神坂峠試走と馬籠峠を超えて妻籠へ ’16.06.26

 本題の前に
IMG_6905.jpg
梅雨だから仕方ないのだけど、ちっともジデツウできない。
朝か夕か、どちらかのジデツウ時間帯に雨。先週は一度もジデツウできなかった。
木曜日の夕方、ワンコの散歩をしながらあまりにも天気良くて湿度も少なくて快適なので
(朝は土砂降りの雨だったけど)
我慢できず、娘も鉄人も帰りが遅いのをいいことに 19時過ぎからぷらりとIDIOMで市街地を走りに行く。
1時間弱ポタポタ?ガシガシ?走って、家の周辺の坂を2〜3回上って帰宅。あーすっきりした。
夜こっそり走りにいったことは、娘にも鉄人にも内緒。 言った時の二人の呆れ顔が目に浮かぶので。

6月23日木曜日の記録(IDIOMゼロ)
距離14.43km  
平均気温22℃ 




さて、本題の記事です。

2016年6月26日 日曜日   中津川周辺は曇りのち晴れ


この日はACAツールドのロングライド「渥美半島&浜名湖」の日。
久々の160kmのロングライド、行きたいなーと思っていたけれど、
鉄人に「今週末は神坂峠ね」と先手を打たれる。
 そう、来週末はACAツールドのヒルクライム「神坂峠」なので、その試走に行くよ、ということらしい。

神坂峠・・・かぁ〜
これまでのヒルクライムレースで、過去最高にキツかったのが この神坂峠。
距離は15km弱と短いけれど、平均勾配8%をレースモードで走るのは 相当キツイ。
内心、神坂峠HCは嫌なんだけどなー・・・と思いつつ、
でもまぁ、走らなきゃ走らないで絶対後悔するんだし。 頑張るか。

けど、せっかくトランポして中津川まで行くんだし、
神坂峠試走だけで終わらないよう 頼んで、その後のサイクリングを楽しみにして。

残念ながら日曜日は、朝に所用あり。
それを済ませてからの自宅出発。なので、トランポ地到着は10時少し前。
 実は神坂峠の後、大平峠へ行ってみたいー(片道35km)と思っていたけど、ちょっと無理だな(涙)

スタート地点。
IMG_6906.jpg
名古屋はぴーかんだったのに、曇り空の中津川。神坂山は雲隠れ。

10時半少し前に スタート。
2km先の神坂峠へ向かう橋まではのんびりとアップしがてら上っていく。
 けど、序盤こんなに勾配あったっけ??

橋を渡って急坂。
それを越えると、田んぼの中に民家が点在する里山風景、このあたりは勾配ゆるんでちょっと楽。
淡々と上っていたら、鉄人が後ろから「コースアウトしてる」と言う。

えー?コースアウトって??
このコースって普通に道なりに上っていけばゴールじゃなかったっけ?2年前はそうだった

ガーミンの画面を、昨日ダウンロードした「2016神坂峠ヒルクライム」のルートに変えてみる。
ほんとだ、オフコースになってる?
コースミスしたところまで数百メートル戻る。

ガーミンのルートだと、
途中 左に曲がって 田んぼの中の農道的な細い道を上っていくことになっている。
まっすぐ上っていって右に曲がった先で、先ほどの道に合流する、ということらしい。
あとでルートラボ上で確認したら、
距離は少しばかり短縮されるようだけど、その分 上りの勾配はキツくなる(涙)
でも確か、2年前は道なりのコースだった筈、去年から変わったのかなー?
けど、その左折する(農道に入る)箇所って、
立哨の人がいないと絶対見落として直進してしまうと思うけどなー・・・


なんとなく納得がいかないコース変更に少し悶々としながら、淡々と上って。
少し勾配がキツくなるけど、さほどではなくて。
でも、想像以上に路面状態は悪い。 2年前もこんなに悪かったかなー?
穴ぼこだし、砂利というか小石が散乱していたり、グレーチングも何箇所も。
 路面をちゃんと見て走らないと、パンクしそう。

でもって、結構 車の往来が多い! 
それもかなりのスピードで、あの狭い道幅なのにグネグネカーブから飛び出してくる車多数。
路肩も濡れ落ち葉だったりで危なくて、停車&脚付きで車をやり過ごしたり、
車同士すれ違えない道幅なのに互いに進みあって立ち往生、自分たちも通過できずに脚付き停車とか。
 2年前の時はこんなに車が通らなかった気がする。
 トレッキング人口が増えたのか(たぶんこの道を車でくるのは登山目的かと)?
 2年前は天気が悪かったので、トレッキングに来た人がたまたま少なかったのか?

前からも後ろからも 車がくるので 前後にも気を配りながら上る・・・
 来週の本番も こんなに車の往来があったら、嫌だなー・・・

そして、あの 2年前も 停車して左足を付きながらまたいだ 幅広で深い横断溝。 
まだしっかり健在だった。今回も足をついてまたぐ・・・

10km過ぎたあたりから 周囲が白い靄に包まれる。たぶん雲の中に入ったようだ。
そして風も少しでてくる。

少し前を走っていた鉄人が 減速して路面を指さしている。
指さした先にはグレーチングが1枚外れかかって溝に落ちている。
「これ、危ないなーー」 
とりあえず 今はこのままにして、帰りに直していこう、と、そのまま進む。
 これって、もしかして 1週前あおこさんたちが試走した時に 直したあのグレーチングかなぁ? 

10km過ぎてからは12〜14%の勾配が続く。
サイコンの距離を何度見ても12km台、全然距離が進まない。
それもその筈、スピードメーターはずっと一桁(笑) 
2年前も残り5kmがめちゃめちゃ長くて辛かったけど、それは2年後も全く変わらず(汗;)

頭上が明るくなった?と思ったら ゴールだった。
IMG_6908.jpg

周囲は真っ白(たぶん、雲の中か?) 風も強い。 
ものすごく汗をかいてるので一気に汗が冷えて、めちゃめちゃ寒いーー!!!
標高1500くらいで、まさかこんなに寒いとは思わなかった。
ウィンドブレーカーを慌てて着込んで、さっさと下山開始。指ありグローブが欲しいなー

IMG_6909.jpg 道の先もガードレールの向こうも何も見えません

ゴールから2kmほど下ったところに、あの問題のグレーチング。
溝に半分落ちていたグレーチングをはめ直すけれど、
グレーチング自体が歪んでいる?曲がってる? しっかりはまらずグラグラ、不安定。
IMG_6911.jpg 上に乗って確かめてみるけどーガタゴトしてる
車が乗るとまた外れるかもなー かと言って最初から外しておくのも危険だし。
とりあえず このまま下山・・・ 
来週はどうなってるだろう?スタートから12km付近のグレーチング箇所、要注意です
>あおこさん〜 たぶん表向きではグラグラだから裏返してあったのかも?でも裏返しも危ないよね、自転車は。

路面がずっとウェットだったので(昨晩の雨のせいで)
かなり慎重に下ってスタート地点まで戻る。 
すでに13時近い。 
けっこう疲れたなー このままお風呂はいって帰ってもいいかなー と内心思うけど、
でも せっかくここまで来たし、大平峠はやっぱり無理だけど、
馬籠とか妻籠はゆっくり寄ってみたいなー これまではACAツールドで通過するばかりだったので。
ということで、とりあえず馬籠峠へ。こちらから上るのは初めて。

クアリゾート湯舟沢前を通過、お味噌の焦げたいい匂いーーー
ちょっと気になるけど、お昼ご飯は馬籠で〜という気持ちもあったので
そのまま馬籠へ向けて上り始めるけど・・・やっぱりお腹すいた。
一旦、神坂峠の下山の時から着ていたウィンドブレーカーを脱ぐために停車。
そして、「お腹すいたな」「さっきの五平餅、食べてくか」  Uターンする(笑)

IMG_6915.jpg 五平餅とたこ焼きのお店。

店の前のオブジェ
IMG_6928.jpg IMG_6916.jpg だんごのような五平餅 1本110円 
美味しかった〜 これだったら3本くらい食べたい。
補給のために持っていたおにぎりや大福も食べて、再度馬籠峠アタック。

馬籠ではいったん立ち寄るけど、
あまりお腹すいてなかったので そのままスルーして馬籠峠てっぺんへ向かう。

IMG_6929.jpg 馬籠峠てっぺん!
 スーパー恵那山ではスルーしたけど、今日は記念撮影。

峠のむこうへ下ることをちょっと躊躇する・・・
スーパー恵那山の時には結構長くてキツく感じた上り、
今 向こう側へ下ったら 帰りは また上らなくてはいけない。
でも妻籠へは行ってみたい。意を決して? 峠の向うへおりる。
思った通り、ながーいながーい下り。 上り返せるか?ちょっと不安。

下った先の三叉路。
左折すると、すぐ妻籠。
右折すると、先日のスーパー恵那山のコース。そして大平峠。 
気持ち的には右折したいけど今日は左折。今日は我慢。名古屋に18時には戻りたいから

左折して 2kmほど下って〜妻籠宿 到着!
IMG_6931.jpg
そっかー 馬籠は山の中の宿場町だけど、妻籠は川沿いにある宿場町なんだーー実は妻籠は初めて来ました。

宿場町を自転車ひいて歩く。
IMG_6932.jpg IMG_6933.jpg IMG_6934.jpg
風情あるね〜本物の江戸時代の宿場町みたいーーと思ったら、本当に本物なんですね
全国に先駆けて街並みの保存活動をした宿場町だそうです


IMG_6935.jpg 
こーんなでっかい ワラ人形?ワラ馬?
 乗れるのかなーと思ったら、「乗れません キケン」と張り紙がしてあったw

宿場町を端から端まで歩いて、さて折り返すか。
再度 馬籠峠アタック。

スーパー恵那山の時は、最後の峠で もう脚は売り切れ。
かなり我慢して上ったので かなり「辛い峠」のイメージ。
今日はどうかなー? 意外と楽かも? やっぱり前回とは距離も獲得標高も半分だしねー
途中、鉄人との間が徐々に開く。
最近は「はい、お見送り〜」な感じで、後を追っかけることもしなかったけど、
今日はふと我にかえって、今の自分の走り方、客観的にみてみる。

ずいぶんペダルのんびり回してるんだー今。ケイデンス60台。
もっと回せるのかな? ケイデンス70代後半〜80台。 
なんだ、回せるじゃんね。
というか、私、自分では気づいてないけど、こうやってよく休んでるのか?(汗;)

今日は鉄人から遅れないよう ついていってみる。
回して、回して、勾配急なところは速度を落とさないようダンシング。
なんだか小気味よくテンポよく上れる感じ? テンポよく上れるって楽しいし気持ちよいんだ〜

鉄人が 「ここを右に曲がるとたぶんゴール(峠てっぺん)」
えっ? もう??? 
前回の半分くらいしか上っていない感覚。 ほんとに もうてっぺんーーー???
でも右へ抜けたら、ほんとに峠の茶屋(てっぺん)があった。

すっごく距離が短かった気がするー?なんで? 
あ、そっか、神坂峠の逆で、スピードが出てるから 距離が短く感じるんだ!
なんだか、すごく良いイメージで上れたなー 速く、というよりテンポよくってのが いいなー

とか、なんとか考えながら、下るー


馬籠宿に立ち寄る。
IMG_6942.jpg

まずトイレへ。トイレの窓から見えた景色に感動!
IMG_6938.jpg ほっんとキレイ。田んぼ好き。

そば食べたいなーと思ったけど、ランチタイムを過ぎていてアウト。
スィーツで我慢。
IMG_6940.jpg IMG_6941.jpg 
  左:わらび餅入りソフトクリーム、右:イチゴかき氷ソフトクリームトッピング
なんだかすごーく美味しかった!

あとはトランポ地まで がーーーと下って 無事車まで戻る。
IMG_6944.jpg お疲れ様ーー

ガーミンのログ見てびっくり。
距離はたった50km強なのに、獲得標高は2000近い。 
確かにこの辺り、平坦ないもんなーw

神坂峠試走はともかくとして、
サイクリングはやっぱり楽しいねーの、馬籠峠と妻籠宿場。
そして、ケイデンスちゃんと見て休まないで上らなきゃ、と気付いたのは収穫。
神坂峠もテンポよく上れたらいいけどー やっぱ無理かな(笑)



今日の記録(カルマ) 
距離54.26km 
実走時間4時間02分 
Ave13.4km MaX47.5km Ave.どーして?と思ったけど、妻籠宿場町で押し歩きしてたからかー
高度上昇値1852m 
平均気温19℃(9〜30℃)
消費カロリー1934C
スポンサーサイト

あじさいポタと箱庭練  ’16.06.20

2016年6月20日 月曜日   曇りのち晴れ  


昨日の日曜日は、前日の予報よりずっと早くに雨が降り出す。
外での実走は早々に諦めて、ローラーくらいは乗ろうと思うけれど、
なんだかんだで、すぐ夜。 
ローラーローラーと思いながらリビングで寝落ち。目が覚めたら深夜。
どーも「練習」って、できないタチです、昔から。 
 ピアノは好きだったけど、課題の「練習」はホントにやらなかったなー

翌日、月曜日。
朝まで少し雨が残っていたけど、どんどん晴れてお昼過ぎにはぴーかん!
けど、平日の貴重なひとり休日は、やることいっぱい。
ちょっと一段落、もう14時ちょっと前。 

16時まで2時間だけ時間が空いた。
どーしよ、自転車乗るかな? 
こーいう時こそ、箱庭的周回坂練、か?

  ・・・・だめだ、やる気しない。

そうだ、茶屋ヶ坂公園のあじさいを見に行こう!
こうなると、あとは早い。 ちゃちゃちゃっと準備してIDIOMでしゅっぱーつ!

茶屋ヶ坂公園は、車での通勤路途中にある公園。
自宅からは5〜6km? ただそのルートは平坦はほとんどなくアップダウンの連続。
 なので、ジデツウは別ルート。ジデツウはアップダウン最少限ルート。

そのアップダウンルートを初めて自転車で行ってみることに。
いざ自転車で行ってみると、車内からみるよりも勾配はきつくないかも?
上ったり下ったりを4回繰り返して、茶屋ヶ坂公園到着。

私の通勤路側からはあじさいは全く見えず。
公園の裏手へまわると どっちが表か裏かはわかんないけど
IMG_6867.jpg 
 おぉ〜 咲いてる、咲いてる!

IMG_6870.jpg IMG_6878.jpg
IMG_6879.jpg IMG_6885.jpg
ほぼ満開のあじさい園の中を IDIOMをひっぱってウロウロ。 あじさいは色が好きー 丸い形も可愛い
今年も見にこれてよかったなー
そういや、去年はここであじさい見た後、雨沢TTしに行ったんだっけー・・・・と思い出す。

時間もあまりないので、自宅方向へ戻る。

IMG_6893.jpg
この池の周り、周回コースがずっと気になっていたけれど、自転車はNGだった。残念。

池の向こうは平和公園か〜
そういえば、平和公園内もロードバイクが周回練習、よくやってるよなーと思い出し、
 聞くところによると トライアスロンの人たちだとか
箱庭的周回の坂練コースが作れるかな?と 探索へ。 練習しないくせに〜(爆)

平和公園の中をぐるぐる〜
公園内で一番高いところにある平和堂まで上って。
IMG_6895.jpg

平和堂の裏からは、名古屋の南西方向?が一望。
IMG_6896.jpg

平和公園内もそこそこ坂道はあるのだけれど、
全体的に勾配が緩い〜 最大でも5%あるかないか、くらい。
ちょっとヒルクライムの練習にはならないかなーという感じ。
それにやっぱり周りが墓地というのも、なんとなく、ね。

さてー帰るか。
IMG_6894.jpg
ここが車通勤路の中で一番の激坂、と思っていたけど往きに上った感じではそんなでもなかったなー?

IMG_6898.jpg
自販で補給?補水?

やだなー いやなんだけど、けど、
けど 上らねば!
なぜか変な使命感というか、強迫観念というか(笑)
箱庭的周回の坂練その2コースへ。 

井戸端会議中の幼稚園児お迎えママたちに不審そうに見られながら5周回。
IMG_6903 (1)
やっぱ不審に思われるよね、何度も何度もぐるぐると。ご近所で箱庭練やると、それがちょっと問題。
チャリダーで紹介されてたTさんは ご近所さんに街頭パトロールって言ってたなw



汗だくで帰宅。
16時過ぎたー 急いで 車で次の予定へ。
IMG_6900.jpg 今日のおやつ。
今日こそは、マンゴか抹茶と思うのに、なぜかいざとなるとコーヒーを選択してしまう(汗;)


今週の天気予報はずっと雨マークがついている。
ジデツウは難しいかなー?
梅雨の合間に少しでも乗れてよかったかな? あじさいも間に合ったし。
それに、地味〜に嫌だった箱庭練もちょっとだけやれたしね。



今日の記録(IDIOMゼロ) 
距離24.75km 
高度上昇値501m 
平均気温30℃ 
消費カロリー739C

自転車に乗らないと風邪をひく?? 風邪の後のリハビリライド ’16.06.18

2016年6月18日 土曜日   晴れ


先週の週末は
鉄人の出張に合わせて、渋々 休脚日に。 とはいっても箱庭周回坂練15kmは走ったけど
本当に久しぶりに家にこもって ほぼ終日お勉強した。

そうしたら、風邪をひいた。それも10年ぶりの発熱つきの風邪。 
 お勉強なんかするから知恵熱だよ、と言われる始末。
もともと丈夫なタチなので、昔から寝込むような風邪をひくのは5年に1回あるかないかだったけど
日常的に自転車に乗るようになってからは、
ほんとに風邪とは縁遠くなり鼻風邪すらひかなくなった。
ここ最近 寝込んだ風邪といえば、5年前のノロウィルスの時が最後。

10年ぶりの発熱は、めちゃめちゃしんどかった。 熱はさほど高くなくて38度前後なのに
仕事は穴をあけることができない業務なので、休むわけにいかない。
ロキソニンで騙し騙し水曜日まで頑張るけど、
やっぱり解熱剤では熱のぶり返しが続くだけで治っていかないので、ロキソニンはやめる。

木曜日の早朝 「自転車こいで汗かいたら治るかな?」と思い立ち、
出勤前にローラー10分、やってみるか。
こいでみたら、意外と回せるので 結局15分こいで心拍150台まであげて 汗たっぷりかいて終了。
なんだかスッキリ、すっごく気分良くなる。その日は1日中熱はあがらず働ける。  

金曜日、昨日の雨はすっかり上がり快晴。
今週初のジデツウ。 気持ちいい〜なー。 汗かくのがホント気持ち良い。
仕事もほぼ全開で働ける。

で、思ったのは、自転車に乗ってると風邪をひかないのは
自転車に乗って汗をかく(体温をあげる)から??
心肺機能が強くなるせいもあるかなーと思うけれど、
風邪の菌が体内に入っても、
自転車乗って体温を上げることで 発症する前に菌が死滅しちゃう?

たぶん今回の風邪は、
週末しっかり自転車に乗らなかったから ひいたんだと思う! 
  と 鉄人に断言して(爆)

実際、強度強めで自転車に乗ってる人って、ほとんど風邪ってひかないと思うんですがー? 
皆さんは、どうですか?





というわけで、土曜日。
2週間ぶりのロードバイク、病み上がりリハビリライドへ。
日中の気温も上がりそうだし、夕方から所用もあったので、
山練ショートコースへ。 雨沢〜戸越コース。

自宅出発10時ちょい前。 もうちょっと早くに出発しないとヤバイ季節だな

モリコロ坂手前の交差点。
IMG_6837.jpg 鉄人、今日はクロモリ
熱中症対策・できるだけ日陰で信号待ちしましょうね。

緩めの上りをいい感じで加速しながら上っている途中で、突然おっとっと、減速する鉄人。
「今、間違えたでしょ?(笑)」
カンパのシフトチェンジ、やっぱり間違えるらしい。

雨沢前の定点補給
IMG_6840.jpg 今日は補給というよりクーリング

12時ちょっと前、雨沢アタック。
でも今日はタイムアタックはしない。
ラップボタンは押すけど追い込まない、一定のパワーで淡々と上るつもり。暑いし、一応病み上がりだし。
序盤は21〜22km/hで。 これくらいで上っていくと楽だなー

もう熱は全然ないけど、鼻水と咳は少し残っているせいか
しばらく上ると鼻水と痰が〜ゼロゼロごろごろ。 
オヤジみたいに何度も咳払いし、もう道端に痰を吐き出しちゃおうか、と思った瞬間
クライマー体型のローディ二人に「こんにちはー」とパスされて、慌てて痰を飲み込む(汗;)

あービックリしたー よかった、ぺっっっ とか やらなくて。
でも オッさんみたいな咳払いは聞かれたな・・・ がっくし。

しかし暑いなー 今日は。 もう午前中に走り終えないとヤバイなぁ。
勾配のキツイところでは、やっぱり力ないなー 病み上がりのせいか?ちょっと筋力落ちちゃったのか?
ウダウダ思いながらも、坂ではやっぱりクルクル回したくなるので、後半は少しだけペースあげて。

県境看板を越えて下りに入る。通過タイムをみて、25分は超えなくてすむかな?
途中から先行して姿が見えなくなった鉄人が、珍しくチンタラ走っているのが見えてきた。
 今日は、暑いからTTしないと言っていたけどね。
鉄人に追いついてパスして、最後のゴール手前の上り。

後ろから「ほら、アタック! ケイデンス20上げて!」 と、鉄人の声。
そーだ、私の苦手な上りでのアタック。ちょっと頑張ってみるか? ギアを下げてケイデンスアップ!
「おまえー ギア下げたら アタックにならんだろー」 
そーか、そーだよな。ギアそのままでケイデンスあげなきゃスピード上がらんじゃん・・・ 
重いギアで回せるようにか、ダンシングでスピードアップか、 
どちらにしても非力な自分には難しい課題だなー(涙)

IMG_6843.jpg
24分台でゴール。 病み上がり&追い込まずに上ったわりには まぁまぁか。

IMG_6844.jpg 壁面の苔の碧がキレイー癒される

夕方に遅刻できない予定があるので、早々に雨沢の向こうへ。
IMG_6846.jpg どぴーーーかん!
暑い日だけど、明日の天気が危ういせいか、今日はいつになくローディが多い。

戸越峠も 上りはじめは抑えめに、
てっぺんまで残り500mを徐々にケイデンスをあげて ちょっと出し切る。
2kmくらいの上りだと 気持ち良いなー
あとはビャーー下って、いつもの瀬戸〜長久手連絡路?をのんびりー帰る。

今日は愛工大前を通ってミニストップへ。
そう!これ!
IMG_6847.jpg パチパチ ソルティレモン
暑い日はこれに限るー ほんと絶品、大好き、ハロハロ。

750mlと500mlのボトル2本体制で家を出たにも関わらず、今日2本めの500mlペットボトル購入。
IMG_6848.jpg
そんなに汗をかかないようにみられるけど 酷暑の日でも涼しい顔して走ってるらしい?
かなりの汗っかきだし、大量に飲む。

14時、上からも下からも(地熱)暑さはピーク。 
鉄人のジャージに塩模様。 早く帰ろう。 あと10kmちょっと。
ハロハロのおかげで、体の熱はかなりとれた印象、受ける風が涼しく感じる。
信号の多い市街地を走って、15時少し前 無事帰宅。


着替えて車で 福ちゃん!
IMG_6849.jpg 右、もやし多め(無料)

そして夜は ひさびさ娘とデート♪ 
IMG_6859.jpg 
部活や塾で忙しくなった娘とは 約1年ぶりの来劇。 
オペラ座の怪人は何度見てもやっぱり飽きない。 千秋楽までにもう1回観にこようかなーー



さて、明日の天気はどーかなー・・・・?    





今日の記録(カルマ) 
距離71.77km 
実走時間3時間37分 
Ave19.8km MaX58.6km 
高度上昇値1152m 
平均気温33℃ ほんとか?!
消費カロリー2026C

箱庭的周回の坂練 ’16.06.12

2016年6月12日 日曜日   曇り


この週末は、ACAツールドで今シーズン一番に楽しみにしていた伊勢志摩を走るGFだったのに
鉄人が 木曜日から日曜日まで どうしても外せない出張に当たってしまう(涙)
こっそり一人で伊勢志摩まで行ってしまおうかなーと思ったりもしたけど、
こういう日には、自分も なかなか平日には進まない仕事(プレゼン準備と勉強)を
本腰いれてやるべきだよなーと 心入れ替える。
 来週にはプレゼン資料を上司に見せないと、マジ やばいんです

前日の土曜日も、以前から予定が入っていたので自転車には乗れず。
もう今週末、脚は完全休養、終日ベンキョー!と決め込んだつもりだったけど・・・・

でも・・・・  坂 上りたーーい (」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」

先週のヒルクライムが 終わってみれば心地よく上れたおかげか
なんだかまた上りに行きたくて仕方がない。
日曜日は こっそり雨沢へ行っちゃおうかなー あれだけもう雨沢は嫌だと思っていたのに??
いかん、いかん、雨沢へ行ったら半日潰れちゃう。我慢、我慢・・・・ 
でもなーこれから梅雨だし。来週末は雨降らない保証はないし。 
そんなこんなで日曜日の朝までウダウダ。

そーいえば!と思い出す。
昨夕録画しといた NHK-BS1のチャリダーを見なきゃー。

数日前、鉄人が教えてくれた。
「おんたけ(ヒルクライム)の、60歳以上カテで優勝した人のブログを見つけたんだけどさー
 この人、普段どーやって練習してると思う?」
「多度山の仙人みたいに、毎日峠を10本とか上ってるとか?」 仙人は二ノ瀬を5本
峠とか山へは全然行かないんだって。家の前の住宅地の坂で練習してるんだってよ」
「えーホントに??? それであんなに速く上れるもんなのかなー?」
「歳、知ってる? 69歳だって」
「仙人より年上なんだ・・・・w( ̄o ̄)w」

先週のヒルクライムレース、60歳以上カテの入賞者の面々。
  スタイルと立ち姿から、とても60歳代の面々には見えない・・・・
I0nbba7VC21PkMJ1465755427_1465755754.png 真ん中の小柄な方が 優勝のTさん

この時も仙人よりももっと早い60歳代がいることに慄いて、
年齢を理由にしちゃだめだなーって 思ったばかり。
でもどうやって普段は練習しているのだろう?ってすごく不思議だった。

で、私も このTさんのブログを覗いてみる。
 ほんとに69歳なんだー そして、全国各地のヒルクライム常連で、それもカテ別優勝の常連!!!
ブログに紹介してあったのが、
この土曜日のチャリダーの「坂バカだより」でTさんの練習方法が紹介されるらしい。
で、録画しておいた、というわけで。


実は、我が家も丘陵地のてっぺんに家があるので、家の周囲は坂だらけ。
どの方向から帰ってきても プチヒルクライムをしなくては家に到着しない環境。
で、よく思っていたのが、信号の多い市街地を抜けて わざわざ峠までいかなくても
近所で坂練をしようと思えばできるんだよなーたぶん。
でも そのノウハウがよくわからない。 
 まぁそれ以前に「練習」で自転車に乗る気は全くなかったのも確か(笑)

このTさんも、交通量が多くリスクも高い市街地をわざわざ抜けて
峠まで行くことを敬遠していた。
天候不良やパンクやメカトラなどのトラブルにもすぐ退散できるメリットも(←私向き!)


日曜日朝、娘を送り出した後、朝ごパンをかじりながら
早速 6/11(土)放送のチャリダーをみる。
番組の大半は、エンデューロレースの模様だったけど 56さんが出ていた!
番組後半に、Tさんと俳優猪野学さんとの坂バカ対決(これは峠対決)と、Tさんの日常練習の様子が紹介されていた。

Tさんの日常練習は ご自宅前の坂「箱庭的周回の坂」 距離215m 平均勾配7.5%(MAX9%)
このたった200mちょっとの坂を何度も周回するらしい。ポイントは下りでも足をとめずペダリングすること。
番組内では、猪野学さんと一緒に 30分間で15回くらいのアップダウンを繰り返したか?
猪野学さんは けっこうヘロヘロだった(笑) 真剣にやると結構な強度のようだ。
  ご本人は、練習内容はその日の気候や体調で日和見的、とおっしゃっていたけれど


これは〜ちょっとやってみたいかも。やってみよう。
うちの周囲あちこちにある坂を思い出し、どの坂がよいかを考える。
信号にひっかからなくて、交通量が少なくて、比較的長めに上れる坂、
下りはできるだけ別の坂で降りたいなー周回しやすいコースを考える。
コースは 二つ候補あり。

ちゃちゃっと日焼け止め塗って、ボトルと家の鍵とスマホだけ持って、
9時半に家を出る。準備時間20分!
自転車は、ロードじゃなくてIDIOMで十分。


ひとつめ候補のコース
IMG_6828.jpg 上りスタート
距離約650m
勾配;序盤5%〜200mほどで8%までアップしたら、その後トップまで8%前後のほぼ一定した勾配が続く(MAXは瞬間的に10%)

追い込まない程度、サイクリングにならない程度のスピードで5周回。


ふたつめ候補コースへ移動。
IMG_6820.jpg上りスタート IMG_6823 (1)上りピーク
距離約650m 偶然にも最初のコースとほぼ同距離
勾配;序盤2〜3%で200mほど、5〜7%100m、3〜4パーセント100m、残りピークまで11〜12%で200m強

ここも5周回。 最後の1本はちょっと追い込んでみる。

合わせて10周回。 
距離にして約15km、獲得標高も500弱だけれど、結構な「走った感」「上った感」がある。
これって、下りで足を止めないからかな?
でも、下りでペダリングするって ちょっと怖い。ギアをアウターで重くして、ブレーキも軽くかけながら。いいのかな?
唯一、20mほど輪っか模様の激坂を下りるときは、さすがにその間だけ足止めます

上り、下り、とラップタイム計測。
IMG_6835.jpg
こうやって計測していたものを後でみてみると、なかなか面白いし、次の目標ラップ、アベレージが見えてくる。

どちらのコースでも「箱庭的周回の坂練」 はできそうだ。
たぶん毎日継続したら、やっぱり成果はあるだろうなぁ。
が、しかし、日常的に練習できるかは別問題、で。 でも要は、やる気なんだろうけど。

このあと、近所のパン屋巡りをして帰宅。
IMG_6827_20160613124716e3b.jpg IMG_6819.jpg

帰宅は11時。 10周回とパン屋2軒まわって1時間半。
雨沢まで上りに行ったら4時間はかかるので、時間的にも効率がいい練習かも。

今日のお昼ご飯は、今流行りのパン屋さんのコーヒーあんぱんと、桜餡のハードパン。
IMG_6830.jpg

このコーヒーあんぱん、今すっごい人気商品って聞いたけど、めちゃうま!!!
IMG_6832.jpg コーヒー味の餡こ!感動!これ、コーヒー好きにはたまらんです


上って、大好きなパンをひさしぶりに思い切り食べて。あー満足。
おかげで 午後からは勉強も はかどって、ちょっと目処がついたかな。
こんなに自転車に乗らない週末は久しぶりだったけど、
やりたいことがあれもこれもやれた感じで、たまにはこういう休日もよかったなーの1日。


箱庭的周回の坂練、上りたいけど時間がない!でもローラーは嫌、という時には
また やってみようっと。

ちなみに、箱庭的周回の坂練のTさん、
この日12日に開催されたMt.富士ヒルクライムの60歳代カテで見事またまた優勝だったようです。タイム1時間10分。





今日の記録(IDIOMゼロ) 
距離21.19km 
実走時間1時間18分 
Ave16.1km MaX39.8km 
高度上昇値540m 
平均気温25℃
消費カロリー674C

2016ヒルクライムイン王滝村 ’16.06.05

2016年6月5日 日曜日   雨〜曇り


2年前の御嶽山噴火後、
大会名が「ヒルクライムインおんたけ」から「ヒルクライムイン王滝村」に変わった。
地元皆さんの 復興への並々ならぬ願いを感じるのと、
そして、私にとっても やっぱり ここはこれまでもこれから先も「スキー」の聖地。
自転車シーズンには 自転車で毎年一度は必ず上りたい。 
なので、この大会エントリーは 今シーズンのクリアしたい目標のひとつだったのでした。

IMG_6073_20160607194928b81.jpg 




早朝4時半、スマホの目覚ましアラームより先に目が覚める。
しっかり、雨の音が聞こえる。 あーやっぱり雨か〜・・・・

5時、車の外へ。
IMG_6745.jpg

雨は、少し小降りになっている気がする。傘をささずにトイレまで。
さすがにこの時間にトイレ渋滞はないだろう
トイレ前で トイレから出てきた多度山の仙人にバッタリ。
「まずは第一関門を突破しました!」とすっごい笑顔の仙人(爆) 第一関門=トイレ渋滞
 ヤ○ザか殺○屋か?の風貌で たまにこーいう屈託ないことをおっしゃるのが 好きだなーと いつも思う

車へ戻って、食べたり、荷物片付けたり、準備したり。
この日のレース前食べたもの おはぎ2個、コーヒー、サンドイッチ1パック、バナナ1本、野菜生活(クエン酸飲料)

6時45分、荷上げしてもらう荷物を預けに受付へ。
雨が完全に上がっている。
王滝村のピンポイント天気予報を確認すると、
雨は6時台まで。7時からはずっと曇りに変わっている! やったーーー!

7時45分からの開会式の前に
松原スポーツ公園(スタート会場)前の上りを3本上って 一応アップ。
 脚の疲労、やっぱりあるなー・・・・(涙)

7時45分、開会式。
IMG_6747.jpg 出走者 総勢220〜230人とか
当初、スタートはカテゴリー別に3グループに分けてウェーブスタートの予定が
天候不良のせいかDNSが多いようで、8時10分に一斉スタート、と変更になる。
スタートして2kmくらい?王滝村の上りまでは平坦な道が続くため
その間は先導車が引率するパレード走行(追い越し禁止)、王滝村の急坂からレース走行らしい。
王滝村の急坂での渋滞を予測して、カテゴリーにはこだわらず(もちろん最前列はチャンピオンクラス)
脚があって上位狙いの選手は前方位置で、脚に自信のない選手は後方位置でスタートするように、と
勧告がある。


IMG_6748.jpg
8時10分。
恒例らしい御嶽山への祈祷をして、いよいよスタートの号砲。
 スタート直前、陽射しも出てきた!

鉄人と一緒にほぼ中盤よりスタート。
スタートゲージを超えて、すぐ計測タグが反応。
 あれ?ここからタイム測定なんだ??
 これまでは松原スポーツ公園を下ってしばらく走った先がタイム測定スタートだって聞いてたのに?
 でも、ここ松原スポーツ公園から計測の方が、自分的にはありがたい。
 過去のタイムと比較しやすいので。

そう、今日の目標は、「過去の自分に勝つ!」(笑) さぁ、ガンバローー

スタートしてしばらくのパレード走行は、川沿いの平坦な道を27〜28km/hくらいで。
なんだか ふとサイクリング?と錯覚してしまいそうなくらい気持ち良い。

いよいよ王滝村の急坂、一気にペースが上がる。
鉄人はどんどん前へ出て行くが、
この急坂で、人をかき分けて前へ出て行くだけの走力は自分にはない。
この急坂を過ぎれば しばらくは緩い勾配の道が続くので、ここは前へ出て行けなくても
せめて前の人から遅れないように 頑張ってついていく。

王滝村では 道路脇で村民の方々が声援をおくってくださる。ありがとうございますー

やっぱり、前日の試走の疲れがあるなー・・・ 勾配キツイと 脚の疲労を感じる。
昨日はアウターで上れたところが、今日はペダルが重くて 早々にインナーへ(涙)
やっぱり前日にガッツリ走っちゃダメだよなーこれからは絶対走らないでおこう、と 心に誓う。
けど、それならそうで、少しでも重いと思ったら 無理せずギアを軽くしてクルクル作戦、
そして、勾配キツイところでは頑張らず我慢、勾配緩んだら休まずペースアップ!と
気持ちを切り替えて。

7〜8kmも過ぎると、出走者が少ないせいか かなりバラけてくる。 
パスされたり、パスしたり、という動きもほとんどなくなるけど、
前へ行く走者に目標を定め離されないように ついていく。

そーいえば、この日は異様にパンクが多かった。
スタート直後に一人パンク。王滝村の急坂で二人目パンク。
その後も道路脇でパンク修理する人を3人までは数えた。
その後も、押し歩きしていた人、パンク修理する人、確かまだいた。
出走者は八ヶ岳の時の 6分の1程度なのに、
パンクを見かけた数は八ヶ岳よりずっとずっと多かった。 どーしてなのかなー?
どうかパンクしませんように!と 内心 願いながら、上る。


国民休暇村を過ぎたあたりで、大粒の雨が降ってくる。
一気にずぶ濡れになるが、たまたまそこだけに雨雲だったのか? 
スキー場麓に着く頃には 雨は止む。
そして、スキー場麓では、また応援の声。

あと残り10km弱。
私にとっては 課題のレース後半。 
八ヶ岳の時もそうだったけど、レース後半でタレてしまうことが多い自分。
スキー場から先は8〜9%勾配が続く。 
ここでペースダウンしないように頑張りたい、と思うが、
スキー場での九十九折上で、女子一人にパスされ、
そして、ここまでに自分がパスしてきた男子選手にパスされていく展開。
レース後半にペースを上げていける人が多いことを痛感する。

急坂を上った後、本当にキツくて 気持ちが切れそうになって脚が休んでしまいそうになるのを
「休んじゃダメ、休んじゃダメ」と自分で自分に言い聞かせる。
今回は残り10kmをよく頑張った、と自分では思う。 スキー場の景色はほとんど覚えていないくらい

ふと気がつくと サイコンの距離数は22kmを越えている。
あれ?残り2kmないの??
昨日の試走の時は確認した「ゴールまであと3km」「あと2km」の看板にも
全く気がつかなかった。

少し前へ行く男子選手に追いついて並ぶ。
その男子選手に「このあと、まだ急坂ありますか?」と聞かれる。
「たぶん、ですけど、あと二つ勾配のきつい右カーブを超えたら、ゴールが見えます」と答える。

一つ目の右カーブ。
なんとかダンシングでしのぐ。もう脚はよろよろ。

たぶん、最後の、二つめ右カーブ。
もうダンシングするパワーはなく立てない。
ヨロヨロとシッティングで踏んで踏んで なんとか上る。
カーブを曲がりきって 数十メートル直線の先にゴールゲートが見えた!
ホッとした瞬間、突然不意に後ろから抜かれる。 それも女子!
まさか、ここで抜かれるなんてーーー?!?!(泣)

ゴールまでの直線上り。
そんなに勾配はないように見えるけど、
向かい風がすごくて ちっとも前へ進まない、押し返されそう。
抜いて先行く女子も同じなのか、そんなに前へは進んでいけないようで。
でも、こういう時、上りでアタックができない自分。 これも自分の課題。
そんなに離されていなかったけど、今の自分ではもう追いつけない距離、
でもここで諦めてタラタラ上ってゴールするのだけは嫌で、
こんなに頑張ったことないくらい渾身の思いで踏んで踏んで踏んでゴールゲートへ。

あー終わっちゃったなーー・・・

ゴールゲートまで 先にゴールしていた鉄人が迎えに来てくれてた。
「最後の最後で抜かれちゃったよー」 とまくし立てる私に
「今日は速かった、速かった」と 鉄人。
そっか? 
そーいえばゴールタイムも確認し忘れてた・・・ 
確かに、最後の最後にちょっと残念だったけど、でも、過去の自分にはたぶん勝てた、はず。
人には負けたけど、今回は自分自身には負けなかったような気がする。

CL9mHcg3eRQXsYl1465244032_1465244191.png 
ゴール直後にスタッフさんに撮影してもらった1枚。思いの外、いい顔で笑ってた自分。


ゴール後のスタッフさんたちの応対は とってもスムーズで、
ちゃんと女子専用の更衣室も用意されていて、 
 更衣室があるなら、インナーから全部着替えを持ってきてたらよかったーー
着替えた後は 暖房の行き届いたところで下山を待つことができて。
標高2000超えの気温5℃くらいだったと思うけれど、
おかげで、ほとんど寒い思いをせずに過ごせた。

女子の更衣室で、数人の女子選手らとのおしゃべりも楽しかったなー
 昨日今日と2連チャンでゴールまで上がったことを話したら
 「そういうのを坂馬鹿って言うんですよね」「スタミナでは優勝ですねー」と 皆に 妙な褒められ方をするw


そして この日、田の原から望む御嶽山。
IMG_6755.jpg IMG_6757.jpg
田の原で、こんなにクリアな御嶽山を見たのは初めて。 静かに黙祷。


11時。 最終走者が登頂した後、一斉に下山開始。
雨は完全に止んで空は明るい。うっすら陽射しも。 路面はほとんど乾いている。
 
下山しながら眺める今日の景色は 最高のご褒美。
IMG_6758.jpg

IMG_6760.jpg IMG_6762.jpg
並んで停車〜撮影タイム!(笑)     ゲレンデ内の九十九折と中央アルプス

ここが何度も滑りおりているコブ斜面。
IMG_6764.jpg IMG_6014_20160607195452457.jpg
来シーズンが楽しみになってきた!

IMG_6767.jpg 好きな風景!ここも冬はゲレンデになる


1時間近くかけて のんびり無事下山。
今日の完走証をいただけることを聞いて受付へ。
そこで、今日のレース、最後の最後にパスされたあの瞬間、
カテゴリー別表彰台のてっぺんを逃していたことを初めて知る(爆)
でも、タイム的には 過去の自分に勝った!(タイム7分短縮)
そして秘かな第2の目標もクリア!していた。

13時、表彰式。
IMG_6770.jpg
実は この日、女子の出走者は めちゃめちゃ少なかったーー確か たったの12人。
なので、ほぼ全員が表彰されますw

カテゴリー別 2番目に高いところへ。でも分母は「4」(爆)
wyl8Y9h8AOWgVp11465244334_1465244522.png 
司会者の方〜 「1位と2位は6秒差」と何度もアナウンスしてくださってありがとうございまーす!

女子総合 1〜10位まで表彰。 
TtJdA1NC_Dpzew81465294643_1465294724.jpg まだまだだなー自分。

ちなみに、多度山の仙人もカテゴリー別で入賞!
ZCcWo7uU0iyvNM11465293903_1465294572.png
さすが!と思いつつ、 仙人の同年代で 仙人よりももっと上れる人がいるってことに驚く。

IMG_6799_20160608023051590.jpg 
メダルと表彰状、2セットいただきました。分母は気にしない〜w


というわけで、今回のレースレポートは やっとこさ おしまい!


女子出走者の少なさに助けられ表彰台まで上らせていただいた今回のレース。
今回もやっぱり自分より強い女子はいっぱいいて、自分のタイム自体は平凡なタイムだったけれど
「過去の自分に勝てた」というのは、やっぱり嬉しいなーって思うし、
また頑張ろーって気になる。

そして、同じ上りでも「レースの走り方」があるってことが なんとなくわかって、
上りでの自分の課題も 前回の八ヶ岳と今回とで、なんとなく見えてきた・・・・
それをクリアできる走り方ができるようになりたいなー・・・・
TTは好きではないけれど、過去の自分にはまた勝ちたいので、もちょっと頑張ってみます(笑)

あ、そーいえば。
鉄人の結果、ですが、タイム的には実力相応、そんなに悪くなかったと思うけれど、
目標だった1時間30分が切れなかったことと、多度山の仙人にやっぱり叶わなかったことと(タイム2分差)
出走者が少なくて実力ある人が多かった今回は、バンバン抜かれまくったらしく、
結構 がっくり。「うまく走れなかったなー・・・・」という感じのようで。
これはこれで、こっちもまた頑張るよーです(笑)




今日の記録(カルマ) 
距離24.58km + 25.02km
Ave13.3km/h + 21.3km/h 
高度上昇値1282m 
上り平均気温9℃(5〜15℃)
消費カロリー1159C + 475C

夏のホームゲレンデを自転車で上る!(前日編) ’16.06.04

2016年6月4日 土曜日   曇り


お昼近くになってから トランポで のんびり自宅出発。
今日の行き先は、冬の間 ほぼ毎週末通ったホームゲレンデへ。

高速〜R19を北上。 
最後に通った頃は 花桃がいっぱい咲いてたけれど、今はすっかり濃い緑の風景。

R19から左にそれて、懐かしい 久々だけど通い慣れたホームゲレンデへ続く道路。
IMG_6728.jpg 
この風景を見ると 一瞬 これからスキー ?? と、錯覚してしまいそうになるけれど、
前方の電光掲示板には「明日6/5の8〜11時は自転車レースのため通行止になります」
そーです、今回は自転車!


14時半過ぎ、今日のトランポ地へ到着!
IMG_6729.jpg 明日のスタート会場

まずは前日受付を済ませて。
IMG_6731.jpg 

受付前にBMCの販売ブース。 
そのブース内でお仕事中の 長身のイケメン外人さんと目が合う。
「コンニチワ〜」
「もしかしてZacさんですか??」
「ハイ、ソーデス」
最近、こるなごさんのブログによく登場される スーパー自転車乗りのZacさん。
実物にお会いできた〜(嬉)
ズウズウしくも こるなごさんのお名前を引き合いに出して しばし談笑。丁寧な優しいお方だ〜
「アシタ ガンバッテクダサイネ〜」と お見送りされて 受付会場を後に。
 しかし〜 Zacさんの体型は反則だよなー あの驚異的に長い手脚、自転車乗ったらフツーなわけがない


少し腹ごしらえして自転車準備していると、ヒルクライムレース常連の多度山の仙人 現れる!
自転車には乗っているけど、バイクジャージじゃなくて軽装。
すでに前日アップを終えて もうあとはここでのんびり〜車中泊らしい。
またまたしばし談笑タイム。明日のレースの過去情報、事前情報など諸々を教えていただく。
IMG_6733.jpg
「秋さんに抜かれないように頑張るよー」と言いながら 車へ戻る仙人。もー何を寝ぼけたこと言ってるんですか!


そんなこんなで、すでに時刻は16時すぎ。
急いで、試走&前日アップに向かう。
IMG_6734.jpg 雲行きも怪しい〜 雨の降り出しは早いかも?

明日の全コースは、24km強、平均勾配5.3%。
このコースを走るのは3度目。
最初は3年前、プライベートで。タイム2時間ジャスト。
2回目は2年前、ACAツールドで。タイム1時間54分。 


もちろんアップと試走なので、全力では上らないけれど、
つい数ヶ月前までスキーのために車で通った道路。
久しぶりの懐かしい景色に鉄人とあれやこれや話しながら 結構いいペースで上っていく。
 体調もシフトチェンジもいい感じだー よかった!

いつものビューポイントで、今日も御岳山が見えた!
IMG_6735.jpg 頂は雲隠れしてるけど〜・・・・

15kmほど上ったら、雪のないホームゲレンデ! 懐かしさがこみ上げてくる〜 またスキーやりたいなー
ここまではさほど勾配がきつくないのであっという間。
そして、ここからゴールの田の原までが 10%前後の上りが頻繁に現れてキツくなる。
今日は時間も時間だし、天気も怪しいし、ここでUターンして下山?と思っていたのに・・・・
ゲレンデ内を通る車道を走りながら、冬はその車道上もゲレンデになっている
冬の景色を思い起こし比べて、鉄人と
「あそこがコブできてたとこだよねー」とか「ここって、下が道路なんだー」とか喋りつつ
どんどん上っていき・・・・


結局、ここまで来てしまった。 
IMG_6736.jpg 明日のゴールゲート

標高2180m、時刻18時ちょっと過ぎ。 風も強い。 自転車から降りたら 寒いーーー!

IMG_6737.jpg 夏仕様の 御岳山。ここでも頂は見えず。
ここ田の原から上は入山規制されているので、
今ではこの駐車場にやってくる車はほとんどないのだろう、
駐車場のアスファルトの割れ目からあちこち雑草が。


すぐさま、ウィンドブレーカーを着込んで下山開始。
指切りグローブは完全NGな寒さ。冷たくて ブレーキバーを触っていたくない。
それでもスキー場から下へ下がると、かなり気温が上がってきた感じ。
寒くてガチガチに体を固めて下山していたのが、少し体の力が抜けてきた。

なんとか暗くなる前に車に戻り自転車を積み込んで、一旦R19沿いまで戻る。
近くの温泉へ行って、今日の晩御飯を調達。
 鉄人「今、セブンイレブンのおにぎりが全品100円だから!」 こいう情報には目敏い

またまた明日のスタート会場まで戻り、多度山の仙人の車の近くに駐車。 車中泊組、結構いるなー
車中泊の準備してー ちょっと遅い夜ご飯。
IMG_6742.jpg おでんにマロニーちゃん、入れる。美味しい!
IMG_6744.jpg 普段は手が出ない こんなおにぎりも100円!


天気予報では明日明け方4時から降り出す筈の雨が 前夜23時頃から降り出す。
またもや雨の中のレースは覚悟しているけど、
降り出しが早いということは、もしかしてレース開始頃には止むのかも? 


それにしてもーー 今日のアップ&試走、
前日にこんなに走って大丈夫だったのか? やっぱ大丈夫なわけないよなー・・・
  それも、鉄人にはポタポタペースだったかもしれないけど、
  私にとっては結構ガチに近いペース?だって、今日のタイム、2年前のレースと同じ1時間54分だった(汗;)

明日、脚に疲労が残ってるのも覚悟する。
 けど、レース前に、自転車も自分も調子よく上れることを確認できたのは、気持ち的に随分よかった。
雨の音を聞きながら、念入りにストレッチ〜 の、つもりが、いつの間にか寝落ちしてた・・・・


明日に続く。
  



今日の記録(カルマ) 
距離48.16km 
実走時間2時間53分 
Ave16.7km MaX43.5km 
高度上昇値1315m 
平均気温10℃(4〜20℃)
消費カロリー1574C
プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR