初夏のしらびそは クマに注意  ’17.06.04

2017年6月4日 日曜日  晴れ


1週前の記録(汗;)

富士ヒルの前に 勾配キツイところを上っておきたい、と 鉄人がいうので
じゃあ、しらびそ行こう〜ってことになる。
前回のサンセットライド&ナイトダウンヒルはこちら
 
今回は絶対温泉に入りたいので、「日本のチロル」を見るのは我慢。
でも いっ福定食は食べたい!
トランポに時間がかかるので(3時間弱)、少しでも早く出発したいけれど・・・
なんだかエンジンのかからない鉄人。 昨日(大多賀峠)走り過ぎちゃったからなー
鉄人のペースに合わせていたら、結局自宅を出発できたのは8時半近く。 あーぁ-また遅い(T_T)

今回も下道でトランポ。
IMG_9825.jpg
茶臼山を越える。 芝桜祭りの最終日だった。
細いグネグネ山道を抜けて、南信州へ向かう。
このあたりって、去年のGF奥三河(ツールドあいち)で走った道だねーと 今回初めて気がつく。

あと20kmくらい?というところまで来たのに、なんと! 通行止め予告。
IMG_9826.jpg
えーほんとに?

ここでちゃんと道を調べ直せばよかったのを
まだ先へ進めそうな状態だったので 進んでみる。けど、結果はこれ。
IMG_9827.jpg 完全通行止め! 数ヶ月前に崩落があったようで

あーぁーあー どうする?
やっとこさ本腰を入れて 迂回ルートを探す。
結局、かなり来た道を戻らないと迂回できないことがわかり、ガックリ。

どう考えたって、デポ地到着は前回より遅い時間になる。
このまま引き返して、茶臼山辺りを走る?って気にもなるけど、
せっかくその気でここまで来たのにーー ということで、迂回してデポ地を目指すことに。

南信州って、アクセスがあまりよくないので行くことがない地域だけど
秘境ちっくな里山って感じで、すごくよいところ〜 
自転車での走り処がいっぱいありそう!
IMG_9830.jpg
橋の欄干が写り込んでしまったけど、あまりにも景色がよかったので写真アップ

13時少し前、やっとデポ地着。 トランポに4時間越え(大汗;)遠かったーーー
IMG_9835.jpg
そーいや、この辺りの地名は「遠山郷」 もしかして「遠いなー」ってことで、この地名??

13時半、やっとスタート。 
前回と同じ、下栗の里側から上るルート63km、1600アップのルート。
陽が長い季節なので、寄り道少なめなら暗くならないうちには帰ってこれるはず、たぶん。
時刻が時刻なので、もう いっ福さんの定食は終了している可能性が高いので
持ち合わせの食料で腹ごしらえしてから走りだす。

アップダウンの道を10kmほど走って、しらびそ高原上り口。
ここから しばし激坂。 勾配15パーセント前後、時折20パーセント越えも(汗;)
ここまでは さほど昨日の脚の疲れは感じてなかったのに、この勾配になると流石に堪える(涙)
前回もこんなにキツかったっけ? たぶんキツかったけど、キツかったことはすぐ忘れるからなー・・・

と、絶妙なタイミングで現れる命水! ほんとにもう休みたーい って思う所で現れた(驚)
IMG_9839.jpg

前回は停車しなかったけど、今回は まず鉄人が停車、
「えー停まるの?」と言いつつ、私も内心「やったーー」と停車。
IMG_9838.jpg
グローブはめたままの手で水を受けて、がぶ飲み。 おいしーー

さーまだまだ続く激坂、いきますか。
IMG_9840.jpg
写真じゃわからないけど、進行方向へ向かっては乗り出せないくらい勾配キツイ。
車に注意しながら、道路を横断する方向でクリートキャッチ(汗;)


登り口から4〜5km頑張ると、民家が見えはめて少し勾配が緩んでホッとする。
IMG_9842.jpg 前回は紅葉、今回は初夏の濃緑

まもなくして いっ福さん到着!
だけど、残念ながら 予想通り定食完売。 女将さん曰く「もうご飯粒一粒も残ってないのーー」
やっぱりここで食事するなら午前中にはこなくては。
IMG_9846.jpg
濃いめに作ってくれたクエン酸たっぷりの梅ジュースがめちゃめちゃ美味しい。 生き返る〜
女将さんの面白トークに元気をもらって いっ福さんリスタート。

ここから6kmくらい?が、しらびそ峠の山場。
勾配10パーセントを切ることがほとんどない。
いっ福さんを出るときに「今日は車が少ないから走りやすいと思うよー」と言われたけれど、
  この「車も人も少ない」・・・確かにそうなんだけど、別の意味で危険なのかも(汗;)
確かに前回の紅葉シーズンに比べたら、車も人も全然いない。
「日本のチロル」が見える展望台への登り口を横目に見ながら、
今日はそのままえっちらおっちら上って、上って。

ガーミン表示の勾配は15〜17パーセント。
ちょっと腰が痛くなってきた。
普段も 鉄人と喋りながら上ることはまずないのだけど、
今日の互いに「無言」は いつもの無言とはちょっと質が違う。なんだか険悪ムード?
あーもー足ついちゃおうかなーって、何度も頭の中をかすめるけど、
なんだか負けた感じになるのが嫌で我慢、我慢。

やっと勾配が緩んできた。
激坂の連続はこの辺りでおしまい、の筈。
ホッとして、景色のいい箇所でちょっと停車、休憩。
IMG_9851.jpg IMG_9848.jpg 標高1500mあたり

リスタート。あと高度400アップ。距離はもう10kmもないはず。

道路 右カーブ。
私よりも20メートルほど先を行く鉄人がそのコーナーに差し掛かった時、
突然!
ガサガサガサッ!!!バキバキバキッ!! ものすごい音がーーー

な、なに??? 
カーブにさしかかる前にいた私の目前、
カーブコーナーのすぐ下の山斜面をすごいスピードで駆け下りる黒い物体。

・・・・・クマ?!?!?!  絶対、タヌキとかイノシシとかではないし

うそやろーーー((((;゚Д゚))))))) クマ、くま、まさかの熊!!! 

鉄人の立ち位置からはすぐ下の山斜面は見えないらしく、
でも 熊が駆け下りる音がすごかったので
停車して 「なにー? 今の音?」と不可解な顔して振り返っていた。

なにー?じゃなくて!!!
今、アナタの足元、道路のすぐ下から熊が駆け下りて行ったんだよーー
たぶん位置関係からして、クマが道路すぐ下の山斜面にいたんではないかと。
私たちが来たのに驚いて?斜面下の方へ一目散に逃げて行ったってことか?
道路で鉢合わせなんてことにならなくて良かった。


   こ ・ こ ・ 怖すぎるーーー・・・・(´Д`lll)

何事もなくクマの方が逃げてってくれてよかったーとホッとする反面、
もうなんだか落ち着かず、景色を楽しむ余裕もなく。
周囲のちょっとした物音や、黒い影にビクビクヒヤヒヤ。
走るスピードも自然と速くなり、鉄人に置いてかれないよう必死。
千切れて一人旅、なんて怖すぎる。
ついていけなくなりそうだと「待ってーーー!!!速過ぎ!!!」と 怒鳴るε=ε=(怒゚Д゚)ノ

すっかりビビり追い込みモードで上りきって無事登頂! 確か16時前?くらい?よく覚えていない
IMG_9854.jpg 

標高1918m地点
IMG_9855_2017061002215821c.jpg

前回のサンセットポイントで1枚。
IMG_9860.jpg

南アルプス?方面も1枚。
IMG_9861.jpg


クマ目撃の心理的ダメージは想像以上。
とにかく落ち着かない。 
とりあえず登頂証拠写真を撮るだけ撮って 「もう下りたいよーーーー」と早々に下山開始。

一応 ここでも写真は撮るかな、やっぱり。
IMG_9867.jpg

自動二輪(オフロード)3人組のめちゃめちゃテンション高めのお姉さまたちに
写真撮影を頼まれる。 
で、「(私たちも)撮ってあげるわよ」と言われて、なぜか一緒に記念撮影ww
IMG_9871_201706100620251e8.jpg

お互い気をつけてーと、私たちから先に下山開始。
開始早々にこんな看板。
IMG_9866.jpg
もうーやだよーーー(涙) はやく帰りたい・・・・

ここから国道に出るまで20km近くのダウンヒル。
目の高さに見えていた山の稜線が 徐々に見上げる高さに。
ブレーキをかける手が疲れて 1回だけ停車。 MTBでは全然そういうことないのになぁ。
国道に出て ホッと一安心。 クマ、もう大丈夫だな・・・・

山間の夕暮れは早い。
まだ17時を少しまわった時刻なのに もう薄暗い感じ。
山が近くて高いから、太陽が沈むのが早い
テールランプ点灯して、デポ地まで一気に戻る。

17時半、無事帰着。
IMG_9872.jpg

自転車を片付けたら、前回は寄る時間がなかった温泉へ。
気持ち良かったーー
IMG_9874.jpg

さてーー帰るか。
IMG_9875.jpg
また帰る時刻押し押しになってしまったので、グルメはなしで帰路に。
あーお腹すいたな・・・・

秘境ちっくな南信州。 
すごくいいところ、もうちょっとゆっくり時間かけて遊びに来たいなぁ、と思うものの
しらびそ登攀はちょっと怖くなっちゃったなー・・・・
あの、山を駆け下りるクマの姿が目に焼き付いて離れない。
しらびその激坂も絶景も、今回は記憶の彼方(汗;)

そーいや、富士ヒルの練習になったのか?
鉄人 「うーーん、よくわからんなーー・・・・」 

私も練習になったかよくわからんけど、とりあえず無事下山できてよかった。 ほんとに。




今日の記録(カルマ) 
距離64.11km 
実走時間3時間48分 
Ave17.1km/h Max56.6km/h 
高度上昇値1613m 
平均気温21℃ 
消費カロリー2137C
スポンサーサイト

Comment

No title

なぜ遠山郷と呼ぶか?
それはあの有名な遠山の金さんの生まれ故郷だからです。

冗談はさておき
いると理解しているのに、いないつもりで走っている。
遭遇したけど逃げて行った、次回も大丈夫だろうと思う。
フフフ( ̄▽ ̄)、そんなことはありません。
鉢合わせしたら襲ってきます。経験者は語るw
熊鈴手放せません♪

>korashoさん

> なぜ遠山郷と呼ぶか?
> それはあの有名な遠山の金さんの生まれ故郷だからです。
> 冗談はさておき
なーんだ、ほんとにジョーダンなんだ。
少し本気にして調べてしまった・・・・

> いると理解しているのに、いないつもりで走っている。
> 遭遇したけど逃げて行った、次回も大丈夫だろうと思う。
> フフフ( ̄▽ ̄)、そんなことはありません。
> 鉢合わせしたら襲ってきます。経験者は語るw
これは本当ですねーーー
すっごい名文!と思ってしまいました。

> 熊鈴手放せません♪
ロードでも山へ行く時は鈴持とうって本気で思いました、私も。
非公開コメント

プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR