FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初参戦☆SDA王滝42km  ’17.05.21

セルフディスカバリーアドベンチャー・イン王滝
全国から参加者が集まるMTB XCマラソンレース。
普段は開放されていない国有林の林道をこの大会に限って開放。
ガレ場のアップダウンの繰り返しワンウェイロングコースで、
100km、42km、20km、SS(シングルスピード)100kmの 4つのカテゴリーが開催される。

  ・・・というのを、MTB初心者が恐れ多くも出走してみた、という今回の記録デス(。-_-。)


昨年末にMTBをはじめた時から「王滝、出たい。出るよ」と鉄人。
私のMTB購入も王滝出走の目的があったからこそ 真剣に私のバイクも選んだのも鉄人。
私 「王滝・・・? ほんとに出るの?」と思いつつ、
ファゾムが納車して なんだか流されるままに42kmをエントリー。
そんな他人事のような気持ちのまま 日が過ぎ・・・
GWが終わり・・・あと2週間じゃん?!?!と、他人事じゃなくなってきたのが この頃。
いろいろと心配になってきた。
だいたい未舗装路を20キロ以上も走ったことないし。42キロも走れるのか?
そして心配なのは、機材のトラブルに対応できるのか、とか、
下りでの落車→怪我・・・これが一番あり得る、あんなガレ場でこけたら最低でも流血は間違いない。
緊張感が高まる中、体調だけは万全にと思っていたのに、
1週間前になって1年に1回ひくかひかないかの風邪を、こういう時に限ってガッツリひく。
鼻水ダラダラ、発熱。 気合いで治したのが3日前。
あーもー なんだかなー・・・と思いつつ。 体調も 準備もコース予習も、ほとんどできないまま前日。


と、こんな経緯で大会前日を迎えて。
いろいろ心配や不安はあるけれど、やるだけやるしかない。
一応、レースなので タイムとか順位とかもあるけれど、それはもう置いといて。
とりあえず、 怪我せず42キロを完走する! これが今回の目標。




2017年5月20日 土曜日  晴れ。 大会前日。

原則、前日受付なので、前日のうちから現地入り。
1ヶ月前までスキーに通った同じ道を 今日は自転車目的で行く。 なんだか妙な気分
IMG_9671.jpg いつものダム湖。王滝村まであと少し。

メイン会場は 松原スポーツ公園。
IMG_9673.jpg DSC09773.jpg
無事受付を済ませて・・・ 
今回前泊〜当日とご一緒していただくSD26の皆さんとも無事合流。
今回、王滝常連のSD26の皆さんにこの2日間をプロデュースしていただくことで、
すごくスムーズに、そして楽しく参加できました。
本当にありがとうございました!


SD26の皆さんとの前夜祭は、こんなご馳走が〜
IMG_9679.jpg にく、ニク、肉!!!

IMG_9691.jpg DSC_6596.jpg
皆さんとお喋りと たくさんのご馳走は 楽しかった&美味しかったーーー

最後の最後に 飲みすぎた鉄人が車中泊予定の車内で粗相をしでかす、という不測の事態もあったりしたけど、
なんとか22時半過ぎには寝床につく。 
宴会の後片付け、お手伝いできずスミマセンでした(;_;)
けど、なんだか寝付けれず・・・ 
どこでもいつでも速攻で寝落ちできるのが私の特技なんだけど、やっぱり緊張しているのかなぁ・・・




2017年5月21日 日曜日   快晴!


眠れない、眠れない、と思っていたら ハッと目がさめる。
ジャスト3時。 あれ、眠ったのか?私。
起床予定時間は4時なので、もう一眠りと思うけど、なぜか二度寝できず。
 やっぱり緊張してるのかなー?
 二度寝も大得意な筈なのに。いつもスマホのアラームは5分おき5回セットして就寝する(汗;)

4時起床。
IMG_9693.jpg 三日月がキレイ。今日もきっと快晴。

明るくなってからバイク準備、皆でスタート地点へバイクを置きにいく。
IMG_9695.jpg
こるなごさん、IMAINさん、O本さん、えり。ちゃん、鉄人、私 の6台

なーんと!
IMG_9697.jpg フロントローに置けてしまった(大汗;)
とにかく無事完走目的なんだから、と
最後尾スタートでもいいくらい、と思っていたけど
600人近い大集団のスタートになるので、
少しでも前方位置でスタートしたほうが団子状態に巻き込まれず走りやすいらしい。
でも、これいざスタートしたら本当にそうだった。


その後、朝ごはん、着替え、準備もろもろを整えて スタート30分前にスタート地点へ。
IMG_9705.jpg ズラズラズラーと並ぶMTB列。圧巻!
スタート10分前。バイクのもとへ。
昨年の1位〜6位の参加者は、最前列スタートの権利を与えられるとかで、
昨年2位だったこるなごさん、名前をコールされ最前列へ。 
おぉぉーー かっこいい!

本当はスタート前に補給して、と、
サプリメントなんぞ忍ばせてきてたけど、もうすっかり忘れている。

午前7時 パォぉぉおーーん のラッパ音を背に いよいよスタート!
最初の1kmくらいはパレード走行。そして先導車が避けてリアルスタート。
と、怒涛のように後方から抜かれまくる!(爆) まー当然ですね
そして、前方のこるなごさんの姿は真っ先に見えなくなり、
そのうちIMAINさんやO本さんの姿も視界から消える。

今回のコースはこんな感じ。
mapdata.jpg
42kmは青色のコース。
実は今回、コースの予習をほとんどしてなくて、心折れないマップも作成せず。
とりあえず、高低図の形を頭に入れる。(山が3つあるんだなー)
27kmあたりにCPあり。このCPを3時間半で通過しないと足切り。
人からの情報で、CPを過ぎた3つ目の山が かなり厳しい。走行距離42kmっていうけど、実際は50km近く走る。
こんなくらいが事前のコース情報。


スタートしてしばらくは上り基調の舗装路を走る。
しかし、すでにかなりシンドイ。
 風邪の影響で体力もパワーもやっぱり落ちてるのかなー? 
 アップしてないから走り出して数キロはこんなもんか?と思ったり。
 でもたぶん一番調子が出なかった原因は気温の低さかなーと今になって思う。
 スタートしてしばらくの気温10度ちょっと。

えり。ちゃんや鉄人からもどんどん遅れる。
なんとか二人の姿が見える位置にとどまれるよう 必死。

そして、あの42kmコース名物の真っ暗トンネルへ突入!
 必ず「落車ー」の声が響き渡るという 真っ暗で中途半端な舗装のトンネル。
前方位置でのスタートだったおかげで、
トンネルに入る頃にはもう人がかなりばらけていて 前後左右とも余裕がある状態。
ライトはスタート前に点灯してきた。
やっぱりライトのおかげか、想像していたよりトンネル内は明るく感じる。
焦らず落ち着いて走行、と思いきや
やっぱりお決まりの「落車ーーー!!!」の声が。 ほんとに落車、するんだ(驚)

トンネルを無事通過し、いよいよダートの上りが始まる。
ダートに入ると、ここで一気に前に出て行こうとする輩が増えるので
一瞬混み合う感じに。
と思ったら、私の右側から抜いていこうとしたMTBのハンドルが 私のハンドルにひっかかり
そのままひきずられ転倒、落車・・・・Σ(ω |||)
いきなり落車の洗礼かーーー(涙)
上りでの落車なので全然たいしたことではないけれど、
それでも着地した右膝、右ヒジが無傷だったのは、やっぱりプロテクターをつけてきたおかげ。
 プロテクターつけずに走る人がほとんどだったけど、やっぱり必要だなと思う。

落車でモタモタしているうちに
前方のえり。ちゃんも鉄人も全く視界から消えてしまった。
追いつけるかなー?と不安になるが、気を取り直してバイクに乗り直す。
長い、長い、上り。 ピークまで何キロあったのだろう?
ロードだったらたいしたことない距離だろうけど、
MTB.だと速度が遅いし、とにかく路面状態から目を離せないし、集中力も必要だし。
最初の上りはとてつもなく長く感じて、しんどくて、もうロードの何倍も苦しい。
10キロそこそこ走っただけで「私には 絶対100キロは無理だな」と確信する。

立哨のスタッフに「まもなく下りに入るから、気をつけて」と声をかけられる。
上りが終わる!と一瞬嬉しくなるけど、
次の瞬間、私の最もヤバイ下り区間がいよいよ始まるー(T_T) と思うと ちょっとキンチョーする。
絶対落車しちゃダメだからね!と、自分で自分に念を押す(爆)

下りに入る手前で鉄人が待っていた。 
 やっぱり私の下りの落車がかなり心配だったらしい。
 この後も先に行っていいよ、と言っても 必ず下りの手前で待っててくれた。スミマセン。


不用意なブレーキをかけないことと、コーナーの手前ではしっかり減速すること、
このふたつを気をつけて、なるべく鉄人の走るラインをなぞって下るようにする。
下り、思ったより怖くない。たぶんダブルトラックで幅広だからか?
MTBの下りで 初めて「ひゃっほーー」と思いながら下る。 下り、楽しいかも?!?
と思ったのはちょっとの間だけで、
そのうちいつまでたっても終わらない下りにも嫌気がさしてくる・・・・
でもとにかく 集中力をきらさないように 丁寧に丁寧に下る。

ひと山越えて、また舗装路。
ほぼ平坦だけど、一気にタレる。 もう脚もパンパン。
そっか、ダートの下りって全然休めないんだ。
ほとんどサドルに座ることのないスタンディングポジションで
あのガレガレの振動を受けながら下ってるわけだから、脚パンパンも当然か。


下りで先行を譲ってくれたえり。ちゃんにもパスされ、鉄人もどんどん先へ行くし。
また二人の姿が見えなくなりそう。
そこで、やっと せっかく背負ってきたハイドレーションの飲料を全く飲んでないことに気がつく。
アミノ酸&BCAA入りの飲料を飲んだら なんとなく復活してきた。
 実は今回補給のことは あまり真剣に考えてなかった。
 今回のカロリー補給は、この飲料1リットルとゼリー1個と CPで配っていたエナジーバーひとかけらのみ。
 あとで思うと やっぱり足りない。


ふたつめの山。
ここの上りは結構頑張ったと思う。わりとたくさんの人をパスして上る。
心折れないマップがないので、上りのピークがわからない。
ひたすら我慢して我慢して上っていたら、後ろで「おーー見えてきた!」の声。
顔をあげると 目の前にどーーんと御嶽山が! 
すごーい。スキー場から見る御嶽山の頂とはまた違った趣。
が、しかし、その絶景をずっと眺めてはいられない。すぐ路面に視線を戻す。
その辺りから、もしかして すごい絶景の中を 走っていることに やっと気づく。
でも全然周りを見てられないーー(涙) 
 これがサイクリングだったらどんなにいいだろうかって。
 止まって写真撮りたいけど、鉄人がたぶん先で待ってるし、
 完走目標と言いつつ、やっぱりレース中に写真撮るために止まれない妙な意地w

ふたつめの山のピークを過ぎ、下った先に42キロコース唯一のCP到着。
この周囲も外国のような様相。雄大な自然の景色に圧倒される。
ここCPでは、ゼリー1個補給。 大福や固形物はとても食べる気にならず。
配布されていたエナジーバーチョコ味も ひとかけら口にするけど、なかなか飲み込めない。
水で流し込む。

CPは たぶん5分も滞在せず、リスタート。
3つめの山。
3つ目はアップダウンを繰り返しながら標高1600くらいまでのぼっていく筈。
最初の少し大きめのアップダウンを過ぎて、次の上りへ入る地点。
鋭角に左折する、だけじゃなく 左折箇所に50センチ幅くらいありそうな大きな溝。
その急な左折と大きな溝に気を取られ、ギアをローに落とすことを忘れて上りに突入してしまい、
当然上れず、足つき停車。
ギアをローに入れなおしてスタート。が、ギア軽くしすぎて乗り出しにトラクションがかからず(汗;)
もう1枚重くしてなんとか乗り出せる。 あーよかった。

前方は結構急勾配の上り。でも 上れない勾配ではない。
けど、前を行く6〜7人中 バイクに乗って上ってる人は たった一人だけ。
あとの5〜6人は 全員押し歩きしてる?!?!
ここは押し歩きしなきゃいけないとこなのか? 
周りで押し歩きしている人が増えてくると、
自分も いつ押し歩きしようか?とか後ろ向きな気持ちがムクムク湧いてくる。
でもなー 絶対歩いたほうが遅いし、もっとシンドイよなー 
自分も全然頑張れず、バランスを崩さないギリギリの速度でしか上れないけど、
それでもやっぱり押し歩きの人よりは速いらしく、パスして上ってパスして。
その後も、押し歩きする人、脚攣りらしく 少し走っては停車して動けなくなる人、
私と同じ速度でしか上れない人・・・・
やっぱり厳しいなー王滝は・・・・ 自分もギリギリ。 
「次に 今よりも急勾配になったら脚つこう、歩こう」と思いながらも、我慢して我慢して上る。
辛いけど、でも、ふと周囲を見渡す時の、地の果てまで来たような絶景にも感動する。

3つめの山のピークにたどり着く前に、頼みのハイドレーションが空っぽになる。
ボトルに水が入ってるけど、ダート走行では片手運転は絶対無理。
走りながらは飲めない。
水が飲みたい、水が飲みたい、と思いながら上ってきた私がこの写真。
IMG_2121.jpg
この直後、停車してボトルの水、がぶ飲みw

そして、ゴールに向けての最後の下り。
もう絶対こけないように、気を引き締めて「集中、集中」と唱えながら
最後のダウンヒル。
下りにちょっと慣れてきた感じはあるけど、とにかく左の上腕三頭筋が痛いーーー
たぶん左ブレーキのせい?
余裕がある箇所ではハンドルから手を離して 左肘を最大に曲げてストレッチ。 

突然「ゴールまであと2km」の看板。
ほんとか? 
 実はスタート時にガーミンスタートさせるのを忘れていて
 しばらく走ってからスタートボタンを押したので、ガーミンが表示する距離は当てにならず。

次、「まもなくゴール」「減速」の看板。

本当にまもなくゴールだった!
突然 終わっちゃった!の気分。
ゴールゲートを通過して、計測タグを外してもらいながら 初めて腕時計の時刻を見る。
11時少し前だ! うっそ、4時間切れた?? 

完走目標だったので、タイムは全然気にしてなかったけど、
でも内心4時間半くらいで走れたら嬉しいなーとちょっぴり思っていたので
4時間をきってゴールできたことは すっごい大金星、の気分。 マジで嬉しい。

松原スポーツ公園に戻って、飲んだ?食べた?フローズンマンゴ
IMG_9707.jpg めちゃめちゃ美味しい!生き返るーー

そして、嬉しいオマケがついてきた。
棚ぼたで上がらせてもらった表彰台。
IMG_2144_201705250034057d9.jpg

今回も常連かつ安定の表彰台に上る こるなごさん。さすがです。
IMG_9718.jpg

メカトラなしで走りきってくれたファゾム。
IMG_9715.jpg けっこうドロドロ

表彰台でいただいたメダル。
IMG_9720.jpg
いつも「メダルっていらないなー」って思うんだけど、
今回のメダルは なぜかマジで嬉しい。
私にとって アドベンチャーなチャレンジ、記念すべきレースだったかな、やっぱり。



IMG_9714_20170525005149e0f.jpg IMG_2118.jpg
王滝村の自然は本当に美しい。

すっごく厳しかったけど、怪我なく完走できて本当によかったです。
そして、オマケでついてきた4時間切りととメダルも 素直に嬉しい。
今回ご一緒してくださったSD26の皆さんには本当に感謝です。
おかげで、初めての参加にもかかわらず右往左往することなく安心して走れました。ありがとうございます。
最後に、落車を心配して先行せず途中途中で待っててくれた鉄人、ごめん、でも感謝、感謝。


怪我なく無事完走。 ほんとによかった。
王滝、またチャレンジしたいなー  まだまだ頑張りますp(*^-^*)q


       

今日の記録(GIANT FATHOM1) スタートボタン押し忘れ、最初の3キロほどログが取れていない
 距離45.08km 
 高度上昇値1362m 
 経過時間 3時間52分
 平均気温21℃(10〜31℃)
 消費カロリー1350C




ここからは、次回のための備忘録。

タイヤ空気圧 
1.8bar これが適切だったかどうか よくわからない・・・・。
             
ウェア 
気温10〜31℃ 完全に夏仕様 スタート時寒かったので、アームカーバーつけようか迷ったがなしで正解。
肘、膝のプロテクター着用、ただ膝はダウンヒル用のためか?上りのペダリングで脛までずり落ちてくるのがストレスだった
もう少し薄手のものでずり落ちることなくペダリングしやすいものにしたい。
             
補給  
走行時に自覚はなかったけど、上りが辛かったのは 補給不足もあった?
     
朝食: カップ麺(うどん) バナナ1本 コーヒー2杯 大福1個 クエン酸入り野菜生活
     もう少し 食べておくべきだった、
     ロードで強度高い走りをする時の朝食と比べても少なかったなー

持参飲料: ハイドレーションに「グリコのクエン酸&BCAA ハイポトニックドリンク」1リットル
        ボトル720mlに水
          気温が高かったこともあるけど、飲料は足らなかった。
          片手運転ができないので、ハイドレ1.5リットルは必要。

補給食:ゼリー1個 大福2個を持参したけど、食べたのはゼリー1本のみ。
       4時間走る補給量しては絶対的に不足。
       固形物は食べたくなくなる可能性あり(強負荷だったから?暑かったから?)
       基本走りながら食べるということが難しい、走りながら補給する方法や補給食の内容の検討必要。
     

     
スポンサーサイト

Comment

No title

もう〜すっごくドキドキしながら読んだよ〜
凄い!凄い! 4位だなんてv-10
秋さんが過酷そうなんだから、よほどしんどいんだろうね・・・
そもそも重たいMTBでさ。。もらい落車は災難だよね、
でも大した事なくてよかったv-364
それにしても、こっちまで読んでて、疲労したよ(笑)
とにかく、凄い! 入賞おめでとうv-353

No title

今回は本当にお疲れさまでした~!
&女子総合4位おめでとうございます(^^)/
初のMTBレースって事もあり、慣れないオフロード本当にキツかったと思います。
それでも冷静に走り無事完走!
しかも4時間切り、ホント凄いですよ(゚Д゚;)

心折れないマップ、人数分作成していたのに渡すのを忘れていてスミマセン(^^;
前夜飲みながらも、もっといろいろアドバイス出来たな~と反省です(´・ω・`)

リザルトが出てたので見ましたが、
http://powersports.co.jp/sda/17_otaki_bike_5/42km.pdf
女子の4位も凄いけど、男女含めて出走492人中、完走389人
(足切69人、DNF44人)結構過酷!
そんな中、全体で169位って言うと2/3くらいの男性に勝ってますよ(゚Д゚;)

今回の反省点を改善し、秋はもっと上を目指して頑張りましょう(^^)/

No title

お疲れさまでした!!
SRなお二人だし、繋ぎのバイク買っちゃうくらいだし…
とあまり心配してなく、補給のことはアドバイスするべきでしたね・・・反省です。
鉄人さん、こるなごさんの燃料給酒に巻き込まれてたんですね(笑

しかしながら、初出でというか、今年からMTBデビューで4時間切りですか!
凄すぎです!!あっという間に抜かれそうです…

補給

自分は燃費も容量も少ないので
みなさんのように最初にこれだけって
摂っておいても貯めきれないし、使い切っちゃう

だから水も食料もこまめに補給しないとってので
10km毎の補給です。
それでもO本さんに指摘されたように、ちょこちょこ
燃料切れでハンガーノックやってしまうので、特に
こういう長い淡々と登るようなコースでは補給が
面倒になってしまいがちなので気をつけようってことです。

No title

初!王滝、本当にお疲れ様でした~そして、4位入賞おめでとうございまーす\(^o^)/凄いですよ~秋さん!!

ブログを読んでいて、秋さんの頑張りに感動して 読み切った時には無事に完走されて嬉しかったのと、安心したのもあるのか?涙が出てしまいましたよ~(´Д⊂ヽ序盤で、接触後に落車してからかなりショックだったのでは?と思ったり。でも大きなケガなく無事に完走されたことが本当に何よりですね!!

次は、今回以上に高い目標を掲げて、是非!秋のレースは頑張ってきてください!!うちから応援していま~す(*^^*)

>み〜さん

ありがとうございます〜^ ^
オフロードのレースは想像以上にキツかったです。。。
体力的にもそうだけど、上りも下りも ずっと集中力を切らせないってのが
結構大変。ちょっと気が緩むとガレガレに突っ込んで転倒しちゃうので・・・・
でも達成感は満載。
私の今年の最大目標のイベントだったので、まずは完走できて
ほんと嬉しかったです!
み〜さんも、まずひとつ、今日ですねー がんばってーーー!

>こるなごさん

この2日間は本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

結構 レース前から不安だといろいろ心配したりクヨクヨするタチなので
前晩に皆さんとレースとは関係ない話題でワイワイ過ごせたのは
逆にリラックスできてよかったなぁって思いました^ ^
心折れないマップも 今回本当にキツかったので
あったらあったで「あと◯キロ」と、はっきりわかっちゃう方が心折れてたかも?(笑)
とにかく脚をとめなければ いつかはてっぺんに着く筈・・・って
心折れないようにしてました(笑)

リザルト、私も完走できなかった人の多さにちょっと驚きました。
42キロでも100人以上もいたのですね・・・・
やっぱり過酷なんだなーってあらためて実感^_^;
今回でいろいろとわかったこともたくさんあったので、また次回につなげたいです。
頑張りますー ^ ^

>O本さん

お返事コメ、遅くてゴメンなさい!

もう1週間過ぎちゃいましたが、
前日&当日とお世話になりました&ありがとうございました。
あ、昨日も。ありがとうございました!楽しかったですー 
下りが怖くて心臓が飛び出そう、ってことがなかったのも
王滝のおかげでしょうか(笑)

> 鉄人さん、こるなごさんの燃料給酒に巻き込まれてたんですね(笑
ワインがやばかったみたいですねー
事前にちゃんと寝床作っておかなかったのが幸いでした(汗;)

>IMAINGさん

お返事コメ、遅くてすみません!
王滝の2日間はお世話になりました、ありがとうございました^ ^
みなさんのおかげで楽しくスムーズに過ごせました^ ^

私もアメ車並の燃費だね、とよく言われます。
ロードで山岳コースだと20km毎に補給すると調子よいので、
私もMTBだとやっぱり同じく10km毎での補給がいいのかもしれません^_^;

ちなみに、王滝では何を補給されてたのでしょーか?

>pomちゃん

お返事コメ、いつも遅くてごめんなさい!
そして、ありがとうございますー^ ^

4時間切りも総合表彰も棚ぼたですけど、
ホントとにかく怪我しなくてよかった!ってのが一番です。

この42kmを走り切れたのは 自分自身ひとつ越えられたかなぁ、って思うけれど、
図々しくも もうちょっと上りは頑張れたんじゃないかなーと思ったりするので(汗;)
またチャレンジしたいと思ってまーす(懲りないな・・・・・笑)
非公開コメント

プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。