御嶽山噴火

2014年9月27日土曜日・・・・のんびりグルメライドして帰宅すると

  御嶽山噴火! の ニュースが・・・・


しばし放心状態。

御嶽山は、子供の頃は登山、
大人になってからはスキー、
特にこの数年はホームゲレンデにして12月〜5月まで毎週末通っていた。
そして去年今年は自転車でヒルクライム・・・・
まるで、自分ちの庭のような感覚でいた場所。

2シーズンまるっと スキーができなかったので
今シーズンこそホームゲレンデに復帰とばかり、
実は、8月限定販売の、今シーズンの超早割シーズン券も購入済みだった。

噴火したとニュースで聞いたその時は
「スキー場、どうなるのかなぁ?」などと 呑気なことを思ったりしたが、
噴火から2日が過ぎようとする今、
想像以上の被害の大きさに 心が痛むばかり・・・


被害に遭われた方々が、一刻も早くご家族の許に戻る事ができますよう、
心からお祈りいたします。

IMG_0050.jpg




スポンサーサイト

異音はどこから?  '14. 9.23

2014年9月23日 火曜日 秋分の日  晴れ


今日も快晴!サイクリング日和。
だけど、今日は午後から所用があるので長距離は無理。
午前中にちょこっとだけ乗る。
この1〜2ヶ月前から気になっているカルマの異音の箇所を突き止めたい。

ペダルをしっかり踏み込むと 音がする・・・と最初は思っていた。
コツ、というか ミシッ、というか・・・
たぶんBBだよ・・・と鉄人に言われ、BB外して掃除、グリスをたっぷり塗った。

で、先日のグランフォンド。
やっぱり 音がする。
どこから この音はしているのだろう・・・?
足許ではなく前方でしているような気がする・・・
ホイール? ブレーキキャリバー? フロントフォーク?

ホイールを変えても同じように異音がするので、タイヤ&ホイールではない筈。
それにペダルを踏み込むときだけでなく、振動を拾っても音がしている・・・
路面の悪い下りでは ペダル回していないのに、その音は顕著。

BBじゃないのかなぁ? 一体どこの、何の、音なんだろう????

ということで、この日、近場をぐるりと走って異音を確認することに。
とりあえずいつもの自走コース、モリコロへ向かう道。

やっぱり今日も音がするなぁ。
ペダルを踏み込むと音がする、ペダルまわしてなくても振動拾って音がする、
でもペダル回すときは、音する時としない時がある・・・・

途中の広場?で、鉄人にも乗ってもらうが・・・
IMG_2955.jpg
音、するか〜? よくわからん・・・と。 

モリコロパークまで来て、リニモ駅の高架下で、
自転車に取り付けてあるもので外せる物は外して・・・サドルバッグ、ボトル、ライト類などなど。
IMG_2957.jpg

モリコロパークまでの坂を 下って〜上って〜〜を、2回。
異音の有無を確認・・・の筈だけど、上りの練習モード(笑)

やっぱり音がする。取り付けていた物の音ではない。
鉄人にも乗ってもらうが、戻って来て「うーーーーん・・・」と。

「サイコンのodo、何キロ?」「・・・9400くらい」
「もうそんなに乗ってんの?」と驚く鉄人。

「BBは取り替えるか。やっぱ一度ショップでメンテしてもらった方がいいかもな」

メンテはともかく、とりあえず異音をことを相談しにショップまで。
異音の対処法としては、
まずは、外から締めれるネジを1個1個締めて乗って、締めて乗って、を繰り返して
原因の可能性をひとつずつ消していって・・・
それで音がなくならなければショップでしかできない内側のネジを締める・・・ということらしい。

一応 ざっと確認してもらうと・・・
サドルの部分が怪しいかも、と。
一度 立ち漕ぎして音がするかどうか確認してみて、と言われる。
立ち漕ぎして音がしなければ、異音の原因はサドル周辺の可能性が高いから、
サドル周辺のネジを締めて確認する、
でも、時々サドル本体から音がすることもあるんで・・・・
そういう時はどうしようもないです、その場合は音があっても走行には支障ないですから、と。


立ち漕ぎ・・・私はほとんどしないので、立ち漕ぎの時とそうでない時の違いは
全然気がつかなかった・・・・。

ショップから帰る道中、立ち漕ぎしてみて確認する。
音がしている最中、
立ち漕ぎすると音が消える!!!
シッティングすると また音が!!

これまで全然気づかなかった〜〜というか、立ち漕ぎ、全然やらないから気づきようがない

で、帰宅して、サドルを一旦外して 周囲のネジを丁寧にしめてもらって
再度サドルを取り付けた・・・ネジもしっかり締めて、そして、試走!


・・・・変わらない。座ると音がする、立つと全く音がしない。
ネジは関係ない?
サドル本体の音なの?
じゃあ、何? 音がしないようにするにはどうしたらいいの?


鉄人「ずっと立ち漕ぎで走る!
  ・・・まじめに答えてよね(怒)
じゃあまじめに サドルを変える


え・・・そういう事になるのか・・・
サドルは気に入って乗っているので変えたくないよな〜
でもあの異音は・・・すごく気になる・・・けど、気にしなくてもいい音なのか。

そう思ったら ちょっと気が楽になった、気もする。
でもあの音を聞きながら走るのはやっぱり嫌だなぁ・・・
一度 違うサドルに取り替えて走ってみるか・・・異音の悩みは続く。



今日の記録(カルマ)
距離46.12km 実走時間2時間25分 
Ave19.08km Max43.31km 
高度上昇値631m 
平均気温27.4℃ 消費カロリー1203C 

ACA グランフォンド鳳来寺山  ’14.9.21

2014年9月21日 日曜日   快晴


雨が降り出しそうな空模様だったらDNS・・・と 半ば諦めていたこの日、
2日前に突然 天気予報が快方へ。間違いなくサイクリング日和になる模様。
7月8月と乗れなかった週末を 9月は確実に取り返してくれている。

今日はACAのツールド、グランフォンド。山と距離が走れる一番好きなイベント。
今日のコース、ロングコース120km ノーマルコース90km
新城をスタートゴールにして、鳳来寺山の周りをぐるっとまわるコース。
コースの一部が、先日のウルトラ愛知とも被る。

いつもコースの予習は全くしない鉄人。
行き当たりばったり出たとこ勝負の性格なんで、
いつも私がインポートしたガーミンの地図だけ見て前を牽く。
この日も前日の夜になって「明日はどこ走るんだっけ?」と聞いてくる。
「鳳来寺のあたり」
「ふーーーん・・・鳳来寺って どこらへん?」
「だから、こないだのウルトラ愛知の新城から上がってくの」
「えっ?! 山??」
「・・・・・だから〜 グランフォンドじゃん」

「で、(距離と獲得標高は)どれくらい?」「120kmの2000mアップ」

・・それってさ、キツいのか、
            たいしたことないのか、どっち?


・・・確かに。. 最近 よくわからなくなってるかも。


当日朝、7時過ぎに集合場所「新城ふれあいパーク」へ到着。
  もうちょっと近いかと思っていたら、遠かった〜〜〜
IMG_2944.jpg 快晴! サイクリング日和。

バタバタと準備して・・・すぐ開会式。
IMG_2943.jpg

皆さんが並ぶ後方で こそっとドーナツを食べながら 参加者の顔ぶれを確認。
今日こそ ほんとにkorashoさんに会えるだろうか? 
そういえば、キャサリンさんは来てるのかな?
こるなごさんは? 先日の探訪でご一緒した人はいるかな? などなど見渡すが、
ちょうど逆光になる位置で よくわからない。

・・・・と、開会式中 コソコソとトイレへ走るひとりの男子ローディが。

あ! korashoさん!

やっとお会いできたkorashoさんの記念すべき最初のお姿は トイレへ小走りに向かう姿だった(笑)


まもなくスタート時刻。
ワイヤーを交換したばかりのリアシフターの具合やBBの異音などを確認していると・・・
korashoさんと キャサリンさんと ぱんたあにさんが わざわざ挨拶に来て下さった。
スタートまであと数分、時間がなくて あまりゆっくりお話できなかったけど・・・
とりあえず、今日はヨロシクーーーということで、皆 スタート位置へ。


8時、スタート。
中盤くらいの位置で、高台の公園から下の道路へ 気持ちよく下っていく。
いつものようにスタート写真を撮影してくださるFOCUSの山田さんに手を振って〜

道路に出て すぐ緩い上りが始まる。
鉄人、いつもよリペースが速い。
今日は いつもの28Cではなく23Cタイヤとキシリウムのホイールに変えているからか。
・・・というより、先週の探訪の高速巡行の感覚がまだ残っているかのよう。
後ろの私の様子を気にする事も無く、どんどん前の人を抜いて上っていく。

今日は どうしたのか? このまま行っちゃったらどうしよう? いや、最初のうちだけか?

という自分も そう調子は悪くはない気がする。
やっぱり先週の高速巡行が身になってる気がする・・・・

しばらく後方で我慢していた ぱんたあにさんが前に出て
その後を自分たちも含め 数人が続くが その上りのスピードについていけない・・・
最初の峠を上りきる前に 集団はバラけてしまった。

最初の峠を下って 宇蓮川沿いの細い道を走る。
きれいな川! 川の底面が見える。
その川底が 石ころじゃなくて 一枚岩のような平らな大きな岩??
え〜不思議・・・ ツールドじゃなければ止まってゆっくり見たいし
写真も撮りたいところだけど、ここは我慢。

別所街道に出ると、その道はウルトラ愛知の時 夜間の山岳ライドに向かった道。
最初のコンビニは、雨が降り出してレインウェアを着た場所。
しばらくすると4時間も仮眠してしまった特産品売り場も。
あの時は真っ暗の中、途方に暮れていたけど、こんなに景色のキレイな所だったんだ〜と
思いながら ドンドン進む。

東栄町に入り、もうすぐロングコースとノーマルコースの分岐点の筈。
ロングコースは右折。ノーマルコースは直進。
その手前で「もうすぐ右折だよね?」と確認していたにも関わらず、直進してしまう。
数百メートル進んだ所で停車。Uターンしようとすると 何人か続いて直進してくる・・・・
結局 数人直進してきた中で、ノーマルコースへ向かう人は白いアンカーさんだけ。
皆でUターン。ロングコースへ。

先週の探訪でご一緒したO矢さんに牽いてもらって、今回一番の峠へ向かう。
時々 楽しそうに会話を交わしながら上って行くO矢さんと鉄人。ちょっとずつ離れてしまう自分。
右脚の裏側の筋肉がなんとなく縮む感じで、ペダルが回し難い・・・・
これが あの 脚がツルってやつ?? 一度も脚ツリの経験なし
そういえば、スタートしてもう30km以上走っているのに、一滴も水分補給していない事に気づく。
脚ツリは塩分不足とも聞く。
慌ててボトルを抱えて チビチビとスポーツドリンクを飲みながら上る・・・

楽になってきて ペダルが回しやすくなる。ほんとに塩分不足だったせい?
よくわかんないけど、上りの後半は前のふたりに追いつく。
空がひらけてきて 下界が見えるようになって、ずいぶん高い所まで上って来たんだ、と気づく。
標高750mくらいまで上って、少し下って、また上って、あとはながーーーい下り。
本当にいいコース。ツールドじゃなきゃ、もう少し景色を楽しみながら走りたいところ。

東栄町まで下って、今度は四谷の千枚田まで また上る。
チラリと左手に東栄町のサークルKが見えたが、
O矢さんも鉄人も そちらに見向きもすることなく右折。
  今回はコンビニ補給はないかな・・・

走りながらゼリー1個補給・・・カロリー180kcalアミノ酸5000mgというヤツ。
あと半分、なんとか走りきれますように!

緩く上りが始まって、鉄人が先頭を牽いていたO矢さんに代わって前を牽く。
しばらく進むと、O矢さんに「先、行っていいよ」と手合図される。
え〜〜O矢さんの後ろの方が走りやすいんだけど・・・と思いながらも 渋々 前へ。

なんだか今日の鉄人は、別人。
軽々とダンシングを多用して、ドンドン上っていってしまう。
夏の間は、全然上れず、何度か置き去りにしていたのに、今日は私がついていけない。
どうしたのか? 体重は変わってない筈だし。タイヤとホイールだけでこんなに違うとは思えない。

あ、そうか! 気温だ〜・・・・たぶん20℃以下なんだ。
実は 私はスタート時からずっと鼻水と格闘・・鼻が鼻水でいっぱいで息ができない、みたいな。
これは気温が低い証拠。

去年の夏も 鉄人は全然上れなくて、カーボンバイクまで新調したのに 上りは私に勝てず。
なのに、秋になったら 急に上りが速くなって 今度は私が全然ついていけず、坂でいつも置き去り。
で、今年5月になって、気温が20℃を越すようになると 鉄人、また上れなくなる・・・
こんなに外気温が影響するものか?と思う。
実際、雨沢峠のタイムも 鉄人は夏と冬では5分以上タイムが違う。
  気温20℃以上→体温上昇→体温を下げるために多量の発汗と心拍の負担大→坂は上れない、というメカニズム?


鉄人の後ろ姿が見える位置でなんとか上っていくが 一向に間は縮まらず。
気がつくと、後ろにO矢さんの姿はなく、
ノーマルコースとの分岐点からずっと一緒に走っていた男性ローディふたりの姿もない・・・
みんな千切れちゃったのか?

鉄人がスピードを落として待っていてくれるが・・・
「調子悪いの??」
「調子悪くないよ・・・だって、後ろ みんな千切れちゃってる。」アナタが調子よ過ぎなんでしょーが

「大丈夫なら先行くわ〜」と嬉々として上って行く。ダンシングする後ろ姿が楽しそう。
   体重85kgもあるとは思えない上り姿・・・

あっという間に鉄人の後ろ姿が見えなくなってしまった。
久々に置いてけぼりを喰らう。
でも、これでしばらくは 坂を嫌がらず 山を走ってくれそうだ・・・よかった〜〜


上りきったところにトンネルがあって 鉄人はその手前で待っていてくれた。
トンネルを抜け、少し下ると

キターーー黄金色の千枚田!!! の筈が・・・

あれ?

IMG_2947.jpg
稲刈り、済んでる??  えぇええ〜〜〜〜・・・・(涙)

こんなに稲刈りって 早いんだっけ? 


IMG_2945.jpg
それでもめげずに、自転車と一緒に写真を撮っていたら、
O矢さんが下ってきて、でも停車するどころか減速もせず一気に下っていってしまう。

鉄人が「急いで! O矢さんに追いつくよ!」
停車1分弱でリスタート。O矢さんに追いつく。また牽いていただく・・・
O矢さんの後ろは走りやすい。速度が一定で 淀みなく流れるような走り。
下り基調ということも手伝って 本当に気持ちよく走行できる。
   O矢さん、ずっと牽いていただいてありがとうございました!

最後の峠にかかる。
四谷の千枚田からしばらくはO矢さんと3人のトレインだったのに、
気がつくと6〜7人のトレインになっている。
最後の峠はたいしたことないかな、と勝手に想像していたけど、意外としっかり上らされる。
でもアミノ酸5000mgのおかげか、脚はまだよくまわるかも。

いよいよ最後の下り基調、4〜5km走って信号を右折したらもうゴール公園下。
これぞホントの最後の上り。
この時、時刻は12時59分。ここで頑張ったら5時間切り??!! 

まぁいいじゃん、5時間ジャストで〜・・・と、私たちとwilier乗りさんと3人で無事ゴール。
13時ジャスト。スタートしてちょうど5時間。お疲れさま〜〜〜〜
 

結局、道中、バイクを降りたのは千枚田のところで数十秒だけ。
120km休憩なしでよく走れたなー・・・ちょっと補給はヤバかったけど。
けれど、いい天気いいコース、サイクリング気分で走りたいコースではあったけど、
ツールドらしく走れて それはそれで楽しかった・・・!

ゴール付近で、お茶をいただき しばし皆さんと談笑。
車に戻って帰り支度をしていると・・・ゴールしたkorashoさんが またわざわざ来て下さった。
  すみません、二度も脚を運ばせて・・・

やっとリアルkorashoさんとお会いできました。
もうちょっとふざけた人かと思っていたけど、
やっぱり礼儀正しい好アラフォー好青年なお方でした。
またご一緒してくださいね。

そういえば・・・korashoさんのライバル、キャサリンさんはどうしたのかなぁ?
今回の勝負はkorashoさんの勝ち?だったのかな? 

とかなんとか、思いながら、帰途へ。
帰りは下道で・・・山間の峠を越えながら。

途中で、やっぱりラーメン。
IMG_2949.jpg IMG_2951.jpg
                        ネギ、乗せ過ぎ!

今回もACAスタッフの皆さんにはお世話になりました、ありがとうございました。
一緒に走って下さった皆さん、ありがとうございました。またヨロシクお願いします!



今日の記録(カルマ)
距離121.13km 実走時間4時間52分 
Ave24.68km Max60.56km 
高度上昇値1866m 
平均気温20.8℃ 消費カロリー3266C 
   やっぱり平均気温20℃だーーーー鉄人の自転車季節がやってきました

街ポタ '14. 9.20

2014年9月20日 土曜日  曇り


今日は、コレに行くために ひとり街ポタ。
IMG_2928.jpg
娘の作品を 見に行く。


明日のグランフォンドに備えて疲れを残さないように。
のんびりゆっくり・・・あまり車道は走らずに歩道で。

IMG_2936.jpg
100m道路脇の彼岸花も もう満開を過ぎている。
今年はちょっと早いような? イチョウの葉も もう色の変化が・・・最近 夜 寒いから?

今日の目的を済ませた後、ポタポタ走ろうか、とも思うが、
今日はやっぱり帰ろう。
スポーツ羊羹だけ 箱買いして帰路へ。


家の近くまで帰って来て 少し寄り道。久々に来た。
IMG_2938.jpg
☆うっさ☆さんも お気に入り、と おっしゃってた。

友達を家に迎えて 遊んでいる娘たちにおみやげ、と (もちろん自分の分も)
IMG_2939.jpg モンブランの季節、到来!

そして久々のハード系のパン
IMG_2942.jpg 
美味しいんだけどな〜 日常的に買うには やっぱり私には高値なんだよな・・・・

お店のママさんが、私が抱えているヘルメットを見て言った
「すごい、本格的なんですね」
  服装はジャージでなく、Tシャツ&長ズボン

ヘルメット=本格的なのか・・・
ヘルメット、今じゃもう被らずにはスポーツバイクには乗れなくなった。
  頭がスースーして不安になる
最近、街中では バイクは結構 本格的なのに ノーヘル・・・・って人、多いな って思う。
それで車道を走られた時には・・・自分の方が寿命が縮まる気分。


さて〜明日は 距離と山を走れる 大好きなグランフォンド。
チェーンオイル忘れずに、ホイールも忘れずに軽量化!


今日の記録(IDIOMゼロ)
走行距離18.62km 

ACA探訪 清流長良川  ’14.9.14

2014年9月14日 日曜日   快晴


今年の5月、平日にあったACAの探訪。
長良川沿いを走ってひるがの高原、分水嶺までの往復。
どうしてこんないいコースの探訪を平日にやるんだ〜〜〜?!と思っていたら、
9月のこの3連休のうち、13日と14日、同コースを走る企画が!

やったーーー絶対行こう!

岐阜県の飛騨や美濃方面は、幼少期に馴染みがあった地域。
大人になってからは 行く機会がほとんどないけれど、
たまに行くと 数十年ぶりなのに 見慣れた感の景色に懐かしさ万歳になる。

今回のコースはこちら
走行距離は180kmでちょっと長いが、獲得標高は1500mくらいだし。
探訪だし。初心者もOKってなってるし。
かなりお気楽な気分で14日に参加表明した。
お気楽気分だったので、ホィールは重いホイールのままで まぁいっか、
ウルトラ愛知の時から気になっていたBBの異音もそのままだけど、まぁ大丈夫か、
そんなノリで、チェーンも掃除したままオイル付け忘れてしまった。

14日早朝。集合時間ギリギリに集合場所、岐阜市芥見のスーパーの駐車場へ。
  意外と遠かった・・・・トランポ小1時間
今日の参加者は8名。顔なじみの方もお初の方も。 ヨロシクお願いしまーす
今回の幹事は 噂に聞く 走り屋Gくん。今までにない若い幹事さん。
 大丈夫かなぁ?大ジョブだよね? 初心者OK、女性ウェルカムって掲示板にあったし。

朝のミーティングをすませ、定刻通り7時スタート。
すぐに長良川沿いの景観のよい脇道へ。車もほとんど来ない。
やはりいつもの探訪に比べ 巡行速度はかなり速め、31〜32km/h。
私が息上がらず長距離はしれるギリギリ速度。これ以上、速くならなきゃいけどな・・・

それにしても 長良川、雄大できれい〜〜〜〜
スタートして早々から景観のすばらしさに感動!・・・・していたら、

は・速い・・・ぞ?

巡行速度35km/hを越えている。こうなると景色を見ながら走るどころでない。
前方に上り! 普通 上りで減速する筈・・・と思いきや
上りになると さらにグイグイ加速!!!! え〜〜〜なんで??!!

こ・・・これは、やばいかも。このまま180kmも行けるのか??

信号待ちで停車。
後ろから声がかかる。
「Gくん、速いよ〜〜 もう4〜5km/h落として〜」

はーーよかった・・・
でも・・・ホイール、軽いのにしてこなかったことを激しく後悔・・・そういえばチェーンオイルも・・・
 もう少し楽に走れたかもしれないのに。

巡行速度30km/h前後で先行する幹事さん。
しかし、走りのクセなのか 上りでグイグイ加速していき、下り基調ではなぜか減速する。
この人、クライマーなんだなぁ・・・と思う。
   ブルベも1000とか1300とか走っちゃうらしいけど。
上りが速くなるためにはパワーも絶対必要なんだ、とつくづくそう感じる走り。
   カッコいいねぇ

私の前を走るFOCUS乗りさんが、走りながらウィンドゥブレーカーを脱ぎ出した。
巡行速度30km/hのまま。左袖を抜き、次いで右袖、身頃をくるっとお腹前に回して
小さく丸まったウィンドゥブレーカーが スルスルっと ジャージの背面ポケットにおさまった。
すごーーーい! まるでマジックショー! ものすごく感動!
  後で鉄人に話したら「お前は真似するなよ、お前がやったら落車→救急車だぞ」・・・わかってます

なんだか今日は皆さん すごいなぁ・・・・
そんなことを思いながら あっという間に最初の休憩場所、道の駅「にわか茶屋」16km地点
IMG_2893.jpg いい天気!

結構のんびり休憩して出発。
天気良し、気温ちょうど良し、景色良し。
巡行速度もまぁなんとかギリギリ楽しめてついていける速度。気持ちよい走り。

途中、工事中のダート道を自転車かついで歩く・・・なんてのもあった。
この自転車かついでダートを歩く、っていうのも 幹事のGくんは速い。
かなり先をひとりで行ってしまう。

またもやあっという間に35km地点のコンビニ到着。
すでにかなりお腹がすいた〜〜〜 補給、補給。
IMG_2896.jpg
長良川を見ながら 桜餅。美味しい〜〜〜  

かなーーーり のんびりまったり長い間休憩して・・・・
また激走!!! ←私にとっては
調子があがってくるのか、幹事さん やはり走りのスピードが徐々に上がってくる。
もうそろそろついていけなくなるかも??!!というところで、
こまめに小休憩をいれてくれるので、なんとか千切れずついていける。

郡上八幡の手前で1回休憩。
  実はここは祖父の家のすぐ近くだった!祖父が亡くなって以来20年ぶり?

次の小休憩、郡上大和の山水? 
IMG_2901.jpg IMG_2900.jpg
ボトルに汲んで飲む! 美味しい。            岐阜らしい景観

白鳥手前、頭上に高速道路。車が渋滞している。
幹事のGくんによると こんな場所から渋滞するのは珍しいとのこと。
3連休なか日だからか、それとも事故かなぁ?などと言いながら。
IMG_2903.jpg


70km地点、白鳥の食事処で昼食予定。11時に到着したけど、ランチタイムは11時30分から。
30分待って・・・少し遅れて のれんが出る。
オーダーしてから、またなかなか食事が出てこない・・・
無意識に「あーお腹空いた・・・」という言葉が口から出てくる頃、やっとでてきた!

本日のランチBメニュー
IMG_2904.jpg カレイの焼き魚、牛肉の煮込み、クリームコロッケの3種盛り
これで750円+消費税。 ボリュームも味も大満足。長く待った甲斐があった!


食事処を出たのが、もう12時半過ぎ。分水嶺まであと20km。
ここからは本格的に上り基調、最後の6〜7kmはガッツリ上る筈。
「ここから分水嶺までは フリー走行でーーす!」と幹事さん。

お互いに譲り合って、FOCUS乗りさんが最初にスタート。
続いて自分がスタートした。
FOCUS乗りさんの背中がドンドン小さくなる。
・・・と、白いドグマがシュパパパパーーーンが抜いて行く。
   ほんとにシュパパパパーーーンな加速。ドグマ、かっこいい・・・
どんどん先へ行くFOCUSと白ドグマ。
最初の方は ほぼ平坦基調、おふたりの速度はたぶん35km/hを越えていそう。

自分も意外と快走・・・と 思いきや やっぱり向い風が〜・・・
前に人がいないと シンドイなぁと思っていたら、
鉄人が前に出てくれて風よけしてくれる ありがたや〜
ほんとに前に人がいるのといないとでは 大違い。

いつしか後ろに 誰かがついている気配が。
しばらくは我慢して後ろにいたようだけど、突然ガーーーーと抜いていったのは
フリー走行前「今日は(ここから)ゆっくり上ります」と言っていた幹事のGくん。
上り基調、速度は25km/h前後で走っていたけど、
この速度はゆっくりじゃなくて 遅い!なんだろうなぁ・・・

分水嶺まであと6〜7kmくらい? 鉄人が先へ行っていいよと道を譲ってくれる。
ここまで散々風よけにして、上りがキツくなってきたら置き去りにするのは申し訳ない・・・
それなら、と さっさと前に出て先へ行く。

この道は、ブルベ400kmの時も上った道。
あの時は強烈な向い風と補給が上手く出来ていなくて、もうヘロヘロで上っていた。
それと比べると 今日はかなり楽。スルスルと上って行ける。
やっぱりお昼ごはんパワーだなぁ。補給って、ほんと大事。

大きく左に道がカーブして、ソフトクリームのレプリカ?が見えた。あ、もう?着いた?? 
岐阜市をスタートして90km。分水嶺到着!
IMG_2914.jpg

ソフトクリームを買うために並んでいた幹事さんが 目をまん丸くして
「ダンナさん、置いてきたんですか・・・?」
    本人に置き去りの許可はちゃんともらいました・・・

IMG_2915.jpg ここでソフトクリームが食べられる。

幹事さんと一緒にソフトクリーム待ちに並ぶ・・・
「やっぱりインナー使って 上ってきました?」 
「(当然!)・・・はい? Gくんは、ここまで、インナーは全く使わず、ですか?」
「はい」
  なんちゅうパワー・・・・
お昼ごはんの時にも話題になっていたのだけど、ロードバイクではインナーを使った事がない、という幹事さん(驚!!!)「インナーだと 脚が余る感じで」と。


さぁ 待望のソフトクリーム!!!
IMG_2907.jpg 超・濃厚!!! 美味しい!

鉄人はソフトクリームのほかにも「ひるがの牛乳」も・・・
IMG_2905.jpg ソフトクリームが濃厚過ぎて、牛乳はごくフツー・・・

ソフトクリームを食べた後は、そこら辺りを少し散策。
IMG_2913.jpg 
この場所を境に、左の流れは長良川、太平洋へ。右の流れは庄川?だっけ?、日本海へ。
こんな小川のような源流が あんなに雄大な長良川になるとは。

皆さん、ソフトクリームを食べた後で 第2弾へ行く方も。
もう1個ソフトクリームとか、カフェオレとか。なら、私も〜〜〜
IMG_2917.jpg コーヒーフロート! スィーツたんまり、満足、満足。

そして かわいいワンちゃんにも会う。
IMG_2920.jpg 
毛色と顔がエスによく似ている。いっぱい触らせてもらった。


14時過ぎまでのんびりして・・・折り返し帰途へ。
下りは、意外と速度を落として走ってくれる幹事さん。下り苦手の自分、助かります

白鳥辺りだったか、一度コンビニ休憩。
IMG_2922.jpg
15時頃だが、日射しがかなり強い。コンビニ裏の日陰で休む。
目の前は長良川。鮎の友釣りする釣り人がいっぱい。

ここから往路で立ち寄ったコンビニまで一気に走ります、と幹事さん。
全般的に下り基調になる筈だから、なんとかなるか。

皆さん、幹事さんを先頭に快調に飛ばす。
その頃・・・なんだか右のシフターがおかしい。
リアギアをローから4〜5枚落としたところで、次 落とそうと思うと
シフター スカっ・・・?! と空振りする感じ。
ギア 変わらない? 重いギアで踏み込みたいけど、踏み込めない。
これ、やばいのかなーー・・・ IDIOMに続き、またもやワイヤー切れ?の前兆?? 

幹事さんの牽きに いつまでついていけるかの心配に加え、ワイヤー切れの恐怖も加わり、
かなりスリリングな気分で走る・・・ワイヤー切れするかも、は、鉄人にも言えず。

あっという間に40kmほど走りきり、朝立ち寄ったコンビニ到着。
ここでかなり長い時間、皆さんで円になって談笑。
IMG_2925.jpg
ここで話題になった、炭酸入り缶コーヒー 初めて飲んだ。
コーヒーとは思えないコーヒー味(上手く表現出来ない)。でも嫌いじゃないかも。
ネーミングも「フルスロットル」となんとも絶妙。

ずっと飲みたいと思って探していたのだけど、名古屋ではなかなか見つからず。
もう販売していないかと思っていたのに、こんな場所で出会うとは。
追込職人さん「(名古屋でも)売ってる筈だよ」幹事さん「バローで売ってます!」
また探してみよう・・・

喋り続けていたら、チャイム?がなる。この辺りの時報か。時計を見ると、もう17時半!
あと35km、帰りましょう〜〜

最後の激走! 幹事さん、速い・・・・35km/hオーバーになると やはりついていけない。
前の人と間が空く、と、これまで気にならなかった向い風がやっぱり辛い。
またもや鉄人に風よけになってもらい、なんとか追いつく。
でも、もう残り12km地点まで来ている。どんだけ速いんだ・・・

関市の長良川鵜飼いの辺り、
日が沈んで、山は黒く でも山際の空は茜色。長良川には灯りを灯した鵜飼い船が浮かぶ・・・
すごく幻想的な風景。最後のご褒美。感動・・・ 写真は撮れなかったけど

最後の最後、短い激坂を上って下ったら、朝のスタート地点 スーパー三心の前に出た!
あーー帰ってきたか〜〜 辺りは暗くなり始めた18時40分過ぎ。無事ゴール!

よかった・・・最後までなんとかついていけて。ワイヤーも切れなくて。
スリリングだけど、よく走った〜〜楽しかった〜〜サイクリング。
天気も気候も良くて、道も車が少ない走りやすい道、適度に上りがあって、
そして やっぱり岐阜の山と川は大好き。 食べ物も美味しかった。
こんなサイクリングもそう経験出来ないかなぁと思う・・・

幹事さん、一緒に走って下さった皆さん、ありがとうございました!
また一緒に走ってください。


  ここまで記事を書いて気がついたのですが、
  サイクリングの雰囲気がわかる参加者さんの写真がほとんどない・・・
  この日の楽しそうな皆さんのご様子は、追込職人さんのブログでどうぞ。
               


今日の記録(カルマ)
距離173.92km 実走時間7時間03分 
Ave24.67km Max48.95km 
高度上昇値1455m 
平均気温24℃ 消費カロリー4632C

文化祭とポタと国士無双 '14. 9.13

2014年9月13日 土曜日  快晴


久々の、祝日絡んだ3連休。天気予報は3日間とも晴れ! やったーーー
とりあえず初日の今日は・・・・
娘の学校の文化祭を見に行くことに。もちろん自転車で。

IMG_2878.jpg
朝マックして・・・

娘の学校まで10kmちょっと。市街地、歩道をポタポタ走る。
実は、ウルトラ愛知からどうも体調はいまひとつ。当たり前か
顔のニキビ吹き出物がなかなか治らないし、それにちょっと膀胱炎っぽい症状も。
背中の右側に鈍痛があるし・・・
ウルトラ愛知から この1週間、ちゃんとジデツウは続けたけど、
なんだかいつものように走れなかった。

体力ないのかなぁ?と思ってみたり、あんなサイクリングしたら当然かと思ってみたり。
美味しいモノ食べたら 元気になるかな?


学校で楽しそうに過ごす娘の姿を見て 一安心。
娘のクラスと部活の出し物だけ見て 買い物ポタに。
・・・と言っても 買いたい物はないんだけど。
そうそう!ガーミンの保護フィルムが買いたい!先日の雨ライドで保護フィルム剥がれてきてしまった・・・
  自転車乗るようになってから、ほんとに自転車関連以外での物欲は全くなくなってしまった。


結局、いつものパターン。
カトーサイクル、Y's Road、モンベル、あと大須でプラプラして・・・・

ここで あれを食べたら体力回復、元気になるかな?
IMG_2891.jpg

ニンニクたっぷりベトコンラーメンの五目ラーメン版「国士無双」
IMG_2892.jpg
 激ウマ!!!  

背中の鈍痛がとれて、ほんとに元気になってきた。
このラーメンのおかげで 翌日の高速180kmライドも走りきれたのかも。

ニンニクパワーはあなどれないなぁ・・・

 この後、すぐに牛乳バカ飲み、ブレスケアを何個も口にしたのですが・・・
 翌日一緒にライドした皆さん、臭かったらゴメンナサイ・・・・



今日の記録(IDIOMゼロ)
距離 43.90km

ACA 幻のウルトラ愛知 vol.3 最終

ACA 幻のウルトラ愛知 vol.1
ACA 幻のウルトラ愛知 vol.2 の続き



ウェザーニュースの予報では、新城18時から雨・・・だったけど、
最近の天気予報はあまりあてにならないので、
もう少し降り出しが遅くなることを期待して、丸登旅館をリスタート。
茶臼山へ向かう・・・

スタートする前に、下見走行をした追込職人さんから この先の道情報を教えていただく。
・この先、豊根村までの上りは あまりたいしたことはない
・東栄町のコンビニから 瀬戸品野まで100km以上の間、コンビニがない
・茶臼山の後も キツい上りがいくつかある


この先コンビニがほとんどないことは、私も事前に確認していた。
ルートラボ上では、丸登旅館から10km先にひとつ、その先また10kmでもうひとつ、
そのふたつが最後のコンビニだったが、追込職人さん情報だと、
その先東栄町に 最近新しく出来たコンビニがあって、それが最終らしい。
夕ご飯と山越えのための補給食は 必ずこのコンビニで済ませていかなくては・・・

丸登旅館から10km先の最初のコンビニで まず夕ご飯。
しっかり食べておこう・・・・が、どうも鉄人の調子がよくない。
日中の暑さが原因か?ブルベ600kmの熱中症の時とと同じような感じだと。
あまり食べられない様子。 ウーーン・・・大丈夫か?

夕食を買って、ウルトラ愛知参加者ローディがひとり、少し遅れてもうひとり、
コンビニにやってきた。
宿泊せず走る人たちは、10時のフェリーに乗って とうの昔に茶臼山アタックしている筈、
こんな天気で、この時間から夜間ライドしようなんてのは、私たちだけだと思っていたので、
ちょっとホッとする。。。
ひとりの方は、茶臼山へは上らず迂回路をとって走るとのこと、もうひとりの方は
「ぼちぼち(茶臼山に)上ります」と。おふたりとも ここで夕食の様子。
私たちは一足先に 出発。

豊橋から新城までの道より 道路幅が狭くなり だんだん山間に進む道、
なのに 車通りはなぜか多い・・・前からも後ろからもやってくる。走り難いなーー・・・・
夕食を摂ったコンビニで ブルベ時の反射ベストを着用して正解・・・

ふたつめのコンビニが見えてきた。
この先にも新しくできたコンビニがあるようだが、距離がわからないので
ここで補給食を購入することに。そして店を出ると・・・・

・・・・降ってる?! 雨・・・・

時刻にして6時15分、天気予報ビンゴ。なぜこういう時だけピッタシ当たるのかなぁ
こんなに早く降り出すとは思ってなかった・・・
とりあえず自転車を濡れない場所へ移動して、レインウェアを着る。

鉄人・・・渥美半島のコメリに立ち寄って購入したもの・・・
IMG_2856_201409110503325e3.jpg
600円の雨具(笑) 

実は今回のライド、鉄人 忘れ物しまくり。
レインウェアをはじめ、ガーミンとバッテリーをつなぐケーブルを忘れ、
そしてスマホも忘れてきた。 走る気のなさが見え隠れ??

先程のコンビニで一緒になった参加者ローディの方ひとりも、ここでレインウェアを着用、
雨装備されていた・・・ 
 
雨はやむ気配はない。ここは覚悟を決めていくしかないか・・・
と、出発するが・・・・
だんだん雨脚が強くなり、本降りになってきた。
辺りは真っ暗になる。道幅はそう広くないのに あいかわらず車通りは多い。
そして・・・暑い・・・レインウェア・・・まるでサウナスーツ。汗がダラダラ・・・
鉄人は我慢出来ずにレインウェアの上だけ脱ぐ。
私も脱ぎたかったけど、片付けるのがまた面倒なのでそのまま・・・
また走り出すけど・・・
体温が高いせいもあってか サングラスの曇りもとれなくなってきて視界が悪い。
前照灯の灯りが 路面の水に反射して路面状況がわかり難い・・・

これはちょっと無理かも。とにかくサングラスだけでも外したい。

新城をスタートして35kmほど進んだ辺り。
ありがたい事に雨宿りにちょうどいい場所があった!
道の駅ほど大きくはないけど、特産品などを販売するところ? 
建物の軒先が広くて 軒先の床面も一段高くなっているので、雨水が浸入する事がない。

とりあえず雨宿り・・・
さて、どうしよう? 雨はいよいよザーザー降り・・・天気予報も夜通し 雨。明日午前中も雨。
はーーー困ったねぇ・・・

新城の宿に戻る?
茶臼山に上らず迂回してDNF、直帰する?
茶臼山・・・上る?
上るのはいいけど、ダウンヒルはしたくない、と鉄人。
 実は 雨の中のダウンヒルはほとんど未経験の私。この時 ホントの怖さをわかっていなかった。
 鉄人は、若いとき自動二輪にも乗っていたので、ウェット路面の怖さを重々身にしみていたようで。

どちらにしても このザーザー降りの中 出て行く気にはならない。

じゃあ とりあえず仮眠するか・・・

サバイバルシートにくるまり、シューズを枕にして寝ることに。
サバイバルシート、本当に優秀。
汗冷えして寒かったのが くるまって10秒もたたないうちに体がジワーーーと温かくなる。

雨も止むかどうかわからないし、この先どうするかもわからない。
ブルベじゃないので、途中 タイムオーバーで足切りされる心配もないので
目が覚めるまで寝るか〜 と、目覚ましタイマーもかけず。本当に適当
10時フェリーに乗って日帰りコースに走っている人たちや、
新城のコンビニでお会いしたおふたりは この雨の中どうしているのだろう?走っているのだろうか?
そんなことを考えながら あっという間に眠りについた。

「おい、雨 止んでる」と鉄人に起こされる。
時刻、深夜0時少し前。
こんなタイルばりの上で4時間強も爆睡出来る自分に感心してしまった。
ほんとどこでも寝られる自分・・・

いつから止んでいたんだろう?路面も半分乾いている。
とりあえず出発することに。
数キロ進むと サークルKが見えてきた。これが東栄町の最後のコンビニ、の筈。
瀬戸品野まで100km以上の道のり、コンビニはない。
トイレを済ませ、ホットコーヒーを飲む・・・・
IMG_2858.jpg
車1台、誰ひとりとして来ない深夜のコンビニ。
「まぁ4時間も眠ったし、ここまで来たなら茶臼山、上るか」

深夜1時少し前。茶臼山方面へ。
そして・・・・雨、また降って来た。

もう仕方ない。幸い雨脚がさほど強くないのと、車が全く来ないので気楽に走って行ける。
豊根村までは 追込職人さんがおっしゃてたように、上り基調ではあるけど さほどキツくない。

まもなく茶臼山アタック、の手前で、少し休憩&補給・・・・と停車したら
近所の犬に吠えられ、慌ててその場を退散。場所をかえて補給。
茶臼山山頂に向けてスタート。

道を左折したら・・・・急勾配。ここから山頂まで6km。勾配標識は10%と。
8km/h前後でトロトロ上るが、それでも鉄人が遅れる・・・
このままだと置き去りにしてしまいそう。途中でクマでてきたら困るし。
明るいオレンジ色の街灯?の下で、鉄人を待つ・・・・
ふたりでまたノロノロ上っていたら・・・空がひらけてきて「茶臼山高原」の看板。
あ、ここがてっぺん??

時は 深夜というか明け方というか? 午前3時頃。
・・・すぐ近くで動物の鳴き声が・・・・
何? 鳥??サル?? 鉄人が「クマ?」 ええええーーーー?!?! 怖いよ〜〜〜
でも茶臼山登坂証拠写真は撮っておきたい。
すでに逃げ腰の鉄人。慌てて 写真を撮る・・・・
IMG_2859.jpg

急いで下る・・・
雨の中のダウンヒル。
「スピード出すなよ ゆっくり下りて来いよ」そんな言われてもブレーキ利かないし!!!
自分が行けるライン取りでしか走れない・・・車が全く来ない時間帯で本当によかった・・・・

結構な勾配を下ったら、上り返し。下りの緊張感が抜けたからかやけに眠くなる。
眠気覚ましに 大声で歌いながら 上る。
この頃、雨脚が強くなってきて ザーザー降り。雨宿りする場所もない。
上りきったところにトンネルが! 助かった〜〜〜

トンネル内、道路端に狭い歩道がある。
歩道上に自転車をあげて置こうとしたら、
「車が来たとき危ないから 自転車は車道に置いて持っとけ」と言われ、
自転車をかかえながら歩道の段差に腰掛けて休む。
思わずウトウトしてしまう・・・・
IMG_2861.jpg

雨が小降りになるのをしばらく待つが、なかなか雨脚は弱まらず。
このまま歩道に腰掛けているのも 車が来たとき危ないから、と 出発する事に。

また下り。 ザーザー雨は降り続いているけど、、もう下りるしかない。
ここから稲武まで下りきったところに道の駅がある筈。
なんとかそこまで無事に辿り着けます様に。。。

怖いよ〜〜どうか滑らないで〜 もうやだーーー 神様、無事に下らせてください!!!
先も見えない、鉄人のテールランプだけを頼りに、死ぬ思いで下る・・・
    もう絶対 雨の日には乗らない!!!

12〜13km下ると稲武町の交差点。
その交差点を左折。ルートから数百メートルはずれて道の駅「どんぐりの里」がある。
なんとか無事に到着。あーーーよかった。。。
この頃、夜が明け始めて・・・雨も小降りになる。

IMG_2862.jpg
屋内休憩所で30分程仮眠・・・

雨に濡れた持ち物を乾かしながら 補給。
IMG_2863.jpg
雨はまだパラついているが、天気予報をチェック、この後、完全に雨上がりそう。
良かった・・・雨が続かなくて。

雨が完全にやむのを待って、どんぐりの里を出発。

早朝6時すぎ? 何度も走っている奥矢作湖周回コース。
IMG_2864.jpg
タヌキとかリス?とか。小動物が道を横切るのに何度か遭遇。

奥矢作湖を抜けて、愛知県と岐阜県の県境にある県道?を進む。
車が来なくて、そういう意味では走りやすいけれど・・・アップダウン激しい。
距離は短いけど、勾配は12〜13%はあろうかという峠道も何度か。
上りが大変なのは茶臼山だけかと思っていたのに、この小さなコブコブもかなりキツい。
IMG_2865.jpg IMG_2866.jpg

やっと363号線。
あとは裏雨沢を越えたら やっと瀬戸市内に入る。
裏雨沢の前に、自販機でコーラ補給。
IMG_2867.jpg
 自転車ドロドロ・・・

裏雨沢、登坂。
IMG_2868.jpg
昨晩の雨が嘘のようなピーカン天気。しかも暑い。

雨沢峠を下って 久々のコンビニ 瀬戸品野のファミマはスルー。瀬戸品野の道の駅へ。
道の駅で、モーニングを食べる!
IMG_2869.jpg
Aコース、Bコースと選択出来て 確かコーヒーおかわり出来て、400円。

道の駅でゆっくり休憩していたら、もう11時近く。
朝は路面がウェットだったせいか、ほとんどローディに会わなかったけど、
この時間になると、続々と道の駅に立ち寄るローディが。
ACAツールドで何度かお顔を合わせているIさんともバッタリ。
  先日の乗鞍の帰りも、温泉で一緒になった。


さて、ゴールまであと30km強。 頑張りましょう〜〜〜
しかし・・・暑いなぁ。。。。
道の駅「瀬戸しなの」から犬山まで戻るルートは、6月の600kmブルベとほぼ同じルート。
新興住宅地の長い長い上り坂、有料高速道路の勾配7%歩道・・・
走ってみると、ブルベの時より やっぱりまだまだ脚は残っている感じ。
  距離600と400、獲得標高9000と4000との違いはずいぶんあるなぁ・・・・

最後は尾張パークウェイをひた走り・・・
  飛ばす車が多くて ちょっと怖かった
あ〜モンキーパークだ!
右折したらすぐ。昨日早朝に出発した成田山の駐車場だった・・・・

え? あ? 着いたんだ・・・・ あっけないゴール。 12時45分。378km無事完走・・・
IMG_2872.jpg


昨日早朝には並んでいた ウルトラ愛知参加者の車は ほとんどなくなっている。
新城のコンビニ以降、たぶん誰ひとりとして参加者とはお会いしなかったが・・・
皆さん、あの雨の中、ちゃんと帰り着いていたんだーーー

一番早くに戻られた方は、何時に帰着だったのだろう?
新城のコンビニでお別れした参加者さんふたりは どうしたのだろう?
DNFした人はいるのだろうか?

参加者さんの走行状態は全くわからず・・・帰途につく。

無事自宅に帰り・・・ドロドロになった自転車を洗車したら もう夕方17時。
ながーーーい、ながーーい、ウルトラ愛知の2日間がやっと終わった。


愛知県一周、もう絶対こんなコースは走る機会はないだろうなぁ。。。。
企画してくださったACAさん、ありがとうございました。
今後はもう絶対雨の日は乗らない、深夜走行はしない、と決意したウルトラ愛知。
無事に走り終えられたら よい経験楽しい思い出。


この日の記録(カルマ)
距離378.63km 実走時間18時間34分 
Ave20.4km(グロスAve.16.1km) Max51.8km 
高度上昇値3823m 
平均気温24.5℃ 消費カロリー9573C

ACA 幻のウルトラ愛知 vol.2

ACA 幻のウルトラ愛知 vol.1 の続き


11時5分に無事 師崎港に到着。
フェリーの切符も購入し まだ時間があるので、師崎港ターミナル前の食堂?へ
お昼ごはんを食べに行く。
IMG_2837.jpg

案内された席の 隣の席で食事中の男性に呼び止められる。
顔は見たことあるけど、誰だかわからない・・・・声でわかった!
ジャージ&ヘルメット姿でない☆うっさ☆さん!!!

あーーービックリ! 
まさかこんな所で、それも自転車抜きの☆うっさ☆さんにお会いするなんて!
今日は、自転車ではなく車で、奥様と一緒にフェリーに乗りに来られたとのこと。
     どうやら同じ12時5分のフェリー乗船予定
私たちがウルトラ愛知に出走中、と聞いて 半ばあきれ顔でいらっしゃる(笑)

☆うっさ☆さんと一緒に自転車に乗る時も、いつもたくさんの写真を撮っていただくのだが、
この日自転車でない☆うっさ☆さんのカメラは、コンデジではなく一眼レフ。
そして、この後、その一眼レフで オールスポーツ並みに激写していただくことに・・・・(汗;)

そうそう、この日のお昼ごはん
IMG_2835.jpg IMG_2836.jpg
  しらす丼と師崎ラーメン ラーメンは鉄人と半分こ ちょっと塩分摂り過ぎだったかも?


食事を終えて、そろそろ乗船時刻。
IMG_2841.jpg
フェリーが入港してくる。

IMG_2842.jpg
皆さん、フェリーを激写(笑)写真を撮ってたのはローディばかり。

large03.jpg ☆うっさ☆さん撮影
まもなく乗船開始。

IMG_2843.jpg ツールドの時とは違って、今回は壁面に立てかける・・・

予定通り、12時5分出航。
わりと大勢の人がフェリーに乗船したかのように思えたけれど、
中は まだまだ空席が目立つ・・・・やはり廃線は仕方ないのかなぁ?
伊良湖までの40分間はあっという間。
おしゃべりしたり、ストレッチしたり、ウトウトしたり、していたら もう伊良湖着。

large13.jpg large12.jpg      下船支度をするACAメンバー          なぜ仁王立ち? を激写される  ☆うっさ☆さん撮影

IMG_2845.jpg 伊良湖到着〜

先に車で下船していた☆うっさ☆さんが、
スタート準備をするACAメンバーをこっそり撮影してくださってた。
large17.jpg large21.jpg                                     ☆うっさ☆さん撮影
この写真で確認すると、この12時のフェリーに乗船していたウルトラ愛知出走者は9人?
ということは、5〜6人は10時のフェリーに乗ったことになる。すごいなーーー・・・

12時48分 伊良湖スタート
large27.jpg ☆うっさ☆さん撮影

これまで渥美半島は三河湾側しか走った事が無く 今回初めて 太平洋側を走る。
意外とアップダウンが多い道。えーーーこんな道が豊橋まで続く、なんてことないよね??
でも景色はすばらしい!
IMG_2847_20140911050329870.jpg


えっほえっほ上っていると、車の☆うっさ☆さんが追い越して行く〜〜
と、その先の少し広い路肩で☆うっさ☆さんの車が停車している?
車から降りた☆うっさ☆さんがカメラをこちらに向けている。
きゃーーもしかしたら激写されちゃうのかな??!!

large42.jpg ☆うっさ☆さん撮影
やっぱり一眼レフ、きれい! いや、カメラマンの腕前ですね。

しばらく行った先に、日本で2番目に美味しいらしいかき氷屋さん「かわぐち」が!
その駐車場前でも またもや☆うっさ☆さんが カメラをかまえて待っていらした。
large47.jpg ☆うっさ☆さん撮影

何枚も連写していただきました〜
こんな写真を撮っていただく機会なんてなかなかないので すごく嬉しい!
自転車抜きの☆うっさ☆さんと偶然お会い出来たことに感謝、本当にありがとうございました。

☆うっさ☆さんとは本当にここでお別れ。
この後、信号待ちで一緒になった ほかのウルトラ愛知参加者の方に
「専属カメラマンがついてきてるのですか?」に聞かれてしまった・・・・
       でも ほんとに専属カメラマンしていただきました


写真の出来上がりを楽しみにしながら・・・渥美半島を走る。
しかし〜・・・暑いなぁ・・・気温表示は34℃。
途中、ちょっと寄り道。
IMG_2849_20140911050330a9d.jpg
鉄人が何やらお買い物・・・ここで買ったものが、この先役に立たなきゃいいけど

こんなに暑い中を走るのは、6月のブルベ以来。
そういえば この夏は 本当に暑い中走るってことがなかったなぁ、と あらためて思う。
途中のコンビニにパラパラと皆さん 立ち寄って行く。
伊良湖からPCの新城まで70kmほど、休憩なしで走れないでもない距離だけど、
この暑さじゃ、休まずにいくのは結構つらい。ボトルもすぐ空になるし・・・・

鉄人が サークルKの前で「コンビニ寄る?」と聞く。
「できればミニストップで寄りたいなぁ・・・」
運良く、次のコンビニはミニストップだった。

IMG_2850_201409110503314f8.jpg
どうしても食べたかった ミニストップのハロハロ。
涙が出るくらい、ぅんまーーい!美味しすぎる・・・心底 美味しいと思ったのは久しぶりかも。
暑かった体も冷えて、喉の乾きもおさまった・・・ 
       どうも師崎の昼ご飯が塩分多め??喉が渇いて仕方なかった・・・

15時をまわると 急に夕方っぽくなり、気温も下がってきた?
涼しくなって楽に走れるようになるけど、ちょうど豊橋市内にさしかかり交通量激増!
信号待ちの車の横をすり抜けるような走りばかりが続いて ちょっと嫌気がさす。
はやく豊橋を抜けないかなぁ、と思いつつ・・・
だんだん山が近くなり 辺りも都会っぽさがなくなり・・・
まもなく新城かぁ・・・
涼しくなって元気になった鉄人がペースをあげて走るが、交通量が少なくて心地よく走れる。
後ろから もう二人参加者さんが追いついてきて4人列車、新城のPC「丸登旅館」まで一気に走る。

16時28分 新城駅前の「丸登旅館」到着。ここまでの走行距離207kmほど。

宿泊組の皆さんは この旅館で宿泊になる。
私たちは、このまま夜間ライドに突入予定なのだけど、心配なのは天気。
フェリーの中でも天気予報をチェックしたが、やはり夜間は雨になる予報だった。
予報が変わってるのを期待して、再度 天気予報を見てみるが・・・・

新城・・・18時から雨。そんなに早い時間から??!! 翌日も降ったりやんだりの予報。
豊田・・・21時から雨。夜通し、雨。翌日も午前中 雨マーク。
名古屋も豊田とほぼ同じ。

サイアクじゃん・・・(大泣)

どうしよう? もう泊まっていったら〜と皆さんにも勧められるが・・・
仮に泊まったとしても 明日朝から雨・・・結局 雨ライドになる可能性が高い。
空を見る限りでは、今直ぐ降り出すような空にはみえないし・・・
なんとか茶臼山だけでも雨なしで越えられないだろうか?
なんとか稲武の道の駅まで行けないだろうか?

そうと決めたら、少しでも早くリスタートしよう。

16時48分、皆さんに見送られ、
追込職人さんに ACAツィッター用の写真を撮られ、
丸登旅館を出発。


無謀な夜間雨ライドへ向かうことに。 もうこんなライドは絶対しません
いよいよ第2ステージ、山岳ライド。 続く。 


ACA 幻のウルトラ愛知 vol.1 ’14. 9. 6〜7

2014年9月6日〜7日(土〜日)  晴れ〜曇り〜雨〜快晴


この9月いっぱいで廃航になる名鉄フェリー「師崎〜伊良湖」路線。
廃航前にこの航路を使い愛知県一周約400kmを走行しようというACAの企画『幻のウルトラ愛知
最初で最後になる「幻の企画」らしい。

愛知県一周のこのコース
page003.jpg
犬山の成田山がスタート&ゴール。
犬山から木曽川沿いを南下し名古屋市へ。そして知多半島を南下し師崎まで。134km
師崎から伊良湖までフェリーで移動。
伊良湖から渥美半島を抜け豊橋、新城まで。73km ここまでが第1ステージ、210km

新城で宿泊組と そのまま夜間ライド組に別れ・・・
第2ステージ  山岳ライド、175km
新城から茶臼山を上り稲武へおりて、愛知県と岐阜県の県境の小さな山をいくつか上ったりおりたり。シメは裏雨沢峠を上って瀬戸品野へ。最後は尾張パークウェイで犬山まで一気に帰る
 ルートラボはこちら ウルトラ愛知1 ウルトラ愛知2



ブルベでSRまで走ったけど、でも もうこれからは
夜間走行はしない、いたってフツーの、昼間のみの、200kmくらいまでの
走りをしようと思っていた筈だったのに?
またもや こんなハードな企画に 申し込んでしまう・・・・

どーして 申し込んじゃったのか?
たぶん・・・それは、
あまりにも7月8月と天候不安定で乗れなかったから、かなぁ?

新城で宿泊して・・・とも思っていたけど
鉄人に「サバイバルシートあるから(そこらへんで仮眠すりゃ)いいでしょ?」と却下され。

そんなこんなで、またナイトラン決定(泣)
でもまぁ、ほんとに久々の超ロング、山岳ライド、フェリーも 最後にもう一度乗っておきたい、
それなりに楽しみにしていたウルトラ愛知。

心配なのは天気だけ・・・・
5日前の天気予報は土日とも曇り・・・なんとかこのままの天気予報で!と願う
前日朝の天気予報は、土曜日曇り、日曜日は曇りのち雨
 ・・・やっぱりナイトランしてサッサと帰ってくる方が降られず正解かも。
ところが、
前日夜の予報、土曜日曇り、夜から雨。日曜日朝まで雨が残って その後曇り
 ・・・マジですか?! まさか雨の中のナイトランになる??!!

これだけ天気予報がコロコロ変わると、もうその時になってみないと天気は わからない?
土曜〜日曜の夜にかけての雨予報も変わるかもしれないし。降らない可能性もあるんじゃ??
・・・と、いい方に解釈して でも一応 レインウェアをサドルバッグに押し込んで、就寝。



当日早朝。
4時半頃、犬山市の成田山へ。まだ真っ暗。

どれくらいの人が集まっているだろう? たぶん少ないだろうなぁ? 10人いるかな?
いや、ブルベでは60人以上も大人数が集まるのだから、30人くらいはいるかも??

でもやっぱり少なかった。20人もいない。(正確には14人出走だったとか)
  暗くてあまりよくわからないけど、見知った顔ぶれもいないなぁ・・・

IMG_2828.jpg
集合写真を撮って、少し空の色が変わってきた頃・・・5時スタート。
まずは師崎まで134km。

が、車道に出た途端、皆さん いきなり速い! 
ビューーーンとすっ飛んでいく。40km/hは出てる・・・
そんな速度を私が出せる訳もなく・・・・34〜35km/hが限界。
心拍もいきなりあげたので ゼハゼハ過呼吸に近い。
完全に千切れてしまい、その速度についていった鉄人の姿も見なくなるか?という時、
鉄人、停車。待っていてくれた。

師崎からのフェリー、皆さん、10時25分発に乗るつもりなんだなぁ。
5時間で134kmを走るのはどう考えても私の脚では無理。鉄人は行けるだろうけど
次の12時5分のフェリーでいいよね? というか、10時25分は絶対無理。 と、30km/h前後のスピードで前を牽いてもらう。
確かに10時25分に乗れたら 日没前に茶臼山を越えられそうだけど、仕方ない。

木曽川沿いに出る。堤防道路で南下するようだが、この辺りの道はあまりわからないので、
行き過ぎたり行き止まりになったり、と2〜3回コースミスしながら走る。

以前一度走ったことがある背割堤だっけ?を気持ちよく走る。
小さなカニが何度も道を横断しているのに遭遇、踏みつぶさないように。

ひたすらまっすぐ走り続けて、国道1号線がみえてきた。
すると、堤防道路下のサイクリングロード?遊歩道?を引き返してくるFOCUS山田さんの姿が。
今日はお見送りライドということで、師崎まで一緒に行く筈だったのに?? 
どーしたのかなぁ?と思いながら、大きく手を振って別れる。

一号線を東に向けて走る。
信号待ちで停車すると、道路を渡った角にあるコンビニでM宮さんと追込職人さんが休憩中。
手を振っている。

私たちも もう少し行った先のコンビニで最初の休憩。
IMG_2829.jpg
鉄人、全くの無補給でスタートしていたらしい。ここで朝ご飯。

そういえば、今回コースの高低マップ。
IMG_2830.jpg
伊良湖から先のコースのみ。標高と、新城以降のコンビニと道の駅の位置をチェックしてある。

さて、再出発。
土曜日の朝、名古屋市内はけっこう車が多い。土曜なのに、お巡りさんが出ているし。

あっという間に知多半島へ。知多市〜常滑〜・・・あ、今日は新舞子への道は通らないんだ。
ビッグチャーシューのお店の前を通過。
あのかき氷の、大蔵餅の前を通過。まだ店の前は誰もいない。まだ9時半、開店前か〜

曇りの天気予報だったのに、晴れてきた。久々のサイクリング日和? 
ローディにもたくさん会うが・・・ ウルトラ愛知の参加者さんたちはどこに??
皆さん、10時25分のフェリーに乗っちゃうのかなぁ?

2度目のコンビニ休憩。ボトル補給。

野間の灯台の前を通り過ぎ・・・・青い空と白い灯台がきれい!

あ、ジャコソフト! 食べてく?? でもフェリーの時刻も気になるし。スルー。
そうしたら、すぐ師崎港に到着、だった・・・・11時5分。
IMG_2838.jpg

フェリー乗車まであと1時間。とりあえず乗船切符を購入。
乗船するらしいローディの姿も数人。バックパック背負って反射ベスト着ている人もいる。
この人はウルトラ愛知参加者かな?
皆さん10時のフェリーで先へ行ってしまって 12時のフェリーは私たちだけかも、と思っていた。
まだ何人か一緒にフェリー乗る人もいそう。よかった。

まだ少し時間あるし・・・お昼ごはん、食べておくか。

と、いうことで お昼ごはんすることに。
IMG_2837.jpg

そして ここで意外な人とお会いしてビックリ!・・・


続く。

飛騨牛あきらめパワー丼、平谷まで '14. 8.31

2014年8月31日 日曜日    曇りときどき晴れ


8月最後の日曜日。
まだ天候の不安定さは残るけれど、愛知県内はなんとか雨なしで済みそうな予報。
本当は 4度目の正直、ACA探訪で飛騨牛を食べに行く筈だったけれど、
岐阜長野方面は天候不安定が続くようで・・・残念ながらまたもや中止となってしまった。
 4度も中止って・・・そんなことあるか?って思うけど、それほど週末の天気が悪かった8月。

とりあえず、愛知県内なら1日 走れそうなので、気を取り直して、
飛騨牛はまた今度、今日はまたあのパワー丼を食べに平谷まで行く事にした。

前回のルートはこれだけど、
今日の帰りは大人しく来た道を戻る往復コースだから、と強く念を押される。
  前回の帰りは、串原の山を上ったりして 散々 鉄人に怒られた



早朝に出発の予定が、プライベートだとなかなか朝早くから動けない我が家。
結局、家を出たのは8時頃?だったかな?
自宅からのロングライドは本当に久しぶり。1ヶ月以上ぶり?

いつものグリーンロード経由で矢作川沿いへ。いつもの小渡◯Kで補給。
IMG_2803.jpg
やっぱり餡こモンは美味しいなぁ・・・


矢作ダムまで行く途中、以前 確かkorashoさんのブログで紹介されていたこの風景。
IMG_2804.jpg
見つけた〜〜〜 ほんとに三角形なんだ・・・
この道は何度も走ってるのに、全然気づかなかったなぁ・・・


奥矢作湖をずっと奥まで走って 257号線に出る。
上村川という川沿いを走る。
IMG_2805.jpg

途中からトンネルを避けて、民家が点在する里山コース。
下の川をのぞくとこんなキレイな水。
IMG_2806.jpg
鮎の友釣りのシーズンらしく、川のあちこちに釣り人の姿が。

上矢作町から右折、418号線へ。
この道、山間の川沿いの道、なんとか渓谷って名前があったけど忘れてしまった。
峠ではない「渓谷」なので 勾配は急ではないけど、ダラダラ上りが20km続く。

IMG_2808.jpg
不動の滝

IMG_2809.jpg
喉の滝
 ・・・滝の形が喉の形をしているらしいけど、どれが滝なのか?道路上からはさっぱりわからず

IMG_2810.jpg 
私が 滝の写真を撮っている間、へばって座り込む鉄人。脚もツリそうらしい・・・
  練習不足と、暑さと、体重増と? 全然上れないようだ・・・

先を行く事を許してもらえないので、鉄人の後ろからトボトボ上る。
もちょっとサッサと上りたい・・・

IMG_2811.jpg
トンネルをくぐり〜

IMG_2812.jpg
福寿の清水で、補水。
珍しくハンガーノック気味の鉄人・・・いつもはもっと燃費いいのに。私のスポーツ羊羹を渡す。
目的地まで あと4kmくらいだから・・・と励まして上る。

IMG_2813.jpg IMG_2814.jpg
長野県! 県境。            渓谷って こんな感じね。

自宅から90km走って・・・
IMG_2818.jpg
今日の目的地に到着。道の駅「平谷」

山の中のお寿司屋さん
IMG_2815.jpg IMG_2816.jpg
                  今日の目的、パワー丼! 900円(大盛りは100円増し)
最初に食べたのが、今年3月 ブルベ200kmの時。
2度目は5月。で、今回3度目。 今回も美味しかった。

食後のデザート
IMG_2819.jpg IMG_2820.jpg
 マンゴソフト             平谷コーンソフト
                      コーンソフト・・・というか、コーンポタージュソフト?

お腹満腹になって さぁ帰るか。
標高1000m近い場所だけあって ちょっと小寒い。気温は20℃をきっている?

帰りはずっと下り基調の筈。
IMG_2823.jpg
行きとは別人のように颯爽と下って行く鉄人。良かった、元気になって。

だけど・・・
行きは、ほんとに標高1000mまで上った?くらいの ずっと緩い上りだったので、
実はまだ上りたりないかも、の私。
串原の山がダメなら・・・元気村、上って帰りたいかも?と思うけど、言えない。

あっという間に奥矢作湖湖畔へ。どんどん走って 1時間足らずで小渡の◯Kまで来た。
やっぱ下りは速いなーーー
IMG_2824.jpg
今日 3個めのアイス。食べ過ぎか・・・ と思ったけど、
鉄人の奢りだったので、ありがたく頂戴する。

矢作川沿い対岸を走り、グリーンロードへ。
西広瀬Pで最後の休憩。
IMG_2825.jpg
炭酸が飲みたくなる・・・

あと20km強。暗くならないうちに帰りましょう。

グリーンロードの途中、
7% 2km弱の上りだけ やっと自分のペースで先を行かせてもらえた。
今日の上りたらなさを晴らすべく、15km/h越え、ガシガシ上って あーーースッキリ、した。

はやく涼しくなって、坂のぼれる鉄人に戻って欲しいなぁ。


薄暗くなりかけた頃、無事帰宅。
久々のロング、180km弱。よかった、ちゃんと走れた。
上りは・・・もう少し上りたかったけど・・・ 
でもガーミンの記録見たら 高度上昇値2000m越えてた(驚)
そんなに上ったっけ???

8月最後にちゃんと走れてよかったなぁ。9月週末は8月のリベンジ、全部晴れて欲しい!



今日の記録(カルマ)
距離178.61km 実走時間8時間15分 Ave21.4km Max50.0km 
高度上昇値2166m 
平均気温23.5℃ 消費カロリー4535C
プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR