お盆休みその2 おんたけHCでサプライズ! '17.08.14

2017年8月14日 月曜日   曇り


お盆休みの5連休、1日くらいは涼しいところへ遠征したいなー、ということで
御嶽山ヒルクライムへ。

おんたけは、もう子供の頃から 今のこの歳まで アウトドアで何度も訪れている地。

ここ数年は、12月から4月までほぼ毎週末スキーに通い、
そして今年は、MTBでSDA王滝デビュー( ̄^ ̄)ゞ
と なれば、やっぱり夏に一度はロードで上りたいよね?
今年は、SDAやACAのヒルクライムレースには参戦できなかったので、
プライベートで行くことに。


スキーへ行く時は、3時間弱で行けるのに、やっぱりお盆休み中だからか?
高速もR19も 渋滞にこそならないけれど、車はかなり多め。
3時間越えでやっと王滝村のデポ地到着。
IMG_0452.jpg

思ってたより涼しくないなー・・・・と思いながら準備。 デポ地でも標高900くらいの筈だけど
すでに正午近いので、パンとバナナと野菜ジュースを補給してからスタート。
最初の川沿い2kmくらい?の平坦な道は、かなりのんびり、と。時速25km/h以下。
そして道を間違えて、Uターンしたり。
王滝村中心街?へ向かう急坂からヒルクライムモード突入〜

鉄人は抑えめペースで上っているだろうけど、
それに付いていくのは私にとってはほぼガチ走り(汗;)
でも今日は25km弱のヒルクライム、レースモードでしっかり上っておきたい。
そして、今日はオーバーホールしたC24復活。
上って、やっぱり このホイールだよなーーと思う。 
上りのペダリングのグッと力をいれなきゃ箇所がキシリウムとC24では違う、気がする。
C24は11時〜2時の一瞬だけでいいけど、キシリウムは若干長くなる?4時くらいまで?
勾配が急になってもC24はほぼ変わらないけど、
キシリウムの時は6時くらいまで力を入れなきゃいけなくて、すごく上りにくかった
あくまでも個人的な感覚ですが。


王滝村の中心街を過ぎると、勾配が緩むボーナスポイント地点。
 冬は 毎週末 車で上るので、スキー場までの道の様子はかなり頭に残っているw

民宿が並ぶ通りから 天気が良ければ御嶽山がどーーーんと望めるのだけれど、
今日は残念ながら雲の中。

民家がなくなると、道端にサルが現れるーーーΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
冬の車中からは何度も遭遇したサルだけど、自転車で野生サルに遭遇するのは初めて。
こわーー・・・・(ω |||)
襲ってこないよねー・・・・と サルの方は絶対見ないようにして猛ダッシュ。

おんたけのこのコースを上るのは確か4回目だけど、
毎度スキー場まではあっという間で楽勝な感じ、
このまま行け行けでゴールできるかなーと思いきや、
スキー場から上あと7kmほどがかなりキツくて撃沈するパターン。

スキー場の麓あたりから鉄人ペースをあげる。
たぶん残り7kmはガチで上るようだ。
当然ついていけずに、スキー場麓からは完全一人旅。
このコースって、特別景色がいいわけでもなく、観光地として整備されてるところでもなく、
今は登山客もいないので 本当に閑散としていて、車も少ないし、 走りやすいけどね
もちろんローディもいない。
なので、ひとりきりになって上ると 結構怖い・・・ ←野生動物が
道端の茂みでガサゴソと音がしたような気がするたび、ビビりながら上っていく。

スキー場には入ってからは勾配がキツくなって、マジでキツい。
頑張ってるつもりだけど、結構タレタレで上ってた時じゃないかと思う。
横から「こんにちはー」と言いながら、自転車が1台ゆっくりと追い越していく。 
自転車乗りはここまで全く出会わなかったので、突然のローディ登場に 自分ややビックリ。

向こうもこんなところで女子がひとりで上りの練習?とでも思ったのか?
追い越してもなおこっちを振り返って見ている。
あれ?あれれ? このジャージ(イナーメのジャージ)、このお顔って!?!? まさか???
慌ててフレームを見る。やっぱりヨネックス!
思わず小さな声で「モリモトさん?」と口にしてしまったら 「ハイ」って(゚△゚;ノ)ノ

ひゃーーーうそーーーマジでーーーー?!?!(*゚Q゚*) 
こんなとこで山の神に会っちゃったよーー

もしかして、今 この瞬間、山の神と一緒に上ってるよね?私。
山の神と一緒に上れるなんてーーo(≧ω≦)o 一緒に上ってるわけではないけど
さっきまでのタレタレはどこへやら。 まだ脚まわるじゃんーー 頑張る!
ちょっとでも山の神の後ろ姿が見える位置で、と頑張るものの、
だんだんその姿は遠ざかり見えなくなってしまった。

一人になって、また急勾配にタレタレ・・・
でもふと思い立つ。
そーだ! てっぺんで一緒に写真撮ってもらおう!山の神が下山する前に登頂しなくては!

また頑張る。
でもキツい。つらい。
でも写真一緒に撮りたい。
お願いだから、早々に下山してこないでくださいーーー!!!

そんなが頭の中をグルグルしながら上るけど、
あと3kmくらいがすごく長かった。
そしてやっと田ノ原到着、最後の駐車場への上り。
今日も向かい風に押し返されそうになりながら、もう一踏ん張り。

山の神、まだいた!パン、食べてた。よかったーー。
登頂してすぐ汗まみれの様相もお構いなく写真をお願いする。
快く引き受けてくださった。
近くにいた年配のおっちゃんが、「何?有名な人なの?3人で撮ってあげるよ」と言って
撮ってくれた1枚がこれ。
9U8Cp6l4Jtb8WmN1502986156_1502986269.png
モリモトさん、ほそーーーい。 脚なんて私より細いし(;_;)
少しお話しして、握手もしてもらう。 ありがとうございます! 
まさかおんたけでこんな風に遭遇できるなんて。 
 やっぱりおんたけって、私にとってモッている地だなーって思うw
本当にラッキー、サプライズ、すごく嬉しかったーー

というわけで。
そーだった、今年もおんたけヒルクライムできました!
IMG_0453.jpg 残念ながらこの背後にあるはずの御嶽山は雲隠れ。
タイムは、去年のレースよりちょっと遅い。
でも最初の平坦のんびりやコースミスを思うとだいたい同じくらい?
成長はなかなか難しいけれど・・・維持できていればまだいいかなぁ?


気がつけば、もう14時前。急いで下山する。
IMG_0458.jpg 
ここは長野県だけど、おんたけの景色は岐阜県っぽいなーやっぱり。

IMG_0459.jpg
スキーシーズンはこのリフトでまわしている

この後は、写真撮影の停車はせず一気に下るけれど、あと数分でランチタイムに間に合わず。
IMG_0461.jpg
王滝食堂のイノブタ丼を逃してしまった(涙)

お腹空いたなー、と思いつつ、王滝村の奥の方へちょっとだけサイクリング。
IMG_0462.jpg 
IMG_0464.jpg IMG_0467.jpg
ここは5月のSDA王滝のとき、ゴール地点からデポ地まで戻った時の道。
もうヘロヘロで周りの景色をみる余裕もなかったけど、
サイクリングにはすごくよい道だったんだなー。

そして、目的地到着。
IMG_0469.jpg
一度ゆっくり見学してみたかった自然湖。 昭和54年?の地震の際にできた湖らしい

IMG_0476.jpg
湖の湖面から枯れ木が伸びている、という不思議な景色。雰囲気あるなー

ここで、持ち合わせの補給食のカステラを鉄人と半分こして食べる。
が、そのカステラで、鉄人に奥歯のかぶせモノが取れた・・・・
鉄人、大ショック。
今日の上りがまぁまぁのタイムで上れたことも、山の神に会えたことも全部吹っ飛んだらしい。

デポ地まで無事戻る。
IMG_0486.jpg お疲れさん〜

すっかり気落ちして もうこのまま帰ろうとする鉄人を
「落車したとか、怪我したとか、じゃないからいいじゃん」となだめすかし、
なんとか温泉にだけは立ち寄る。
IMG_0489.jpg 
久々に来た。秘湯の王滝の湯

温泉上って、17時過ぎ。
王滝食堂の夜営業の時間になっていたけど、もう鉄人は立ち寄る気なし。
まぁ仕方ない。イノブタ料理はまた今度。


最後のかぶせ物取れちゃった、で、
なんだか尻すぼみの日帰り遠征ライドになってしまったけど、
やっぱり山の神の後ろを上ったサプライズは この夏一番の思い出になるなーきっと+゚。*(*´∀`*)*。゚



今日の記録(カルマ) 
HC
距離24.38km 
実走時間1時間48分 
Ave13.4km/h Max32.5km/h 
高度上昇値1236m 
平均気温24℃
消費カロリー1099C

下山とサイクリング
距離40.27km 
実走時間1時間43分 
Ave23.4km/h Max49.5km/h 
高度上昇値285m 
平均気温23℃
消費カロリー901C
スポンサーサイト

Comment

No title

おんたけ、お疲れ様でした~(*^^*) 

秋さん達が行った時も、写真を見ると お天気イマイチですね...(^-^; 御嶽山、綺麗に近くで見てみたいのに 暑い時期はムリなんですかねぇ~?秋さん達がスキーに行かれてる季節は、とっても綺麗なのに御嶽山。 

山の神にも会えたなんて、なんてラッキー☆な(*‘∀‘) 私は、サインよりも秋さんみたいに握手と写真を一緒に撮って貰う方が好きです♪良かったですね~、この夏一番の良い思い出になって( ◠‿◠ )

自然湖、湖の中から木が生えてるこの景色 見てみたかったです~良いなぁ~♪ なかなか行けない場所なので、今度いつ行けるか?ですけど、行ってみたい場所です(^^♪

でも、王滝食堂のいのぶたが食べれなったことと 鉄人さんの被せ物が取れた事件は残念でしたね...(;^ω^) もう被せ物は治りましたか?(笑) 

No title

あはは〜 笑っちゃいけないだろうけど、笑えたv-8
カステラで取れちゃったって、ガムとか、硬いものならまだしも・・・

カステラが可愛すぎてv-238
カステラ大好きなんだよね〜 私v-415

No title

葉の詰め物が取れると地味に「が〜ん」ってなるんですよね、わかりますw
「また(大嫌いな)歯医者行かなくちゃいけない」とか
「歯医者行く時間をどこで作ろう?(平日は食事に差し支えない時間=勤務時間中だし)」とか
「詰め物取れたままじゃ食べるのにも気を使う=美味しくない」とか
「また削って詰めてで金かかる」とか。

↑御嶽でもなく山の神でもなくそこか私も(笑)

No title

あ・・・ごめんねv-355

私も、森本さんでなくそこだった(爆)

No title

走ってますねぇ、上ってますねぇ。
デポ地はいつものあそこ...懐かしいですw

しかし、よく走っているモリモトさんに気付きましたね。
よほどのペースだったのでしょうか?

王滝食堂のイノブタ丼?
これまた新情報ありがとうございます。
御岳上ると頂上でうどん食って終了ってのがパターンだったので
助かります。

さてさて王滝温泉・・・・
私は日本一接客が悪いが泉質最高との印象ですが、
いかがでしたでしょうか?
ちなみに男性風呂の壁に穴があり、そこから覗き放題なんでご注意下さい。
ウソですwww

>pomちゃん

またまたお返事遅くてごめんなさい。

御嶽山、夏山は冬ほど綺麗ではないかも?
でも田ノ原から見る御嶽は夏でも冬でもでっかくて圧倒されます。
標高の高いところでの夏の晴天って、ちょっと難しいのかな?
これまでのおんたけヒルクライムで晴天は一度もないと思います・・・・

山の神、昨日のエコーラインでも何度かお見かけしましたよね!
おんたけの時と昨日のエコーラインでは、上るズピードが別人でした。
おんたけはかなり抑えたペースで上っていたんじゃなかいと思います。
(と言っても、私からすればかなり速いですけどね)

自然湖は、5月の王滝で初めて見ましたが、通過しただけだったので
私も一度ゆっくり見てみたくて行ってみました。
あの辺りはサイクリングにもいいですねー車少ないし。
あとはイノブタ丼! 今回こそは、と思っていたんですが。
残念だったけど、やっぱりスキーシーズンに行こうと思えば行けるかなー、と
諦めました^_^;

あ、かぶせ物、歯医者行ったら、虫歯だったみたいです(笑)

>み〜さん

このカステラってね、
み〜さんが好きな「大納言」です(笑)
これ、美味しいね。

>ぴぽたさん

ぴぽたさん、すごい。
どーして鉄人が言ってたセリフ、全部知ってるのですか?
盗聴してたの?と思うくらいw
ほんと、4つとも全部言ってました(笑)

> ↑御嶽でもなく山の神でもなくそこか私も(笑)
歯の被せ物の方にリアクションいただいて、
鉄人のショック度もちょっと理解できました(笑)

>み〜さん

いいんです、
鉄人も もう森本さんじゃなく、歯医者どーする?でしたから(笑)

>korashoさん

うーーん、走ってるには走ってるけど、強度強い走りはしてないので。
久々のACAツールドは、撃沈でした(涙)

> しかし、よく走っているモリモトさんに気付きましたね。
モリモトさん、サングラスしてないので、お顔はいつもテレビや雑誌で見るそのまま。
それに 抑えめに走ってましたし、追い越し様、追い越してからしばらく
私の方を振り返って見てたので、もうお顔はバッチリ。
絶対自転車乗りなら誰でも気づきます。
この日は、すごくゆっくり上ってましたね(それでも速いですけど)

王滝食堂は超有名です。でも「待ち」は見たことないかなー?
今は、たぶん通常は田の原での食堂はやってないと思います。
ぜひ遠征ライドに組み込んでみてください。
私も、冬は毎週「あー食べてみたいなー」と思いつつ店前を通過。
家路を急ぐばっかりで食べたことがなくて(泣)
いつか食べてみたいです。

王滝の湯。
接客、悪いですか? そんなこともなかったけど。
壁に穴?確かにあってもおかしくない感じですね(笑)
泉質は確かにいいですが、別の理由で鉄人は「もうNG」と言ってました^_^;
非公開コメント

プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR