街乗りポタと山練ショートコース+曽木のパン屋さん ’16.07.23と24

 先週末の記録、またまた1週遅れの記録です。
 数ヶ月前より私の懸案事項だった仕事峠が 先日無事終了〜
   (いや、無事ではなかったけれど まー終わったものは仕方ない、と開き直る)
 あーこれで 足かせなく 心から自転車を楽しめるわー♪ ブログも書けるわー♪ 
   (ずっと楽しんでるじゃん、ずっと書いてるじゃん、というツッコミはなしでお願いしますw)
 



2016年7月23日 土曜日   天気はなんだったかな? 曇り? そうだー涼しかったんだー

いつもよりずっと涼しい朝。
この時期、こんなに涼しい日は珍しいのでロードで走りに行きたいところだけど、
買い物ポタしたいという鉄人に、渋々付き合うことに。

栄〜名駅周辺をぐるぐるーー
お昼ごはん、楽しみにしていたベトコンラーメンを食べ損ねて
  ランチタイム、5分前だったけど すでに「準備中」の看板がでてた(泣)
初めて入ったラーメン屋さん。
IMG_7090.jpg
写真で見ると美味しそーに見えるんだけどなー 
単純な同じ味を 延々に食べなくてはならない、というのは すごーく辛い。


買い物ポタの締めはやっぱり自転車屋さん
IMG_7091.jpg
ジデツウ用のズボン(普段着にみえるパンツ)がほしいなー でも高いなー・・・・

基本 お茶&おやつタイムしない鉄人が
珍しく「スタバでコーヒー飲んでく?」と言うけれど、 
なんだか疲れて 早く帰りたい気分。
IMG_7092.jpg 帰宅後 おうちでハロハロ

なんだか異様に疲れた街乗り。
「食べる」ことが ザンネンだったからかな・・・・??


今日の記録(IDIOMゼロ) 
距離23.07km 
平均気温26℃ 
消費カロリー522C




2016年7月24日 日曜日   曇りのち晴れ


昨日に引き続き、朝の天気は曇り〜 そして涼しい。 
こんな日だったら、ロング走れるんじゃない??と言い出しそうになるけど、ぐっと飲み込む。
いかんいかん、そーやって鉄人連れ出して 去年は熱中症にして殺しかけちゃったので・・・・(汗;)
鉄人はもう当たり前のように、いつものショートコースで12時までに帰ってくる!のつもり。
 やっぱりそーだよね(ガックシ)

8時少し前に自宅出発。
今日は全然ローディに会わない〜
たいがいモリコロまでに数人は見かけるのに どーしてかなぁ?
子供が夏休みに突入したのと関係あるかな? 家族サービスしなきゃ、のお父さん?
愛工大の坂で、今日初めてのローディと会って、なぜかホッとする。

雨沢前の定点補給。
IMG_7093.jpg
最近はこの時点での氷菓子がもうすごく美味しいんだけど、今日はいまひとつ。
やっぱり気温が低いのね。


今日の雨沢は 久々にちょっと頑張ってみるつもり。
スタート直後の緩斜面を いつもより速度を上げて、
いつもよりアウターで長く頑張って、
嫌いな高速道路高架でやっぱりガタッと失速してちょっとガックリくるけど、
あきらめずに頑張る。
IMG_7094.jpg なんだか雨が降り出しそうな雨沢てっぺん ここも今日は誰もいない
久々に22分台でゴール。 
あーよかった〜 もう22分台では上れないんじゃないかと思っていたのでちょっとホッとする。

登坂途中の電光気温計、今日は22℃だった。
やっぱりかなり涼しいらしい。 ここ最近はずっと28℃表示だったからなー
涼しいからさ〜ちょっとだけ〜寄り道したいんだけど〜 と鉄人に控えめに提案。
「狛犬の手前の新しく出来たパン屋さんへ行ってみたいんだけど〜」
ここから10kmくらい?だし。
「俺は、12時までに帰りたいんだけど」と明らかにイヤそーな顔される。
「じゃあ、また今度でいいよ」とあっさり引くと これ作戦w
鉄人「まーいーや。今日はとりあえず涼しいから いいよ」と 渋々承諾する。やった!

雨沢の向こうへ下ってR363を狛犬方向へ。
 雨沢の下り、汗が冷えて寒いーーー

曽木公園を越えて上った先右手にこの看板が見えてきたーー 
IMG_7096.jpgここがずっと行きたかった曽木のパン屋さん

今年の3月頃からここを通るたびに何か建つんだなーお店かなぁ?と思っていて
4月にはこの看板が。
目立つ看板だなーと思っていたけど、看板の絵をしっかり見たことがなくて、
建物の感じからはカフェかなー?と思ってはいたけれど、
ある日 走りながらよーくこの看板をガン見したら、パン職人の絵だった!!!
パン屋さんだーーーテンションあがる〜〜
5月に入ってとうとうオープンした模様。通るたびにお店の駐車場に停まっている車が増えていく。
いつか行きたい、いつ寄ろうって言おう、ずっと考えてた。


IMG_7100.jpg IMG_7095.jpg
 店内にもイートインスペースがあるけど、外にもテラス席あり。お手製のバイクラックも!

お店に入ったのは10時半くらい? イートインスペースはほぼ満席。
パンはソフトパンばかりかな? 
「ハードパンはないんだねー」とぽそっと呟くと
鉄人に「ここでハードパン売っても みんな食えんと思うよ」と返される。
確かに・・・  イートインスペースでパンをほおばっている人たち、
全員たぶん近所のおじーちゃんおばーちゃん(笑) 

自分たちはテラス席でいただく。
IMG_7097.jpg 最初はやっぱり あんぱんとクリームパン

IMG_7099.jpg IMG_7098.jpg
美味しいパンのお供は、アイスコーヒーと この田園風景 おいしかったー ごちそうさま。

今度はお惣菜パンが食べたいなーー また今度寄らせてくださーい、というわけで、
折り返して戸越経由で帰ることに。 
狛犬経由で小原のトンネルまで上って戸越でもいいけど、と言ってみるも あっさり却下。

今日は市街地前のハロハロ補給はせずに、一気に自宅まで。
今にも雨が降り出しそうな曇り空だったのが、名古屋に戻ってきたら晴れていたー陽射し強い!
小原にまわらず帰ってきてよかったー

12時半過ぎ帰宅。
帰宅後 「今日だけはラーメンは勘弁してほしい」と頼み込んで 昨日のラーメンが少しトラウマ
遅いお昼ご飯は お肉! お肉食べたかったー
IMG_7103.jpg
でも、お肉より嬉しいのは、この季節 食べ放題のサラダバーにスイカが陳列すること!
スイカ、本当に大好き。前世はカブトムシかと思うほど好き。
スイカ、もう たらふくいただきました。 あー幸せ。

今日は完璧に食べログ記事だったな・・・(汗;)
 



今日の記録(カルマ) 
距離86.08km 
実走時間3時間49分 
Ave22.5km/h Max60.0km/h 
高度上昇値1394m 
平均気温24℃
消費カロリー2506C
スポンサーサイト

海の日三連休の初日と最終日  ’16.07.16と18

1週間遅れのアップです。
先週の海の日3連休、なか日は茶臼山HCでしたが、その前後日の記録。



2016年7月16日 土曜日   曇りのち晴れ、だったかな?

翌日の茶臼山HCを控えて、今日は乗らないぞー明日はサラ脚で走る!と決めてたのに
夕方4時頃から自転車屋さんへ行きたいーーと言い出した鉄人に連れ出されて 結局街乗り。

でも 鉄人の街乗りバイクが ロードからMTBに変わったおかげで
(変わった、というより復活した)
スピードがそんなに出ないので、ついていくのが楽になった〜 助かるなーー
IMG_7055.jpg

カトサイでディスプレイされてたコルナゴのシクロ
IMG_7054.jpg かっこいいなーーー


カトサイからフクイサイクルへはしご。
フクイサイクルで思いがけない掘り出し物がゲットできてラッキー♪

帰りは大須へ寄って
IMG_7058.jpg 栗ミルク氷。 サクサク氷が美味しい〜


自宅までのプチヒルクライム。
MTB+フラペの鉄人だったら ちょっと勝てそうだった、かも??


今日の記録(IDIOMゼロ) 
距離27.83km 
平均気温26℃ 
消費カロリー630C




2016年7月18日 月曜日  海の日   快晴


茶臼山HCの翌日だったけれど、距離は20kmにも満たないHCなので脚ダメージはほとんどなし。
暑くなりそうなので、午前中で帰ってくる予定で走りに出る。
いつもの山練ショートコース。 8時30分ごろ、自宅出発。

IMG_7078_20160725060042fc3.jpg どぴーかん(暑・・・・)

25km走った先での定点補給
IMG_7080.jpg もう暑いので、最初から炭酸と氷アイス。


今日のような猛暑日に ちょっとでも走りたかったのは、これ。
昨日買ったばかりのNewボトル、ボディウムアイス(620ml)の実力を試したかったから。
IMG_7082.jpg
これまで使っていたポ-ラーのボトル(710ml)と比べてみる。
100mlほど容量の差があるけれど、この2ボトルに同じ量の氷ほぼ満タン、同じ濃いめのポカリを入れてきた。
自宅を出てから1時間半弱、ポーラーは氷なし すでにぬるい。 
ボディウムアイスは氷ジャラジャラ当然冷たい。 やっぱり保冷力は上回るよーだ。


そして雨沢へ。
暑いから頑張らない、と言いつつ、
高校生らしきローディにくっついて上っていってしまった鉄人。
自分は序盤ノロノロ、中盤で前へ行くローディひとり発見、
前に人が見えるとちょっと頑張ってしまう。
追いついてパスして、県境間近でまたひとり追いついて あとはゴールまで頑張るー
なんとか25分を越えないで、ギリギリ24分台でゴール(汗;) 
鉄人は高校生に引っ張ってもらって20分台キープ(笑)
IMG_7085.jpg
 サポートカー付きで上っていたグループ。小学生くらいの子供から高校生、大人までの年齢層幅広い。

IMG_7084.jpg
自宅出てから2時間後、ボディウムアイスにはまだわずかに氷が残っていて
雨沢てっぺんでも冷たくて美味しいポカリが飲めた@鉄人、らしい。
ポーラー710mlは氷が1時間もたないしぬるい。
ボディウムアイス620mlは2時間後でも冷たく美味しく飲める、という結果。
ちなみにネットで調べてみたら 「×4」というのは保冷機能のないボトルと比べて4倍、らしく
従来の保冷ボトルと比較すると「×2」だそうです。

2〜3時間毎に氷追加していけば冷たい飲料をずっと飲めそう。
真剣に冷たい飲み物じゃなきゃダメ!という人には4000円弱というお値段でも買う価値はあるのかも。
私は冷たくなくても飲めるので買いませんが(笑)

戸越まわって帰る。
今日はやけにダンプが多いなー思ったら、そっか、祝日だから働いている人も多いのね。
市街地へ入る前に 冷却補給。
IMG_7086.jpg 炭酸2本目。ハロハロは22日で販売終了の桃。

モリコロ前、もうすぐ正午。
IMG_7088.jpg 停車中は日なたにいられないくらい暑い。

12時半、無事帰宅。 やっぱり12時前には帰らんとヤバいねーー



今日の記録(カルマ) 
距離71.77km 
実走時間3時間28分 
Ave20.7km/h Max52.8km/h 
高度上昇値1175m 
平均気温32℃
消費カロリー2076C

ACAツールド HC茶臼山 ’16.07.17

2016年7月17日 日曜日   曇りときどき晴れ


  7月末に控えた「お仕事」峠。まもなくてっぺんーーー
  週末は自転車に乗りたいがために 平日夜or早朝に頑張るこの生活もあと少し。
  ということで、記事アップ、かなり遅れました(汗;.) スミマセン。



ACAツールド、ヒルクライムの第2戦目は、愛知県最高峰?!茶臼山(笑)
今年は去年とコースと変わって、高原道路を上るらしい。
高原道路はこれまで2度下ったことがあるけれど 
 それも一度は深夜のザーザー降りの中 あり得ない・・・ @ウルトラ愛知
上ったことは一度もない。 
上りだと どーんなコースなのかなぁ?確か 途中で結構下るんだよなー? と思いつつ当日朝。

今回は体調良好、前日は街乗りしただけのほぼサラ脚。準備万端?なはずだけど、
なんだか気持ちは乗らない。 どーもレースってのは自分と合わないと、ほんとに思う。
でも顔見知りの方とたくさんお会いできるのは楽しみ。元気もらいにいきましょー。

6時半すぎ、自宅出発。
茶臼山って、愛知県内だし、行こうと思えば自転車で自走できるし、
「近い」ってイメージなんだけど、けっこう遠かった・・・・
なかなか高原道路までたどりつかない。たぶん今日も開会式ギリギリだな。

やっと今日のスタート、道の駅アグリステーションなぐらに到着。
そして今日のレースコースの高原道路を車でなぞって確認しながら、茶臼山高原山頂へ。
  朝の集合場所は茶臼山高原山頂、
  開会式のあとスタート地点の道の駅アグリステーションなぐらまで 皆でまったりダウンヒルして
  上り返す(レース)、のが今日のヒルクライムスケジュール。


高原道路スタートしてすぐから 助走全くなしで、8%の急坂の連続。
 こりゃ大変だーー
IMG_7060.jpg 何度も現れる8%標識、もうしつこいよー

6kmほど上ってトンネルふたつ。
そのあと下り。 下り基調でなくてしっかり「下り」。それも長い。3kmはある?
下り苦手な自分にとっては、なんだか嫌なコースだ。
鉄人に「ここで無理して落車するなよ」と釘をさされる。 重々わかってますって。

やっと上り、と思ったら また下り? その後も 3回くらい下り〜平坦が混じる。
なんだかヒルクライムというよりプチグランフォンドだな・・・・
これだけ合間合間に下り〜平坦が混じると 走るには楽だけど、レースとしてはちょっとなー、という感じ。
上りで一生懸命上っても、下り〜平坦でパスされて置いてかれるのが もう目に浮かぶ。

やる気ないモードに拍車がかかった気分で、スタート地点の茶臼山てっぺんに到着。
これまでになく参加者が多いーー?!
知り合いの顔を探しながら、受付とトイレを済ませて。 
すぐ開会式。
自転車準備はまだだったけど、
ダウンヒルしてスタート地点まで移動するのに十分な時間が用意されているようなので、
後でいいやー と開会式へ。
IMG_7061.jpg この日の参加者数91人!とか。

開会式、集合写真撮影が済むと、早々に下り始める皆さん
・・・・を横目に のそのそと自転車準備して。
ほとんどの人が下ってしまって最後尾?かな? やっとスタート地点へ下り始める。

時々、木々の合間から連なる山々が遠くに見えるー なかなかいい景色だ
上ってくる時にあれだけ下りがあったということは、
下りの時の結構上りがある、というわけで。 でもいいアップになるかなー
上りで前へ行く参加者を何人かパスする。

あ! K野さんだー 今日も上るんですねー
 今回もまた最高齢参加者、だと思う。
ACAツールドに参加して、K野さんが走る姿を見るときが 一番元気をもらう瞬間。

最後の8%下りでは、
今日の一番の若者、9歳のクロスバイク少年が先頭をひく集団に混じって快調に下る。
なんだか楽しいぞ? 今日は探訪だったかな?みたいな感覚。集団で走るってやっぱり楽しい。

スタート地点の道の駅アグリステーションなぐらに到着。
IMG_7065.jpg IMG_7066.jpg

スタート時刻までまだ30分以上もある。
ちょっとお腹すいたな・・・・補給食を何一つ持たずに下りてきてしまったのを後悔。
でも、ここは道の駅、時間もあるし、何か美味しいものあるかなー?

というわけで
IMG_7062.jpg 甘味補給! 餡子入りソフトクリーム。 

五平餅を食べるかー? フランクフルトを食べるかー?と 悩んでいた鉄人は、
結局、すーさんとモーニングすることにしたらしいし(笑)
Vd1fQ2GnEqnFHbP1469108980_1469109155.png モーニング400円 コーヒー飲み放題だったとか。

モーニングするふたりをおいて、自分はえきサイクルの皆さんたちと外で
ソフトクリームを頬張り 楽しく談笑・・・・ いよいよ「探訪」っぽくなってきた(笑) 
その後も、顔見知りの方と 次々お話ししながらスタート時間まで楽しく過ごす。

スタート前のこんな時間のおかげで、すっかりリラックス。
気分は もうレース前のそんな気分は全くなくなってしまって
楽しいサイクリングの最中?みたいな(笑)
いい意味で力が抜けて 珍しく気分良くスタート直前。
IMG_7069.jpg

「どーしよう?多度山の仙人Y田さんに ついていってみようかなー?やっぱ無理かなー?」と
やる気MAX、キンチョー気味の鉄人に
「いいじゃーん、ついていけば〜」と、何も考えず能天気に返事しておく(笑)

距離18km 平均上り勾配6.9%のヒルクライム、 10時30分、多度山の仙人が先頭でスタート。
中盤より少し前の位置から鉄人と一緒にスタートするけれど、
マジで多度山の仙人についていくつもりなのか、鉄人はどんどん前へ上がっていってしまった。
スタート早々に鉄人を見送り、あとはパンクしませんようにー落車しませんようにーと念じながら上る。
 
今朝、車でコース確認した時は、ちょっとビビった8%勾配の坂。
意外と辛くなく上っていける。
スタート地点までのダウンヒルで少し上ったせいか、ソフトクリーム補給のおかげか、
サイクリング気分で気負いなく走れるおかげか? どれも正解かな?

が、しかし、すぐにあおこさんに追いつかれパスされる(笑)
人にパスされてそのあとをついていこう!という気分になることは滅多にない自分だけど
今日はちょっと頑張ってみる。
1kmくらいは 数メートルの距離を保って ついていけたかなー? けど、そこまで。
下り直前のトンネルが見えるより先にあおこさんの姿も見えなくなる。 
 強いなーあおこさん、もうちょっと近づきたいなー

それでも 今回は参加者が多いせいか、常に前後に人が走っている状態。
なので、気分的には緊張感があって タレることなく頑張れる感じ。

トンネルを抜けて下り。
予定通り(笑)前方を行く人にはどんどん離され、後ろからはどんどんパスされる。
 おっそいなー自分。でも安全運転、自分がバイクコントロールできるスピードで走る(汗;)
下りの途中でパスされた、DOGMAの女性の後ろについて下って、下って。
上りに入って、そのDOGMAの女性としばし並走しながら 少し会話を交わす。
 女性でDOGMA乗りって珍しい〜 すごいなー
三重県の方で ACAは初参加とのこと、
先行したあおこさんのことを気にかけている様子だったので
「彼女(あおこさん)も三重県の方ですよー」と話すと、なんだかスィッチが入った??(笑)
DOGMA乗りのその彼女は、どんどんスピードをあげてビャーーと前へ行ってしまった。 
そしてまたもや ついていけない私(泣)

少し上っては、すぐ下って、上ったらすぐ平坦で、みたいな後半コース。
なので、しんどくはないけど、平坦〜下りのたびにどんどん抜かされ、
しんどくないのは皆さん同じなのか、残り2kmくらいからスパートかける人もたくさん!
それでも常に前方にロックオンできる人がいたおかげで、最後の最後までタレずに走れたかな?
なんだか あっと言う間に18kmまできちゃったなーという感じで、ゴール、だった。


ゴールタイムを記帳する。
ゴールスタッフのお仕事をしてくださってるK野さんの奥様に
「最近は、ご主人(鉄人)のほうが速いのねぇ」と 残念そうに言われる。
「すみませんー もうちょっと勝つのは難しくてーー」と 謝る(笑)
ギャラリー的には、去年までみたいに私が勝って、鉄人が負けて、のほうが面白いんだろうなー・・・

記帳後そのまま、あおこさん夫妻と、さきほどのDOGMAの女性と談笑。
あおこさんの衝撃的なカミングアウトに度肝を抜かれる(爆)
 あおこさん、今でも十分すぎるくらい速いのに、ものすごい伸びしろ持ってて 超うらやましい。
 私の伸びしろ、どっかにまだあるのかなぁ?


そんなこんな話しているところに多度山の仙人が参上。
「今日の鉄人は速かったよー やっぱり下りは 速いねー 体重 重いから」 
 速かったのは、上りでなくて「下り」なんですね(笑)
でもまぁ、平坦下り混じりのコースだったおかげで、
どうやら、ずっと多度山の仙人を視界に入る範囲で 付いていたらしい。

そーいや、ゴール後まだ鉄人と会ってないぞ? と、車へ戻る。
「どーだったー?」「多度山の仙人がほめてたよー」と言ってみるも、あまり浮かぬ顔の鉄人。
どうやら、神坂峠の時と同じ人と またゴール間際で競り負けたらしく、それが悔しいらしい。
リザルトでも 5分の1以内、もうちょっと頑張ったら一桁順位狙えるかも??(マジで?!)だったのに
「もう少し頑張れた気がする」とか言っているし(汗;)

私は、というと。 
目標にしていたあおこさんにもついていけなくて、DOGMAの女性にもついていけなくて、
ゴール間際のスパートも 皆の真似してやってはみたものの 数百メートルで電池切れ(笑)
でも、神坂峠の時と違って 最後までタレないで 走れたことに結構な満足感があったので
今回はヨシ!と自分は思っていただけに、
それだけ走れたのに 全然満足していない鉄人の様子にちょっとビックリ。
上りの速さだけじゃなくて、上りに対するメンタルな部分もだいぶん差をつけられちゃったなー と思う。


着替えて、自転車片付けて、
IMG_7070.jpg これを持ってお金を落としに行かなきゃ。

今日はヤギ親子いないなー・・・・
IMG_7071.jpg ヤギさん、今日はお仕事お休みなのかしら?

そう!ここに来たら これを食べなきゃ!
IMG_7072.jpg 茶臼山ダムカレー!
「なぜ茶臼山に ダムカレー?どこにダムが??」と思った方はこちら
グリーンカレー、やっぱり美味しい!
でも そーいえば、去年はこれにジュースがついていたのに、今年はなかったー・・・・(涙) 
お値段は去年と一緒

今年のダムカレー反省会は、多度山の仙人とあおこさん夫妻とpomちゃんと、はじめましてのK藤さんと。
いろーんなお話ができて楽しかった!
特に 単純明快な自転車脳の多度山の仙人、その言葉ひとつひとつに なんだかスッキリ(笑)
「歳のわりによく走れるな、と思われたくない」という言葉が印象的で。
そうかー こういう気持ちがあるから いつまでも強く走れるんだなぁ


散々しゃべりまくって、今日の楽しい反省会もおひらき、解散〜 帰途へ。
皆さん、お疲れ様でしたーー!

茶臼山を下山。
途中の田んぼの緑が めちゃくちゃキレイ!---
IMG_7075.jpg 田んぼフェチw

途中、長久手のモンベルに寄る。
で、そこで購入したものがコレ。
IMG_7076.jpg 最近発売されたばかりのポディムアイス
従来のボトルよりも保冷力アップとか。「×4」とか書いてある、ほんとか?
その前日に自転車ショップで見かけて、その心外なお値段に その日は手が出なかったのだけど
なぜかここモンベルでは少しお安かったので、思い切って購入。
使うのは「ぬるくなった飲み物は飲めない」という 熱中症になりやすい鉄人だけど
さて、その「×4」の実力はいかに?


茶臼山、そんなに涼しくないなーと思いながら 今日は走ったのだけど、
名古屋へ戻ってきたらめちゃめちゃ暑かった。
朝は、あまりやる気なくて向かった茶臼山、
終わってみれば 楽しかったなーーというか、憑き物が落ちた感じ、というか。
そんなに簡単に変われないだろうけど、
もう少し気持ちを強く持って上れるようになりたいな、と思った。
その前に、こうやってその日走れることに感謝しなきゃ、だなー。

ご一緒してくださった皆さん、ACAスタッフさん。
今回もありがとうございましたー また宜しくお願いします!

  そーいえば! この日のレース中、葉っぱつきの大きな枯れ枝をうっかり踏んで車体にひっかけてしまった私。
  枯れ枝を引きずりながら 脚つきしたくないし、やっぱり停まって外さないとヤバイよな?と思っていたら
  後ろを走っていた人が前輪で枯れ枝を踏んで外してくださった!ありがとうございました。本当に助かりました。
  その方がどなたかよく覚えてなくて、それにその時しっかりお礼が言えなくてすみません。
  もし万が一、これを読んでくださってたら嬉しいのですが・・・・





今日の記録(カルマ) HCのみ
距離18.74km 
実走時間1時間10分 
Ave15.7km/h Max58.3km/h 
高度上昇値813m 
平均気温21℃(19〜27℃)
消費カロリー774C

スーパーチャレンジライド志賀遊輪 後編 ’16.07.10

スーパーチャレンジライド志賀遊輪 前編の続き。後編です。  


スタートから約50km、標高1500m地点での大沼エイドを 10時過ぎにリスタート。
この先、蓮池スキー場や熊の湯スキー場など志賀高原を抜けて 横手山へ、
そして標高2100m越えの渋峠を目指す。12〜13km600mアップ。

IMG_7007.jpg
道路の先の斜面にはリフトが。ここはどこのスキー場かなぁ?
熊の湯や横手山へは、ずっとずっと昔に春スキーにきた記憶が。
いつかトップシーズンの志賀高原へスキーに行きたいなーと思いつつ、なかなか叶わず。
いつかいつか、やっぱり滑りに来たいなー

そんなこんなスキーのことを思いつつ、どんどこどんどこ上って、上って。
IMG_7010.jpg
いつのまにか、雲が眼下に見えるようになる。

ここはたぶん横手山のスキー場ゲレンデ、かな?
IMG_7009.jpg

横手山のスキー場を過ぎると、いよいよ標高2000近く。
森林限界の絶景と 九十九折れのルート。
_B5W0006.jpg スタッフさん撮影
もう日本じゃないみたい、ヨーロッパっぽい。

横手山の急坂を上りきったら横手山ドライブイン。
観光客が大勢、車通りも少し多くなるけど、来週の3連休前のこの週末、
まだ観光客は少ない方かも。
横手山ドライブインでは停車せず、そのまま上る〜
_B5W0473_20160712194653c94.jpg スタッフさん撮影

ガーミンの高度が2000を越える。
先の九十九折れのカーブ上に カメラを抱えた人が〜 あーースタッフさん!
渋峠を上ってくる参加者たちを激写!してくださってた。

というわけで、その激写していただいた写真。 すごい幸せな写真。
_B5W0234.jpg

_B5W0239.jpg

_B5W0241.jpg

_B5W0244.jpg

必ず一度は、と思っていた渋峠での走行を、
こうやって写真に残すことができたのは 心底嬉しい〜 ほんとにスタッフさんには感謝、感謝、です。



えっちらえっちら、と、上りきった先に、建物や観光客らがたくさーん。
え?ここが渋峠てっぺん?? 高度はまだ2100までいってないけど??
IMG_7016.jpg 上ってきた道を振り返る。

とりあえず停車してあたりをキョロキョロ。
渋峠ホテルの前にいた参加者ローディに「こっち、こっち」と手招きされ
行ってみると、「ここでこれがもらえるよ」と。 
 正確には「もらえる」じゃなくて「100円で購入」だったけど(笑)
IMG_7015_201607130413093c1.jpg 「日本国道最高地点到達証明書」 今日の日付入り。

その参加者ローデイさんは、たぶんもう何度もこのイベントに参加されている常連さんっぽい。
本当の最高地点はもう少し走った先で、
ここは長野県と群馬県の県境ということも教えていただく。
そーいえば、こんなになってた。
IMG_7020.jpg 2県をまたぐ(笑)

それじゃあ本当の国道最高地点へ〜 数百メートル、ゆるーく上って。
IMG_7021.jpg IMG_7025.jpg
はい!ここが国道最高地点 標高2172m 念願の渋峠クリア!(嬉)

そして、このガードレールの向こうは絶景!
IMG_7022.jpg

IMG_7024.jpg 
んー写真だと この絶景のすごさが伝わらないー(涙) 
実際に眼下に広がるこの景色はもっとすごくて感動する。


さて、先へ進まなくては。
絶景の中を群馬県側へダウンヒル。
でも下り下手くそなんで、ゆっくり景色を楽しみながら下る(汗;)
下り始めてから そーいえばウィンドブレーカーを着るの忘れた!と思うけれど、
全然寒くない、まーいいか。と そのまま下る〜 たぶん15℃以上はあったかな?

きもちよーい下り道、車は少なめなので助かる。これからの夏休みシーズンは多いのかも?
でも時々走り屋的な車がウォンウォンとスピードを出して走ってくるのが ちょっとなー、という感じ。
そして、群馬県側からも上ってくるソロのローディ数人とすれ違う。地元ローディかなぁ?

IMG_7027.jpg
片側通行信号待ちで止められた後、青信号で後続車に先行してもらおうと道を譲るのだけど、
なぜか追い越していってくれない後続車。 優しいドライバーが多い?

もうそろそろ万座温泉街?
と思ったら、万座エイドだった。
下り坂の途中での補給エイド、なぜこんな場所で?と思うけれど 
エイドのすぐ下が右折の箇所。
エイドがないと、間違いなく右折に気がつかず気持ち良く下って行ってしまいそう。
下った先は有料道路らしい(汗;)
つまり、ここは補給と立哨の両方を兼ねたエイドだったようだ。
IMG_7028.jpg 
ここでの補給はバナナ うまいーバナナの甘さが身にしみる(笑) 
私的にはほんとに絶妙な補給内容だーと感心!
空になったボトルにも冷たい水を補充する。


エイドすぐの角を右折して万座峠へ向かう。 万座峠を越えて長野県に戻る
右折してすぐ急坂。
下から見たときは上れるかなー?と一瞬ひるむけれど、
意外と上れる、というかまだ脚は残ってるなーという感じ。
万座峠はピークまで8kmくらいの300アップ。そんなに厳しい峠ではないはず。
淡々と上っていく。
少し上った先で、ふと後方を振り返ると、さきほど走ってきた渋峠の絶景が遠くに見える!
その景色にも感動〜

万座峠の道も車はほとんど来ない。
貸切状態で上ってあっという間に峠ピーク。
そしてここからが20km超えのスーパーダウンヒル。
ちょっとブレーキを握る握力が心配だけれど、路面はキレイだし道幅もあるし、
先週の神坂峠の下りに比べたら楽勝???
それでもやっぱり20kmの下りは長かったーーー
でも途中途中で、眼下に山々と盆地の街並みが見えて、これもまた絶景。
 長野県って、なんだかスケールが大きい。

民家が見え始め 辺りは果樹園が多くなり、まもなく走行距離100kmになろうとする頃、
今日初めての信号のある交差点が!(笑)
その交差点を右折。
それにしても 暑いなーー 渋峠あたりとの気温差は20℃近いかも?
汗に濡れたジャージの背中が生暖かくなる。
北信州といえど、盆地の暑さは 名古屋の暑さに匹敵する気がする。

小布施〜中野市と市街地の平坦路を走る。 
市街地とは言っても、車通りの多い道は避けてあるようで、走りやすいルートをが引いてある。
中野市後半から徐々に上り基調。 

ゴールまであと3kmほど。
いよいよ最後の よませスキー場までのヒルクライム(涙)
日陰のない炎天下、果樹園の中の上りを我慢して我慢して上る・・・
 暑さに弱い鉄人は すでにヨレヨレ(笑)
途中果樹園のスプリンクラーの水がかかって気持ちいいーー 
 もっと道路際にたくさんスプリンクラーがあったらいいのに〜

ゴールまであと1km弱。国道を左折、ゴールのホテルカイワまでの上り。
朝から「最後の最後に上れるのか?」と心配していた激坂。
15%前後の激坂がたぶん4箇所。 果たして足つきせず上れるのか?
やっぱりまっすぐ上れず蛇行・・・ 
ここまで来て足つき、押し歩きはやっぱりしたくないし、あまり感心できないけれど、
激坂の部分は蛇行して上ってなんとかクリアして。
これまで走ったグランフォンドで、最後の最後に上って上ってゴールする、なんてのは初めて(泣)

最後の急勾配をクリアして右にカーブしたら ホテルカイワの駐車場〜 
14時ちょっと過ぎ、無事ゴール!!!
スタッフの皆さんが歓声と拍手で迎えてくださる。 ありがとうございまーす!

「最後の上り、大変だったでしょ?」
「最後の最後に あの勾配はないです・・・」
「あれはイジメのようなもんですから(笑)」とスタッフさん。
最後に苦しんでヘロヘロで上ってくる参加者を見て、スタッフさん ちょっと嬉しそう?!?!(爆)

氷水に浸かった500mlペットボトルのポカリがキラキラ、宝石のように見える。
そのポカリを1本いただいて一気飲み。
「落ち着いたら、たくさん食べてね」と、おにぎりや味噌汁が用意されている。
IMG_7032.jpg 畑で収穫したばかりとのキュウリが絶品!
IMG_7033.jpg 自転車の後のお味噌汁ってどーしてこんなに美味しいんだろう??

そして、完走証いただきました!
IMG_7031.jpg

食事の後はホテルの天然温泉もどうぞーと勧められ、
自転車を片付けた後、温泉に浸かってサッパリすっきり。
もう最後の最後まで 本当にいたれり尽くせりのイベント。
IMG_7035.jpg


15時半少し前、スタッフさんたちに挨拶して帰途へ。
最後に上ってきた坂を 車で下る。
まだ続々と最後の上りを上ってくる参加者の皆さん。何人かとすれ違う。
IMG_7043.jpg がんばれーーー!


今回のイベントはレースではないので、リザルトは公表にならないけれど
トップでゴールした方は12時半過ぎくらい(5時間半くらい)でゴールだったとか。
そして16時過ぎには参加者全員が無事ゴールとのこと。 この難コースを素晴らしい!
14時過ぎにゴールした自分たちは、真ん中ぐらいの順位でゴールだったのかなぁ?

走り終えた時は ACAのスーパー恵那山より厳しいコースだったなーというのが
正直な感想だったけど
 スーパー恵那山はアップダウンの距離が短かったけど、今回は上りも下りも10km以上の長丁場だったから?
でも辛かったか?と聞かれると、ほとんど辛かった記憶がなく(笑)
やっぱり素晴らしい景色とルートと、絶妙なタイミングと内容の補給のおかげだったかも。

天気にも恵まれ、滞りないサポートもあって、本当に素晴らしいライド、いいイベントでした!
常連さんがいるのも すごく納得。 
自分も可能であれば 毎年参加したいなーーー。。。


高速を飛ばして、19時過ぎ、明るいうちに名古屋着。 
久々に心底自転車を楽しんだ1日だった。 
やっぱり「山と距離」を走るって、楽しいなー。最高。


帰宅して、本当に久しぶりに昔のアルバムを開けてみる。
今日上ったカヤノ平での .最後のキャンプ。

RIMG0409.jpg RIMG0285.jpg
この時は、まさか4年後に自転車でここまで上ってくるとは思いもしなかったけどー(笑)
また上りに来たいなー エスちゃん また会いたいねー・・・





今日の記録(カルマ) 
距離118.95km 
実走時間6時間28分 
Ave18.9km/h Max48.0km/h 
高度上昇値2846m 
平均気温24℃(15〜35℃)
消費カロリー3782C

スーパーチャレンジライド志賀遊輪 前編 ’16.07.10

2016年7月10日 日曜日   晴れ


9日土曜日の夜。
北信州へ向けて高速道路を北上。
IMG_6983.jpg


2ヶ月ほど前 ネット上で偶然見つけたサイクルイベント
いつか走りたい思っていた長野県と群馬県の県境にある「渋峠」を走れるらしい。
そのコースをよ〜く確認すると、
娘が幼少期から中学生の頃まで ほぼ毎夏 家族でキャンプに行っていた「カヤノ平高原」へも上るらしい。
これは走りたい、どうしてもエントリーしたい。
約120km、獲得標高3000弱の厳しい山岳ルートだけど、レースじゃなくてサイクリングだし、
ACAのスーパー恵那山とほぼ同じコースプロフィール、たぶん大丈夫、完走できるだろう。
早速エントリー、私にとっては 間違いないく今シーズン一番に楽しみな予定、となった。


深夜割引適用を狙って深夜12時を過ぎてから 信州中野ICを降りる。
 1ナンバーは 休日割引は適用されないので
明日のスタート地点のすぐ近くの道の駅へ。 即、就寝。

翌朝 4時半起床。
IMG_6984.jpg 天気は間違いなく良さそう!嬉しい。

5時半、スタート地点のよませ温泉スキー場のホテルカイワヘ向かう。
  このホテルカイワが主催のイベント。
IMG_6988.jpg
カヤノ平へキャンプに行く時も何度も通った道路、この道は今日のライド最後の上り、の筈。

6時少し前にスタート地点到着。
IMG_6990.jpg
自転車やボトル飲料を準備、朝ごはんの続きを食べて。
 先週の熱中症での胃腸のダメージがまだ残る・・・一度に量が食べられない。
 今日の朝の補給。おはぎ2個、バナナ1本、コーヒー、クエン酸飲料。 
 ちょっと少ないけど、今日はエイド補給があるから大丈夫!


6時半から開会式。
_B5W9732.jpg スタッフさん撮影
少ない参加者(40名弱?)と年齢層の高さが、ACAツールドと似た感じ(笑)
 もともと募集人数は50名、エントリー代5000円、という こじんまりした企画、これも良いなーと思った。

これまで全く知らなかったイベントだけど、すでに今年で7回目の開催らしい。
毎年参加の常連さんも多いとか。
今日のコースはこちら
カヤノ平〜志賀高原〜渋峠は車で通ったことは何度もあるので
景色良し、車少ない、気持ち良い高原サイクリングができることは間違いない。あー楽しみだなー
毎年参加の常連さんがいるのもわかるような気がする。

今日の参加者全員で集合写真!
_B5W9735.jpg スタッフさん撮影


7時。4〜5人ずつのグループで 1〜2分間隔のウェーブスタート。
IMG_6995.jpg スタッフさん撮影
1組めスタート!
スタートゲートも手作り感いっぱい。
 これってたぶんスキーレースのスタートゲートのを使いまわしてると思う(笑)

さて、いよいよ自分たちも。3組目スタート。
スタートアナウンスをしてくださるスタッフさんに
今日参加の女性は2名で、ひとりは常連さんで、私は初参加で、とアナウンス紹介していただく。
「ぜひこのコースを苦しんで楽しんできてください」と ちょっと含みをもたせて(笑)
送り出していただく。

では、いってきまーーす!

ホテル前から国道に出るまでのくだり坂。800mくらい。
冬場の除雪のため路面は穴ぼこ、ガタガタ。でもそれよりも恐怖なのはえらく激坂!!!
獲得標高3000近く上った後に、この激坂、果たして上れるのか?? 
不安だけど、上らなきゃゴールできんし、毎年皆さん上ってるわけだから なんとかなるよね?

国道に出て すぐ結構な上り。
アップ無しなので、すぐ息があがる。
2kmくらい上ったら あとは下り基調。
気持ち良く8kmほど走ったら 右折、カヤノ平まで13kmの峠道が始まる。
しょっぱなから10%越え?の激坂(涙)

前後の参加者さんたち、ヒルクライムレースモードのスイッチが入る?
 こんなイベントに参加する人たちだから 上りは当然強いハズ
怒涛のようにパスされて、鉄人は もう ついて行きたくて仕方ない様子。
 鉄人のお尻がウズウズしている
そしておもむろに遅れる私の方を振り返って
「ギア軽くして、もっとクルクル回して!」と言い放つ。
「あのさーこの勾配で もうギア残ってないし もっとクルクルできるなら とうにやってるよ(怒)」
「さっさと先行ってよね(腹立つ)」
鉄人、さっさと上っていってしまった、10%越えの激坂を。
 体重、昨日は80kgまで増えちゃったって言ってたよな?

鉄人の姿は見えなくなって、
でもほかの参加者さんたちも結構ガチで上っている感じなので、
自分もほぼレースモードで上っていく。最初からこんなに頑張って大丈夫か?

カヤノ平高原のキャンプ場へ、車ではこれまでに何度となく通った峠道。
グネグネカーブ多くて随所に10%くらいの急坂が現れるので車酔いになることが度々あった(笑)
でも峠といっても ずっと左右ブナの森に囲まれる雰囲気のよい峠道。
そして車がほとんど通らない。
途中パスされた二人連れのローディに付いてずっと上っていく。
前へいくローディに追いついたり、吸収したり、ちぎれたり、を繰り返しながら
最後は5人になって 13km約1000m上ってカヤノ平高原 到着!ここは最初の補給エイド。
IMG_6998.jpg
冷たいポカリを紙コップに3杯一気飲み。補給食の塩羊羹がすごく美味しい〜

IMG_6997.jpg IMG_6999.jpg
あいかわらず日本じゃないみたいなとこだなー 道路の向こうには牛が放牧されていて。
この道路の両脇にフリーサイトでのびのびとオートキャンプができる。 
 この日はキャンパーは誰もいなかった
ここに何回キャンプに来ただろう?6〜7回?最後にキャンプしたのは4年前。
14歳だった愛犬との最後の旅だったなー 
 そのキャンプの2ヶ月後に後ろ脚が立てなくなって寝たきりになった
幼い娘や愛犬の姿が思い出されて ちょっとセンチな気分になってしまった。

IMG_7001.jpg
上ってくる参加者を出迎えてくださるスタッフさん。
少人数なのに、効率よく順繰りで、エイドでのサポートや間違うと大変!なルート箇所での立哨、
そして走行中の写真撮影まで、ほんとによくやってくださるのです。ありがとうございます。


一息して汗がひいた頃、リスタート。
この後は これぞ本当に高原サイクリング!といった下り基調の全く車が通らない道を往く。
白樺林を横目に見ながら、渓流沿いを走る。本当に爽快。13kmヒルクライムのご褒美かな。
 この辺りの写真を全く撮っていなかった〜残念。

そして奥志賀高原へ。少しずつ上りが始まる。
スキー場を奥志賀高原、焼額山、一ノ瀬と通り過ぎ、少し下る。
下りでトンネルが2箇所。
1箇所目のトンネルが結構長くて、路面が濡れていて、ヒヤヒヤ。
トンネル内の途中の待避所で一旦停車、後続の車をやり過ごす。
その車が追い越した後に お礼のハザートランプを点滅する。 
 車が自転車に対してハザートランプ、なんだかちょっと嬉しい。こんな風に車と自転車が共存できるといいな。
ちょっといい気分で、よーし!と走っていると、突然今日2箇所目の大沼エイドが現れる。  
 あ、もうエイドなんだ?!

実はここが足切りポイントで、このエイドを12時までに通過できなければ
渋峠を回避するショートカットをまわることになるらしい。
この時の自分たちの通過時刻は 確か10時少し前だったか?

IMG_7003.jpg

ここでは飲むぜりーを2個、補給食として渡される。(味が違う2個)
このゼリー、このタイミングで、それも1個でなくて2個、というのが すごく良くて。
そんなに喉は乾いてないけど、小腹は空いてきたかな?
そして胃腸の弱っている自分にはとてもありがたい。スルスルと2個とも美味しく飲める。
もちろん水やポカリ、ミネラル飴も存分に補給させていただいて。
 この山岳ルートを「走る」ための補給内容が ちゃんと考えられているなーと思った。

2箇所目の大沼エイドを出発。
ここからがいよいよ この山岳ルートハイライト?渋峠へ向けて12kmほどの上りが続く。
IMG_7005.jpg 


長くなるので、今回のライドは2部構成で。 続きは後編。


ACAツールド HC神坂峠 ’16.07.03

2016年7月3日 日曜日   曇りのち雨@中津川


今年もACAのヒルクライムシーズンが始まる。
今シーズンのヒルクライムは 春先からの 八ヶ岳やおんたけのレース参戦、
レース回数を重ねることに モチベーションがあがる鉄人を横目に
なんだか自分はもう燃え尽きた感じ? 山へサイクリングに行きたいよー


この前日に思わぬ室内プチ熱中症をやらかしてしまい、前夜は一口も食べることができず。
当日朝、5時起床。
気分はスッキリ。体調は悪くない。
昨晩の分も盛り返して食べられるとよいけれど・・・・

燃費の悪い私が「山と距離」を楽しく走るためには、一にも二にも「補給」が大事。
脚売り切れよりも心拍限界よりも ガス欠で走れなくなる時ほど、心身ともに辛いことはない。
一度 本気のハンガーノックで意識朦朧、その後も丸1日復活できなかった時の恐怖も 結構トラウマになっている。
なので、この1〜2年は自転車に乗る時だけでなくて日常的にも よく食べるようにしている。
(常時カーボローディング? ダイエット度外視(笑))
強度強めに走るだろう前日夜は 炭水化物中心にしっかり食べて、
当日朝は 自転車に乗る間際までなんやかんや食べ続ける。
朝1000kcal以上は食べておくと たいがいその日は調子よく終えられるように思う。
(もちろんライド中も30〜40kmごとの補給は必要)



娘のお弁当や朝ごはんを用意しながら つまみ食いのようにして
ルーティンのおはぎ2個をなんとか食べる。
けどかなりキツイ。
6時半過ぎ、自宅出発。
車中での これまたルーティンのサンドイッチパック、一切れがやっとこさ。
 いつもなら ここで菓子パン1個も食べる筈。

中津川方面が近づくにつれ怪しい雲行き。
IMG_6961_20160706004725d8e.jpg
天気予報を確認すると、
中津川のピンポイント予報、8時から小雨、10時からずっと本降り、となっている。
 えぇえーマジで?また雨のヒルクライムかーー(涙) 
レインウェア持ってきてよかったー・・・・

8時頃、集合場所到着。
今日は余裕をもって到着したつもりだったけど、駐車場はほぼ満車状態。参加者多いんだなー
固形物がどーしても入っていかないので、クエン酸飲料を飲みながら準備。
顔見知りの方々と挨拶したり会話したり。 ACAツールドはこれが楽しい
以前からの常連さんや、また新しい顔ぶれもいっぱい。そして女子率も高くなったなー。

開会式まであと10分もなかったけど、一応アップへ向かう。
DSCN2080.jpg FOCUS山田さん 写真ありがとうございます!
上った感じ、調子悪くないような気がする。
おはぎ2個とサンドイッチ1切れで 上り15km、なんとかもってくれるといいんだけどなー
 これだけ食べてればフツーはもつのか??(笑)でも自分的にはいつもの半分くらい

8時半ちょっと過ぎて開会式〜
IMG_6962.jpg
開会式での説明を聞きながら、
スィーツなら食べられるかも、最後の切り札チーズケーキにチャレンジするも・・・・無理。
仕方ないのでBCAA&クエン酸のドリンクを頑張って300ccほど飲んで、覚悟を決める(笑)

開会式が終わって スタートまであと10分ほど。
I戸PAPAさんに「これ乗ってみるー?」と声をかけていただく。
IMG_6963.jpg 
おぉ。これはもしかして、本日目玉のGOKISOホイール!!! 
 この日、 GOKISOホイールの試乗貸し出しがありました

I戸PAPAさん曰く、借りる予定ではなかったのだけど、
お連れさんが試乗するので一緒にいたら、貸していただけることになってしまった、という
100万弱のホイールだそうで。

ひゃ、ひゃくまん・・・・
はい!乗ってみたいです! 

I戸PAPAさんとは身長がほぼ同じのようで、バイクサイズもぴったしで、
数十メートル乗らせていただいてみた。
漕ぎ出しの瞬間は「あれ?重いかも?(C24と比べて)」と思ったけれど、
右足一漕ぎした瞬間 ぐわーんと進む、進む!
一漕ぎで いつもの感覚より1.5倍くらい距離が進む感じ。 すごーい!
これが上りだと またどんなになるのか?
この日は8人の方が試乗して神坂峠を上るらしいけど。皆さんの結果と感想が楽しみ〜



そんなこんなしてたら あっという間にスタート時刻。
9時ちょうどスタート。
車道に出てすぐ 鉄人は前方集団を追って あっという間に姿が見えなくなった。

ガス欠への不安はどーしても頭の中から消えないけれど
たった15km、されど15km、ガス欠にならないことを祈っていくしかなく
とりあえず自分のいけるペースで進んでいくことに。

とりあえずあおこさんの後をついていくつもりだったのに
あれ? 前にあおこさんがいないと思ったら なぜか私の後ろにいる気配。 
いつ抜かしちゃったんだろう?
でも、最初の急勾配の上りをクリアした後すぐ あおこさん前へ。

前を行くあおこさんの上りフォームを見ながらしばし進む。
今日のあおこさんは、 上れる時のフォームとペダリング。 
スーパー恵那山の時とは体幹の位置が違う〜と思う
全くぶれない体幹と ムラのない安定したペダリング。あおこさんの この上りフォームが好き。
変な表現かもしれないけど、なぜか癒される。
なんとなく見とれてるうちに だんだん離れていくあおこさん。 もうちょっと長くついていけないもんかな、自分(汗,)

あおこさんの姿が見えなくなったあたりから ほぼ一人旅。
前にも後ろにも誰もいない。
試走の時は このあたりは楽に上れるなーと思った勾配も .今日はやっぱり辛い気がする。

7km過ぎた頃、小雨がパラついてきた。 やっぱり降ってきたかー
8kmくらい? なんとなくガス欠っぽい。冷たい汗と 思うように脚が回せない。
気のせいかなー?と思うけれど、この集中力が続かない感じは、やっぱりガス欠兆候か。

まだ半分もあるのにーどうしよう?
急勾配の坂で 回せなくて止まりそうになって 車体が傾いて ハッとする。
本気で低血糖になった時のことを思い出して 今日はそんなになったらマズイ、
人に迷惑かけるようなことになったらいけない、
とにかく完全な低血糖にならないように 
とにかくちゃんとゴールしなくては、と思い直しペースダウン。
もう頑張るのはやめて、ボトルの飲料を飲みながらトロトロ上る。

ずっと一人旅だったけれど、時々 誰かが追いついてきて
それが結構顔見知りの方が多くて
しばらく並走しながらおしゃべり→置いてかれる、を繰り返す。
「この並走しておしゃべり」に ずいぶん気持ち的に助けられる。

雨はさほど強くならないけど、風が吹きはじめ 周囲は白もやで何も見えない。
ガーミンの距離もタイムもスピードも サングラスが曇って なーんにも見えない。
でも もうそれらを知りたいと思う気力もない。
こんなにトロトロ上ってたら、タイムは1時間半は越えるだろうなーと思いながら。

道の脇にガードレールが見えるようになって、
頭上が明るくなるたびに、次のカーブを過ぎたらゴール??と期待するけど、まだ違う。
4度目の正直で、やっとゴールのバンが駐車してるのが見えてホッとする。
IMG_6964.jpg IMG_6965.jpg


絶対1時間30分オーバーと思っていたゴールタイム、
意外にも告げられたタイムは 思いの外 そんなにひどいタイムではなかった。 
2年前のタイムより3分遅いけど。
そーなんだ? 
自分が思うより上れてたのかなー? 
そんなにもハンガーノックではなかったのかなー?
もしかして、補給不足の不安(気持ち)に負けた?


ちょっと複雑な気持ちで、ゴール記帳の順番を待つ。
そんなところに、トッシーさんやpomちゃんら数人がまとまってゴール。
pomちゃんの「あっという間に着いちゃったー」の笑顔に なんだかホッとする。
いいなー きっと気持ちよく上れたのね〜

記帳を済ませて、山小屋までトボトボ下って、ノソノソ上って。
やっぱり全然脚がまわらない(涙)やっぱりガス欠か〜?
山小屋の前で鉄人が待っていた。
もうカップラーメンは食べ終わったらしい。
それくらい速かったのねー・・・・ちょっと悔しくて タイムを聞くのをやめる。


さて、私も 神坂峠の後のカップラーメンはちゃんと食べたい。
2年前のめちゃめちゃ美味しかったカップラーメンを思い出し、
今カップラーメンは絶対食べられるはず!
IMG_6966.jpg
・・・・やっぱり無理だった(涙) 胃腸のダメージ、しつこい
麺がスープを吸って膨れ上がってくるので、鉄人に託す。

何か温かいものが飲みたい〜
IMG_6967.jpg
嬉しいことにコーヒーが! ちょっと気持ちが落ち着いた。


IMG_6968.jpg
雨がひどくならないうちに下山しましょう、と。
雨用のウィンドブレーカーだけで下山しても大丈夫かな?くらいの降りだったけど
「レインウェア、持ってるなら着てったら」と言われ、上下とも着用。これが正解だった

下れば下るほど、雨脚が強くなる。
本降りどころか、ダダ降り!!!  
スタート地点に戻った頃はザーザー降り(泣) まさかこんなに降るなんて
この雨のおかげで、ウダウダおしゃべりタイムはなし、解散(溜息)

自転車片付けて、お風呂〜と思いきや、夕方からの急用の連絡。
渋々帰路へ。


なんだか弱っちい自分が出てしまったHCだった・・・・
今回は「過去の自分」には勝てなかった。
もうちょっと頑張れたのでは、と思う気持ちと
無理せずあれでよかったんだよ、と思う気持ちと。
坂のぼるのは好きだし、楽しい。
けど「頑張る」上りは ちょっと辛いな、やっぱり。

そんな自分とは裏腹な 昨年までとは別人の鉄人。
「まだまだ全然、ダメダメだったなー」
  何を言ってるんだか。タイム、2年前より10分も短縮したのに(怒)
  本人の目標はもっと高かったらしい。


「多度山のYさんに挑戦状渡すには まだ早過ぎるんだなー」
  当たり前です。

「もっと頑張るよー」
  いいなー そんな風に言えて


ヒルクライムレースはしんどい。
頑張るのは辛いけど、逃げたくないなーやっぱり。
そして、新たな目標!
神坂峠の後のカップラーメンを、今度こそはまた美味しく食べたい(笑)


当日ご一緒してくださった皆さん、
お声をかけてくださった皆さん、ありがとうございました。
そしてACAスタッフの皆さん、いつもありがとうございます。
また2週後、宜しくお願いしまーす!




今日の記録(カルマ) HCのみ
距離14.28km 
実走時間1時間24分 
Ave10.2km/h Max23.2km/h 
高度上昇値1089m 
平均気温18℃(14〜22℃)
消費カロリー838C

山練ショートコース後、室内で熱中症? ’16.07.02

2016年7月2日 土曜日   晴れ&猛暑


IMG_6947.jpg IMG_6948.jpg ゴーヤ、今年初収穫!



今夏はいつまでも涼しいねーとか言ってたら いきなりドカンときた猛暑日。
この暑さだし、明日は神坂峠だし、街乗りくらいでいいかな?と思っていたら、
「今日は雨沢だけでいい?」と鉄人。 ハイ、雨沢だけで十分です。えらくやる気だなー・・・

我が家にしては早めの8時半スタート。 もーちょっと早く出なきゃな。
この時点で 立ってるだけでも汗がジワジワー 
今日はマジで午前中で切り上げなきゃヤバいね、と言いつつ、いつものルートで。

雨沢直前の定点補給
IMG_6954.jpg 補給というより、クールダウン。

こんな暑さの中でも続々とローディが雨沢方面へ向かう。
さて、自分たちも。
けど、この暑さだし、本気アタックはしないつもり、でも一応ラップボタンは押す。

序盤はゆっくりめ。 
でも まぁまぁいい感じで回せるので、徐々にペースがあがっていく。
中盤で前方に 男性ローディひとり見えてきた。 
追いつけるかなー?と思うと、あとはほぼTTモード。
追いついて追い越したあとは、ぴったり後ろにくっつかれる(汗;)ひたすら逃げる(笑) 
パスし返されるかなーと思っていた下りで なぜか千切れてくれて?
ゴール前の上りはタレタレ。
すでにゴールして日陰で水浴びしている鉄人を見ながら ヘロヘロゴール。
23分台。まーこんなもんか。
IMG_6955.jpg 夏色の雨沢てっぺん

このまま折り返して帰るか 戸越周回コースか しばし悩んで 戸越周回コースへ。
びゃーと里山風景を横目に下って、土曜は車多いなーの戸越を越えて、
今日も市街地走行の前に クールダウンして。
IMG_6957.jpg 食べるまでちょっとモタモタしてたら あっと言う間に溶けてきた

ここで、今日偶然3回目遭遇のS-WORKS乗りさんと しばし談笑。
  雨沢の定点補給時と、雨沢登坂中にすれ違う
年齢的には自分たちと同世代か少し上? バイク装備も体型も 完璧クライマーなお人。
楽しいひと時。 週末は似たようなコースを走られてるようなのでまたお会いできるかな?

12時をまわると、やっぱり路面からの熱気が(暑) 早く帰らなきゃー

nw3ZlgiqbYZeR9n1467551817_1467551955.png 夏空! 信号待ちは日陰で。

13時帰宅。 
水風呂にドボン。
着替えて 車で塩分補給へ。
IMG_6959.jpg

帰宅して もー夏はこれに限る!
IMG_6960.jpg 


・・・・ここまでは調子良かったのに。
このあとがいけなかった。

暑さに強いと信じて疑わなかった自分。 
35℃くらいまでなら走っても 結構平気だった。「暑いけど辛くない」そんな感じ。
鉄人が熱中症になるような時、
同じコースを同じように走っても、水をかぶらなくても ケロリとしていたし。


エアコンつけず、扇風機もまわさず、の室内でゴソゴソと 明日のためにバイク掃除。
 室内温度30度、たぶん湿度が高かった・・・
2台目のチエーン掃除の頃、なんだか頭が痛くなってきた。

ちょっと我慢して、夕ご飯の買い出し。
あー調子悪い、頭痛い。気持ち悪い。

痛み止め飲んで、夕ご飯作る。
作るには作って、食卓に並べるまでは頑張ったけど、限界。
一口も食べられない(涙)

窓際の涼しいところで扇風機にあたりながら寝っ転がる。
明日(HC神坂峠)の準備、何もしてない、というより 走れるのか?明日。
とかなんとか思いながら あっという間に寝落ち・・・・

今日のライド中はずっと元気で その後もしっかり食べれたし、でもやっぱり猛暑日ライドには違いなくて。
その後、熱がこもった体で 風のない湿度の高い室内での作業。
これがいけなかった。 室内熱中症、ほんとになるんだなー(汗;) それもまさか私が??

基本 我が家って、夏場もほとんどエアコンを使わない。
市街地だけど ちょっと標高があって緑が多くて、風もよく通るので、わりと涼しい。
そんな生活でこれまで、自転車乗っても自宅でも 熱中症なんて全く縁がなかったのに、今回どーして?
思い当たるのは、この3週間ほど、体調不良と天候不順でほとんどジデツウができていなかったこと。
この時期、毎日のジデツウで体が暑さに慣れていってたから
たぶん猛暑日長距離ライドしても、30℃くらいの室内でも 熱中症とは縁がなかったんだなーー。と実感。



深夜12時半頃、目が覚める。4時間はぐっすり眠った。
頭痛はなくなって 気分はそう悪くない。 神坂峠、走れそうだ、よかったー
こんな時間に、と思ったけど、明日のことがあるので
残してあった晩御飯を食べようと思うけど、やっぱり食べれない。 
水分は摂れるけど、固形物がはいっていかない。

とりあえず、晩御飯の後片付け、洗濯機の中にそのままになってた洗濯物を干して、
明日の準備、お風呂に入って、深夜3時。 2時間は眠れそう。
明日朝、どうか食べられますように。



今日の記録(カルマ) 
距離71.91km 
実走時間3時間37分 
Ave19.8km/h Max52.5km/h 
高度上昇値1169m 
平均気温31℃(25〜37℃)
消費カロリー2041C
プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR