kmは 前半の強風向い風  600km睡魔と暑さ(←暑さは鉄人だけ)

とにかく睡魔を我慢するということは かなり辛い。
600kmは、居眠り運転もたくさん、やってしまったと思う。
   居眠り運転する時って、なぜか車道側へ寄っていくんですよね・・・(汗)

そういえば この600kmでは 2日目の暑さだけでなく
夜間の寒さにやられたランドヌールがたくさんいらっしゃったとのこと。
自分、もちろん冬装備はしたけれど
(といっても アームウォーマー、レッグウォーマー、ウィンドウブレーカーだけ)
「寒かった」という記憶が 私にはほとんどなくて。
   どちらかというと400kmの時の方が寒かった。
なんでなのかなぁ?睡魔の方が勝っていたのかなぁ?


そうそう、今回の600kmで、ガーミンが表示した消費カロリー。
15894カロリー
鉄人 なんと 24311カロリー

同じ距離 同じペースで走って 約10000カロリーの差って??!!
体重差は30kgほどあるけれど・・・
これって、やっぱり筋肉量の差、なんだろうか?

ちなみに600kmブルベ前後の体重は、
私 たったの1kg減 こんだけカァ・・・
鉄人、なんと4kg減 
  確かにブルベ終わって帰ってきたら 鉄人は見た目 ひとまわり小さくなっていた・・・



正直なところ、400kmと600kmは、体に悪いなぁ、と思う。
生活のリズムが崩れ、極度の睡眠不足、数時間おきに食べ続けるし。
400が終わって以降、生活に支障あるほどの体調不良はないけれど、
顔の吹き出物が直らない、とか、ホルモンバランスの崩れ?による不調、などなど・・・
たいしたことない不調が続いてたりする。

400、600は 何度も走るものじゃないな・・・と思ったけれど
でも・・・
走り終えた時の達成感はハンパない。
だから 皆さん 何度も走るのかな・・・?


昨年と今年の冬は 諸事情でスキーは全く出来なかったので
来シーズンこそは スキーに励みたい・・・
となると、来年のブルベ・・・は、どうするかなぁ?
・・・と思いつつ、SR600のこれとかこれとか、コースを つい調べてしまう自分(汗;)

ルート見て 思わずワクワクする・・・ほんとにアホだと思う。
アホだけど、ブルベじゃなくていいから いつか走ってみたいな、渋峠・・・
夢がひろがる、自転車って楽しい。




プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR