小原四季桜と まさかのしし鍋 ’16.11.26

2016年11月26日 土曜日  晴れ、夜は雨


本題の前に、つぶやき。
先日の修行けいちゃんライドで 「もっと重いギアを使えー」と言われたので
その後のジデツウで、いつもより重めのギアで走ってみる。
重みを感じながらペダルをまわす・・・ これ、実は感覚的に好きでなくて。
軽いギアでクルクルシャカシャカ、自転車ってこれが楽しいのだけどなーー
重いペダルをまわして乗ってたら、自転車 嫌いになりそうだ・・・とマジで思う(泣)



今週は祝日があったおかげで、どーしてもひとつだけ仕事の調整がつかず。
朝、1時間ちょっとだけ仕事。
速攻で帰宅し、自転車! 翌日曜日は終日雨らしいので、今日乗れるなら乗りたい!

11時ごろ自宅出発。
風もなくて、日差しもあって、暖かいかなー?と思っていたけど、
日陰にはいると結構寒い。 ウィンドブレーカーを着てきてよかった〜

自転車嫌いになりそうな重いギア、もうしばらく我慢して試してみる。
鉄人から遅れそうで加速したい時と、下りで回す時と、上りでも少しお試ししてみるかな?

加速したい時、自分って、
基本はギア重くするのでなくて軽くしてケイデンスあげて速度をあげるのだけど、
これって速度に限界があるのね って、こないだ気がついた(汗;)
立ち上がりは一瞬ギア軽くしても、すぐ重いギアへ変えて加速するようにする。
  あースムーズに加速するのね。

下りでも足をとめない時は、スカスカのペダリングにならないよう、ギア重くする。
  そっかー 重くすれば下りでも踏めるんだーー でも速いスピード、ちょっと怖い。

さて、上り。
鉄人が言うには、ギア1枚重くしてケイデンス10くらい下げても(ギア1枚軽くてケイデンス10高い、と比べて)
速度は変わらんハズ、と言うので ケイデンス60台で上れるギアで(いつもより1〜2枚重め)上る。

モリコロ坂は、ひさびさにアウターで上りきれた。確かに速度は変わらない気がする。
そして何よりも心拍が上がらなくて楽。 でも重いペダルは楽しくないなーやっぱり。

瀬戸長久手間のプチ峠も。
ギアを軽くしたいポイントで、少し我慢するように。
どーしても我慢できない、とか、ケイデンス50台になったら1枚軽くして。
でもケイデンス70を楽に越えるようなら、1枚重くして。
ペダリングはGOKISOのホイールを試乗した時のようにキレイにまわすように。

雨沢前の定点補給。
IMG_7999.jpg ホットコーヒーとあんまん。ライド中のあったかい補給、最高♪

さてー雨沢。 
いつもはケイデンス70〜80前半で上るのを、
今日はここまでと同じように、ケイデンス60台でまわせるギアで上る。
そして、ペダリンぐは丁寧にまわす。 

なんだか淡々と上り進んで・・・
ゴール手前の上りが余裕で上れる。これは脚でなくて心肺が余裕だった、と思う。
IMG_8001.jpg 
22分台で上れた。 
こういう上り方でも、いつもとタイムはほぼ同じなんだ。そーなんだーー・・・
そして、いっつも心肺ギリギリ(170超えで上っている)、ゴール後は頭の中酸欠な感じなのが、
今日はそんな感じが全くない。頭がキューっとなる感じがない。
でも大腿はパーンと張った感じ。距離が短ければいいのだろうけど、ロングになると脚もたないのかな?

自分は、どーやって上るのがいいんだろうか?
そりゃ、重めのギア、高ケイデンスで上れたらいいんだろうけど。
でも「あー上ったーーーヽ(≧∀≦)ノ」と思えるのは、クルクルシャカシャカ上りだなーーやっぱり。


さてさて、小難しいことを考えるのはこれくらいにして、サイクリング〜
今日は小原まで行ってくれそうだ。
雨沢の向こうへ下って、山間のアップダウンをどんどこ進む。
IMG_8002.jpg IMG_8003.jpg
キターーー 四季桜! これって、満開手前? 散り始め? 四季桜って その辺りがわかりにくい。

そしていつもの .ビューポイント!
IMG_8008.jpg IMG_8006.jpg
先週がピークという話だったけど、まだまだ十分キレイ!

いつか自転車を置いて、この四季桜の中を歩いてみたいけど、
今日は時間押しなので、写真だけ撮ったら次の目的箇所へ移動。
IMG_8010.jpg 今年は何を食べよっかなー:

今年はきしめんと味噌こんにゃく
IMG_8011.jpg やっぱり あったかい食べ物、最高♪

ちょっと補給が足らない感じもしたけど、急いで帰るー
IMG_8013.jpg

びゃーと下って、K33から戸越へ。 
戸越上る前に持参していた薄皮クリームパン1個食べる。 
 薄皮クリームパン、口もごもごせず喉越しよくて補給ベスト食のひとつ
寒いとやっぱりお腹が空く。

戸越もやっぱり普段より1〜2枚重いギアで 結構頑張って上る。
というのは、一人のローディさんをパスしてしまったから。
なんとか逃げ切って戸越のてっぺんまで。
鉄人がのんびりモミジの写真を撮っていたので私も。
IMG_8014.jpg

モリコロ前。 時間押し押し、急いで帰られば。
IMG_8016.jpg


なんとか17時前に帰宅。
そして、夜は。 お誘いいただいたSDの忘年会にドタ参。
そこで偶然にもバッタリ出会ったのは・・・

IMG_8019.jpg しし鍋!

今日、ドタ仕事のおかげで 会うことができなかった人生初のしし鍋に
まさか ここで会えるとは〜(嬉)
嬉しかったなーー。 でも すがもりのしし鍋にも絶対会いたい。
SDの忘年会は 興味深くて楽しい話題がいっぱいで 楽しい時間でした。
本当にありがとうございましたーー^ ^


ギアちょっとだけ重め、平均ケイデンスはいつもより10ほど少なかった今日の100キロライド。
脚が売り切れ、ということはなかったけど、大腿はいつもよりパンパンーーー
これ以上のロングは辛くなるのかも?
けど、頭が酸欠みたいな感覚は全然なかったから、心肺には優しい感じだったのかな?
でもーー自転車の楽しさからいったら、もうちょっとクルクルシャカシャカ走りたい。
けどーー重いギアで走れることも 引き出しとして持っておくべきなんだろうなー




今日の記録(カルマ) 
距離99.55km 
実走時間4時間46分 
Ave20.8km/h Max51.4km/h 
高度上昇値1698m 
平均気温12℃ 
消費カロリー2938C  
スポンサーサイト

こるなごさんpresents紅葉の下呂&けいちゃんサイクリング '16.11.23

2016年11月23日 水曜日  勤労感謝の日


今月の初め、ふと思いたって突然走りに行った下呂のケイチャンサイクリング
こるなごさんにいただいたルートをベースに難度を下げて(峠道を減らして)
行ってきたのだけれど、途中、R19付近で右往左往してしまったことで、

こるなごさん
お詫びに今度フルコースでのけいちゃんライドエスコートさせて頂きます(^^)/ 』

と お誘いくださったのが、今回のサイクリング。
距離120km強、獲得標高2600強アップ。 
その標高グラフがコレ。
IMG_7996.jpg これは今回の実走ログです
トゲ10個・・・10峠?? えっと、「お詫び」・・・でしたよね?

というわけで、心して行ってきました、今回のこるなごさんpresentsサイクリング。
 こるなごさんとのライドで、最も覚悟がいるのは
 実は、上りが多いことよりも 巡航速度の速さ(汗;)
 苦手な平坦&下り基調の高速巡行を どれくらい頑張れるか、いつもそれが不安・・・
 そして、今回も不安的中(笑)


朝のトランポ地は珍しく一番乗り。
IMG_7984.jpg 駐車場周りは四季桜が咲き始めていました!

そして今日のご一緒するメンバー5人。
DSC01962.jpg 男性2名、女性3名(驚)
このコースプロフィールにして、女子率の方が高いって?(汗;)
女子が多いからよかったーなんて安心感は全くなくて、お二人とも そこらの男子より はるかに走れる強い女子。


予定通り、8時ごろスタート。
目的地の「けいちゃん」まで約75km。峠、たぶん6個(笑) さーがんばりましょう。

序盤しばらくは軽めのアップダウンを気持ち良く行く。 この時はまだ余裕?(笑)
DSC01969.jpg

最初の峠が、今日一番の長くて高い峠。
まだ始まったばかり、先が長いことを思って、
頑張りすぎず、タレず、でマイペースで淡々といく。

少し先で こるなごさんを差し置いてひとり発射していった鉄人の姿が見えた(唖然)
  しょっぱなから何やってんだか?たぶんこの先てっぺんまで何kmあるかも知らない筈(爆)
  間違いなく「出直してこい、勝負にもならん」状態でしょうに。

そんなことを思いながら、自分は淡々と上る、上る。
勾配の変化がいい感じで、好きなぐねぐねカーブで、車が来なくて、林道で、
すごく好きな峠道かも。
DSC01983.jpg こるなごさんカメラマン

峠のてっぺんで、ひとり飛び出した結果を鉄人に聞く。
「出直してこいって?」
「出直すとか、そういうレベルの話じゃなかった・・・」 これ以上多くを聞くのはやめておく(笑)

全員が揃ってから下る。 
そして 峠と峠の間にある平坦での高速トレインーーこれが私には難関課題(泣)
前をいくpomちゃん、ちえ。ちゃんは、先頭のこるなごさんにぴったり憑き位置でいくけれど、
私ひとり中切れする。
一旦離れると、結構な向かい風もあって自力では復帰できず。
その度に最後尾の鉄人が前に出て引っ張り上げてもらって復帰するけど、
またそのうち中切れして、引っ張り上げてもらって・・・を 繰り返す(泣)

どーして中切れしちゃうのか?
何度も中切れする自分と ぴったし憑き位置を維持するpomちゃん、ちえ。ちゃんの走りの違いは何か?
よく見て、よく考える。
で、わかったことは、
カーブとか橋のつなぎ目の段差などで軽く減速した後の立ち上がりで遅れること。
そして、軽いギアでの高回転では この巡航速度はついていけなくなる、ということ。

じゃあ、どうすればいいか?そこまでは走りながらでは頭がまわらず。
とにかく少しでも中切れ回数が減るように、と、平坦高速巡行はとにかく必死。
逆に上りが始まると、ホッとする・・・
DSC02027.jpg

往路は6峠あった筈だけれど、記憶に残るのは中切れしまくった平坦高速トレインばかりで
上ったことは、実はあまり覚えてなくて。 
なんだか気がついたら、舞台峠ののてっぺん、この先下ったら もう けいちゃん!という地点まで来ていた。

往路の約75km、獲得標高1700くらい、4時間でクリアして
ちょうど正午、今日の目的地、けいちゃんのまるはち食堂へ到着〜。
IMG_7987_20161125235520020.jpg しかしーー想像以上の 待ち人と車(汗;)

ここまで来たら、待ち時間の長さは覚悟を決めて。
日向ぼっこしながら、皆でウダウダおしゃべりー これが結構楽しい時間。
  自転車に乗ってる時は一緒にいても、そんなにお喋りできないからー
結局1時間半待っての入店だったけど、そんなに待った感じもなかったかな。

そしてきましたーーーけいちゃん5人前!
IMG_7988.jpg
はーーこれは本当に美味しい。何度食べても美味しい。
柔らかい鶏肉にピリ辛の旨タレがちょっと焦げたのが、また最高♪
さらに3人前追加して皆でペロリとたいらげる。 ごちそうさまでしたー!
あー満足〜でもいつかごはんお代わりしてたらふく食べたい


食事が終わって14時30分。
復路は距離約50km、基本は下り基調(これが私には大問題、中切れ注意報)、
でも上りも4峠?1000アップくらいで結構上る(汗;.)

けいちゃん待ちしている間、
実は、私の平坦〜下り基調の高速巡行について鉄人にいろいろと指摘された。
たぶん高速巡行する私の後ろを初めて走った鉄人、気付くことがいっぱいあったようで(汗;)
「ギア、重い方4枚くらい全然使っとらんでしょ? 上まで全部使って踏まんと」
  私のスプロケ、実はいつ掃除してもトップ3枚はピカピカきれい。
「カーブの時、カーブを完全に通過してから加速しようとするから遅れるんだよ。
 カーブを抜け出す前から踏んで加速しないと」
 
あーそーか。そういうことなんだ。
ギアってトップまで使うもんなんだ(笑)
カーブの後に遅れるのはそういうことか。
 今頃、気付くなよーってことばかりで恥ずかしい限り・・,

意識的にギアを重くすることと、加速のタイミングを意識すること(カーブだけじゃなくて)。
復路下り基調の高速トレイン、中切れしないように。

暗くなる前にはトランポ地へ帰着したいということもあって、
平坦〜下り基調のこるなごさん、鬼牽き。 
なので、私 もう必死。
ただ、減速した後の加速を とにかく意識する。
やっぱり早めに加速することで遅れないのがわかる。
その後もスピードにのって前の人に引っ張られていく感じ、あ、楽なんだ?と思うことが数回。
みんなが言う「付くと楽」「回さなくても進む」って、こういう感覚なのかな?

そんなこんなで、あっという間に40kmほど走って、R19を横断。
あとは馬籠にむけて最後の上り。
笑えるほど上れない。全然進まない。
こんなに上れないことは初めての経験。
なんだかもう全身の力が入らない、そんな感じ(爆) もうヘロヘロどころか、ヨボヨボ(笑)
 獲得標高的にはまだまだ上れる数値の筈なんだけど、
 やっぱり高速巡行にすっかりやられてしまったのかなーーこんなに疲れてしまうとは。


皆からかなり遅れてしんがりでとぼとぼ上る。時速は一桁。
付き合ってくれている鉄人に「まるで、婆さんだな」と言われて、
あー歳をとって体が動かないって、こんな感じかもって 、マジでそう思う。

あまりに遅いので、こるなごさんが戻って様子を見にきてくれて、
私のヨボヨボぶりを不憫?に思ってか、100mほど後ろから押してくれる。スミマセン・・,
  あーー楽チン。 このままゴールまでお願いしますーと内心思う(爆)

それでも馬籠からトランポ地までの下りは、皆と一緒にちょっと気持ち良く下って。
16時30分、皆揃ってトランポ地へ無事帰着!
   50km、1000アップを2時間で帰ってくる、それも上り速度一桁だけど(爆)
   どんだけ平坦〜下り基調が速かったかって(汗;) 

IMG_7991.jpg ほんっとに恐ろしいくらい強いすごい人たち

IMG_7990.jpg 神坂峠を照らす赤い夕日がキレイー
pomちゃんから、手作りのシュトーレンをご褒美にいただく。涙が出るくらい美味しいーー
暗くなる前に解散〜 ほーんと、皆さん ありがとうございました!

 やっぱり予定通りの修行ライド、平坦〜下り基調の高速巡行にヘロヘロになったけれど、 
 こるなごさんとのライドは いつもすごく勉強になる。今回も私なりに収穫が多いサイクリングでした。
 走り終えて 頭の中は、高速トレインのことでいっぱいだったけど、
 よーく思い返せば、往路の峠は楽しい気持ちいい上りばっかりだったし、けいちゃんは絶品だったし、
 待ち時間ののんびりお喋りも楽しかったし。 なんとか皆と一緒に帰ってこれたし。
 楽しい1日だったなぁ。 



帰りの車中での鉄人との会話
「pomちゃんも ちえ。さんも、効率の良い走り方をちゃんとわかってるよね。
 空気抵抗を最大限に減らしたライドフォームも、コースのライン取りも。
 それと比べちゃ、お前の走りは中学生レベルだなw」

「それを言うなら、しょっぱなの峠で てっぺんまでの距離も知らず
こるなごさんを差し置いて飛び出していく行動って、まるで小学生だよねw」
 
中学生、小学生レベルですが、ふたりともさらに精進できるよう、これからもガンバリマス!
エスコートしてくださったこるなごさん、一緒に走ってくださった皆さん、
本当にありがとうございました! またよろしくお願いします〜(^-^)/

 
そして、今日はもうひとつ嬉しかったこと。
去年のクリスマスからおねだりしていたpomちゃん手作りのシュトーレンを
まるごと1本、いただきました!
IMG_7992.jpg すごく大きいんです!嬉しい〜苺大福とのサイズ差、すごい

今年最初のシュトーレン。嬉しいなぁ。
IMG_7993.jpg IMG_7994.jpg
ちょっと厚めに切って 早速夜のおやつ。 
私好みのスパイシーじゃない優しい甘さのシュトーレン。
pomちゃん、ありがとう。またお願いします〜(笑)




今日の記録(カルマ) 
距離122.18km 
実走時間5時間39分 
Ave21.6km/h Max59.7km/h 
高度上昇値2731m 
平均気温7℃ 
消費カロリー3958C  

いつもの山練ショートコースへ  ’16.11.20

2016年11月20日 日曜日   晴れときどき曇り


19日、土曜日。
週末に久しぶりの雨。
どちらにしても午前中は休日出勤だったので、まぁよかったのだけど。
昼下がりから買い物へ。
市街地の紅葉も もうかなりキレイ。
IMG_7974.jpg


20日日曜日。
朝から晴れ。
午前中にお務め。フリーになったのは10時半過ぎ。
なぜか あまり走る気がなさそう?切り替えができない?な鉄人を尻目に
自分はさっさと準備してスタンバイ。
 やらなきゃいけないことを「パッパッと切り替えてやっていく」っていうのは、男性は苦手かな?
 仕事が終わったら、すぐ家事をして、とか


11時半過ぎて、自宅出発。
「雨沢でいい?」 
まー走れるならどこでも・・・と思いつつ、できれば四季桜を見に行きたいけど、と思うけど
ここは少し黙っておく。


IMG_7977.jpg
やっと信号ラッシュの市街地を抜けて・・・
今日は異様に暑い?20℃越えているか? 
でも正午過ぎても、日陰の路面はまだ濡れている。 湿度が高いのかなー?


定点補給。
IMG_7978.jpg 野菜生活の新商品

雨沢アタック、スタート地点。
IMG_7979.jpg
夏インナーと夏ジャージ、真夏と同じ格好の鉄人。
今日はそれで正解だったかも。長袖秋ジャージの私は ここまでですでに結構汗だく(泣)

「(この暑さじゃ)頑張ってもタイムでないからゆっくり行くわー」と言いながら鉄人スタート。
自分は、後半頑張っても頑張らなくても後悔のない速度で序盤は走る。
スタート後しばらくの民家が続くあたりで、
車庫入れする車と、なぜか路肩に寄らずハザート出して停車している車、2台と遭遇し、
減速〜足付き停車寸前を2回強いられ、ちょっと気落ち。
公道を走るので仕方ないことだけど、頑張る気満々な日でなくてよかった。

鉄人が珍しくずっと私の少し前を走る。
追いつきそうになると すーっと前へ出ていくけど、それ以上は先へ行かない。
今日は引っ張ってくれるつもりなのかなー? それなら、と、ペースをあげて。
下り区間までは引っ張ってもらって わりといいペース。
下り区間に入ったら 鉄人、あっという間に姿を消す。
左にカーブして前方が開けるけど、すでにもう鉄人の姿なし。
そんなに離れてなかったと思うんだけど? うーん、やっぱり速いな、最近(汗;)

前に人がいるといないでは大違い、鉄人の姿がなくなったらあと少しなのにタレ気味。
ゴール前の上りも思うように上っていけなくて、最後は苦しまぎれのダンシング(涙)
なんとか22分台でゴール。
IMG_7981.jpg
そーいや、序盤に2回減速したんだっけ。そー思ったら まぁまぁなタイムかな?

雨沢のふもとは暑かったけど、てっぺんは結構ひんやり。
途中の気温計も16℃だったし。もう13時をまわっているのに、てっぺんの路面はウェット。
IMG_7980.jpg おまけに瀬戸の方は雨雲?っぽいし。
汗が冷えてきたので、ウィンドブレーカーを着込む。

この付近、あちこちで紅葉がピーク。交通量が普段よりもかなり多い。
車が多いのを一番嫌がる鉄人、やや不機嫌。
いつもの山練ショートコースで もう帰りたい様子がありありなので、四季桜は言い出せず。

藤岡飯野までだだーっと走って。
その道中、四季桜がキレイに咲いているところがあって、ちょっと満足。
そして、信号待ちの時に振り返って 見えた三国山は真っ黄色?に紅葉してキレイだった。
両方とも写真は撮らなかったけど。

遅い昼ごはんはあんかけスパ。
IMG_7983.jpg やっぱり野菜たっぷりの「季節の野菜」の方がいいなー

戸越峠を越えて帰路へ。
戸越も紅葉した広葉樹がいっぱい。今日が紅葉のピークだなー。
IMG_7982.jpg イチョウの大木がきれいー

あとはサクサクと市街地走って、17時前帰宅。 珍しく完全に暗くなる前に帰ってきたー(笑)

まだまだ秋の自然を楽しみたいなーと思う私と、
普段からあまり景色には釣られない鉄人との温度差が大きかったこの日。
まーこういう時もあるさ、ね。
嫌がらず山へ行ってくれるようになっただけヨシかな(笑)




今日の記録(カルマ) 
距離77.85km 
実走時間3時間54分 
Ave19.9km/h Max50.0km/h 
高度上昇値1266m 
平均気温17.4℃ 
消費カロリー2229C                                               

ご近所紅葉ライド〜雨沢、三国山、岩屋堂 ’16.11.13

2016年11月13日 日曜日   晴れ

  1週間遅れ、先週の日曜日の記録でーす。


日曜日、朝はちょっと長めのお務めあり。
フリーになったのは午前11時ごろ。
昨日はまるっと1日乗ったので、鉄人は乗る気はほとんどなかったようだけど、
私は乗る気満々(笑) 
 予定がなくて、天気がよくて、紅葉シーズンなのに、乗らなかったら後悔するでしょ、やっぱり。
無言の駆け引き(笑)で なんとかライド決行へ。 はーーよかったーー
 
中途半端な時間なので、自宅で軽くお昼ご飯を食べてから
ちょうと正午に、自宅出発。

まずは雨沢へ。
IMG_7933.jpg 雨沢前の定点補給。今日はスィーツなし。

雨沢アタック。
鉄人、スタート直前まで真剣に上るかどうか迷っていたけれど、
スタートダッシュはビックリするくらいの速さ、あっという間に姿が小さくなる。
 クロモリでの20分切りを本気で狙うようだ
私はー・・・どうするかなーー?
昨日の二ノ瀬はいい感じで上れたので、あの感じで〜と思って来たけれど、
ここへ来るまでの上りは、実は、全然 脚まわらんーーだった・・・(泣)
今日は頑張ってもあまりタイムは期待できないだろ〜なーと思いつつ、
序盤の斜度緩めは25km/h前後で。 一応22分台狙い。

心肺は余裕があるけど、脚は重くて回らんなーという感じ。
あまりしんどくはないので、もしかしてまぁまぁ上れてるのかなー?なんて思いながら
上っていたけど、実は全くの勘違い。
下り区間に入ったタイムは、ベストタイム時に比べて実に1分以上の遅れ。
 ありゃ?全然ダメダメじゃんーー
ゴール前の上りもアウターで上りきれなくて大失速。 ギリギリ23分台でゴール。
 あーぁ、こんなもんかーーやっぱり。
IMG_7938.jpg 雨沢のてっぺんも紅葉してました

鉄人は、と言うと、クロモリで初めて20分が切れたらしい。
カーボンバイクのベストタイムとほとんど変わらないようだ。
 18分台もみえてきた?とか。ホントにーー???


今日は 紅葉を見込んで 三国山の展望台へ。
少し戻って 三国山の入り口。
「ここはゆっくり上るからね」 「俺も」 と 言った口も乾かないうちから
後ろからパスされたひとりのローディを 迷わず追いかけていってしまう鉄人。
あっという間に置いてかれて 自分ひとり旅。 まーいいけどさーー
 鉄人がついていったローディ、結構 速い人だったと思うけれど、
 たぶん鉄人に後ろからピッタシくっつかれてそう・・・(汗;) 
 後から聞いたら、案の定 「心拍180を越えたので先へ行ってください」と先を譲られたそうだ。


三国山の林道は いい感じに紅葉していた。
上りながら何度も写真撮りたいスポットが現れるけど、
どうも上り途中で足付きできない貧乏性の自分。
久しぶりに三国山を上ったけれど、
この道って なかなか雰囲気があっていい道だなーと思いつつ、あっという間に登頂。
 あれ?こんなに短かったっけ?紅葉マジックかなー?

頭上のもみじを見上げながら 自転車をひいて展望台へ。
IMG_7940.jpg IMG_7946.jpg

ちょっと恐い階段を上って、段の向こう側が見える階段はちょっと苦手

 ぉおーー きれい!
IMG_7944.jpg
標高600〜700あたりでも もう綺麗に紅葉してるんだなーー

霞んでいるけど、御嶽山も見えたーー 冠雪してる!
IMG_7945.jpg あーちょっとわくわく♪

三国山も向こう側へは下りずに、上った道を戻る。写真撮りながら。
IMG_7949.jpg IMG_7950.jpg
IMG_7951.jpg IMG_7954.jpg


三国山おりて、雨沢おりて、そして帰り道にもうひとつ紅葉の見処へ。
IMG_7972.jpg IMG_7956.jpg @岩屋堂

自転車をおいてしばし散策。
IMG_7960.jpg IMG_7964.jpg
IMG_7963.jpg IMG_7961.jpg
紅いモミジばかり撮影したけれど、
まだ蒼いモミジも結構残っていて、見頃は来週かなーという感じ。
IMG_7965.jpg

お腹が空いたなーー でも、食べ処はどこも列をなしているので
諦めて補給用の羊羹を頬張る。 上るとすぐお腹がすく季節になったなー・・・
もう時刻も16時をまわっているので、帰途につく。
 ライトアップ目当ての駐車場待ちの車がすごいことになってる・・・


往路と同じ道を走ってーー
明るいうちに帰宅できるかなーと思っていたけれど、夕暮れはさらに早くなっていて
17時前にはもう薄暗い(汗;)
 今日もやっぱり明るいライト、外さずにいてよかったー

自宅近くのプチヒルクライムで、鉄人の速さにマジ驚く。
昨日からなんだか速いな?って思ってたけど、
なんだか次元が違う速度領域に行ってしまいそうな勢い。
あ、そーか、と気がつく。
気温かー 20℃以下になったからか・・・
*気温20℃の法則(20℃を境に 上りは全く別人になる)
そこそこ速くなっても この法則は変わらず健在なのね(汗;)


18時前には帰宅?できたかな?

普段のホームコースでも もうしっかり紅葉が堪能できたこの週末。
来週は市街地の紅葉も見頃なんだろうなー。
ほんと、あっという間に季節が進む・・・ 
 何がってわけではないけど、なんだか大丈夫かー?って ちょっと不安な気持ちになる(汗;)



今日の記録(カルマ) 
距離70.79km 
実走時間3時間38分 
Ave19.5km/h Max48.4km/h 
高度上昇値1224m 
平均気温16℃ 
消費カロリー1995C

二ノ瀬のあとは、リベンジ野菜バイキングと小キャベツ ’16.11.12

2016年11月12日 土曜日  晴れ


「明日のことは明日になってみないとわからん」らしい鉄人が、
さすがに2回続けてのナイトライドに懲りて、前日に行き先を決めることにしたらしい。

「明日は、二ノ瀬と野菜バイキングでいい?」 よくできました 花マル。

出発時刻を何時にするか決めろ、とか、どういうルートで走るか計画しろ、とか
そんなところまでは求めませんよー。
平日休日関係なく早朝に 鉄人はお務めがあるので(犬の散歩を兼ねて実家へ顔をだす)
基本、どんな日でも朝寝坊はできません。
なので、そのお務めが済んだらすぐ出発できるように、私も計画的に家仕事を済ませておけばいいし。
そして、鉄人が細かなルートを決めることをしないなら、私の行きたい所も こっそり組み込んじゃえーーと、
私がルートを用意する。


はい、土曜日朝。
IMG_7891.jpg
トランポ地に8時半過ぎに到着。 上出来☆ いいねーやっぱり前日に行き先が決まっているのはーw

9時過ぎには二ノ瀬へ向けて出発〜♪
本来なら、農道〜揖斐川堤防下〜住宅地を抜ける車少ないルート、距離にして15kmほどで
二ノ瀬まで行ける筈なのに、なぜかまた背割堤を北上していく鉄人。 
 よっぽど車が来ないまっすぐな道がいいらしい。

東海大橋へ上がれるのかなー?と思っていたら 上がれたら 二ノ瀬はそこからすぐ。
結局、東海大橋は上がれず南濃大橋まで。 
 鉄人は最初からここまで来るつもりだったみたいだけど。
 背割堤から東海大橋って上がれないのかな?やっぱり。上がり方、知ってる方、教えてくださーい!

えー結局、すっごく遠回りじゃん・・・・ 
 向かい風とまっすぐ平坦な道にそろそろ嫌気がさしてくる私。

私が、平坦な道を前向きな気持ちで高速巡行できるのは、たぶん10kmくらいまで。
だんだん嫌気がさしてきて・・・・
20km過ぎると、もう完全に後ろ向き。平坦、もう飽き飽き。


結局、平坦路を30kmも走って、やっとこさ二ノ瀬登り口。
 本来なら半分の距離でここまで来れるのにー(怒)
停車せずそのまま二ノ瀬アタック開始。

前回21〜22km/hで走行した序盤のゆるーい上り基調を、今日は24〜26km/hで巡行。
前を行く鉄人と さほど距離が広がらず、でも
少し勾配が急になってきた辺りで、カーブひとつ越えたら、もう鉄人の姿がなかった。
 急にペース上げた?でも なんだかメチャメチャ速くないか??

ここまで30km走ってきて、鼻水満タン、なので口呼吸するから 口の中カピカピ。
ちょっと呼吸するのが辛い。
鼻、かみたいーー 口、うがいしたいーー と思いながら でも そのまま進む。

二ノ瀬の紅葉は部分的に色づいているけど、まだ濃い緑の部分が多い。
あまり紅葉しない山なのかもしれないなーと思いつつ。

今日は調子いいかも? 
しらびその激坂マジックがまだ効いているのか? 
10パーセント前後ほどの勾配がキツく感じない。
気がつくともうゴール間近。 もしかして、26分台どころか、25分台でるかもー?!?!
と、思ったら またひとつカーブが残っていた 前回とまた同じ勘違いしてるし(大泣)
一瞬タレるけど、すぐ思い直してモリコギ、ゴール。26分12秒。 
2週間前のタイムより1分近く短縮?!?! ほんとに? 
これまで確か27分を切ることもなかなか難しかった筈なのに、
25分台を狙えそうな26分台がでたことにちょっとビックリ。嘘みたいーーー 

IMG_7893.jpg

この日は秋のスズカの日。
なので、二ノ瀬もローディは少ないかなーと思っていたけれど、
峠てっぺんのバイクラックは満車だった。
IMG_7892.jpg

さてー 汗がひかないうちに二ノ瀬の向こう側へ下る。 
 前回タイムアウトで行けなかった野菜バイキングリベンジへ。
日陰で寒いーー 
山水が路面に染み出してウエットな箇所もたくさん。
これがまもなく凍結するようになるんだろうなぁ・・・・

車通りが少なくて のどかな里山風景の中を進む。
IMG_7896.jpg いい天気だー 紅葉もぼちぼち。

そろそろ次の目的地の筈なんだけどー? 
なかなか到着しない。 っていうか、中里ダムから離れていってないか? 
ながーい下り道に差し掛かって、「これ、絶対通り過ぎてると思う!」と停車。
やっぱりコースミスしてた(泣) 
でも 今日はいつもよりずっと早いスタートなので時間的余裕がある。
もう一度ルート修正し、結局20kmくらい余分に走ったけど、
それでも12時半ちょっと過ぎにお昼ご飯の地に到着!

野菜バイキング! 1100円+消費税 野菜大好き。

IMG_7897.jpg 1皿目。お花畑みたい?自画自賛w

IMG_7898.jpg 2皿目。1皿目で美味しかったものをリピート

IMG_7900.jpg 3皿目。味が濃いトマト、すっごく美味しい。
トマト大好き、トマトたらふく食べたい。


さすがにもう食えん・・・・

と思ったけど、「ぜんざいが出来上がりましたー」のオーナーさんの声に 別腹が始動!
IMG_7902.jpg ちょっと甘めだけど。小豆トロトロでぅまーい!
呆れ顔の鉄人を横目に ぜんざいおかわり!してしまった。やっぱり食後のスィーツはたまらんw

もうさすがのさすがに食えん・・・・

と思ったけど、またまた「蒸しパンができあがりましたー」とオーナーさんの声。
なにーー?蒸しパンーー?!?! こんなにスィーツ系?食後のデザート系?が登場したのは初めてかも?
そりゃー食べるでしょ。
IMG_7903.jpg かぼちゃや野菜の具がのっていた

ごちそうさまでしたーー

あれだけ食べちゃーさすがにすぐは乗れませぬ(汗;)
IMG_7910.jpg IMG_7911.jpg
                     ひなたぼっこ、超気持ちいいーー

ひなたぼっこする目の前の砂場に変わった遊具。
IMG_7916.jpg これ、知ってますかー? 私、初めて見た。

IMG_7912.jpg IMG_7913.jpg 鉄人も初めて見たらしい。


ここから、いなべ方面へ。
なるべく車の少ない道で。下り基調、のどかな田舎道を気持ち良く走って。
次の目的地に近づく辺りは、ちょっと市街地。車が多くなる。
 嫌だなーー、それに今日は土曜日だからダンプが多いんだ・・・

はい、到着。
IMG_7919.jpg キャベツ、小キャベツ〜♪
一度来てみたかったスィーツ処。そっかー ここケーキ屋さんなんだ〜

ほんとは、ここで食べていくつもりだったけれど、
野菜バイキングでの食べ過ぎと、ぜんざいのおかげでスィーツ欲はゼロ。
ということで、今日はお持ち帰り。
IMG_7921.jpg 
鉄人のオルトリーブLサイズに小キャベツ3個、なんとか納まる。

すこーし車通り多い道もあり我慢しつつ、多度を抜けたら すぐトランポ地。
16時、帰着!
IMG_7924.jpg 久々、太陽がまだ見える時間帯に帰ってこれた(笑)

あまり上ってないし、距離も100kmそこそこだけれども、なんだか疲れたなーの今日のライド。
風が強かったからかなー? 
ちょっと車通りのある道を走ったからかなー?(8割がたは車少ない良いルートだったけど)
あ、食べ疲れかも?(笑)

でも、もう夜ご飯もいらないなーと思うくらい食べた筈のに、
やっぱり そこは野菜ばっかりだったからか、家に帰る頃にはすっかり腹減り状態に。
夕ご飯は、ガッツリしょうが焼き。 お肉が食べたくなったー(笑)

そして夕食後のデザート。
IMG_7927.jpg 箱は少し潰れていたけれど・・・

IMG_7929.jpg 小キャベツはちゃーんと無事♪

IMG_7930.jpg いただきまーす!


あとで、今日走ったルートを確認。
鞍掛峠の上り口の近いところまで走っていたことを初めて知る。
あー残念。鞍掛峠の紅葉を見に行けばよかったなー・・・ たぶん、今が紅葉ピークだったかな?



今日の記録(カルマ) 
距離102.80km 
実走時間4時間53分 
Ave21.0km/h Max48.3km/h 
高度上昇値1333m 
平均気温16℃ 
消費カロリー2937C

初観戦☆東海CX &そんなこんな ’16.11.06

2016年11月6日 日曜日   晴れ

  記事アップ、溜まってきました・・・(泣)
  まずは1週間前の日曜日から。
  今頃?ですが、記録しておきたいのでお許しを。



この日は、ACAの秋葉山GFにエントリーしていたけれど、
朝に所用がはいり、敢えなくDNS。 
こういう機会でないとなかなか走れないルートだったので残念だったけど仕方ない。
 
所用は午前中10時半頃に終了。さて、どーするか。
天気は快晴。
雨沢くらい行ってもいいかなーと思うけれど、昨日とは違って強風・・・
あっさり止めとこう、と(笑)

そーいえば! と思い出したのが、東海CX
 一度観戦してみたいと思っていたのですよねー
レーススケジュールを調べてみると 午後からこるなごさんのレースだ〜!ということで、
 観に行くなら知ってる人が走るレースを見たいですよねー

で、やってきた。もちろん車で。
IMG_7852.jpg 
ワイルドネイチャープラザ。 ここ、砂丘なんだー(河畔型砂丘) だから砂地獄ねw

スタート地点。
IMG_7854_20161114234927a78.jpg いました、いました、はっけーーん!こるなごさん

こるなごさんに「がんばってくださーい」と声をかけて、
午前中にすでにレース終了したSDのI井さんファミリーと そのスタートを見守る。
 I井さんちのお嬢さん、やっぱり実物もカワイイー 

違うカテゴリー3つが時間差でスタートするらしい。
こるなごさんが走るCM1クラスのスタートを見送り、
その数分後、CL1(女子の一番速いクラス)のスタート。
IMG_7858.jpg
これが、皆さん、ホビーサイクリストとは もう全然体型が違う。
お尻まわりはもちろん、肩周りもガッチリ。そしてウェストが細い!うーーん、かっこいいなぁ。


ということで、シクロクロスレース初観戦。
IMG_7865.jpg IMG_7866.jpg
砂地獄を抜け出してきたこるなごさん、がんばれーー

ちょうど これまた午前中にレースを終えたSDのI藤さんにもバッタリお会いして、
レースのルール的なことをレクチャーしてもらいながら観戦する。
初めて見る自転車のオフロードレース。 これまた全然違う自転車の世界。
パワーと、持久力と、そしてバランス感覚と、バイクコントロール能力と、
状況に応じた冷静かつ瞬時的な判断と・・・
すごいなー このレースを制する人って、これぞ本当にバケモノ???

CM1のトップは ダントツで56さんがキープ。 そのままぶっちぎりで1位でした
IMG_7869.jpg

こるなごさんも上位で順当に周回を重ねる。
砂でもダートでも あの軽やかさと安定感はすごい。さすが。
IMG_7867.jpg 
でも 息があがってしんどそうなこるなごさんを初めて見た気がする。

40分のレース終了〜!
観てる方はあっという間な感じだったけど、走ってる人はやっぱり長いのかな?
レース終了後のこるなごさんとしばし談笑。 お疲れ様でしたー


そして、この日の最終レース、たぶんCXの花形レース? C1クラスがスタート。
これまたトップのスピード感が全然違う。砂地獄もどーしてあんなスピードで進むのか?
IMG_7880.jpg IMG_7882.jpg
鉄人が言うには 砂地はそれこそコース取りが命?らしい。
確かにトップの人ほど、前の人と同じコースライン(輪立ち)を走り抜けていくけれど、
順位が下がるほど、砂地にそのまま突っ込んできて 降車して自転車担いで走る人が多いような?
IMG_7885.jpg 皆さん、走ってますw

若い頃、自動二輪のオフロードをやっていた鉄人も
「(自動二輪も)オフロードをやると、
バイクコントロールが上手くなるからロード車に乗っても上手くなる」と
言われて、オフロードをやっていたとのこと。 
きっと自転車も同じなんだと思う。今日のレース見て、自転車の必要な能力総集編って感じだったw
そんな鉄人は、「シクロクロスやってみたーい」気もかなりあるようだったけれど、
「これ始めちゃったら、スキーできなくなるからな・・・」と。 シーズンが重なるので 
やはりスキー熱の方が上回るみたいだ。

しかし、自転車の世界って、幅広いなー・・・・
自分がシクロクロスやる素質としてありそうなのは、持久力くらいしかないなーと思ったけれど、
オフロードの世界も機会があれば体験してみたいなーと思ったこの日。


我が家の冬シーズンは、やっぱりこっちかな。
IMG_7890.jpg
この翌日、板をチューンナップへ。 今シーズンは、ちょっと新しい板が欲しいかも?

スキーシーズンインまであと少し。 それまで自転車、乗り溜めしておきたいなーー


そしてこの週の朝のジデツウで、嘘みたいな珍事件(珍事故?)発生!

なんと、突然上からタヌキが落ちてきて前輪でひいてしまった!!!
タヌキはそのまま走り去ったけれど、自分は落車寸前で停車。 
 びっくりしたーービックリしたーー もう、ほんとに びっくりした!!!
2メートル越え高さのフェンス沿いの歩道を走っている時で、
たぶんフェンスを飛び越えてきたタヌキだったのでは、と。 
一歩間違えば体当たり? 超恐怖(冷汗;)
走り去るタヌキの様子からは たぶん無事だったと思うけれど、お互い無事でよかった、ほんとに。

そんなこんなの、ここ1週間の記録。
この後の週末のライド記録は、この後で。 


日本のチロル、そして夕陽に染まるしらびそ高原へ。 ’16.11.05

2016年11月5日 土曜日   快晴


朝、犬の散歩後、ぼさーとコーヒーを飲む鉄人。
突然、「お前が行きたいって言ってた峠ってどこだっけ?」と言い出す。
「しらびそ?」
「うん、それ。今日、行く?」
「ほんとに?」
「遠かったっけ?」
「遠いけど、トランポ先の道の駅に温泉があるよ」
「 \(^o^)/ 行くか!(温泉)」
(やった!「温泉」で釣れた!)

本当は こういう会話を前日にできたらいいのになー、と いつも思う。けど、もう諦めた。

そんな会話をしたのが、朝8時過ぎ。
慌てて、やりかけの洗濯を干し、娘のお弁当を作り、自分の準備して、
いざ出発。 9時10分。

鉄人、曰く 高速で行くのも下道で行くのも、同じくらい(の所用時間)」と。
トランポ地までは下道で行く。香嵐渓〜茶臼山を越えて南信州へ。
茶臼山のあたりも紅葉はいい感じ。
IMG_7762.jpg

深緑色の天竜川を眺めながら 山間を進んで、やっとこさトランポ地着。11時50分。
IMG_7767.jpg
秘境と言われる ここ遠山郷に
日本のチロルと呼ばれる「下栗の里」と、南アルプスを一望できる「しらびそ高原」(標高約2000m)があります。
いつか自転車で上って行ってみたいーと思っていたら、やっぱり同じこと考える自転車海苔は多いようで。
この夏〜秋にかけて、取り憑かれたように3回も上ったローディも。今回、そのお方のルートを拝借しました。


12時15分ごろ?スタート。 
IMG_7770.jpg
距離63km 1600UPの予定。
そして、絶対外せないミッションとして
その1。下栗の里の「いっ福」さんで いっ福定食を食べる!
その2。 天空のビューポイントから日本のチロルを見る!
その3 。しらびそ峠登頂(標高1900くらい)

日暮れまであと5時間、果たして暗くなる前に帰ってこれるか? 

しらびそ高原上り口まで約10km。 軽く上り基調。
この日は本当に天気がよくて、風がなくて、暖かくて。
IMG_7774.jpgこの辺りは標高500くらい?山の高いところは紅葉真っ盛り
紅葉ライド、絶景ライドとしてはまたとない日。 日頃の心がけがよいとみえるw

しらびそ高原上り口。たぶんここからが激坂、の筈。
心して上るけれど、しょっぱなからガーミンは早速10%越えの数字が続く。
瞬間瞬間に20%とか23%とか、あったり(汗;) きっつーーーーい。
IMG_1842_20161108050306824.jpg 珍しく鉄人が 上っていく私を撮っていた

そんな激坂が4〜5km続いて、ふと民家が現れた辺りから、少し勾配が緩む。
すると不思議なもので、「6%くらい?」と思った坂が、ガーミンでは12%だったり(笑)
一桁の勾配は、上っているように感じないくらいになる。 

しばらくすると、視界が広がって目の前に色づいた山々が!
IMG_7775.jpg 
写真だと色づきがいまひとつ〜(涙) 実際はもっとキレイ。

で、撮影会始まる(笑)
IMG_7776.jpg IMG_7779.jpg
この辺りで、標高1000をちょっと切るくらい。
この時期、標高1000越えたあたりが紅葉のピークかも?

この先、民家が増えてきて、九十九折の急勾配が始まる。
たぶん、ここらあたりが下栗の里かなー? ということは「いっ福」さんはもうすぐの筈。
噂の「いっ福」さん到着!
IMG_7782.jpg

そして噂通り
「自転車で来た人は、特製梅ジュースを100円で飲まなくてはいけないっていうアレがあるのよ」
と、女将さんの元気な絶妙トークとお手製梅ジュースが登場。
IMG_7781.jpg 本来は1杯200円が自転車乗りは半額で飲める、ってことらしいw
梅の味が濃くて、クエン酸たっぷりな感じ。 うまーーーぃ

そして、これまた噂の「いっ福定食」 1000円
IMG_7784.jpg
この定食、本当に美味しい。 
揚げたての天ぷらをお塩でいただくのが最高。 
桑の葉とか、ズッキーニとか、ニンジンの葉とか、カボチャとか、ピーマンとか、むかごとか。
具たくさんのお味噌汁、炊き込み御飯は今日はしいたけがメイン。
先週は栗ご飯だったらしい。それがちょっと残念。栗ご飯食べたかった。
小鉢の玉ねぎの酢漬け(ピンクのやつ)も美味しかったーーー

食事が終わって、すでに時刻は14時半近い。
「今から、展望台としらびそ高原まで 行くの? 」とご主人の心配そうな顔に見送られて(汗;)
「いっ福」さんを出発。
ダンシングでないと上れない九十九折を3つくらい越えたら、展望台の駐車場。
ここに自転車を止めて、クリートカバーをつけて、展望台まで登山開始。

が、しかし、紅葉ピークの週末。
人も車もわんさか。
駐車場から登山口までの幅狭の道路も歩行者と行き交う車でちょっと大変。
展望台まで10〜15分くらいで行けるという話であったけれど、登山道もやや渋滞気味。
IMG_7787.jpg 
人とすれ違うのもやっとの道幅なので、おとなしく前の人のペースについて上るしかない。

しばし登っていくと・・・・展望台到着! いよいよ、ずっと見たかった天空の里!
IMG_7788.jpg 「天空の里」=「下栗の里」=「日本のチロル」です

IMG_7789.jpg うぅ、日影になってる(涙)

IMG_1851.jpg 本当に「天空の里」だーー
この九十九折をさっき自転車で上ってきたのかーと思うと感慨もひとしお。
この里の一番上の方に、さっき食事した「いっ福」さんがあるらしい。

展望台の全景はこんな感じ。
IMG_7794.jpg
小さい手作り感満載の展望台。
あとで調べたら、この下栗の里の住民の方々が、展望台とそこまでの登山道を手作りしたんだそう。

もう少しゆっくり見ていたかったけど、まだ「しらびそ」登攀が残っているので早々に退散。
が、登山道を下り始めた途端、団体バスツアーらしき大集団が続々と登ってくる(汗;.)
すれ違いがやっとの登山道、やっぱりここは上りが優先なので、
下る自分たちは身を縮めて上る人たちが行き過ぎるのを待つ・・・・
40〜50人は上っていったかな? もっとかな?
あの展望台、人でいっぱいで身動きできなくなってるのでは? 
自分たち、上るタイミングがちょっと早かったから助かったーー

そのあとも、続々と登ってくる人が後を絶たず、その度に止まってすれ違って・・・・

結局、自転車を置いていた駐車場に戻ってくるまで小1時間もかかってしまった。
15時30分過ぎ、しらびそ高原に向けてリスタート。
いきなり激坂。 てっぺんまであと何キロあるのかなー? 暗くなる前に上りきれるだろうか?

ガーミンの勾配表示はずっと10%越え。14〜15%が結構続く。
しらびそ高原まであと13km、12km、11km、と 1kmごとに看板が現れる。
あと何キロあるかはよーくわかった。
でも問題はこの勾配。このままこの勾配があと10km以上続くの??(冷や汗:)
たまらず、ガーミンの標高グラフを表示。
すると、あと2〜3kmでこの急勾配は終わる? 
そのあと時々平坦?交えながらの今より勾配緩い上り坂のようだ。
そーいえば、「いっ福」のご主人が
確か「しんどいのは6km」とかなんとかって言ってた気がする。

「いっ福」のご主人が言ってた通り、「しらびそ高原まであと7km」の表示のあとは、
勾配がぐっと緩む。 平坦あり、ちょっぴり下りもあり、上りもせいぜい10%くらい?まで。
あー助かった。 これで暗くなる前に上りきれそう。

本当に激坂マジック、というか、勾配がめちゃめちゃキツイのをしばらく上った後って
一桁勾配の緩いこと、緩いこと。(速く上れてるわけではないと思うけれど)
上りが上りに感じない不思議感覚。
普段、激坂を練習したらいいのかなー? でも嫌だな、それは。

IMG_7795.jpg
山の稜線が目の高さになってきた。
写真では分かりづらいけれど、山一面の紅葉がめちゃめちゃキレイで感動。

IMG_7796.jpg
夕暮れ近い幻想的な紅葉風景にうっとりしながら上る。

IMG_7797.jpg
なんだかよくわからないけれど、この辺り一帯が隕石クレーターなんだそうだ。

さて、もう少し上って、大きなカーブを曲がったら・・・・突然 目に飛び込んできたこの景色。
IMG_1857.jpg
 ひゃーー!なんてキレイなの?!?!

IMG_1858.jpg IMG_1859.jpg
自然の中のこーゆー色って下界では見ない気がする・・・・

実は、この時の景色が、今回のライドの中でナンバーワンだったかもー
10%を越える急勾配の上り坂だったけど、それはもう全然気にならないくらい。
「きれーーー すごーーーい すごーーーい」と言いながら 上っていくと見えてきたー
IMG_7801.jpg ハイランドしらびそ?てっぺん??ゴールなんだーー

ゴール手前、写真を撮って遅れて上ってきた鉄人を撮影する。
IMG_7802.jpg

やったーー登頂! 時刻は16時45分ごろ?だったかな?
IMG_7804.jpg

どこで夕陽が見えるんだろーー?と、ハイランドしらびその建物の前を通りすぎて向こう側へ。
太陽が沈む前に間に合うかなー?

間に合った!!! 
標高約2000mから臨む夕陽! 
IMG_7807.jpg

IMG_7808.jpg
山の稜線がめっちゃ美しい。

車で来て、この夕陽を眺めたり、三脚を立てて写真撮影する人たちも数人。 
 サンセットビューポイントらしい
でもさすがに自転車乗りはいない。 当たり前か。

夕陽がほぼ沈むのを見届けると、この場所でも一応登頂証拠撮影。
IMG_7813.jpg しらびそ高原 標高1918m

ここでもう少しゆっくり過ごせるとよかったけど、もう暗くなるのも時間の問題。
ここからまだ30kmほど?標高にして1600ほど下らなければならない(汗;)
少しでも明るいうちに下山しなくてはー、と 17時ちょっと過ぎに下山開始。 

早く下山しなくては、と言いつつ、ここでも記念撮影w
IMG_7815.jpg しらびそ峠 標高1833m

IMG_7818.jpg 
南アルプス 冠雪した頂も見える!(右奥)
 スマホでの写真撮影はそろそろ限界ーー(泣)

さー急いで、急いで、ダウンヒル。
下る道の両脇の木々もきれいに紅葉して
そして、山肌一面に紅葉した素晴らしい景観。
IMG_7822.jpg
薄暗くなりつつこの時間帯では、その色合いを十分に堪能できないのが悲しい。
あー あと1時間早く、ここを下山できてたらなー・・・・ 
 でもそうしたら、あのサンセットは見られなかったんだけど

そして、まもなく辺りは暗闇に包まれる(汗;)
IMG_7823.jpg

恒例の?ナイトダウンヒル開始。
 ブルベで何度か暗闇の峠越えの経験はあるし、
 まー明るいライトと鉄人が前を牽くので あまり心配はないのだけど
 でも、できるならやめときたい。早く降りたいよーー


とりあえず、街灯がある国道までは早く降りたい。
ぐねぐね峠道を下って、下って、15kmくらい?
ブレーキを105からアルテに変えてから 初めての長いダウンヒル。
手にかかる負担が全然違うことに驚く。 
ほかのコンポは違いがあまりわからないけど、ブレーキだけは全然違うなーって思う。
ブレーキだけはグレードアップしてよかった!と この時心底感じた。

やっと国道に出て広くてまっすぐでキレイな路面。
残り15kmくらい? 基本、下り基調。
がんがん飛ばして、飛ばして、ラストスパート。 
18時15分。 無事にトランポ地へ帰着ーーー! あーよかったーーー

さーさー ライド後は 鉄人が釣られた温泉、の筈が、
実は今日は時間制約が(涙) 21時までには名古屋へ戻らなければいけない・・・・
温泉、ちょっと無理なんじゃないの? トランポ往路、2時間半強だった
泣く泣く、温泉は断念。 鉄人、かなり不機嫌

2回続けてのナイトライドと、今日一番楽しみだった温泉に入れなかった鉄人。
さすがに懲りたのか
「もう少し早めに計画たてて動くことにするかなー」とボソボソ。
これはチャーンス!
「そうそう、せめて前日に予定を決めてほしいです!」と提言できた!(汗;.)

帰りは高速道路を使って帰る。
下道より距離がある分、結局、かかる時間は往路とほぼ同じだった。
トランポにはちょっと不便、時間かかるのが残念だけど、
また行きたくなるライドコース。 また行きたいなー。 今度はちゃんと温泉付きで。

でもサンセットライドは 今回で最後にしておきたいかなw



今日の記録(カルマ) 
距離64.44km 
実走時間3時間46分 
Ave17.1km/h Max56.6km/h 
高度上昇値1655m 
平均気温9℃ (1〜36℃)
消費カロリー2144C

下呂ケイチャンの後はアドベンチャーナイトライド ’16.11.03

2016年11月3日 木曜日  文化の日    晴れときどき曇り


本来休みでない平日が休みだと、
どうも休日モード(つまり「自転車乗るぞ!」モード)にならない朝。
今日は自転車、乗らなくてもいいかと、ちらり思ったりしたけど、
週末に乗れるか微妙な状況なので、
「やっぱり今日は乗りたいなー」と言い出したのが 9時過ぎ。 天気もいいし。
じゃあどこ行こう? 
下呂のケイチャン? 
えー今から? 
ランチタイムないんでしょ? 3時までには行けるでしょ。
まーそうだけど。ナイトライド覚悟でか

慌てて こるなごさんに教えて貰ったルートをガーミンに入れて、ブルベ用ライト装備して、
中津川のトランポ地へ向かう。
11時半ちょっと前、トランポ地着。
IMG_7740.jpg 名古屋は晴天だったのに、どんより曇り空
・・・・さむっっっ
なんか、むちゃくちゃ寒い、というか寒さが、冬の寒さなんですけど。ちょっと帰りたくなってきた
長袖ジャージと指ありグローブ、持ってきてよかった。
 まだこれまでずっと夏仕様で走っていた私(前回から汗冷え防止のメッシュ素材のインナーは着用していたけど)

今日の目的地へは、先日こるなごさんが使ったルートを拝借するつもりだったけど、
そのルート、往路が峠を4つか5つ越えての75km、復路が基本下り基調の45kmの周回ルート。
この時刻にスタートして峠ありの75kmで向かったらケイチャンにありつけない可能性大なので、
復路の往復コースで行くことにする。上り基調45kmなら15時までにつけるでしょう、たぶん。
 ただちょっと気になるのは、この復路は たぶん車通りがそこそこある道、だと思う。
 車通りの多い道を走ることには 結構神経質な鉄人。どーなるかなー? ちょっと心配。


ということで、12時少し前スタート。
5kmほど下って、R19と合流。 いきなりルートはR19上を走ることに?!? 
 えっ?! そうなの?? R19を走るルートなの??
さすがにR19を車道走行する命がけの勇気はなくて、とりあえず歩道を行くが、
その歩道も途中で切れてなくなる。 えぇえーー?どうするー?

速攻でR19から離脱。
脇道へそれて 段々畑?段々住宅?の中の激坂、細道を下って。
この先でルート上に復帰できればいいかーと、適当に道を選んで進む。
 この辺りは里山風景と、木曽川と、対岸の景色が すごく雰囲気があっていい感じだった〜

木曽川を渡って、山間のアップダウンの道(K6)を行く。
全然車がこなくて走り良い道! 景色良し!
IMG_7741.jpg 
この辺りから雲が少なくなり日差し復活。ウィンドブレーカーを脱ぐ。
 
その先でルートと合流するが、どうもやっぱり車通りがそこそこある道なので(K3)
遠回りプラスアップダウンの山間の道(R256)で迂回することに。
これまた、この迂回路も、道はきれいだし車こないし里山風景もいい感じ、
本当にいい道で気分良く走る。

この迂回路も付知の手前ででガーミン上のルートと合流。
ここからはしばらくルート上のR256を走るけれど、
付知あたりはやっぱり車が多い、というほどでもないけど、そこそこ走るので、
鉄人、やっぱり我慢できないらしい。 
「1本、裏へ入るとR256と並行する道がある」と 裏道へ。
裏道へ入って正解。 R256と並行しながら 車は来なくて走りやすい。
その後、トンネルのある峠道は除いて、
加子母村を抜けるまではR256ではなく、並行する裏道をつないで行く。

加子母村を抜けたら舞台峠。
たぶん、この峠を越えたら今日の目的地、ケイチャンのお店の筈!
ガーミンのルートは舞台峠の途中で終わってしまう。えー?こんな峠の中じゃないよね??
慌ててスマホでお店の位置を調べてみる。峠を越えてかなり下った先が目的地らしい。
 ということは、帰りは この坂を上り返すのか・・・・(汗;)

無事、到着! 時刻は予定通り15時少し前・・・・ この後、トランポ地まで帰れるのか?
IMG_7743.jpg
迂回した分、距離少し長くなった。ここまで約55km。

帰りのことを思うと気が重くなるけど、せっかく来たので美味しくいただこう!
IMG_7746.jpg きゃーたまらんですねーー
美味しいーーごはんが進む、進む。
とりあえず3人前でオーダーしたけど、もっと食べたいよね?ごはんもお代わりしたいよね?
けど、ここでたらふく食べたら、帰りは絶対漕げなくなる・・・・ということで、
お腹6分目くらいだけど、追加オーダーは二人とも我慢、我慢。

15時45分、すでに日暮れモード、はためく幟を見ながら帰路へ。
IMG_7747.jpg

舞台峠を上り返して、復路は 基本 下り基調のR256を 40km/h前後で一気に走る。
16時を過ぎて、往路の時より車が少なくてありがたいーー
あっという間に付知まで。
IMG_7748.jpg 
付知峡。川の水がきれい! 紅葉はまだこれから、という感じかな?
この時、気温は一桁、8℃。 でもさほど寒くは感じない。
IMG_7749.jpg まだ17時前だけど、暗くなるのはもう時間の問題(汗;.)

付知を過ぎて、ガーミンのルート通り一旦はR3へ入るけど、やっぱり車が多いのは嫌、と鉄人。
引き返して、往路と同じ R256を直進。
アップダウンは多いけど、車の往来は全然ない。いい道だー。
17時過ぎて、辺りは真っ暗。 いよいよナイトライド突入ーーー
ブルベ用の超明るいライトのおかげで、前方確認はさほど苦痛ではない。

ルート上のR3に合流。トランポ地まであと10km強くらい。
ここでまた往路の迂回道へ進めば良かったのだけど、
少しでも短い距離で帰りたいと思ったらしい鉄人、そのままガーミンのルートをなぞって進む。
車通りが多いのを我慢して進んだ先を右折。
が、なんとその道はR19。 えぇーこんな手前からR19??
しばし、右側の歩道を進むけど右側の歩道、切れる。
R19を横断、左側の歩道へ。 
しばらく進むと、歩道は続くけど、あり得ないくらい幅狭の歩道(泣)
 雑草も多くてとても自転車走行は無理。
また右側の歩道へ横断。
そして、その歩道はなぜかR19からそれて 真っ暗な闇の中へ下っていく・・・・

もう左側の歩道へ横断する気もおこらず。
なすがまま下っていった先は、真っ暗な中でのお寺と墓地(泣)
こるなごさんたち、絶対このルートで帰ってないよね、きっと(涙) まさかR19を車道で爆走した?

地図がある鉄人のガーミンでルートとこの辺りの道を確認する。
このままR19へ戻っても この先5kmはR19で進まなくてはならないらしい。それはもう絶対勘弁
そしてこの辺りにはガーミン地図上に出る道らしい道がないらしく、いわゆる路地裏的な道しかない?
周囲は真っ暗で辺りの様子はよくわからず。 街灯ってものは全くない・・・・

さーー・・・・ どうする???

R19に戻って歩道であと5km進むか?
往路の迂回路まで戻るか?
この辺りの路地裏道から、なんとか迂回路を新たに見つけるか?

真っ暗な路地裏道を、しばし右往左往。
もう、ほとんど動物の勘?的な感じで、進んで。
なんとなくR19の下を横断して山方面へ上っていく。 暗いし急勾配だし、で、押し歩きで。
鉄人が「この上に大きい道があるから、とりあえずその道へ出てみるか」と。

ひーこらと真っ暗な路地裏を上った先に出た道は、新しくて広くてキレイな道。
民家もない山間の道、車の往来もなし。
その道を南方向へ進んでみる。
結構な急勾配の上り坂だけど、
ガーミンの走行ナビ画面ではまっすぐトランポ地へ向かって進んでいるーー!?!?(嬉)
この道でこのままトランポ地へ行けるかもーーと、淡い期待を抱いて 上って上って。
5kmほど上った先は突き当り。右は中津川市街地、左は馬籠と書いてある!

馬籠!ということは、トランポ地まですぐだーー それもあとはほとんど下るだけ!
もう小躍りしたいくらいの気分で、もう少しだけ上って、見覚えある馬籠の景色だーー
真っ暗で誰一人いないけどw

あと5km弱、だだだーーーと下って、無事トランポ地到着! 18時半頃だったかな?
IMG_7751.jpg 復路は約50kmだった。

R19沿いで、どの方向へ進んでいいか?路頭に迷った時は、
はたしてどうなるか? な感じだったけど、
結果、偶然だけど一番良いルートで帰ってこれたようで、ほんとラッキー。よかった、よかった。

ちなみに今日走ったルート。 
 往路も復路もR19脇で右往左往してます


今日は帰宅時間の制約がないので、温泉へ。
IMG_7752.jpg
ついこないだまで、汗を流したいお風呂、だったけど、今日は体を温めたいお風呂!
ちなみに馬籠付近での気温表示は6℃だった

お風呂上がりのスィーツはなんちゃってソフトクリーム
IMG_7756.jpg 
栗ソフト。 意外や意外、栗の粒がいっぱい、栗の味もしっかりしていて美味しかったーー

だいたい、お昼12時近くから 山方面100kmライドってことが無謀の始まりだし、
おまけにルートも行き当たりバッタリでどんどん変更して走るし、
最後の路頭に迷う状態の時は、もうアドベンチャー。 結果オーライだったのでよかったけど。
ナイトライドは明るいライトは何よりも必携、と再確認。

下呂のケイチャンも噂通りのウマウマ。
でも今度は車で行って 心残りなくたらふく食べたいかもw



今日の記録(カルマ) 
距離106.94km 
実走時間5時間14分 
Ave20.4km/h Max48.1km/h 
高度上昇値1994m 
平均気温9℃ 一桁!!
消費カロリー3266C

雨沢と二ノ瀬、背割堤で付き位置練習? ’16.10.29と30

2016年10月29日 土曜日   晴れ


今週はちょっとネガティブ気分な日が多かった。
仕事でも、家でも。
気づいていたのに気付いてないふりしていたツケがまわってきたり。
どーしようもないことなんだけど、無力感でいっぱいだったり。
気持ちが落ちると自転車に乗る気が薄れるなー と思いながら迎えた週末。


土曜日は朝に野暮用。
10時からフリーになった。外は気持ちいい秋晴れ。
けど、よっしゃー自転車!という気にはなれず、
まー明日も晴れみたいだし、今日は乗らなくてもいいか、と 家仕事。

「今日、乗らないの?」と聞かれて「どっちでもいいよ」 「ふーん、珍しいね」

時間も時間だし、いつものショートコースであんかけスパ、食べてくるか、と。
11時過ぎ、自宅出発。
外に出たら、結構な強風。 あーいよいよ風にやられて疲労困憊のシーズンになってきたなー
走ってみて調子は悪くないけど、やっぱり気持ち的にいまひとつ。
時々横風に煽られてヒヤヒヤする。
25kmほど走って、いつもの定点補給。
IMG_7702.jpg 今日はなぜか酸っぱいものが飲みたかった。

そして、雨沢。
マジで今日はサイクリングペースで上ろうかな?と思う。
向かい風(涙) 頑張らずに序盤21〜22km/hで淡々といく。
高速高架下を過ぎ、このままのんびりいくかーと思っていたら、
ひとりローディにパスされる。
そこで、やっぱり雨沢でのんびりゴールは嫌だなぁ、と思ったらスイッチ入る。
そこからはケイデンス見ながら。75〜85で。
あまり調子よく上れている感じではなかったけど、
序盤流していたわりには下り区間通過のタイムは悪くなくて、あれ?な感じ。
ゴールギリギリ22分台。
IMG_7703.jpg

今日は雨沢の向こうへ。
やっぱり今日は風が強い。危ないので、ゆっくり下る。
あんかけスパの前に、久しぶりの寄り道、石畳の足湯。
IMG_7704.jpg IMG_7705 (1) 
                   いつのまにか足湯が気持ちいい季節

足が軽くなったら、今度はお腹を満たして。
IMG_7707.jpg あんかけスパ「季節の野菜」1.5.倍 さつまいも、レンコンが入ってた〜

戸越は鉄人から遅れないように上って まーだいぶペース落としてもらってるけど
モリコロ前。
IMG_7708.jpg

先日のGFで、サイズが合わないから、と譲り受けたウィンドブレーカーを着て走ってみる鉄人。
IMG_7709.jpg
後ろ姿はそうでもないけど、前からみるとムチムチ(笑) 
現在 体重やや増量中とかで80kg 「これ着たら、ちょっと痩せないかん気になった」らしい。


まだ太陽が見える16時半、帰宅。


今日の記録(カルマ) 
距離76.23m 
実走時間3時間42分 
Ave20.6km/h Max50.5km/h 
高度上昇値1332m 
平均気温18℃ 
消費カロリー2323C




2016年10月30日 日曜日   晴れ


今日も朝に野暮用。
それが済んでから車でトランポ。

IMG_7710.jpg
11時少し前くらい? 木曽三川公園から二ノ瀬へ。

いつもは、長良川も渡って田畑の中〜揖斐川堤防下で二ノ瀬まで行くのだけれど、
今日は 長良川と木曽川の間の背割堤を北上。
付き位置練習することを申し合わせていたわけではなかったけど、風もそこそこあるし、
鉄人の後ろに付いてみる。
33〜35km/h、風がある中ソロでこんな速度で走り続けることはできないので、
これが付き位置の楽さ、なんだろうけど、できれば、やっぱり、あまり、付きたくないかもーー
まず「前が全く見えない」これは鉄人が大きすぎるせいか?
前が見えないからさらに、気持ち的には、安全確保のために 車間を空けておきたくなるし。
前を走る人のスピードの変化に集中し続けなければならないのもキツイ。
こーゆーのって、みんな 辛くないのかなー・・・??


赤い橋が見えてきた。たぶん東海大橋?
この橋に上って、西方向へ直進したあたりが二ノ瀬のはず、なんだけど、
どこからこの橋に上がれるかがわからず・・・
結局、橋の下をくぐって さらに北上。 付き位置練習、延長(泣)

次の橋は南濃大橋??、意外と遠くて やっと橋の上に上って西へ。
行き着いた先には 鳥居?
IMG_7714.jpg 
お千代保稲荷に来てしまった(汗;)
何か食べていくかーと思うけれど、
ちょうどお昼時で、辺りは人と車でごった返し。なので、そのまま早々に退散。

どうやら二ノ瀬より かなり北東方向へ来てしまった様子。
途中のコンビニで、軽く補給。 すでに40km近く走ってしまった
IMG_7715.jpg

そのコンビニの駐車場で、人生初のモノを見る! これがこの日のハイライト!
アスファルト上を進む一匹の茶色い虫・・・・
「あんなとこ、毛虫が歩いてる」 「おーー?!? オケラじゃん!」

お ・ お け ら ???
IMG_7722.jpg 苦手な人、ごめんなさーい!

これって、「ミミズだ〜って オケラだ〜ってーー アメンボだーーってーーー♪」の
あの、オケラのこと??? 初めて見た! 実物!!! 大興奮!(←私だけ)

名古屋っ子の鉄人は、なぜか子供の頃に土を掘って採ったりしたことがあるらしい。
私は田舎育ちなのに今まで見たことなくて。 あの歌のオケラの実物に大感動。
あとで調べたら、実物を見たことがある人は、世の中のおよそ3割程度なんだそうだ。やっぱり!

オケラの興奮冷めやらぬうちに二ノ瀬ふもとに到着。 えらく遠回りした。
二ノ瀬TT、する? どうしようかなー? 思案しながら なんとなくスタートしてしまう。
序盤の緩斜面、頑張ろうかどうしようかと思いながら 22〜23km/hで ぼちぼち進む。
鉄人の姿が見えなくなって、せっかくだし、頑張るか。勾配がきつくなってきてから やる気になる(笑)

やっぱり雨沢より勾配はきついなー 8〜9パーセントがしょっちゅう。
でも 峠らしいコースプロフィールと景色。
しんどいけど、雨沢より気分良く上がれる。
27分、切れるかも!と思ったら、まだコーナーひとつ残ってた(泣)
最後、盛りこぎで回すけど、27分少し越えてしまったーー あー残念。
27分9秒。 これって、ベストタイム? 二ノ瀬ってベストタイム何分だったんだっけ? 覚えてない。
 でも、序盤の緩斜面をもう少し頑張って走れば26分台いけそうな手応え
今日密かにTTやる気満々で、久しぶりにカーボンバイクで走った鉄人。
安定の24分台、たぶんベストタイム更新、だとか。

二ノ瀬のてっぺんは、かなり寒くて、すぐにウィンドブレーカーを着込む。
IMG_7728.jpg IMG_7727.jpg 少し紅葉してた

IMG_7729.jpg いつからだろう?バイクラックが新設されてました

気がついたら、13時半近い・・・・ 二ノ瀬まで遠回りしすぎた
予定では農業レストランへ行ってランチの予定だったけど、もう時間的に難しい。
昨日も今日も、あまりロングライドの気分じゃないので、
このまま折り返して木曽三川公園まで戻ることに。
車で帰る道中で何か食べていくかー

帰りも K8で東進、背割堤で帰ることに。
で、また東海大橋から背割堤への進み方がわからず。

仕方ないので、フェンスのぼりました(汗;)
IMG_7731.jpg

ここから木曽三川公園まで約10km。
IMG_7732.jpg

また付き位置練習、35km/h前後。
息も全く上がらず、速度調整でペダリングを止める時間もあるくらい楽なのに、
やっぱり気持ち的に辛くなってくる。もう付くの、やめよっかなー?と何度も思う。
付き位置で走るって、3本ローラー練とよく似てるかも。

それでも最後まで我慢して付いて、ゴール間際。
スピード抑制のため?路面の盛り上がり箇所が現れたところで付き位置練習終了。
あと1kmほど流して〜
IMG_7734.jpg

トランポ地着。
IMG_7735.jpg

帰り、車中、速攻で寝落ち。
 スキーの帰りはよく速攻で寝落ちするけど、自転車の帰りでは珍しい。
やっぱり高速巡行は付き位置であっても、私はかなり疲れる。
たぶん上り2000アップよりも、はるかに疲れる気がする。 実際、今日の獲得標高は500ちょっと。
やっぱり平坦や下りの高速巡行は苦手だなー

はっと目覚めたら、すでに自宅近く。
IMG_7738.jpg フラールがふくちゃんになりました(泣)でも美味しいからよし。

ほとんど夕ご飯の時間に昼ごはん
IMG_7737.jpg 大盛り、野菜多め@鉄人


ロングライドではなかったし、グルメも定番だったけど、
けっこうお腹いっぱいの2日間だった。

今 ちょっとゴタゴタしてるけど、来週末も走れるといいなー・・・・




今日の記録(カルマ) 
距離65.80km 
実走時間3時間05分 
Ave21.0km/h Max50.5km/h 
高度上昇値580m 
平均気温18℃ 
消費カロリー1722C
プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR