FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快晴!冬山がキレイだった日  滑走4日目 ’18.01.21  

2018年1月21日 日曜日   快晴

  もう当日の詳細はほとんど記憶にない・・・FBの覚え書きと写真だけが頼り( ̄^ ̄)ゞ


残ってる写真を見ると、冬山の写真をいっぱい撮っているので
この日は山がすごくキレイに見えた日だったのだと思う。

ゴンドラ内から見る中央アルプス
IMG_1801.jpg

ゲレンデトップから手が届きそう、御嶽山の頂
IMG_1802.jpg

スキーの醍醐味はいろいろあるけど、そのひとつは この景観を見られること。
IMG_1809_201802141930379a0.jpg
標高2000m越えのこの地に立って見渡す景観は非日常、ご褒美的な感覚。
冬山はほんとに神々しくて、心が洗われる。

たぶん そんなことを思いながらONTAKE BLUEの下でコブ練習した日。
毎週同じ箇所にコブラインはあるけど、雪質やコブの形やラインは毎回違う。
滑りやすい日もあれば 全然滑れない日も。毎回毎回、一喜一憂。
こーゆームラがなくなって 安定して滑れるようになりたいなぁ。

コブのライン取りを学びたくて
鉄人にゆっくり滑ってもらって そのすぐ後ろに付いて滑ってみる。
全然、自分とラインが違う。そしてターンの入り、コブてっぺんのかなり手前から入っている。
そーかー私のタイミングでは全然遅いんだ。

そして最近わかってきた体幹の左右差、動作時の私の癖。
左ターンの入り、ニュートラルの段階で右体幹を縮めて安定させようとする癖。 
右体幹を縮めている、つまり骨盤が右上に傾斜するので右足で踏めない(山足へ荷重できない)〜左ターンが遅れる
広背筋、腹斜筋意識、ニュートラルで右体幹を縮めないようにすると
嘘のようにクイックに左ターンへ入れる?!?! そーゆーことなのかな??
この癖を修正できるよう筋トレと体の使い方の学習、しなきゃ、だな・・・

IMG_1810.jpg
今日も1日お疲れ〜

まだまだ先はたくさん。課題たくさん。
来週も頑張ろう。



スポンサーサイト

Comment

No title

快晴のおんたけはホント気持ちよさそうですね~
雪も良さそうですし(*´ω`)

それにしても相変わらず練習熱心というか、研究熱心ですね!
課題が分かれば練習方法も分かるし、上達への近道!
更なる高みを目指し、頑張ってくださいね~

私のいかん所は全然考えてない(苦笑)
感覚的というか、自分の理想とするイメージに近づけるよう滑ってるだけ・・・
まぁ、楽しければいいかって感じかな~(爆)

>こるなごさん

> 雪も良さそうですし(*´ω`)
おんたけは標高が高いので、このあたりでは雪質一番だと思いますが、
それでも今年は近年にない上質な雪ですねー
先日の大寒波中は雪がサラサラ過ぎてスピードコントロールが難しい、なんてことも(驚)

私も全然考えずにずっと滑ってたんですが(汗;)
運よくバッジテストに合格できてしまって、ちょっと焦ったというか、
こんなんで1級もらっちゃっていいのか?って
それから真剣にうまくなりたいなーって考えるようになりました(笑)
MTBやってみてよかったです。
スキーだけじゃ気づけなかったことがたくさん気づけた、というか。

こるなごさんは感覚的じゃないと思うけどな〜
>自分の理想とするイメージに近づけるよう滑ってる
これってすごく大事で、こーゆーイメージがある人って
そのためにどうしたらいいか常に試行錯誤してj考えて滑ってますよね!^ ^
非公開コメント

プロフィール

秋

Author:秋
成長期の娘にママチャリを譲り 自分のママチャリをもう1台・・・の筈が、なぜかミニベロを買ってしまったのが2011年春。スポーツバイクとの出会いに世界が変わりました。
そして、2013年5月とうとうロードバイクデビュー。ロードバイク初走はいきなり琵琶湖一周。また世界が変わりました。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。