2月ラストは快晴&小雨 滑走12〜13日目 ’15.02.21〜22

2015年2月21日 土曜日  快晴


気がついたらもう2月ラストの週末。
来週の日曜日はもう3月??!! 
シーズンインしたばかりと思っていたスキーも もうまもなく春スキー・・・
 なんだかあっという間だなーーー・・・

今週末は 日帰り2連チャンの予定、ということで
まず1日目の土曜日から。


ゲレンデベース 快晴!
IMG_3750.jpg
 今日はゆるキャラがいたよ・・・リンゴの後ろ姿 アルクマ?だったかな??


2週ぶりのホームゲレンデ
先週の週末は、ココも大量の積雪だった筈だけど、
あれ以来、降雪なく気温も高めなのか全体的に雪が少なくなったような・・・?
バーンも固めだし。
 やっぱり春は近いなーーー・・・


ゲレンデトップ
IMG_3752_2.jpg
乗鞍! 超美しい・・・

そして御岳も。
IMG_3756_2.jpg

やっぱり雪山はいいなぁ。
それにしても ほんといい天気。
IMG_3757_2.jpg

御岳を目の前にして、今日もコブゲレンデへ移動。
毎度のことだけど、コブ初っ端は ほんと滑れない。
怖い気持ちが先立ってしまうのか、コブを滑る感覚を取り戻すのに時間がかかる。
この初っ端滑れないl、というのも なんとか克服したいなぁ。


お昼は この天気、もちろん外ランチ
IMG_3758_2.jpg
この青空の下で食べるカップラーメンは最高。
  サイクリング中のカップラーメンってあまり考えないけど(しっかりとした食事がしたい)、
  スキーだとカップラーメンやおにぎりで十分満足できてしまう、この差はどうしてだろう??
  やっぱりスキーは疲れるわりには消費カロリーは少ないんだろうなー?・・・だから体重増加する(涙)



午後からは、顔なじみの常連さんたちと合流。
コブ、小回り、大回り、と一通り 滑りをチェックしていただく。
 コブ・・手の位置!ストックついた側の手は谷方向へ。これで上体も谷向き維持できる
 小回り・・(ターン開始前の?)捉え、早いね〜 ←これは褒めてもらったらしい??
 大回り・・(ターン時?)(重心が?板から?)離れんように もっとしっかり押さえていって


大回りのアドバイス、多分 私自身も うまくできん・・・と思ってること、だと思うけど
  ターンが軽くなる、斜度が急になるとスピードコントロールできなくて暴走しそうになる
言われた意味が わかるようで いまひとつわからず・・・で。
今度 もう少し どういうことなのか、どうしたらいいか、教えてもらいたい。


夕方近い時刻の御岳
IMG_3760_2.jpg
幻想的ーー・・・

リフト最終時刻ギリギリまで乗り込んで滑って、1日目終了。
  ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました〜、また明日。
一旦、帰路へ。




2015年2月22日 日曜日  小雨


暖かい日曜日。
低地だけでなく標高高い所でも雨になる・・・との予報。
  標高2000mでも??
雨かーー・・・やっぱり春なんだなぁ。
これからは減りつつある積雪量を気にしながら 寒くなれーーと願う日々が始まる。
(シーズン後半はそんな日々)


2日目、出発。
家を出るときは降っていなかった雨も R19からは結構な本降り。
IMG_3762.jpg
 やっぱ今日は雨スキーか・・・

標高2000m弱の高さに期待していたけど(雨でなく雪ではないか、と)
期待は見事に裏切られる。
IMG_3763_2.jpg
ゲレンデベース、霧雨。

ゲレンデトップ
IMG_3764.jpg
たぶん雲の中。

4kmほどのゲレンデコース、
上半分は 雲の中、下半分は視界はクリアだけど小雨・・・という状況。
常連さんたちは視界クリアな下で滑る〜とのこと、
自分たちは やっぱりコブがある上半分で滑る。

こんな天気だからか、2日目だからか、鉄人は腰痛もあるし、
なんだかコブの滑りはいまひとつ、いや、いまふたつくらい、調子上がらず。

午前は早くに切り上げて お昼ご飯へ。
さすがに今日は車内ランチ。
IMG_3765_2.jpg
どん兵衛の新製品??!! カルボナーラ味! 美味しかった。


さて、午後。やっぱり霧雨、視界不良、だけどコブへ。

自分の課題、やっぱり 斜度があって落差があるコブが降りられない・・・
 斜度があると、怖くて上体が山を向く、
 ポジションが後方になる、
 ターンが入れない(先落としができない)


鉄人に散々言われるが、できないもんはできないんだよーー!! と言うか、
何がいけないか、どう滑ればいいか、それはよくわかったけど、
できるようにするには 体をどう動かしたらいいのか
教えて欲しいんだってば〜、と。

で、先落とし〜横滑り(真下へ降りる)を整地で何度も練習する。
昨日、言われた手の位置とか、外向姿勢とか、ブーツ真下を支点にトップを落とすとか、
整地でも全然できてない自分に がっかり・・・
 こんなだから、まだコブは滑れたり滑れなかったり不安定なんだろうなーー
まだまだ練習だなぁ。

午後も終盤、常連さんがコブ斜面を覗きにくる。
「わ、まだコブ滑ってたん?」と呆れ顔。

で、「そんなに練習して、もしかして今シーズン中にテクニカルも受けるの?」と
笑いながら聞かれる。
「まさかー(笑)テクニカルなんて。でも10年かけて(テクニカル)取れたらいいかも」
と 答えて、ハタッと気づく。

10年かけて・・・と言うのは、かなり真面目な返答だったけど、
10年って。。。10年後の自分、歳いくつだ??!! 考えて怖くなった・・・自分の年齢に(汗;)

10年後かぁ。
スキーも自転車も、やれてたらいいけど。
テクニカルも頑張ってみようかなぁ。目標あった方が頑張れるし楽しいし。

今日は終日こんな中を滑って・・・
IMG_3768_2.jpg
一応 いつものコブ斜面

早くにあがるか〜(終わるか〜)と言いながら
結局リフト最終時刻まで(爆)

実は、ここに来るのは今日で最後?
  野麦、ありがとうございました〜 
  事前講習&バッジテストを一度ここで受けることができて ホントに良かったです、転機になったかも



来週はやっとこさホームゲレンデ、へ、かな? なんだかシーズンイン、の気持ち。


スポンサーサイト

1級検定 今シーズン2回目 滑走11日目 ’15.02.15

2015年2月15日 日曜日   大雪のち晴れ


本日 記事3本目アップ、怒涛の更新(笑)

今日、日曜日はスキーへ。
朝、名古屋を出る時、雨が降り出す。
あれ? 今日 天気悪いんだっけ??? 中津川ICまでずっと雨が降っている・・・

R19から早々に雪に変わり、そしてすごい降りになってきた。
IMG_3734.jpg

スキー場近くの民家
IMG_3735.jpg
雪の中に埋まりそう・・・昨晩から降り続いているよう。


今日のゲレンデベースは・・・
IMG_3737.jpg
いつもと違う景色、そう、今日は野麦峠のひとつ手前、やぶはらへ。

鉄人が大好きな、上級者コースの8割がたが不整地、という このスキー場。
久しぶりに来ました、

が、すんごい混んでる??
IMG_3738.jpg
木曽エリアのスキー場では珍しいリフト待ちの列。
  実は駐車場手前から車を駐めるのにも30分かかった・・・

R19からアクセスがいいのと、上級コースと初級中級の住み分けがはっきりしていて
初中級の幅広バーンも広いので、幅広いの客層が好んで来場している様子。

久しぶりにこんな遅いスピードのリフトに乗ったかも、というリフトを
4本乗り継いで(ゲレンデベースからだと5本乗り継がなけれなならない)
やっとゲレンデトップへ。
IMG_3742.jpg
昨晩から降り続いたおかげで30cmオーバーの積雪。
圧雪もできなかったようで、ゲレンデトップからはどこを降りても ふかふかモサモサ新雪バーン。

IMG_3740.jpg
このモサモサ雪面、普段なら楽しんでしまうところだけれど、
なぜ、今日、この大雪・・・この雪面?!?! と、いうのは、
今日ここにバッジテストを受けにきたから(大泣)

ホームゲレンデのバッジテストは、1月開催のあと3月中旬以降にしか開催されないので
3月は、雪質も流動的だし、できるならもっと早くに受験したくて、
不整地好き、やぶはら好きな鉄人に「受けるなら ここ、でしょ」と、連れてこられた、というわけで。
  私はやぶはら、苦手・・・

午前中もずっと雪は降り続いて、もうどこ滑っても不整地。
この不整地で、大回りと小回りか〜と思うけど、仕方ない。
ちょっと慣らして、
急斜面新雪の中にできたコブラインを降りたりして、
IMG_3739.jpg
すっかり脚が疲れてしまった。


検定は午後から。1級受験者は7人。
いっつもは圧雪してある(今日は圧雪が間に合わなかったらしい)けど、
今日はモッサモサの不整地バーンで検定開始。

雪に足許をとられないよう、ポジションに気をつけて、
大回り、小回り、横滑り・・・いつもの検定とは雪面状態が全く違うので
合格点がでる滑りができているのかできていないのか、よくわからず。

そして、最終種目、問題の「不整地小回り」
コブライン2本と不整地、どこを滑ってもいい、です、と。
トライアルは、もちろんコブラインを降りる。

2本のコブラインとも、午前中にはその存在に気がつかず 一度も滑っていないライン。
それに、検定斜面の長さが長い・・・コブラインも いつもの検定よりはるかに長い。
どうしよう? コブの形も深さもわからないし、この長さを滑り降りれるのか?

どこを滑ろうか迷う・・・コブはやめて不整地を降りようか、と 一瞬考えるが、
「コブを降りなきゃ点数がでない」「この1ヶ月、なんでコブばっか練習したのか」と思うと
やっぱりコブラインへ行くしかないよなーーー でも・・・ 降りられないかも、でも・・・
この種目は、私が最終滑走者だったので、最後の最後まで 不整地かコブかで心が揺れる。
ほかの受験者は、3人がコブラインへ、残り3人は不整地を滑り降りた。

ここでコブ降りんかったら、やっぱダメだよな、と覚悟を決め、コブラインへ。
目の前のコブひとつひとつクリアして、案外うまく降りていけてる?!
はっと思ったら、ゴールラインのポールを越えていた、慌ててコブから出ようとしたら、

板が両方 雪に刺さった?! 板が両側外れて ダイブ! 前転1回転! 


   チーーーーン。。。。 終わった・・・

自失呆然。。。
ほかの受験者が「ナイストライだったよ」
「ポール越えてからの転倒だから、点数出るんじゃんない?」となぐさめてくれるが
そうなのかなぁ? 
最後の最後で、いつものことだけど、やっぱり合格は遠かった・・・


解散後、鉄人と合流、いきなり頭ごなしにすごい剣幕で怒られる。
「だから、いつも近く見過ぎって言っとるだろうが」
遠くをみて滑ってないから、コブから出る位置に気付けんのだ、と怒る。

鉄人のあまりの剣幕に なんで そんな怒られなあかんーーー!!!(怒)と私も逆ギレ。

まだまだ未熟で余裕のないコブ滑り、こんなこともあるさーこんなことも経験だよなー 
1級はそんなに簡単でないから、一歩一歩と、自分は思っているのに、
鉄人は 私以上に 私の1級合格には一生懸命かも・・・(汗;)
でもあんなギャーギャー怒ることないじゃん。
  鉄人も ちょっと怒りすぎた、と反省したようだったけど


なーんか気まずい雰囲気で、残りの時間、またコブを滑る。
IMG_3744.jpg
そういえば、気がついたら快晴になっていた。
ゲレンデトップからはこの絶景。きれーーー


16時、スクールで合格発表。

IMG_3746_201502161226502c6.jpg

なぜか、合格してました・・・(謎)

IMG_3745.jpg
オール70点、加点種目はなかったけど、全て合格点が出たことは素直に嬉しい。


検定員の講評では、「この不整地で気の毒だった感じもあるけれど」とおっしゃりながら
不整地のスピードコントロールの基本は「横滑り」というお話をされる。
コブを滑るのに通じる話で、とてもためになりました。


先に車へ戻っていた鉄人の第一声は、
「やっぱ最後の前転が 良かったんでない?」 最後までムカつく野郎だ・・・

なんだか あんまり実感ないけれど、まだまだ先は遠い気がしていたので・・・ 
でもやっぱりホッとした。
これから心置きなくコブ練ができるなーーって。 

それと、2シーズン滑れず、復帰した今シーズンに早々合格できたのは、
やっぱ自転車のおかげ?かなーー 
心肺機能と体幹筋力はやっぱりアップしてると思うので、
ちょっと安定して滑れるようになったかもしれない、と自評。わかんないけど。

これからは1級に恥じないような滑り、精進しなくては。
とりあえず、次の目標は、鉄人くらいにコブが滑れるようになりたい! 無謀かな・・
       
スキーシーズン、まだまだ楽しみます。

新舞子まで平坦ライド  ’15.02.14

2015年2月14日 土曜日  晴れときどき曇り、一時みぞれ



日帰り2連ちゃんでスキー行くか、という話もあったけど、
体のダメージが少し残るようになってきたので、あれだけコブばかりじゃ 当たり前でしょう
スキーはやっぱり日曜日だけにしよう、ということになる。

じゃあ、今日は 少しロードに乗りましょう。
前日が雪混じりの1日だったので、やっぱり山方面はNG、知多半島だよね。
「じゃあ、背骨道を途中まで・・・」という私に
鉄人「えっ?!」
私「え?」
鉄「今、背骨道なんて言ってないよね?」
私「・・・言ってません・・・」

坂ありコースは まだしばらくお預け。まーいいでしょ、じゃ新舞子まで往復ライド。

暖かくなったであろう10時過ぎに自宅をでるが、寒いーーーー!!!
それでも名古屋市内を抜けるうちは陽射しいっぱいの青空だったのに、
知多市あたりまできたら、なんだか雲行きがおかしい。
三重の山の方にかかる雪雲?が、どんどん伊勢湾の渡ってきている???

ジャンキーストレートに入ると、みぞれが降ってきた〜〜〜
でもウェアが濡れてしまうほどではないので、とりあえず新舞子まで走る、走る。
新舞子に近づくほど路面はウェットになるが、みぞれの降りは弱まって・・・

新舞子到着! 晴れた!!!
IMG_3719.jpg

後ろを振り返ると
IMG_3715.jpg
名古屋、三河方面に向かう雪雲が・・・


IMG_3716.jpg
知多半島の先は、春、かなぁ? 行きたいなーーー でも風 強いかなぁ

鉄人、ここまで来たら もう帰る気満々なので(帰ってラーメン食べに行く気満々なので)
同じ道をまた戻る・・・
結構 風も強かったせいか、自宅に戻る頃には結構な疲労感・・・
60kmちょっと平坦だけで この疲れって、と思うけど、まー仕方ないか。

さぁラーメン!
IMG_3723.jpg
伏見にあるラーメン屋さん。
つけ麺がウリのようだけど、私はつけ麺より普通のラーメンが好き。
ここの魚介出汁いりの二郎系ラーメンが絶品、と思う。
ラーメン、魚介系出汁入り、好きだなーー


今日の記録(カルマ)
距離64.22km 実走時間2時間44分 
Ave23.47km Max37.91km 
高度上昇値428m 
平均気温5.6℃ 消費カロリー1666C 

コブ練 備忘録 滑走10日目 ’15.02.11

2015年2月11日 水曜日   建国記念日


記事が溜まってしまったので、この日の記録はサクッといきます

祝日、いつもの土日と同じ時間帯に自宅を出発。
しかし、名古屋市内も高速道路も車が多い。やっぱり祝日、仕事の人が多いんだなぁ。
早朝から皆、働きに出るのね・・・

昨日までの強烈な寒波が抜けて、今日はサイクリング日和になるとの愛知県内の天気予報、
だったらスキー場もきっと晴天だろう、と勝手に思い込んでいたら・・・

いつものゲレンデベース
IMG_3699.jpg
どんより曇り空・・・

ゲレンデトップも
IMG_3700.jpg
視界悪し、たぶん雲の中。

スキー場もやっぱり空いている。
IMG_3705.jpg

さて、今日もコブ練。
急斜面の ピッチ幅狭い、落差あるコブをどうしたら降りられるか。

鉄人にゆっくり降りてもらい、すぐ後ろをついて滑るのを何度も繰り返す。
思うのは、やっぱり自分はターンの入りが遅い、ということ。
そして、板の向きを変えるスピードも遅い。

鉄人の後ろについて滑ると、ターンのタイミング、速さがつかめて なんとか降りていけるが、
ひとりで滑ると、やっぱりターンに入れない・・・
ターンに入れない時の自分の姿勢、ポシション、を意識する。
やっぱり上体が山を向き、ポジションも後方に残っている。
これをなんとかしないといけないのか?

鉄人が「(ズリズリ)ドンの後、テールを浮かすんだよ」という。
確かにテールを浮かす意識をもつと、ポジションが前にいきやすく、トップが早く山の向こうへ落ちる。
これ、なのかなぁ?

「ドンは板でやるんじゃなくて、足裏でやる感覚」
「ドンは、次のターンに入るきっかけ」
「テールを浮かすのは 踵を引く(お尻方向へ引き寄せる)感覚」

いろいろ言われて 頭がいっぱいいっぱい。
でも、これを掴めれば、ひとつ壁を越えられる気がする。

IMG_3711.jpg
夕方になって少し晴れ間がでてきた。
ラストは整地で大回り小回り、して。大回りは、すごく気持ちよくできた。


帰宅してブログを見たら、こるなごさんからコメント

>ピッチの狭いコブで板が上手く回せないのはドンの後、テールが接地してるからでしょう

やっぱりそうなんだ! 
そして鉄人とほぼ同様のアドバイス。
  そうなんだ、そうなんだ〜と。鉄人の言うことは半信半疑だったりするので・・・
俄然、また頑張る気アップしました・・・ありがとうございます!

まだまだ練習したいなー がんばろ。

ピッチ狭の深コブはどうする? 滑走9日目 ’15.02.08

2015年2月8日 日曜日   雪


名古屋は午前中 雨予報。
まだ2月上旬、さすがに山は「雨」ということはないだろう。
案の定、長野県に入った辺りから雪が降り出した。
IMG_3665.jpg

スキー場への峠道手前で もうこの降り・・・
IMG_3667.jpg

今日は終日雪でのスキーになりそう。
もちろん晴天のスキーが一番気持ちよいけど、雪降りのスキーも嫌ではない。
新しい積雪の上を滑れるのは結構楽しい。
  ただ運転手は帰り道のことを考えると、やっぱり雪降りスキーは嫌かも


今日のゲレンデトップ
IMG_3672.jpg
乗鞍もおんたけも、何にも見えない。

今日はそれほど寒くない。
氷点下5℃くらい?マイナス10℃までは下がってない気がする、コブを滑ると 少し汗ばむので。

今日のコブ練
先週の復習と確認。ズリズリドンの「ズリズリ」を溝から遠いラインで。
このラインでズリズリすれば、深コブも低速なら降りれそう・・・

IMG_3670.jpg
スクールの先生たち集団も「ズリズリドン」練習していた。 黄色のウェア集団、見えるかな?

何度も、深コブを超低速ズリズリドンで降りる。
が、いつも同じ場所で ターンに入れない。
コブ同士のピッチが狭くなるところ。そして階段のような絶壁で大きな落差。
どうしても板のトップを下へ向けられない。どーして?

ピッチ狭&深コブを 難なく滑り降りていく鉄人やほかのスキーヤーの滑るラインをガン見。
フォールラインに板のトップを向けて降りている・・・
ピッチが狭いところほど、板が縦に、縦に、という感じ? 私はかなり横にしてる
うーん?「ズリズリドン」してないのか?

鉄人に聞く。
「確かに板を縦にして入ってるけど、ズリズリドンは してるよ。
        テールだけで削って(ズリズリ)当ててる(ドン)」 

まず フォールラインに向けて 板のトップを向ける、これ怖過ぎ。
テールだけでズリズリドンって? どうやってやるんだ???

難しいなぁ。。。。

でも 以前に比べて コブがよく見えるようになって、いろいろ気づけるようになった、と思う。
これまで運試しで滑っていた自分にしたら、すごい進歩だーーーー


今日の備忘録
・左ドンの後、もっと早くターンに入る そうすれば右ズリズリがしっかりできる
・ピッチ狭のコブは板を縦にして進入、テールでズリズリドン(←どうやったらできるかわかんないけど)


次はピッチ狭コブをどうしたら降りれるか、が課題。

コブ練の話はここまで。

今日は 新たなおんたけ常連さんとも再会。懐かしかったーーー
おんたけの常連さんは、ほんとに心底「スキーが好き」という人が多くて、
お会いするとすごく嬉しくなる。
心底「自転車が好き」という自転車乗りさんと一緒になった時と同じだな、と思う。


今日のコブゲレンデ
IMG_3673.jpg
結局、この日も おんたけ常連組に呆れられながら終日コブに入った。
  雪山でもウルトラと思われている(汗;)
でもラスト2本というところで、
何でもない整地ですっ転び、コブでひっくり返り、板をとられ外れ 体はダイブし・・・
続けて3回も転んで、もう脚が限界にきてることにやっと気がついた。

「これだけ転んじゃ、もうコブは限界」という私に
鉄人「そうなの?俺、まだ全然平気だけど・・・」 あー恐ろしや・・・

IMG_3697.jpg
帰り道、R19と合流箇所、まだガンガン雪降ってます・・・

終日コブでも全然平気らしい鉄人、さらに雪道運転も平気?? ほんとお疲れ様です。
  私は一応、中津川ICまでは寝落ちせず頑張りました。


やっと初乗り ’15.02.07

2015年2月7日 土曜日   晴れときどき曇り


久々に風のない穏やかな休日。
午後から所用があるけど、午前中は予定なし。
いまひとつ乗り気でない鉄人に もうそろそろいい加減ロードで実走しようよ・・・と頼み込む。
 私がロードで一人ライドするのは反対するので・・・

とうとう1月は一度もロードに乗らず終わってしまった。
それでも私はIDIOMでジデツウして、ローラーも少し乗ったりしていたけど、
鉄人においては、今 大きな仕事を抱えていることもあってジデツウもせず、
ローラーも全くやらず、正真正銘1ヶ月以上全く漕いでいない、という状態。
少しの時間でも乗ろうという気もあまりないようで。
「自転車、もうやめるの?」と思わず聞きたくなるが、こんなに乗る気なしのようにみえて
 欲しいバイクでもあるのか自転車機材のサイトはよく見ているんですよねー・・・ほんとよくわからん。


一応、気を使って、坂なし平坦オンリー60kmほどのライド「新舞子まで」はどぉ?
  ほんとは同じ60kmなら雨沢峠へ行きたいところだけど、ここは我慢
鉄人「新舞子行くなら・・・」と 知多方面で行きたいところがあるらしく、
もうどこでもいいから、と 10時少し前、とりあえず出発。
IMG_3657.jpg
2月にして やっとこさロード初乗り(感涙)

1ヶ月以上ぶりのロードは「ひゃー軽い!」
IDIOMの重さにすっかり馴染んでしまっている。
ペダルのキャッチもSPDの感覚でがっつりペダル上に足をのせてしまうので、
何度かカーボンの軽いSLペダルが空回りしたり。

でもすぐ扱いには慣れて、そうなると ロードはほんと楽しい。気持ちいいなーー
1ヶ月以上ぶりの鉄人も35km/hオーバーで、どんどん天白川沿いを進む。

あっという間に30kmほど走って 鉄人が行きたかった目的地へ。
IMG_3659.jpg

そして、即 Uターンで帰路に。13時の約束があるので12時半までには帰りたいのです

途中、こんなノボリが・・・
IMG_3658.jpg
もうすぐ佐布里池の梅が咲くんだーー 14日から梅まつり、らしい。
今年こそは梅見ライドしようっと。

再び天白川沿いへ。
IMG_3661.jpg
もう春の空気感。

それまで30km/h前後で前を牽いていた鉄人、なんだか失速してきた、25km/hをきる速度。
「あー疲れたなーーー お腹すいたなーーー 」
やっぱり1ヶ月ぶりの自転車はしんどいらしい(笑)
  もちょっと速く走ってくれないと約束に間に合わないよ〜

小学校の通用門前を通る・・・
サッカーの練習を終えた小学生が屯っている。その中の一人が走ってくる私たちを見て叫んだ。

「すげぇぇーー ロードレーサーだ!!」

俄然、スピードが上がる鉄人。
シャーーーと小学生の前を走り抜けていく(爆)
おかげで12時半ちょい過ぎには家に戻れました。ロードレーサーだ!と叫んでくれた小学生のおかげ


久々に実走したロードバイクは、やっぱり楽しかった。
スキーも楽しいけど、楽しさが違うかなぁ。
走り(滑り)終わった後の爽快感はやっぱり自転車の方が上、かも。
でも今はやっぱりシーズンモノのスキーだけど、
短い距離でも走れる時間ができたら走りたいなーー
「今度の60kmは雨沢峠ね」と言ってみるが、「ちょっと耳の調子が悪いなぁ」と鉄人。
まぁいいや、今は平坦ばっかでも、少しでも乗れるのなら。

スキーシーズンが終わったら、 山と距離は それから。


今日の記録(カルマ)
距離56.11km 実走時間2時間39分 
Ave24.1km Max40.3km 
高度上昇値317m 
平均気温7.3℃ 消費カロリー1454C 

2015年1月走行距離まとめ

この週末の記録の前に・・・

2015年1月走行距離まとめ

カルマ 0km 
IDIOMゼロ 301.95km


累計 301.95km


ジデツウだけでなんとかギリギリ300km越えた・・・(汗;)
そして見事にロードは0km(大汗;)
 もう100km越えのロングライドも、坂も、走れないような気がする・・・

ロードの乗り方、忘れそう。あ、でもローラーでボチボチのってましたが。
「冬はスキー」だから仕方ないんですけどねぇ・・・
でも 少しでも乗れる時間があれば乗りたいなーーー・・・と思うけど、
いろいろと所用もあったり、鉄人が乗りたがらなかったり、なかなか、難しい。
スキーのシーズンオフまでは、なんとかローラーでつないでいけるといいな・・・がんばろ。

氷点下16℃でズリズリドン! 滑走8日目 ’15.01.31

2015年1月31日 土曜日  曇りときどき雪


ゲレンデは毎度同じホームゲレンデ、記事内容もコブ練の私の備忘録、なので、
適当に読み流してください・・・


今週末は日曜日所用ありで、土曜日に出動。
IMG_3640.jpg
昨日の雨は、こちらではやっぱり雪だったようで。
スキー場に続く峠道は、こんな状態。今日はいい雪面が期待できるかな?

先週の暖かさとは比べものにならない位、今日は寒い。雪もちらついているし風もあるし。
先週とはたぶん10℃以上温度差がある気がする。

ゲレンデトップ 
IMG_3642.jpg 今日はおんたけさんは全く見えず。

IMG_3650.jpg コブゲレンデトップから見える乗鞍も今日はお預け。

最初の1本目は整地斜面で慣らし。
昨日の積雪はがっちりとは圧雪されてはおらず、若干モサっとした斜面。
雪質も思いの外、湿雪・・・板がひっかかる感がときどき。これが、私は苦手で。
こういう雪質で板がひっかかって ひどい捻挫をしたことがあるから。
どうしても「怖い」意識が先にたってしまう。

「怖いなー」と思いながら、2本目からは早々とコブゲレンデへ向かう鉄人。
しゃーなしについて行くけど・・・
案の定、全然滑れない。怖いモードスイッチが完全にON状態。

鉄人に「溝、見とるやろ・・・」

あぁ、そうだった。しっかり溝を覗き込んで、溝の深さを確かめて 滑ってた・・・
いかん、いかん、(コブの)山を見て、山を見て、と。
すると、あら不思議。ちょっと滑れてきた・・・あーよかった。。。
ほんとに不思議。視線の先が少し変わるだけで 滑りも全然変わってしまう。


滑り出し不調の今日、やっと調子が戻ってきたかな・・・と思う頃、もうお昼。
さすがに今日の昼ご飯は外ランチでなく車内で。

午後になると少し青空も見えるけれど、あいかわらず雪がちらつき風も強い。
リフトが高速運転できるギリギリの強風。
IMG_3643.jpg 強風で雲がどんどん流れている・・・

午後になってもゲレンデトップ(標高2130m)の温度計は氷点下16℃・・・
風もあるので体感温度はもっと寒い筈。
今日はモンスター樹氷も復活していた。
IMG_3649.jpg

さて、午後もコブ・・・
  氷点下16℃でもコブに入ると全然寒くないのが不思議。汗かかなくてちょうどいいくらい??
今日は先週は回避していた、斜度あって深くて不規則なコブにチャレンジ、
とは言っても そんな簡単にはいかないので、
まずは超低速「ズリズリドン」の練習。 「ズリズリドン」コブ練する人にはわかるかな?

が、超低速ができない、トップをまわしたいのにまわせずターンに入れない(泣)
リフト乗車中に鉄人にいろいろと教えてもらうが、
コブのないところで、3次元(コブ)での動きを説明されても さっぱりピンとこない自分。
 コブを最初から滑れる人って、絶対右脳人間だと思うなー・・・
 私みたいな典型的左脳人間って、3次元(コブ)の狭い空間の把握、理解から疎い気がする・・・


聞くよりも見るべし!
で、急斜面深コブでの「ズリズリドン」を鉄人にやってもらい、
すぐ後を同じラインでズリズリドンしてみる。

あら、「ズリズリ」するラインが 私と全然違うんだ!とわかる。
鉄人は「ドン」した(コブの)山のすぐ裏側を「ズリズリ」していく・・・
すぐ裏側で「ズリズリ」しようと思うと、
「ドン」したら、すぐに板のトップが自然に下へ向いて
自然とターンに入れるよ??!! えぇーーそうなんだ!
自分は溝へ少し入ってからズリズリしようとするので
板を回そうとしないと(緩斜面ではなんとかなるけど、急斜面だと回せない)ターンできないんだ・・・


すごーい!ドンのすぐ裏側(溝へ進まない)でズリズリすれば、ドンとターンが楽につながって
次のズリズリもいいラインで入れる・・・と言うことがやっとわかった、できた!
これができれば 深コブ不規則コブでも低速なら なんとかなりそう?!

「すごい、すごい、ズリズリドンってこういうことね」と興奮気味にまくしたてる私に
「だから、ずっとそう言ってるじゃん・・・」と あきれ顔の鉄人。
リフト上で延々と鉄人がレクチャーしていたことが、やっと理解できた。


忘れないうちに滑り込むぞーーーと意気込むけれど、すでに遅し。
時刻はもう15時半。 え〜もうそんな時間??!!
リフト乗車最終時刻15時45分。次のリフトで今日はラスト・・・

はぁーー悲しい。もうちょっと滑りたかった。
次まで忘れずにいられるかな? 忘れないようにここに詳しく書いておこう。

  今日の備忘録 溝を覗き込むな、先へ先へ(コブの)山を見る
         ズリズリは溝から遠い(コブの)山のトップから。
         ズリズリドンでエッジを立てない
         内脚、遊ばせないように、そろえて。


IMG_3651.jpg
 深コブスタート位置。次も頑張ろう。

プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR